「源頼朝」によって開かれた鎌倉幕府ですが、源頼朝の死後に将軍となった「源頼家」はまだ若く、また独裁的な政治を行っており、御家人らは不満を募らせていました。そして、この独裁政治を抑えるために作られたのが北条氏を中心とした「13人の合議制」です。なお、13人の合議制メンバーのひとり「北条義時」は、2022年(令和4年)の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』における主人公となっています。
13人の合議制では、そんな13人の合議制メンバーについてまとめました。鎌倉幕府や鎌倉殿についてご説明した上で、各人物についての詳細な解説を掲載しているため、鎌倉時代をあまり知らない方、歴史を学び直したい方にもおすすめです。

13人の合議制(鎌倉殿の13人)とは

「13人の合議制」とは、鎌倉幕府2代将軍「源頼家」の時代に作られた集団指導体制のこと。「13人」とある通り、そのメンバーの数は13名。いずれも「有力な御家人」で構成されているのが特徴で、源頼家の独裁を抑えるために作られました。

鎌倉幕府はもともと、カリスマ的才能を秘めた初代将軍「源頼朝」がいたからこそ成立していた組織です。当時の武士とその主君は、所領を保障する「御恩」と、有事の際に主君のために駆けつける「奉公」と言う関係性で成り立っていました。源頼朝は、多くの武士から支持されていたため、すべての権限を有して鎌倉幕府を存立させていたのです。

しかし、源頼朝が没したあとは、この「御恩と奉公」の関係性が崩れました。2代将軍となったのは、源頼朝とその妻「北条政子」の長男「源頼家」です。源頼家が将軍となったとき、源頼家は18歳と言う若さでした。「生まれながらの鎌倉殿」として多くの祝福を受けながら成長した源頼家は、周囲の期待に応えようと、これまでの習慣を無視した独裁的な政治を行うようになります。

それに不満を募らせたのが御家人達でした。1199年(建久10年)4月、源頼家が将軍となってからわずか3ヵ月後のこと。源頼家の独裁的な政治に危機感を抱いたのが母・北条政子でした。

将軍の権力を抑えなければ、と言う話が持ち上がり、北条氏を中心に作られたのが「13人の合議制」です。13人の合議制は、将軍に代わって政務を行うために作られましたが、じつは毎回13人全員が揃って会議を行ったわけではなく、また話し合いによってまとめられた意見の最終判断は、将軍・源頼家によって決定されたと言われています。13人の合議制の運用期間は、約1年と短いものでしたが、将軍の発言力を弱めるには十分な期間となりました。

13人の合議制(鎌倉殿の13人)関連情報

源頼朝の死後、鎌倉幕府2代将軍・源頼家のために作られた「13人の合議制」。こちらは、そんな13人の合議制の関連情報をまとめました。「鎌倉殿とは」、「鎌倉9代幕府将軍」で鎌倉幕府について、「13人の合議制のメンバー」で個性豊かな合議制のメンバーたちをご紹介。また「関連人物」では平家・源氏にかかわる武将や鎌倉幕府に関係する人物、「関連史料」では『吾妻鏡』をはじめとした歴史的な史料を解説しています。

鎌倉殿と鎌倉9代幕府将軍

幕府による政治を初めて行った鎌倉幕府には、「鎌倉殿」と呼ばれていた源頼朝を含めて9人の将軍がいました。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトルにもある「鎌倉殿」の意味、そして「鎌倉9代幕府将軍」について詳しくご紹介。分かりやすい解説でそれぞれ紐解いていきます。

「鎌倉時代」とは、「いい国作ろう[1192年]」や「いい箱作ろう[1185年]」などの語呂合わせで知られる、日本史における時代区分のひとつ。「源頼朝」が朝廷から政治の実権を奪い、鎌倉に「幕府」を開いたことで、武士達による「武家政権」がはじまりました。優れた政治手腕で全国支配の布石を打つことに成功した源頼朝は「鎌倉殿」(かまくらどの)と称えられていましたが、鎌倉殿と言う言葉はいつしか「鎌倉幕府歴代将軍」を指すようになります。しかし、源頼朝以降、鎌倉殿は「執権のあやつり人形」として存在するようになりました。
詳細情報を見る
鎌倉9代幕府将軍

