東海・北陸地方

鳥羽藩(とばはん)

稲垣家

稲垣家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
3万石 志摩国
(三重県)
鳥羽城 稲垣家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 九鬼家

九鬼守隆
九鬼久隆

5.6万石 外様
2. 内藤家

内藤忠重
内藤忠政
内藤忠勝

3.5万石 譜代
3. 天領 該当なし - -
4. 土井家

土井利益

7万石 譜代
5. 松平[大給]家

松平乗邑

6万石 譜代
6. 板倉家

板倉重治

5万石 譜代
7. 松平[戸田]家

松平光慈

7万石 譜代
8. 稲垣家

稲垣昭賢
稲垣昭央
稲垣長以
稲垣長続
稲垣長剛
稲垣長明
稲垣長行
稲垣長敬

3万石 譜代

鳥羽港を顔にした、水路の要衝

鳥羽港を顔にした、水路の要衝

ここで取り上げる「鳥羽藩」(とばはん)は、現在の三重県南東部・志摩半島に位置した地域を治めた藩のことであり、「鳥羽・伏見の戦い」の京都市南区・上鳥羽とは別です。

初代藩主は、戦国時代に織田水軍の将を務めた「九鬼嘉隆」(くきよしたか)。当時、最強を謳われた毛利水軍をわずか数隻の鉄甲船で打ち破ったことで、その勇名を天下に轟かせました。

関ヶ原の戦い」で、嘉隆は西軍として参戦。東軍に与(くみ)した子の守隆(もりたか)と分かれて戦いましたが、これは父子の間に諍(いさか)いがあった訳ではなく、どちらが敗れても九鬼家が存続できるようにと嘉隆が図った作戦だったのです。

東軍の勝利後、守隆は、「徳川家康」に父の助命を嘆願して認められましたが、これを伝える使者が到着する前に、嘉隆は自害してしまいました。

これは、家臣の「豊田五郎右衛門」が九鬼家の存続のためにと考えた上で促した策でしたが、父の死を知った守隆は激怒。五郎右衛門をノコギリ挽きで斬首して、晒し首に処してしまいます。守隆の死後には、跡目争いが勃発。幕府の裁定により、九鬼家は分裂のうえ、移封とされました。

代わって入った内藤家も、3代藩主・忠勝(ただかつ)が4代将軍・家綱(いえつな)の法会の席で、丹後「宮津藩」(みやづはん:現在の京都府)藩主の「永井尚長」(ながいなおなが)を殺害したことで切腹・改易となります。

鳥羽城跡

鳥羽城跡

内藤と永井は、江戸の屋敷が隣り合っていたことから、いわゆるご近所トラブルがあり、もともと犬猿の仲だったのです。

「大法会」(だいほうえ:大規模な法会)の前日、老中筆頭より「内藤家は僧に食事を振る舞うこと」と書状が発せられましたが、これを永井が握り潰します。当日になって、食事の無いことを僧が騒ぎ立てたため、面目を潰された内藤忠勝が永井尚長を切り付けてしまったという訳でした。

このあとは、天領を経て、次々と藩主が入れ替わります。落ち着いたのは、1725年(享保10年)に、「稲垣昭賢」(いながきてるたか)が入封してからのことです。以降は、稲垣家が代々この地を治めることとなりました。

1841年(天保12年)には、時の農政学者「佐藤信淵」(さとうのぶひろ)が、鳥羽藩の財政を調査した「鳥羽領経緯記」の中で、「鳥羽港は日本総国に於て実に海路の要枢なり」と記述。鳥羽港は、文政年間の港の番付表「国々港くらべ」においても関脇に位置付けられていて、このあたりにかつての「九鬼水軍」(くきすいぐん)の名残が感じられます。

幕末、鳥羽・伏見の戦いでは、藩兵が幕府方に加わったことで、新政府軍は江戸滞在中だった藩主の「稲垣長行」(いながきながゆき)の討伐を企図しましたが、長行が弟の長敬(ながひろ)に家督を譲って謹慎。戦闘に参加した部隊長らは永禁固、さらには軍資金として1万5,000両を提供する完全降伏の姿勢を見せたことで、許しを受けています。

富山藩(とやまはん)

