日本の服飾史
日本の服飾史
日本の服飾史

衣装には「実用性が優れている」、「機能性抜群の服」、「デザインが良い服」と言った様々な性能がありますが、時代によって重視された性能は異なります。
日本の服飾史では、平安時代、鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、そして江戸時代において、庶民や貴族、武士などの間ではどのような特徴の服装を身にまとっていたのかを解説。男性や女性の服装の違いはもちろん、時代ごとに流行した髪型や衣服の形、装飾品など、衣服の歴史を知る手掛かりになります。
また、平安時代から登場した日本式甲冑もご紹介。「大鎧」をはじめ、「当世具足」など時代の流れと共に変化する甲冑について知ることもできます。

平安時代の服飾

平安時代の衣服は、庶民と貴族で大きく異なっています。貴族の衣装として有名なものには、「束帯」や「十二単」などの豪華なものがあります。庶民の衣服は、農作業などをしやすいように、裾を絞った「小袴」(こばかま)を履いていたり、女性庶民は「小袖」(こそで)という丈の短い着物を着ていました。小袖は貴族の下着とされていたものでもあるため、こうしたところにも、庶民と貴族の衣服の違いが見受けられます。

鎌倉時代の服飾

鎌倉時代になると、武士の存在が勢いを増してきます。その兼ね合いもあり、デザイン性だけではなく、実用性や機能性を備えた服装や甲冑(鎧兜)が増えてきました。
平安時代に庶民の服装として親しまれてきた「直垂」(ひだたれ)が、武士の正式な服装に変わっていった時代でもあります。身分による服装の違いはありますが、より実用性を求めた服装が主流となっていきました。

室町時代の服飾

室町時代においても、身分による服装の違いはありましたが、鎌倉時代までと比べてよりその違いが簡便になっていきました。
例えば、武士であれば戦いに出向くことが多いため、儀礼的な装いではなく、戦いの場で動きやすい実践的な服装が一般的になっていきました。公家の装いも、以前のような豪華なものから小袖を上着とするより、庶民的な装いへと変化していきました。時代の変化に伴う勢力の強弱がファッションの変化にも繋がり、時代の流れを感じさせます。

安土桃山時代の服飾

安土桃山時代に入ると、室町時代よりも更に礼装が簡便になっていきます。一番の要因としては、ヨーロッパや東南アジア、スペイン、ポルトガルなどの諸外国の影響があり、そうした海外のファッションが取り入れられるようになりました。ファッションだけではなく、鉄砲や槍などの新しい武器が登場した時代でもあることから、日本独自の文化と、諸外国の文化が混ざりあった時代とも言えます。

江戸時代の服飾

江戸時代では、安土桃山時代にもたらされた変化の中で、「和」のファッション文化がより際立ち、熟成されていきました。これには、江戸時代を語る上では外せない「鎖国」による影響が最も表れていると言えます。また、特徴的な部分としては、職業に応じて衣服の形や素材が分類された点が挙げられます。これにより、服を見ただけでその人がどんな職業かが分かるのも江戸時代の衣服の特徴と言えます。

刀剣コスプレ 刀剣コスプレ
コスプレの基本知識をはじめ、衣装や小道具、メイク術など、コスプレ関連の情報をご紹介します。

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑(鎧兜)に関するコンテンツを公開しています。
日本の服飾史では、平安時代から江戸時代において、庶民や貴族、武士の間でどのような服装が着用されていたのかを解説。また平安時代に考案された「大鎧」をはじめ、戦闘時に重宝された甲冑にも触れていきます。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード