「日本刀」と言えば、皆さんはどのようなことをイメージするのでしょうか?歴史や造形的な美しさ、武器としての機能性の素晴らしさなど、人によってイメージは様々だと思います。このページでは、初めての方にも解りやすい内容で、日本刀の種類解説をはじめ、日本刀の鑑賞方法や、日本刀を知る上で外すことのできない「五箇伝」と呼ばれる伝法の歴史と特徴など、日本刀に関する基礎知識をカテゴリ別に分けてご紹介。正しい日本刀の基礎知識を身につけましょう!

カテゴリ別に読む

カテゴリ別の記事一覧をご覧頂けます。

日本刀の基礎を学ぶ

  • 日本刀とは

    日本刀とは

    皆さんは、「日本刀」(刀剣)についてどのくらいご存知ですか。 ものすごく詳しい人もいれば、ほとんど分からないという方もいらっしゃると思います。 「刀剣ワールド」では、日本刀(刀剣)についてほとんど知らない人にも、日本刀(刀剣)とは何か、日本刀(刀剣)とはどんなに素晴らしい物なのかをご紹介します。

  • 日本刀の基本解説

    日本刀の基本解説

    日本刀を知るためには、各部位の名称をきちんと把握することが一番です。 まずは、日本刀のなかでも最も古い、「太刀」(たち)の各部の名称を「上身」(かみ)と「茎/中心」(なかご:柄[つか]に収められている部分)に二分して、分かりやすく解説します。また、日本刀の種類や太刀の長さと測り方もご紹介。基本を覚えて日本刀を鑑賞すれば、より理解が深まります。

  • 受け継がれる日本刀と伝統工芸

    受け継がれる日本刀と伝統工芸

    「欲しい!」と思っても、大変高価であるため、手が届かないのが「日本刀」(刀剣)。それもそのはず、日本刀(刀剣)は元来身分が高い天皇・貴族・士族の持ち物です。なかでも「名刀」は、偉大な人物からのご褒美、あるいは家宝、贈答品として、大切に受け継がれてきました。しかし、1945年(昭和20年)に日本は第二次世界大戦で敗戦。GHQの方針により、多くの日本刀(刀剣)が処分されることになったのです。のちに「日本刀(刀剣)は武器ではなく美術品」だという主張が認められ、誰でも所有できるようになりました。日本刀(刀剣)は先人たちの努力の賜物であり、それを受け継ぐことはとても光栄なことなのです。

  • 日本刀を鑑賞する・所有する

    日本刀を鑑賞する・所有する

    「日本刀」(刀剣)の愛好家は年々急増しています。これは、オンラインゲームの「刀剣乱舞」(とうけんらんぶ)のヒットをきっかけに、女性の日本刀(刀剣)ファンが増えたことも一因かもしれません。今回は、実際に日本刀(刀剣)を鑑賞したい場合や、購入したい場合にはどのようにすれば良いかをご紹介します。

  • 日本刀とは

    皆さんは、「日本刀」(刀剣)についてどのくらいご存知ですか。 ものすごく詳しい人もいれば、ほとんど分からないという方もいらっしゃると思います。 「刀剣ワールド」では、日本刀(刀剣)についてほとんど知らない人にも、日本刀(刀剣)とは何か、日本刀(刀剣)とはどんなに素晴らしい物なのかをご紹介します。

  • 日本刀の基本解説

    日本刀を知るためには、各部位の名称をきちんと把握することが一番です。 まずは、日本刀のなかでも最も古い、「太刀」(たち)の各部の名称を「上身」(かみ)と「茎/中心」(なかご:柄[つか]に収められている部分)に二分して、分かりやすく解説します。また、日本刀の種類や太刀の長さと測り方もご紹介。基本を覚えて日本刀を鑑賞すれば、より理解が深まります。