前田家

前田家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
10万石 越中国
(富山県)
富山城 前田家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 前田家

前田利次
前田正甫
前田利興
前田利隆
前田利幸
前田利與
前田利久
前田利謙
前田利幹
前田利保
前田利友
前田利聲
前田利同

10万石 外様

富山の薬売りから、都市伝説のような謎も持つ藩

富山の薬売りから、都市伝説のような謎も持つ藩

1639年(寛永16年)、「加賀藩」(かがはん:現在の富山県石川県)3代藩主の「前田利常」(まえだとしつね)が隠居する際、次男の「利次」(としつぐ)に婦員郡百塚(ねいぐんひゃくづか)の地10万石を分封することを幕府に願い出て、これが認められたことにより「富山藩」(とやまはん:現在の富山県)が成立しました。

名前は富山ですが、その領知は神通川流域に留まり、つまり領地は現在の富山県の中央部だけで両端は加賀藩に属していたことになります。

利次が城の修築、城下町や領内交通網の整備、新田の開発などを推進して藩の基礎を固めると、その次男で2代藩主となった「正甫」(まさとし)は、自身が病弱だったことから薬学、本草学、医術を奨励。

1690年(元禄3年)のこと。ある大名が江戸城内で突然腹痛を起こした際、そこに居合わせた正甫が自ら開発に携わった合薬「反魂丹」(はんごんたん)を飲ませたところ、腹痛はピタリと治まったそうです。居並ぶ諸大名はその効果に驚いて、即座に正甫に反魂丹を大量注文し、これがいわゆる「富山の薬売り」の起源となったとする伝承もあります。

そののちは藩を挙げて「反魂丹役所」を設置し、特産となった富山売薬の保護と統制に力を入れました。売薬による収入は、度重なる水害と、加賀から押し付けられる形で引き受けた家臣団の高額俸禄によって、常に逼迫していた藩財政に大きく寄与することになったのです。そんな正甫の功績をたたえた銅像が、現在も富山城址公園に建っています。

また、3代藩主「前田利興」(まえだとしおき)の時代には、今も名物として知られる「マス寿司」が誕生しました。

富山城

富山城

当時の富山城下においては人形浄瑠璃(軽躁芝居と称されていた)が大人気を博していて、1766年(明和3年)には、「清水定舞台」なる常設舞台で、3年間の人形浄瑠璃の興行許可が出されたとの記録があります。

8代藩主「前田利謙」(まえだとしのり)が妹を伴って人形芝居「竹田からくり」を見物するために、一般客の入場を禁じたお触れも残されているとのこと。

また、最近では2009年(平成21年)にも、富山藩で代々「十村役」(大庄屋)を務めていた岡崎家の蔵書に、「義太夫節」(ぎだゆうぶし)の詞章が書かれた版本が数多く含まれていたことが発見されていて、同家当主がこれを稽古していたことがうかがえます。

2015年(平成27年)には、現在の東京大学本郷キャンパス内にある富山藩江戸藩邸を発掘調査した際、100を超す地下室の存在が発見されたことでも話題となりました。その一部は、火災の際の荷物の緊急避難用であったと見られているのですが、それだけにしては数が多過ぎるため、いったい何の目的であったのか、調査が続けられています。

浜松藩(はままつはん)

井上家

井上家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
6万石 遠江国
(静岡県)
浜松城 井上家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 松平[桜井]家

松平忠頼

5万石 譜代
2. 水野家

水野重央

3.5万石 譜代
3. 高力家

高力忠房

3.5万石 譜代
4. 松平[大給]家

松平乗寿

3.5万石 譜代
5. 太田家

太田資宗
太田資次

3.2万石 譜代
6. 青山家

青山宗俊
青山忠雄
青山忠重

5万石 譜代
7. 松平[本庄]家

松平資俊
松平資訓

7万石 譜代
8. 松平[大河内・長沢]家

松平信祝
松平信復

7万石 譜代
9. 松平[本庄]家

松平資訓
松平資昌

7万石 譜代
10. 井上家

井上正経
井上正定
井上正甫

6万石 譜代
11. 水野家

水野忠邦
水野忠精

5万石 譜代
12. 井上家

井上正春
井上正直

6万石 譜代

水野忠邦を輩出、「出世の城」を領有した藩

水野忠邦を輩出、「出世の城」を領有した藩

15世紀に築かれ、城主不明だとされていたものの、「今川氏」が築城したとも言われる「曳馬城」(ひくまじょう)。

1570年(元亀元年)に、「徳川家康」(とくがわいえやす)が居城し増改築をした上で、「曳馬=馬を引く」では敗戦の意味となり縁起が悪いとの理由から、名前を「浜松城」(はままつじょう)と改めました。かつてこの地にあった地元豪族の荘園「浜松荘」が、その由来となっています。

