東海・北陸地方

尾張藩(おわりはん)

尾張徳川家

尾張徳川家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
62万石 尾張国
(愛知県)
名古屋城 尾張徳川家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 尾張徳川家

徳川義直
徳川光友
徳川綱誠
徳川吉通
徳川五郎太
徳川継友
徳川宗春
徳川宗勝
徳川宗睦
徳川斉朝
徳川斉温
徳川斉荘
徳川慶臧
徳川慶恕
徳川茂徳
徳川義宜
徳川慶勝

62万石 親藩

尾張名古屋は色で持つ、愛された派手好き藩主

尾張名古屋は色で持つ、愛された派手好き藩主

「尾張藩」(おわりはん:現在の愛知県)は、「徳川家康」の9男・義直(よしなお)を初代とし、「御三家」の筆頭、かつ親藩の中でも最大の藩でした。

もともと義直は、尾張「清洲城」(きよすじょう)の城主として、尾張一円を領していましたが、清洲は土地が狭く、水害を受けやすかったため、海陸の交通の便が良い名古屋に居城を移すこととなったのです。

1616年(元和2年)に、「名古屋城」(なごやじょう)が築かれると、義直は61万9,000石で入封しました。「尾張徳川家」は、16代256年にわたってこの地を治め、「廃藩置県」で「名古屋県」になります。

そののち、「犬山県」(いぬやまけん:現在の愛知県犬山市周辺)と統合されて、「愛知県」に改称。「額田県」(ぬかたけん:現在の愛知県東部)との統合を経て、現在に至ります。

御三家とされながらも、尾張徳川家から将軍になった者はいませんが、これは、「尾張は将軍位を争うべからず」と言う家訓のためです。

その真意は、「まず、尾張徳川の存続を第一に考える」と言うことにあります。さらに、「将軍家にいざということがあった際の代役に備える」との意図もあったようです。

名古屋城

名古屋城

6代藩主「徳川継友」(とくがわつぐとも)は、当時、将軍家と最も近い血筋で、江戸幕府8代将軍の最有力候補と目されていましたが、紀州徳川家の吉宗(よしむね)がその座に就くことになります。

これも、尾張家訓に基づいて、ロビー活動や贈賄などの就任運動を一切行なわなかったためなのです。継友のあとを継いだ「徳川宗春」(とくがわむねはる)は、歴代藩主の中でも最も有名なひとりと言えます。

1730年(享保15年)に、7代藩主となった宗春は、吉宗による「享保の改革」(きょうほうのかいかく:質素倹約と過剰消費の廃止を旨とする緊縮財政政策)とは真逆の藩政を執り行ないました。

例えば、歌舞音曲の奨励。吉宗は、人心堕落の側面からこれを禁止しましたが、宗春は藩主就任と同時にこれを解禁しています。

他にも、吉宗が否定した「豪奢にして快楽に満ちた遊び」を積極的に認め、夜間の外出を解禁するなどしたことにより、名古屋城下には、芝居小屋から遊郭までもがひしめいて、江戸、大坂、京都をしのぐ賑わいをみせたと言います。

徳川宗春

徳川宗春

宗春は、自著「温知政要」において、その真意を「行き過ぎた倹約はかえって庶民を苦しめる」、「規制を増やしても違反者を増やすだけだ」と記しました。この際、宗春には、幕府へ反発する意図はなく、改革案以外の幕府法令は順守することを藩内に徹底。

尾張藩主に就任した当初には、将軍から「宗」の字を授かって、通春から宗春へと改名していることからも、両者の関係はむしろ良好とも言えます。

しかし、宗春による数々の施政は、結果的に吉宗の逆鱗に触れることとなり、1739年(元文4年)には、隠居謹慎を命じられてしまいました。尾張藩内では、この処分を非難する声があとを絶たなかったと言います。

加賀藩(かがはん)

前田家

前田家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
102万石 加賀・能登・越中国
(石川県)
金沢城 前田家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 前田家