鎌倉9代幕府将軍

近日公開

13人の合議制(鎌倉殿の13人)メンバー

13人の合議制は、その言葉の通り13名の有力御家人で構成されましたが、具体的にはどのような人物がメンバーとなったのでしょうか。合議制構成員13名の概要をご紹介します。

「北条時政」(ほうじょうときまさ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて歴史に名を刻んだ北条氏一門の武将です。鎌倉幕府初代将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の正室で「尼将軍」とも呼ばれた「北条政子」(ほうじょうまさこ)や、その弟「北条義時」(ほうじょうよしとき)の父としても知られています。この息子である北条義時を主人公とした2022年(令和4年)のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、「13人の合議制」を構成する御家人のひとりとして登場。北条時政は鎌倉幕府とどのようにかかわり、どんな影響をもたらしたのでしようか。その生涯について詳しくご紹介していきます。
詳細情報を見る
日本史上初めての武家政権として、1185年(元暦2年/文治元年)に開かれた鎌倉幕府。その開府まで、同幕府初代将軍となる「源頼朝」(みなもとのよりとも)を陰になり日向になり支えたのは、伊豆国(現在の静岡県伊豆半島)を拠点とした地方豪族の「北条氏」でした。源頼朝の没後、徐々に勢力を拡大した北条氏のなかで「北条時政」(ほうじょうときまさ)が、鎌倉幕府において実質的な権力を握る「執権」(しっけん)の座に就きましたが、その地位を確固たるものにしたのは、2代執権となった「北条義時」(ほうじょうよしとき)です。2022年(令和4年)放送のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(かまくらどのの13にん)の主役にも選ばれた北条義時について、その生涯を辿りながら、北条氏による執権政治を完成させた経緯についてもご説明します。
詳細情報を見る
「梶原景時」(かじわらかげとき)は、鎌倉幕府初代将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)に仕えたことで知られる、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将です。 人気の高い「源義経」(みなもとのよしつね)と戦術や行動を巡ってしばしば対立したことから、後世の江戸時代には悪役のイメージで語られることが多くなりましたが、実際には実務能力の高い教養人であり、源頼朝からの信任が厚い人物だったと伝えられています。 決して一本調子ではなかった梶原景時の生涯について、有名なエピソードを交えながら、悲劇的な最期まで見ていきましょう。
詳細情報を見る
「和田義盛」(わだよしもり)は、「13人の合議制」のひとり。鎌倉幕府初代将軍「源頼朝」とともに、様々な合戦で活躍したことで知られる御家人です。武勇に優れ、弓の名手とも称された和田義盛は、政治の面でも活躍しており、鎌倉幕府の初代「侍所別当」(さむらいどころべっとう:御家人を統括する機関[侍所]の長官)にも任じられました。武勇と政務の手腕を発揮した和田義盛とは、どのような人物だったのか。ここでは、和田義盛の生涯と、和田義盛が起こした反乱「和田合戦」についてご紹介します。
詳細情報を見る
「比企能員」(ひきよしかず)は、「13人の合議制」のひとり。鎌倉幕府初代将軍「源頼朝」や2代将軍「源頼家」を支え、権勢を握った比企能員ですが、その権力の大きさゆえに「北条氏」から目を付けられることになります。比企能員とは、どのような人物だったのか。ここでは、比企能員の生涯と、比企能員が起こした政変「比企能員の変」についてご紹介します。
詳細情報を見る
