全国の刀剣施設情報 静岡県の刀剣施設情報をご紹介します。

静岡県の刀剣関連施設

静岡県で日本刀(刀剣)を常設展示している「博物館の日本刀」や「刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀」、静岡県の日本刀(刀剣)に関連する刀剣関連施設をご紹介します。

佐野美術館(三島市)

イメージ

静岡県三島市にある「佐野美術館」は、創立者・佐野隆一氏のコレクションを軸に、その後収集された作品を含めて約2,500点の美術品を収蔵しています。そのコレクションの特色は多彩さです。特に日本刀については、「正宗」の同門と伝えられる越中・松倉郷の名工である「義弘」の朱銘が入った「刀」(重要文化財)を中心に、名品が数多く収蔵。収蔵品は、常設展示室においてテーマを決めて数点が展示されています。

久能山東照宮(静岡市)

イメージ

静岡市駿河区にある「久能山東照宮」は、「徳川家康」を祀った神社である「東照宮」のうち、最初に建てられた社殿です。晩年を「駿府」(すんぷ:駿河国[現在の静岡県])で過ごした家康は、「大坂夏の陣」で豊臣家が滅亡した翌年の1616年(元和2年)に死去。家康の遺体は、遺言にしたがって「久能山」に葬られました。社殿の建築開始から完成までの期間は、わずか1年7ヵ月ほどという超スピード工事。江戸時代初期における最高の建築技術を結集した「権現造」(ごんげんづくり)の社殿は、時代を代表する建造物として国宝に指定されています。

秋葉山本宮 秋葉神社(浜松市)

イメージ

浜松市天竜区にある「秋葉神社」(あきはじんじゃ)の正式名称は、「秋葉山本宮 秋葉神社」(あきはさんほんぐうあきはじんじゃ)です。「秋葉山」(標高 866m)の山頂に「上社」、山麓に「下社」を配置。この秋葉神社は、全国約800社ある秋葉神社の総本宮です。中世においては、山岳信仰の場としても知られており、たくさんの修験者が入山していました。古来より、火そのものに対する信仰が根本にありますが、武将から数多くの日本刀(刀剣)が奉納されたこともあり、武運長久の神としても崇敬されています。

三嶋大社(三島市)

イメージ

静岡県三島市にある「三嶋大社」(みしまたいしゃ)は、「伊豆国一宮」(伊豆国で一番格の高い神社)に位置付けられている神社。中世においては「源頼朝」(みなもとのよりとも)ら数多くの武士から崇敬を集めました。近世以降は「東海道五十三次」(とうかいどうごじゅうさんつぎ)のひとつとして「三島宿」(みしまじゅく)が発展したことで、東海道を往来していた人々が信仰。また、三嶋大社が「下田街道」(しもだかいどう)の起点に位置していたことから、この道を利用する人々からも広く信仰されています。

静岡県の刀剣・武具関連の組織

静岡県にある、刀剣・武具関連の組織をご覧頂けます。

静岡県にある
刀剣・武具関連の組織

芸術的価値のある刀剣の保存や公開を行なう、公益財団法人をはじめとする刀剣・武具に関係する組織をご紹介します。

団体名 所在地 施設詳細
公益財団法人日本美術刀剣保存協会 静岡県支部 静岡県磐田市西貝塚1366-4

-

公益財団法人日本美術刀剣保存協会 静岡東部支部 静岡県御殿場市神山1670-146

-

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、全国の刀剣施設情報「静岡県の刀剣情報」ページです。静岡県内の様々な日本刀(刀剣)の情報を多数掲載。
刀剣・武具に関係する組織や刀剣商(刀剣店)、その他にも刀剣が展示されている施設についても知ることができます。ご自身の住んでいる地域や、訪れたい地域で刀剣の魅力に触れようと思った際には、ぜひご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。
日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る