全国の刀剣施設情報 三重県の刀剣施設情報をご紹介します。

三重県の刀剣関連施設

三重県で日本刀(刀剣)を常設展示している「博物館の日本刀」や「刀剣奉納 神社・仏閣の日本刀」、三重県の日本刀(刀剣)に関連する刀剣関連施設をご紹介します。

刀剣コレクション桑名・多度(ホテル多度温泉)

イメージ

ホテル多度温泉レジデンス新館3階にある貴賓室「ローズウッド」、「ペガサス」と、クラブハウス本館2階の「コンペルーム」にて、甲冑・拵(こしらえ)・槍などの美術品を無料で公開しています。

桑名市博物館(桑名市)

イメージ

「桑名」と言えば、焼蛤(やきはまぐり)だけではありません。近年の刀剣熱の高まりによって、もうひとつの顔がクローズアップされてきているのです。キーワードは「村正」。徳川家に災いをもたらすとされた妖刀・村正に端を発した桑名の刀剣熱の高まりは、ふるさと納税への返礼品として、人数限定ながら「刀の取り扱い体験」がラインナップされたほど。その会場になっている三重県桑名市にある「桑名市博物館」は、刀のまち桑名の中心的な存在であると言えます。

神宮徴古館(伊勢市)

イメージ

三重県伊勢市にある「神宮徴古館」(じんぐうちょうこかん)は、1909年(明治42年)に日本初の私立博物館として創設されました。創設目的は、「神宮の由緒並びに日本文化の変遷を徴する資料を陳列保存して、一般の観覧に供する外産業の振興発展に資する事業を行ない、文化の向上を図る」こと。当館では、社殿の復原展示や20年に一度行なわれる「式年遷宮」(しきねんせんぐう)において撤下された御装束神宝の一部を展示しています。これらの資料の他、館内では「毛抜形太刀」(けぬきがたたち)や「脇指」などの国指定の重要文化財11点をはじめ、歴史・考古学資料、美術工芸品など約13,000点を収蔵・展示。神宮徴古館は、「伊勢神宮」についての「総合博物館」とも言うべき博物館です。

多度大社(桑名市)

イメージ

三重県桑名市にある「多度大社」は、「雄略天皇」(ゆうりゃくてんのう)の御代に創建された神社です。主祭神の「天津彦根命」(あまつひこねのみこと)は、「天照大御神」(あまてらすおおみかみ)の第3皇子。多度大社は織田信長の時代、長島一向一揆(ながしまいっこういっき)平定の際に兵火によって全焼してしまいました。しかし江戸時代に入り、初代桑名藩主「本多忠勝」(ほんだただかつ)の寄進により復興。現在にその姿を伝えているのです。また、別宮に祀られている御子神「天目一箇命」(あめのまひとつのみこと)は、製鉄・鍛冶の神。また御父神「天津彦根命」と共に天候を司る神としても崇められ、古来より伝えられる雨乞祈祷では、本宮・別宮・滝前の3ヵ所で祭典が執り行なわれます。

三重県の刀剣・武具関連の組織

三重県にある、刀剣・武具関連の組織をご覧頂けます。

三重県にある
刀剣・武具関連の組織

芸術的価値のある刀剣の保存や公開を行なう、公益財団法人をはじめとする刀剣・武具に関係する組織をご紹介します。

団体名 所在地 施設詳細
公益財団法人日本美術刀剣保存協会 三重県支部 三重県津市大園町10-28

-

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ、全国の刀剣施設情報「三重県の刀剣情報」ページです。三重県内の様々な日本刀(刀剣)の情報を多数掲載。
刀剣・武具に関係する組織や刀剣商(刀剣店)、その他にも刀剣が展示されている施設についても知ることができます。ご自身の住んでいる地域や、訪れたい地域で刀剣の魅力に触れようと思った際には、ぜひご覧下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。
日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る