「三方ヶ原の戦い」(みかたがはらのたたかい)では、「武田信玄」(たけだしんげん)に大敗した家康が、命からがら逃げ帰り、一か八かで浜松城の城門を開け放つ戦略「空城の計」(くうじょうのけい)を行なうと、追手の「武田軍」はそのただならぬ様子を警戒して、引き返したと言われています。

1586年(天正14年)に、家康が居城を駿府に移してからは、豊臣家の重臣「堀尾氏」が城主となり、1601年(慶長6年)には、徳川譜代の「松平忠頼」(まつだいらただより)が5万石で入封して、「浜松藩」(はままつはん:現在の静岡県)が立藩されました。しかし、以後も激しく藩主は交代し、江戸256年の間に、12家22名を数えたのです。

ただしこの交代の多くは、藩主が幕閣として取り上げられたことによるもので、浜松城は別名「出世城」とも呼ばれていたと言われています。

そんななかでも、露骨な出世目的で浜松藩主となったのが、のちの老中「水野忠邦」(みずのただくに)。忠邦は、1812年(文化9年)に、「唐津藩」(からつはん:現在の佐賀県)の藩主となりましたが、その5年後には、同藩が長期にわたって長崎警備の任務を負うことから、それが出世の弊害になると判断して、幕府に浜松への転封を願い出てこれを実現したのです。

浜松城

浜松城

いくら浜松藩が幕府の任が少ないとはいえ、唐津藩25万3,000石から浜松藩15万3,000石への減封はあまりに異例のこと。

忠邦個人にとっては出世の道でしたでしょうが、家臣の俸禄に影響することは必至であり、抗議のため家老の自死があったと言われています。

またこのとき、唐津領の一部が天領に召されていて、これが忠邦から幕府への賄賂であったとも言われているのです。

老中になってからの忠邦は、「天保の改革」1830年~1844年(天保元年から天保15年)を行ないましたが、厳しい改革は庶民の怒りを買って「水野は叩くに[忠邦]持ってこいの木魚だ」と、寺院から持ち出した木魚を打ち鳴らしながら歌う様子があちらこちらで見られました。

そうして改革が失敗に終わり失脚すると、暴徒化した江戸市民が水野の屋敷を襲撃したのだとも言われています。「為政者として必要なのは思いやりの心であることを、水野の人生は教えてくれるのである」※「歴史読本」2014年(平成26年)1月号。

浜松藩主は忠邦の長男「忠精」(ただきよ)に継がれましたが、1845年(弘化2年)には、父の失脚に伴い、「山形藩」(やまがたはん:現在の山形県)へと懲罰的移封となりました。なお、このとき水野家は、領民からの借金を返さないまま移ろうとしたために、激怒した領民達による大規模一揆が勃発。次の領主となった「井上正春」(いのうえまさはる)の調停により、なんとか収まりました。

1868年(明治元年)、井上家2代藩主「井上正直」(いのうえまさなお)は、徳川宗家16代当主「徳川家達」(とくがわいえさと)が、駿河・遠江・三河を領する「駿府藩」(すんぷはん:現在の静岡県)の藩主になったことにより、上総「鶴舞藩」(つるまいはん:現在の千葉県)に移封。これにより浜松藩の名は消えることとなったのです。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらは「主な江戸100藩」内、「東海・北陸地方」の4ページ目です。
50音順に「東海・北陸地方」の主要な藩を掲載。藩主の家紋や、歴代藩主を知ることができるだけでなく、石高や、藩の歴史・逸話を見ることもできます。なかでも藩のエピソードは読み応え十分!写真や画像と合わせて解説しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る