  • 受け継がれる日本刀と伝統工芸

    「欲しい!」と思っても、大変高価であるため、手が届かないのが「日本刀」(刀剣)。それもそのはず、日本刀(刀剣)は元来身分が高い天皇・貴族・士族の持ち物です。なかでも「名刀」は、偉大な人物からのご褒美、あるいは家宝、贈答品として、大切に受け継がれてきました。しかし、1945年(昭和20年)に日本は第二次世界大戦で敗戦。GHQの方針により、多くの日本刀(刀剣)が処分されることになったのです。のちに「日本刀(刀剣)は武器ではなく美術品」だという主張が認められ、誰でも所有できるようになりました。日本刀(刀剣)は先人たちの努力の賜物であり、それを受け継ぐことはとても光栄なことなのです。

  • 日本刀を鑑賞する・所有する

    「日本刀」(刀剣)の愛好家は年々急増しています。これは、オンラインゲームの「刀剣乱舞」(とうけんらんぶ)のヒットをきっかけに、女性の日本刀(刀剣)ファンが増えたことも一因かもしれません。今回は、実際に日本刀(刀剣)を鑑賞したい場合や、購入したい場合にはどのようにすれば良いかをご紹介します。

日本刀鑑賞のポイント

  • 日本刀の種類①

    日本刀の種類①

    「日本刀」(刀剣)とは、広義には日本国内で作られた刀剣類の総称です。狭義の「鎬(しのぎ)があり、反りを持った湾刀」が作られるようになったのは、平安時代中頃と言われています。

  • 日本刀の種類②

    日本刀の種類②

    「日本刀」とは、狭義では「鎬(しのぎ)があり、反りを持った湾刀」のことですが、広義では「日本国内で作られた刀剣類の総称」で、長柄武器や両刃の剣なども含まれます。

  • 日本刀の姿①

    日本刀の姿①

    日本刀を鑑賞するポイントは、日本刀の美しさを構成している要素をよく観ること。ズバリ、日本刀の「姿」(すがた)・「刃文」(はもん)・「地鉄」(じがね)です。まずは、日本刀の姿に注目。日本刀の姿を司る、「鋒」(きっさき)・「反り」(そり)・「造込み」(つくりこみ)・「長さ」を良く見て全体的にとらえることができれば、作刀された時代や個性を読み取れるようになれます。そこで、日本刀の姿について詳しくご紹介していきます。

  • 日本刀の姿②

    日本刀の姿②

    「茎」(なかご)とは、通常は「柄」(つか)に収められている、日本刀のグリップ部位。茎には、「銘」(めい)という刀工名や制作年などの情報が記されているので、日本刀を鑑賞する上で、とても重要な部分です。室町時代後期になると、この茎の「磨上げ」(すりあげ)が頻繁に行なわれるようになります。その理由はなぜでしょうか。茎には、どんな形状や種類があるのか、詳しくご紹介します。

  • 日本刀の刃文

    日本刀の刃文

    日本刀を鑑賞する最大の魅力と言えば、「刃文」(はもん)の美しさでしょう。「刃文」とは、「焼刃」(やきば)に入った「刃先」(はさき)の模様のこと。「帽子」(ぼうし)もまた「鋒/切先」(きっさき)に入った刃文です。刃文は「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)と共に、その日本刀が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる物。ここでは、日本刀の刃文について詳しくご紹介します。

  • 日本刀の地鉄

    日本刀の地鉄

    「地鉄」(じがね)の美しさに気付くことは、日本刀(刀剣)を鑑賞する上で、とても重要なポイントです。地鉄とは、「折り返し鍛錬」によって生じた、「鍛え肌」(きたえはだ)・「地肌」(じはだ)の模様のこと。「姿」(すがた)や「刃文」(はもん)とともに、その日本刀が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる見どころです。ここでは、日本刀(刀剣)の地鉄の見方について、詳しくご紹介しましょう。

  • 日本刀の細部

    日本刀の細部

    「日本刀」には様々な見所があります。それは、刀工によって細部までこだわりぬかれた結果です。ここでは、日本刀鑑賞における細かなポイントをご紹介します。

  • 五箇伝

    五箇伝

    五箇伝とは、「大和伝」(奈良県)、「山城伝」(京都府)、「備前伝」(岡山県)、「相州伝」(神奈川県)、「美濃伝」(岐阜県)のこと。この5つの地域に伝わる日本刀作りの伝法は、独特であると同時に、優れた技術を互いに共有し、発展したのです。以下、五箇伝と呼ばれる、伝法の歴史と特徴をご紹介します。