「三浦義澄」(みうらよしずみ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した相模国(現在の神奈川県)の武将です。相模国と言えば鎌倉幕府の根拠地となった場所ですが、三浦義澄は同国の守護職を任されるほどに、同幕府初代将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)より篤い信頼を得ていました。平家討伐と鎌倉幕府の発展に注力した三浦義澄の生涯を追いつつ、源頼朝との信頼関係を築いた経緯についても解説します。
詳細情報を見る
公家出身でありながら、鎌倉幕府初代将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の腹心として、同幕府の草創期に大きく貢献した「大江広元」(おおえのひろもと)。鎌倉幕府内では、一般的な政務や財政を司る「政所」の長官、「政所別当」(まんどころべっとう)として活躍した大江広元が、どのような生涯を送ったのか、その人となりが窺える逸話などを交えてご説明します。
詳細情報を見る
鎌倉幕府が開かれる以前より、「源頼朝」(みなもとのよりとも)を支えていた「三善康信」(みよしのやすのぶ)。同幕府成立後は、現代における裁判所のような役割を果たしていた「問注所」(もんちゅうじょ/もんぢゅうしょ)の初代執事として、その敏腕ぶりを発揮。下級貴族出身でありながら源氏将軍家の重臣にまで上り詰め、2代将軍「源頼家」(みなもとのよりいえ)を13名の有力御家人達が補佐する指導体制、「13人の合議制」にも参加しました。三善康信が如何にして源氏将軍家から重用されるようになったのか、その半生を振り返りながらご説明します。
詳細情報を見る
「中原親能」(なかはらのちかよし)は鎌倉幕府の草創期より、同幕府初代将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の側近となった人物です。公家出身の中原親能は、幕政における文官御家人として活躍。その一方で、源頼朝が携わった主要な合戦にも付きしたがっていました。2代将軍「源頼家」(みなもとのよりいえ)を指導するために発足した「13人の合議制」にも加わった中原親能が、源頼朝に重用されるまでに出世した経緯について、その生涯と共に紐解いていきます。
詳細情報を見る
「八田知家」(はったともいえ)は、「鎌倉幕府」の御家人(将軍直属の武士)を務め、同幕府2代将軍「源頼家」(みなもとのよりいえ)を幕政において補佐するために設けられた指導体制、「13人の合議制」のひとりにも選ばれた武将です。「源氏」4代に仕えた八田知家の生涯を辿りながら、鎌倉幕府での八田知家での役割とその活躍についてご説明します。
詳細情報を見る
「安達盛長」(あだちもりなが)は、「鎌倉幕府」に仕える有力御家人(将軍直属の武士)の家系「安達氏」の始祖であった武将です。さらには、のちに同幕府初代将軍となる「源頼朝」(みなもとのよりとも)が、伊豆国(現在の静岡県伊豆半島)において流刑の身であった時代から側近となって活躍しました。源頼朝の没後には「13人の合議制」の一員となった安達盛長が、鎌倉幕府の幕政にどのように貢献したのか、その人物像に迫りつつご説明します。
詳細情報を見る
「足立遠元」(あだちとおもと)は、「鎌倉幕府」の有力御家人(将軍に直接仕えた武士)13名からなる集団指導体制、「13人の合議制」の1人に選ばれた武将です。「源義朝」(みなもとのよしとも)から「源頼朝」(みなもとのよりとも)、「源頼家」(みなもとのよりいえ)、「源実朝」(みなもとのさねとも)の4代に亘って「源氏」に仕えた足立遠元は、特に源頼朝から重用されていました。「文武の才」に長けていたと伝わる足立遠元が、鎌倉幕府において、具体的にはどのような活躍を見せたのか解説します。
詳細情報を見る
「二階堂行政」(にかいどうゆきまさ)は、「鎌倉幕府」の官僚を代々務めた氏族、「二階堂氏」の始祖と伝えられる人物。当初は朝廷に仕える下級貴族でしたが、「源頼朝」(みなもとのよりとも)からの招きによって鎌倉へと下り、早くから幕府に出仕。鎌倉幕府2代将軍「源頼家」(みなもとのよりいえ)の幕政を補佐する「13人の合議制」の一員となるなど、同幕府における要職を歴任しました。いわゆる「京下り官人」であった二階堂行政が、鎌倉幕府内において高く評価されるようになった経緯について、その生涯を振り返りながら解説します。
詳細情報を見る

13人の合議制(鎌倉殿の13人)関連人物

鎌倉幕府が開かれるまで行われていた平家・源氏の争いには、「鎌倉殿」と呼ばれた源頼朝以外にも、様々な人物が登場します。また源頼朝の死後は、北条氏が政治の実権を握るようになりました。平家・源氏にかかわる武将や人物、また源頼朝の正室・北条政子と北条氏中興の祖である北条泰時について解説しています。

「木曽義仲」(きそよしなか)は、平安時代末期の武将で、平氏から源氏の時代へと変わる転換期に平氏と戦った人物です。そして「源義経」(みなもとのよしつね)と鎌倉幕府を開いた「源頼朝」(みなもとのよりとも)とは親戚関係にあります。木曽義仲は、源義経と源頼朝らよりも先に、平氏を追い詰め、上洛を果たすなど、源平合戦「治承・寿永の戦い」で華々しく活躍。ここでは木曽義仲の歴史を追い、そのゆかりの地について紐解いていきます。
詳細情報を見る
平清盛

平清盛

近日公開
平宗盛

平宗盛

近日公開
「鎌倉幕府」初代将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)が、日本中を巻き込んで、異母弟「源義経」(みなもとのよしつね)と壮大な「兄弟げんか」を繰り広げていたことはよく知られています。しかし、実はもうひとりの異母弟「源範頼」(みなもとののりより)もまた、源頼朝に謀反の疑いをかけられ、悲劇的な最期を迎えていたのです。「源氏」一門として鎌倉幕府における重要な地位を占めていた源範頼が、母親が異なるとは言え、血を分けた兄弟である源頼朝によって命を奪われるまでに至った背景について、その生涯を紐解きながらご説明します。
詳細情報を見る
平安時代末期、6年もの間にわたって続いた「源平合戦」の口火を切ったのは、各地に散らばる源氏を蜂起させ、平氏追討の命を下した「以仁王の令旨」(もちひとおうのりょうじ)です。この追討令を発した以仁王とはいったいどのような人物なのでしょうか。ここでは、源平合戦のきっかけとなった「以仁王」という人物の紹介と、皇族であった以仁王が武士である源氏と手を組み、当時の平氏政権に反旗を翻した理由とその影響について見ていきましょう。
詳細情報を見る
九条兼実は平安時代末期から鎌倉時代にかけての政治家で、平安末期を知る上での一級資料「玉葉」を記した人物です。五摂家のひとつ「九条家」の祖で、後白河法皇や平氏、源氏に翻弄されながらも、正しい政治体制を採ろうとした厳格さを持ちます。源頼朝と与し、将軍宣下を下した九条兼実がどのような人物なのか見ていきましょう。
詳細情報を見る
鎌倉幕府を創立した将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の正室として知られる「北条政子」(ほうじょうまさこ)。2022年(令和4年)NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主役「北条義時」(ほうじょうよしとき)の姉でもある北条政子は、夫・源頼朝亡きあと、その情熱的な性格で、鎌倉幕府のさらなる発展のために尽力しました。北条政子の負けん気の強さが窺えるエピソードを交えてその生涯を追いながら、尼将軍・北条政子が、鎌倉幕府でどのような役割を果たしたのかについてもご説明します。
詳細情報を見る
鎌倉幕府3代執権「北条泰時」(ほうじょうやすとき)は、鎌倉幕府で実権を握り、多くの御家人を排除して「執権政治」を確立させた「北条氏」の中興の祖。そして、武家政権最初の武家法である「御成敗式目」(ごせいばいしきもく)、別名「貞永式目」(じょうえいしきもく)を制定したことでも知られる人物です。政務においてカリスマ的な才能を有していただけではなく、人柄も優れていたと言われる北条泰時とは、どのような人物だったのか。ここでは、北条泰時の生涯と、北条泰時が定めた「御成敗式目」についてご紹介します。
詳細情報を見る

13人の合議制(鎌倉殿の13人)関連史料

日本には多くの歴史書、そして歴史を語る物語がありますが、これらは鎌倉時代や鎌倉時代に近い時代(平安時代後期・南北朝時代)でも書かれていました。「吾妻鏡」と呼ばれる鎌倉幕府編纂の歴史書や、「栄花物語」をはじめとした歴史物語について詳しく解説します。

日本には、多くの歴史書があります。そして、歴史書が執筆される理由も、その時代に何が起きていたのかを知るためや、出来事を後世へ伝えるためなど様々。源平合戦で平家が滅ぼされたことで始まった「鎌倉時代」にも、「吾妻鏡」(あずまかがみ/あづまかがみ)と呼ばれる歴史書が存在します。吾妻鏡とは、どのような歴史書なのか。ここでは、その概要をご紹介します。
詳細情報を見る
「歴史物語」とは、歴史に基づいて物語風に書かれた文学作品の総称のこと。はじめに書かれた「栄花物語」(えいがものがたり)、及び栄花物語をもとにして書かれた4つの物語「四鏡」(しきょう)の合計5作が主な作品とされています。歴史物語と呼ばれる5つの作品とは、どのような作品なのか。ここでは、それぞれの内容をご紹介します。
詳細情報を見る

刀剣・日本刀の専門サイト「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
「13人の合議制」では、鎌倉幕府第2代将軍・源頼家の頃に結成された13人の合議制のメンバーをご紹介。鎌倉幕府の成立時期や鎌倉殿の意味についても解説しています。
刀剣・日本刀の専門サイト「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード