戦国武将とは、歴史を動かした有名な人物を取り上げ、その役目を行なったエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

武将一覧

歴史を動かした有名な人物を時代順(平安時代~安土桃山時代)にご紹介します。

源義経

源義経
「源義経」(みなもとのよしつね)と言えば、鎌倉幕府の将軍「源頼朝」(みなもとのよりとも)の弟。「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)で平家を滅ぼした最大の功労者であったにもかかわらず、兄・頼朝からの信頼を得ることができず、悲劇的な最期を遂げるのです。剣術に優れ、戦術も天才的。そんな義経に一体何が起こったのでしょうか。その生涯を見ていきましょう。
詳細はこちら

源頼朝

源頼朝
「源頼朝」(みなもとのよりとも)と言えば、鎌倉幕府の初代将軍。圧倒的なリーダーシップで源氏・東国御家人をひとつにまとめ上げ「平家滅亡」を成し遂げます。また、政治の実権を朝廷から奪って武家政権を確立。容姿端麗・頭脳明晰・武術に優れたスーパーヒーロー。「組織作りの天才」と尊敬を集めた、頼朝の生涯に迫ります。
詳細はこちら

浅井長政

浅井長政
「浅井長政」(あざいながまさ)と言えば、織田信長の妹「お市の方」の夫。知勇に優れた美男子と評されていました。一度は義兄・信長と同盟を結ぶも、朋友「朝倉義景」(あさくらよしかげ)との友情を優先したため敵対。一家離散、自害へと追い込まれることに。長政はなぜ、そんな選択をしたのでしょうか。長政の生涯に迫ります。
詳細はこちら

井伊直虎

井伊直虎
「井伊直虎」(いいなおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)井伊谷(いいのや)の領主です。井伊家は江戸時代には30万石の彦根藩主となり、井伊直弼(いいなおすけ)などの大老職を数名輩出し、譜代大名筆頭の家柄となりました。そんな井伊家の礎を作ったのが、「女領主」であったと言われる直虎です。
詳細はこちら

斎藤道三

斎藤道三
「斎藤道三」(さいとうどうさん)と言えば、戦国時代に美濃国を乗っ取った、成り上がりとして有名です。「権謀術数」(他人を巧みに欺く策略)に長け、親の腹を食いちぎって生まれる「マムシ」のようだと恐れられましたが、皮肉にも息子「義龍」(よしたつ)と対立し、討ち死にします。「下剋上大名」と恐れられた、斎藤道三の生涯に迫ります。
詳細はこちら

真田幸村

真田幸村
「真田幸村」(さなだゆきむら)は、安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した武将・大名です。その勇敢な活躍と華々しい最期が、のちの史料において「日本一の兵」(ひのもといちのつわもの)と評されたことから、英雄として庶民の間に浸透し、高い人気を誇っています。
詳細はこちら

柴田勝家

柴田勝家
「柴田勝家」(しばたかついえ)と言えば、織田信長の筆頭家老。戦上手で勇猛果敢、情に厚いが武骨なためか59歳まで独身でした。ところが60歳のときに、あの織田信長の妹「お市の方」の再婚相手に選ばれます。天下人・豊臣秀吉の最大のライバルと言われた男の「人生の分岐点」に迫ります。
詳細はこちら

武田信玄

武田信玄
「武田信玄」(たけだしんげん)は、甲斐(現在の山梨県)の戦国大名です。「甲斐の虎」と呼ばれた彼の率いる武田軍は当時最強と言われ、その武勇はのちの天下人・織田信長の耳にも届き、恐れさせる程でした。天下を目指していた信玄が、上洛を前に病に倒れることがなければ、日本の歴史は変わっていたかもしれません。
詳細はこちら

竹中半兵衛

竹中半兵衛
「竹中半兵衛」(たけなかはんべえ)と言えば、戦国時代を代表する「名軍師」。「軍師」とは、君主や将軍の戦略・戦術の指揮を補佐する役割を担う人のこと。黒田官兵衛とともに、豊臣秀吉が天下人になるまでサポートし、活躍します。竹中半兵衛の生涯、そして軍師とは何かを見ていきましょう。
詳細はこちら

長宗我部元親

長宗我部元親
「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)は、戦国時代から安土桃山時代の土佐国(高知県)の戦国大名です。土佐の豪族だった長宗我部氏を戦国大名化し、四国を統一したことから、「土佐の出来人」と呼ばれました。
詳細はこちら

藤堂高虎

藤堂高虎
「藤堂高虎」(とうどうたかとら)は、戦国時代から江戸時代初期に活躍した武将・大名。高虎と言えば、「加藤清正」(かとうきよまさ)や「黒田官兵衛」(くろだかんべえ)と並ぶ築城の名人であることと、主君を次々変えたことで有名です。
詳細はこちら

福島正則

福島正則
「福島正則」(ふくしままさのり)と言えば、豊臣秀吉の家臣で勇猛果敢な「武断派」武将。賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)・小田原の役・朝鮮出兵・関ヶ原の戦いで武功を挙げ、51万石の大名に。「武勇に長けるが、大酒吞みで智謀に乏しい猪武者」とも呼ばれる、福島正則の生涯に迫ります。
詳細はこちら

北条早雲

北条早雲
「北条早雲」(ほうじょうそううん)は、戦国時代に相模国(現在の神奈川県)を統一した人物。小田原城の城主で、鎌倉幕府の執権・北条氏とは全く関係がなく「後北条氏」と呼ばれ、「戦国時代は北条早雲の下剋上から始まった」と言われる程の戦国武将です。一介の浪人から戦国大名へと成り上がった、早雲の生涯を見てみましょう。
詳細はこちら

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一したスゴイ人物。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、甥を失い、「次男」にして毛利家の家督を相続します。権謀術数に長け、稀代の策略家としても有名。一代で大成を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。
詳細はこちら

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は、戦国時代の武将で、武田信玄の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。
詳細はこちら
城ワールド 城ワールド
日本全国のお城や城跡を検索できる国内最大級の情報サイト
  • 城と武将~武将列伝~

    日本全国にある多くの城と、城に縁のある武将をご紹介。

  • 歴史の偉人と日本刀

    武将・偉人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介します。

日本刀に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらのページは「戦国武将」の一覧ページです。
一口に日本刀と言っても、実は歴史が長い日本刀。あなたが知らない新事実もまだまだたくさんあるかもしれません。日本刀・甲冑に関する様々な記事があるので、ぜひご覧下さい。また、刀剣ワールドでは、他にも様々な日本刀に関する様々なコンテンツをご用意しております。刀剣ワールドをご覧頂き、日本刀についての新しい知識を学んで下さい!

もっと見る▼
ページトップへ戻る