  • 日本刀の種類①

    「日本刀」(刀剣)とは、広義には日本国内で作られた刀剣類の総称です。狭義の「鎬(しのぎ)があり、反りを持った湾刀」が作られるようになったのは、平安時代中頃と言われています。

  • 日本刀の種類②

    「日本刀」とは、狭義では「鎬(しのぎ)があり、反りを持った湾刀」のことですが、広義では「日本国内で作られた刀剣類の総称」で、長柄武器や両刃の剣なども含まれます。

  • 日本刀の姿①

    日本刀を鑑賞するポイントは、日本刀の美しさを構成している要素をよく観ること。ズバリ、日本刀の「姿」(すがた)・「刃文」(はもん)・「地鉄」(じがね)です。まずは、日本刀の姿に注目。日本刀の姿を司る、「鋒」(きっさき)・「反り」(そり)・「造込み」(つくりこみ)・「長さ」を良く見て全体的にとらえることができれば、作刀された時代や個性を読み取れるようになれます。そこで、日本刀の姿について詳しくご紹介していきます。

  • 日本刀の姿②

    「茎」(なかご)とは、通常は「柄」(つか)に収められている、日本刀のグリップ部位。茎には、「銘」(めい)という刀工名や制作年などの情報が記されているので、日本刀を鑑賞する上で、とても重要な部分です。室町時代後期になると、この茎の「磨上げ」(すりあげ)が頻繁に行なわれるようになります。その理由はなぜでしょうか。茎には、どんな形状や種類があるのか、詳しくご紹介します。

  • 日本刀の刃文

    日本刀を鑑賞する最大の魅力と言えば、「刃文」(はもん)の美しさでしょう。「刃文」とは、「焼刃」(やきば)に入った「刃先」(はさき)の模様のこと。「帽子」(ぼうし)もまた「鋒/切先」(きっさき)に入った刃文です。刃文は「姿」(すがた)や「地鉄」(じがね)と共に、その日本刀が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる物。ここでは、日本刀の刃文について詳しくご紹介します。

  • 日本刀の地鉄

    「地鉄」(じがね)の美しさに気付くことは、日本刀(刀剣)を鑑賞する上で、とても重要なポイントです。地鉄とは、「折り返し鍛錬」によって生じた、「鍛え肌」(きたえはだ)・「地肌」(じはだ)の模様のこと。「姿」(すがた)や「刃文」(はもん)とともに、その日本刀が作られた時代や流派を見分ける決め手となり、刀工の個性を楽しむことができる見どころです。ここでは、日本刀(刀剣)の地鉄の見方について、詳しくご紹介しましょう。

  • 日本刀の細部

    「日本刀」には様々な見所があります。それは、刀工によって細部までこだわりぬかれた結果です。ここでは、日本刀鑑賞における細かなポイントをご紹介します。

  • 五箇伝

    五箇伝とは、「大和伝」(奈良県)、「山城伝」(京都府)、「備前伝」(岡山県)、「相州伝」(神奈川県)、「美濃伝」(岐阜県)のこと。この5つの地域に伝わる日本刀作りの伝法は、独特であると同時に、優れた技術を互いに共有し、発展したのです。以下、五箇伝と呼ばれる、伝法の歴史と特徴をご紹介します。

拵・刀装具

  • 拵の基本解説

    拵の基本解説

    日本刀の見どころでメジャーな部分と言えば、刃文(はもん)や地鉄(じがね)など刀身にかかわる部分。しかし、その刀身を納めるための鞘(さや)や、茎(なかご)が覆われている柄(つか)と言った「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具の部分にも、鑑賞のポイントとなる箇所がいくつもあるのです。ここでは、拵の基本的な部位における、それぞれの名称や役割などについてご説明します。

