全国の刀剣施設情報 奈良県の刀剣施設情報をご紹介します。

奈良県の刀剣関連施設

奈良県で日本刀(刀剣)を常設展示している刀剣関連施設をご紹介します。

春日大社(奈良市)

イメージ

奈良県奈良市にある「春日大社」の異名は「平安の正倉院」と言います。正倉院は、聖武天皇の遺品を納めた「校倉造」(あぜくらづくり)の高床式倉庫で、奈良時代の多数の宝物を収蔵。
春日大社は、平安時代に、朝廷や貴族から奉納された日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)などの文化財が多数あり、神社としては国内最大数の国宝を所有しているので「平安の正倉院」と、呼ばれています。なかでも国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」(きんじらでんけぬきがたたち)は、神様への最も格式高い奉納品であり、当時における最高の工芸技術が詰まっている1振です。

談山神社(桜井市)

イメージ

奈良県桜井市にある「談山神社」(たんざんじんじゃ)は「中大兄皇子」(なかのおおえのおうじ)と「中臣鎌足」(なかとみのかまたり)が、「大化の改新」に向けた話し合いを行なった場所として知られています。祭神は中臣鎌足(藤原鎌足)。中大兄皇子と共に、わが国初の元号である「大化」を使うなど、新たな国づくりの中心的な存在となりました。天智天皇(中大兄皇子)は、鎌足の死の直前に「大織冠」(たいしょくかん:大化の改新後定められた冠位制での最高位)と共に「藤原姓」を賜与。鎌足は、平安時代に権勢を誇った藤原氏の祖先でもあったのです。

奈良県にある
日本刀(刀剣)の常設展示場

おでかけ先や最寄りの地域で日本刀(刀剣)を鑑賞したいとお考えの方は、ぜひご覧下さい。

施設名 所在地 施設詳細
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館

奈良県立橿原
考古学研究所
附属博物館

奈良県橿原市畝傍町50-2

奈良県の刀剣・武具関連の組織

奈良県にある、刀剣・武具関連の組織と全日本刀匠会所属の会員名簿をご覧頂けます。

奈良県にある
刀剣・武具関連の組織

芸術的価値のある刀剣の保存や公開を行なう、公益財団法人をはじめとする刀剣・武具に関係する組織をご紹介します。

団体名 所在地 施設詳細
公益財団法人日本美術刀剣保存協会 奈良県支部 奈良県奈良市学園南3-13-13

-

全日本刀匠会 会員名簿

日本刀(刀剣)の文化的価値を普及すると同時に、刀匠の才能や作家としての魅力を作り上げることを目的とする「全日本刀匠会」。奈良県で活躍する全日本刀匠会の会員(刀匠)をご紹介します。

会員名(刀匠名) 所在地
奈良県桜井市茅原228-8
月山 貞伸(一郎)
奈良県桜井市茅原228-8
澤井 包安(美保)
奈良県奈良市富雄泉ヶ丘7-8
藤原 俊和(俊和)
奈良県磯城郡三宅町大字石見523-84
柴山 靖博(靖博)
奈良県御所市幸町165-1
藤村 寿惠(惠當)
奈良県奈良市西大寺芝町1丁目4番20号

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、全国の刀剣施設情報「奈良県の刀剣情報」ページです。
奈良県の刀剣展示施設や刀剣・武具に関係する組織や刀剣商(刀剣店)、奈良県に関連する刀剣情報など、奈良県に関する様々な日本刀(刀剣)情報を掲載しています。
ご自身のお住まいの地域や、訪問する地域の日本刀(刀剣)の魅力に触れる場合などに、ぜひ活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。
日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る