  • 刀装具のすべて①

    刀装具のすべて①

    「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことです。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀が持つひとつの特徴でもあります。ここでは、刀装具について詳しくご紹介していきます。

  • 刀装具のすべて②

    刀装具のすべて②

    日本刀は刃の部分だけではなく、刀装具にも注目して頂きたいと思います。刀装具の中には、一見するとどのような目的で付けられているのか分からない物でも、その意味や歴史を知ると興味を持つことができます。また、美術品としても扱われた刀装具は、それぞれ異なる形や美しさが見どころです。今回は、そのような刀装具に関する知識をご紹介します。

  • 刀装具のすべて③

    刀装具のすべて③

    刀装具の種類の中でも、分かりやすい部品が「鞘」(さや)と「柄」(つか)です。実際に日本刀を手に取る際に触れる柄と、刀を納める際に使う鞘。また、その鞘に装着して用いる「下緒」(さげお)は、よく目にするのではないでしょうか。今回は、これらの種類や歴史についてご紹介します。

  • 刀装具の歴史

    刀装具の歴史

    「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

  • 拵とは?

    拵とは?

    「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを言い、「つくり」などとも言います。鞘(さや)、茎(なかご)を入れる柄(つか)、鐔(つば)を総称した言葉です。時代の流れと共に、刀や拵は形を変えていきますが、使いやすさを追求するばかりではありません。武士の魂を帯刀しているも同然ですから、身分や家柄、そして武士の威厳を示す物でもあるのです。

  • 日本刀の拵の種類

    日本刀の拵の種類

    「日本刀」に「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)、「腰刀」(こしがたな)といった違いがあるように、日本刀の外装である「拵」(こしらえ)にも違いがあるのです。ここでは、それぞれの代表的な拵と特徴について、ご紹介します。

  • 刀装具と美意識

    刀装具と美意識

    「刀装具」とは、「日本刀」の外装のことで、元々は日本刀を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

  • 刀装具に込められたこだわりと意匠

    刀装具に込められたこだわりと意匠

    日本刀(刀剣)は戦いで用いる武器としての「機能性」と、自身の嗜好・信仰心を表現するための「芸術性」を兼ね備えた存在であることから、刀装具(とうそうぐ)においても、武器としての強度を保つために頑丈な金属が用いられたり、見た目の美しさを高める目的で水牛の角をはじめとした天然素材が使用されたりしていました。また、意匠にも所有者の思いなど、細やかなこだわりが表れているのです。

  • 刀や地方によって異なる拵

    刀や地方によって異なる拵

    「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを指し、日本刀を使用する際に必要不可欠な物です。その様式は時代と共に変化し、単なる実用品ではない拵も作られました。ここでは、それらの拵の種類や特徴について詳しく説明していきます。

  • 拵の基本解説

    日本刀の見どころでメジャーな部分と言えば、刃文(はもん)や地鉄(じがね)など刀身にかかわる部分。しかし、その刀身を納めるための鞘(さや)や、茎(なかご)が覆われている柄(つか)と言った「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具の部分にも、鑑賞のポイントとなる箇所がいくつもあるのです。ここでは、拵の基本的な部位における、それぞれの名称や役割などについてご説明します。

  • 刀装具のすべて①

    「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことです。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀が持つひとつの特徴でもあります。ここでは、刀装具について詳しくご紹介していきます。

  • 刀装具のすべて②

    日本刀は刃の部分だけではなく、刀装具にも注目して頂きたいと思います。刀装具の中には、一見するとどのような目的で付けられているのか分からない物でも、その意味や歴史を知ると興味を持つことができます。また、美術品としても扱われた刀装具は、それぞれ異なる形や美しさが見どころです。今回は、そのような刀装具に関する知識をご紹介します。

  • 刀装具のすべて③

    刀装具の種類の中でも、分かりやすい部品が「鞘」(さや)と「柄」(つか)です。実際に日本刀を手に取る際に触れる柄と、刀を納める際に使う鞘。また、その鞘に装着して用いる「下緒」(さげお)は、よく目にするのではないでしょうか。今回は、これらの種類や歴史についてご紹介します。

  • 刀装具の歴史

    「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

  • 拵とは?

    「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを言い、「つくり」などとも言います。鞘(さや)、茎(なかご)を入れる柄(つか)、鐔(つば)を総称した言葉です。時代の流れと共に、刀や拵は形を変えていきますが、使いやすさを追求するばかりではありません。武士の魂を帯刀しているも同然ですから、身分や家柄、そして武士の威厳を示す物でもあるのです。

  • 日本刀の拵の種類

    「日本刀」に「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)、「腰刀」(こしがたな)といった違いがあるように、日本刀の外装である「拵」(こしらえ)にも違いがあるのです。ここでは、それぞれの代表的な拵と特徴について、ご紹介します。

  • 刀装具と美意識

    「刀装具」とは、「日本刀」の外装のことで、元々は日本刀を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

  • 刀装具に込められたこだわりと意匠

    日本刀(刀剣)は戦いで用いる武器としての「機能性」と、自身の嗜好・信仰心を表現するための「芸術性」を兼ね備えた存在であることから、刀装具(とうそうぐ)においても、武器としての強度を保つために頑丈な金属が用いられたり、見た目の美しさを高める目的で水牛の角をはじめとした天然素材が使用されたりしていました。また、意匠にも所有者の思いなど、細やかなこだわりが表れているのです。

  • 刀や地方によって異なる拵

    「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを指し、日本刀を使用する際に必要不可欠な物です。その様式は時代と共に変化し、単なる実用品ではない拵も作られました。ここでは、それらの拵の種類や特徴について詳しく説明していきます。

日本刀の歴史

  • 古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷

    古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷

    日本刀が現在の「日本刀」と呼ばれる反りがある形となったのは平安時代までさかのぼります。日本刀は1,000年以上の時を経て、各時代の影響を受けながら時代に応じた特色を持ち現在まで伝わっているのです。ここでは、日本刀における時代の特色についてご紹介します。

  • 平安時代~南北朝時代

    平安時代~南北朝時代

    日本刀の姿は「戦」(いくさ)の発生に応じて変化してきました。日本刀の反りが生まれた優美な平安時代、日本刀の黄金期を築き上げた鎌倉時代、豪壮な作りが勇ましい南北朝時代と、その時代によって様々な魅力があるのです。ここでは、各時代の戦と日本刀の特徴についてフォーカスを当ててご紹介します。

  • 室町時代~安土桃山時代

    室町時代~安土桃山時代

    日本刀の姿は、室町時代以降も「戦」(いくさ)の発生に応じて変化していきます。合戦の戦術が変化することによって、日本刀も室町時代や安土桃山時代に合わせて変化していくのです。引き続き、各時代の戦と日本刀の特徴についてご紹介します。

  • 江戸時代~明治時代

    江戸時代~明治時代

    日本刀は、1596年をもって古刀から新刀へと分類が変化します。新刀になって以降、江戸時代に入り戦が減っていくことで、日本刀はまた独自の進化を遂げていくのです。そんな中での、江戸時代以降における日本刀の変遷についてご紹介します。

  • 古刀・新刀・新々刀・現代刀の変遷

    日本刀が現在の「日本刀」と呼ばれる反りがある形となったのは平安時代までさかのぼります。日本刀は1,000年以上の時を経て、各時代の影響を受けながら時代に応じた特色を持ち現在まで伝わっているのです。ここでは、日本刀における時代の特色についてご紹介します。

  • 平安時代~南北朝時代

    日本刀の姿は「戦」(いくさ)の発生に応じて変化してきました。日本刀の反りが生まれた優美な平安時代、日本刀の黄金期を築き上げた鎌倉時代、豪壮な作りが勇ましい南北朝時代と、その時代によって様々な魅力があるのです。ここでは、各時代の戦と日本刀の特徴についてフォーカスを当ててご紹介します。

  • 室町時代~安土桃山時代

    日本刀の姿は、室町時代以降も「戦」(いくさ)の発生に応じて変化していきます。合戦の戦術が変化することによって、日本刀も室町時代や安土桃山時代に合わせて変化していくのです。引き続き、各時代の戦と日本刀の特徴についてご紹介します。

  • 江戸時代~明治時代

    日本刀は、1596年をもって古刀から新刀へと分類が変化します。新刀になって以降、江戸時代に入り戦が減っていくことで、日本刀はまた独自の進化を遂げていくのです。そんな中での、江戸時代以降における日本刀の変遷についてご紹介します。

日本刀を作る

  • 日本刀の制作

    日本刀の制作

    武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀の制作方法について、その一例をご紹介します。

  • 無鑑査刀匠

    無鑑査刀匠

    「無鑑査」(むかんさ)とは一般的に、芸術などの分野において、作者の過去の実績に照らして特定の展覧会などにおいて「(主催者側の)審査・鑑査なしで出品が可能」であると認められることを意味しています。「日本刀」の世界における無監査は、「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」が主催する「現代刀職展」(旧新作名刀展)に出品した作品について、受賞審査を必要としない資格(公益財団法人日本美術刀保存協会無鑑査選任規程第2条)のこと。無鑑査となった刀匠の作品は、別格扱いとなるのです。

  • よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

    よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

    「世界一切れる」と名高い日本刀。「西洋剣」は突き刺すことに優れていますが、日本刀は突き刺すことはもちろん、斬り裂くことにも優れています。 また、日本刀には、武器としての側面だけでなく、その美しさを鑑賞する芸術品としての側面もあり、多くの愛好家が存在。その姿からは、刀匠(とうしょう)が精進を重ねて作られたさまが手に取るように感じられます。日本刀の製法は、長い歴史の中で試行錯誤を重ねて培われてきました。そのため、どこか難しいイメージを持っている方も多いかと思いますし、その全貌は掴みにくい物ですよね。ここでは、日本刀を作る難しさが具体的にはどのようなところにあるのかをご説明します。

  • 日本刀の研磨

    日本刀の研磨

    日本刀(刀剣)鑑賞のメインの部位であると言える「刀身」(とうしん)は、修行を積み重ねた刀匠の手によって作られる物。しかしながら、日本刀(刀剣)全体に目を向けてみると、日本刀(刀剣)は刀身以外の様々な部位からも成り立っていることが分かります。そのうちのどれかひとつでも欠ければ、現代にまで受け継がれている日本刀(刀剣)の完璧なまでの美しさが失われてしまうのです。その美しさを維持するためには、刀身を制作する刀匠だけでなく、刀身以外の様々な部位を手がける職人の技術も不可欠。その中でも、日本刀(刀剣)の強靭さ、そして美観を保護するために重要な工程である「研磨」(けんま)についてご説明します。

  • 日本刀に宿る神性

    日本刀に宿る神性

    武器として使われていた歴史がありながらも、美術品にまでその価値が高められてきた日本刀(刀剣)。その美しさは、磨き上げられたことによるのはもちろんのこと、刀身に施されている「彫刻」からも醸し出される物があります。「刀身彫刻」は一見すると、単なる装飾だと思われがちですが、いろいろな種類があり、そこに込められた意味も様々です。また日本刀(刀剣)は、「神具」としても用いられており、「古事記」や「日本書紀」を始めとする古来の文献にも登場。ここでは、それらを知ることで、作刀当時の彫師(ほりし)や刀匠(とうしょう)、そして日本刀(刀剣)所持者が、日本刀(刀剣)そのものに見出していた価値、及び日本刀(刀剣)にまつわる神々の逸話についてご紹介します。

  • たたら製鉄

    たたら製鉄

    「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

  • 日本刀の制作

    武器としての強靭さはもちろん、美術品としての美しさもかね備えているのが日本刀です。鉄を鍛える技術が平安時代にユーラシア大陸から伝わって以来、日本刀の制作技術は長い歴史の中で磨かれ、発展してきました。ここでは、現代に伝わる日本刀の制作方法について、その一例をご紹介します。

  • 無鑑査刀匠

    「無鑑査」(むかんさ)とは一般的に、芸術などの分野において、作者の過去の実績に照らして特定の展覧会などにおいて「(主催者側の)審査・鑑査なしで出品が可能」であると認められることを意味しています。「日本刀」の世界における無監査は、「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」が主催する「現代刀職展」(旧新作名刀展)に出品した作品について、受賞審査を必要としない資格(公益財団法人日本美術刀保存協会無鑑査選任規程第2条)のこと。無鑑査となった刀匠の作品は、別格扱いとなるのです。

  • よく切れる日本刀の秘訣と作られ方

    「世界一切れる」と名高い日本刀。「西洋剣」は突き刺すことに優れていますが、日本刀は突き刺すことはもちろん、斬り裂くことにも優れています。 また、日本刀には、武器としての側面だけでなく、その美しさを鑑賞する芸術品としての側面もあり、多くの愛好家が存在。その姿からは、刀匠(とうしょう)が精進を重ねて作られたさまが手に取るように感じられます。日本刀の製法は、長い歴史の中で試行錯誤を重ねて培われてきました。そのため、どこか難しいイメージを持っている方も多いかと思いますし、その全貌は掴みにくい物ですよね。ここでは、日本刀を作る難しさが具体的にはどのようなところにあるのかをご説明します。

  • 日本刀の研磨

    日本刀(刀剣)鑑賞のメインの部位であると言える「刀身」(とうしん)は、修行を積み重ねた刀匠の手によって作られる物。しかしながら、日本刀(刀剣)全体に目を向けてみると、日本刀(刀剣)は刀身以外の様々な部位からも成り立っていることが分かります。そのうちのどれかひとつでも欠ければ、現代にまで受け継がれている日本刀(刀剣)の完璧なまでの美しさが失われてしまうのです。その美しさを維持するためには、刀身を制作する刀匠だけでなく、刀身以外の様々な部位を手がける職人の技術も不可欠。その中でも、日本刀(刀剣)の強靭さ、そして美観を保護するために重要な工程である「研磨」(けんま)についてご説明します。

  • 日本刀に宿る神性

    武器として使われていた歴史がありながらも、美術品にまでその価値が高められてきた日本刀(刀剣)。その美しさは、磨き上げられたことによるのはもちろんのこと、刀身に施されている「彫刻」からも醸し出される物があります。「刀身彫刻」は一見すると、単なる装飾だと思われがちですが、いろいろな種類があり、そこに込められた意味も様々です。また日本刀(刀剣)は、「神具」としても用いられており、「古事記」や「日本書紀」を始めとする古来の文献にも登場。ここでは、それらを知ることで、作刀当時の彫師(ほりし)や刀匠(とうしょう)、そして日本刀(刀剣)所持者が、日本刀(刀剣)そのものに見出していた価値、及び日本刀(刀剣)にまつわる神々の逸話についてご紹介します。

  • たたら製鉄

    「日本刀」の材料として使われる「玉鋼」(たまはがね)は、「たたら製鉄」法によって生産される鋼。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製の炉を用いて比較的低温度で還元することによって、純度の高い鉄が精製されるのです。日本においては、西洋から大規模な製鉄技術が伝わった近代初期にまで、国内における鉄生産のすべてがこの方法で行なわれていました。ここでは、日本刀作りに欠かすことのできない、たたら製鉄についてご紹介します。

日本刀を知る

  • 刀剣鑑賞のマナー

    刀剣鑑賞のマナー

    2015年(平成27年)に「刀剣ブーム」が起こったことで、関連書籍も数多く発売されました。ところが、写真だけで伝えるのがとても難しく、専門用語を多く用いて説明しなくてはならないのが日本刀の特徴でもあります。そこで、難しく感じてしまう前に、実際に触れてみて、日本刀を味わってみるのはいかがでしょうか。 写真や展示では分からない重量感、茎(なかご)の感触など、直に触って分かることが沢山あります。作法を身に付ければ、刀剣鑑賞は難しいことではありません。日本刀に親しむことを目的としたビギナー向けのイベントは各地で催されており、その形式も様々ですが、ここでは、直に鑑賞することを前提に、必要な知識やマナーをご紹介します。

  • 日本刀の格付けと歴史

    日本刀の格付けと歴史

    「美術品」として価値が高い日本刀。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としては「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としては「業物」の格付けなど。これにより日本刀の能力の高さと信用が保たれ、土地に代わる「恩賞」ともなったのです。日本刀の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

  • 日本刀をさらに楽しむ

    日本刀をさらに楽しむ

    日本刀に興味を持ったなら、今後も楽しく知識を深めていけると良いですよね。 そんなあなたにおすすめなのが、遊びながら知識を体得できる「入札鑑定」というイベントです。実際には、どこで行なっているのか、どんなことをするのかなどを詳しくレクチャー。また、念願の日本刀を入手したらどう飾るのが正しいのかなど、日本刀を楽しむ豆知識をご紹介します。

  • 日本刀を購入する

    日本刀を購入する

    憧れの日本刀を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入できるのか、などです。信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

  • 刀剣鑑賞のマナー

    2015年(平成27年)に「刀剣ブーム」が起こったことで、関連書籍も数多く発売されました。ところが、写真だけで伝えるのがとても難しく、専門用語を多く用いて説明しなくてはならないのが日本刀の特徴でもあります。そこで、難しく感じてしまう前に、実際に触れてみて、日本刀を味わってみるのはいかがでしょうか。 写真や展示では分からない重量感、茎(なかご)の感触など、直に触って分かることが沢山あります。作法を身に付ければ、刀剣鑑賞は難しいことではありません。日本刀に親しむことを目的としたビギナー向けのイベントは各地で催されており、その形式も様々ですが、ここでは、直に鑑賞することを前提に、必要な知識やマナーをご紹介します。

  • 日本刀の格付けと歴史

    「美術品」として価値が高い日本刀。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としては「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としては「業物」の格付けなど。これにより日本刀の能力の高さと信用が保たれ、土地に代わる「恩賞」ともなったのです。日本刀の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

  • 日本刀をさらに楽しむ

    日本刀に興味を持ったなら、今後も楽しく知識を深めていけると良いですよね。 そんなあなたにおすすめなのが、遊びながら知識を体得できる「入札鑑定」というイベントです。実際には、どこで行なっているのか、どんなことをするのかなどを詳しくレクチャー。また、念願の日本刀を入手したらどう飾るのが正しいのかなど、日本刀を楽しむ豆知識をご紹介します。

  • 日本刀を購入する

    憧れの日本刀を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入できるのか、などです。信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀を楽しむために

  • 日本刀の豆知識

    日本刀の豆知識

    日本刀を鑑賞するには、日本刀本体から放たれる美しさを感じ取ることが重要です。しかし、日本刀がどのような扱いを受けて、現代に受け継がれているのかというところにも思いを馳せることで、鑑賞の楽しみがより一層深くなる物。ここでは、そんな日本刀を楽しむポイントをご紹介します。

  • 日本刀の豆知識

    日本刀を鑑賞するには、日本刀本体から放たれる美しさを感じ取ることが重要です。しかし、日本刀がどのような扱いを受けて、現代に受け継がれているのかというところにも思いを馳せることで、鑑賞の楽しみがより一層深くなる物。ここでは、そんな日本刀を楽しむポイントをご紹介します。

日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは「日本刀の基礎知識【刀剣ワールド】」の一覧ページです。
一口に日本刀と言っても、実は歴史が長い日本刀。あなたが知らない新事実もまだまだたくさんあるかもしれません。日本刀・甲冑に関する様々な記事があるので、ぜひご覧下さい。また、刀剣ワールドでは、他にも様々な日本刀に関する様々なコンテンツをご用意しております。刀剣ワールドをご覧頂き、日本刀についての新しい知識を学んで下さい!

もっと見る▼
ページトップへ戻る