前田利長
前田利常
前田光高
前田綱紀
前田吉徳
前田宗辰
前田重熙
前田重靖
前田重教
前田治脩
前田斉広
前田斉泰
前田慶寧

102万石 外様

外様でありながら準親藩の扱いを受けた大藩

外様でありながら準親藩の扱いを受けた大藩

「加賀藩」(かがはん)は江戸時代、加賀国(かがのくに:現在の石川県南部)石川郡金沢に藩庁をおいた外様藩。

加賀国、能登国(のとのくに:石川県北部)、越中国(えっちゅうのくに:現在の富山県)3ヵ国の大部分と、近江国(おうみのくに:現在の滋賀県)に102万5,020石を有して「加賀100万石」と称されました。

藩祖は「織田信長」のもとで、「槍の又三」(やりのまたざ)の異名を取った「前田利家」(まえだとしいえ)。1581年(天正9年)に信長より能登一国を与えられ、これにより加賀藩が成立したのです。

前田利家

前田利家

利家は五大老として、「豊臣秀吉」亡きあとも豊臣家を支えたことで、「徳川家康」とは一触即発の間柄にありました。

しかし、利家の死後は、嫡子・利長(としなが)と利長の弟・利政(としまさ)が、加賀国を分割統治。「関ヶ原の戦い」においては、兄弟で東西に分かれて戦うことで、どちらが勝っても前田家が存続できるように仕組んだのです。

江戸時代になってからは、徳川将軍家との姻戚関係が強かったことから「松平」(まつだいら)姓と葵紋が与えられ、外様でありながら御三家に準ずる待遇を受けています。

それでも100万石の勢力は、将軍家にとっての脅威に違いなく、幕府は加賀藩が謀反を起こすことのないように目付け役を送り込み、藩主の独裁とならないように合議制による藩政を強いたのです。

そのことに関連して起きたのが、1745年(延享2年)頃より始まった「加賀騒動」。6代藩主「前田吉徳」(まえだよしのり)の寵愛を受けた足軽出身の美少年「大槻伝蔵」(おおつきでんぞう)は、成り上がって一族を繁栄させました。

金沢城

金沢城

しかし、これが旧臣達の反発を買ってしまったのです。吉徳の死後に確執が表面化すると、さらに吉徳の跡を継いだ長男・宗辰(むねとき)が、わずか数ヵ月で急逝したため、「伝蔵が吉徳の側室・真如院(しんにょいん)と密通し、真如院の子を藩主にしようと毒殺したのでは?」との噂を立てられました。

真如院はこれを否定しましたが、密通の証拠があったとして、伝蔵は五箇山(ごかやま)に流刑となり、その地で自害。真如院も終身禁固の身となり、間もなく自ら絞殺を望んで亡くなっています。

この加賀騒動は、世間では世継ぎを巡る一大スキャンダルとなり、この顛末を扱った実録本が大人気を博したと伝えられているのです。

しかし、後世の研究では別の見方もなされています。それは、この一件は「大槻失脚」を目的とした、守旧派(しゅきゅうは:従来の考え方や制度を維持しようとする勢力)によるクーデターであったこと。幕府の介入により合議制が採られていた加賀藩でしたが、これに反発して独裁化を進めるために、大槻伝蔵が藩主の藩政改革に努めた説もあるのです。

なお、加賀藩ゆかりの現存する建造物には、東京大学の赤門があります。これは、「徳川家斉」(とくがわいえなり)の21女「溶姫」(やすひめ/ようひめ)が、加賀藩13代藩主「前田斉泰」(まえだなりやす)に輿入れする際、江戸本郷邸の「御守殿」(ごしゅでん)に建てられた物(なお、御守殿とは将軍家の娘に対する敬称で、その居住する奥御殿[おくごてん]についてもそのように称した)。その門構えは、丹色(にいろ:赤系の色)に塗るのが慣例だったのです。

「そのような御守殿がなぜ最高学府に?」との疑問もあるかもしれませんが、その壮麗な門構えは、当時における加賀藩の権勢を、今に示すものと言えます。

掛川藩(かけがわはん)

太田家

太田家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
5万石 遠江国
(静岡県)
掛川城 太田家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 松平[久松]家

松平定勝
松平定行

1万石 譜代
2. 安藤家

安藤直次

2.8万石 譜代
3. 松平[久松]家

松平定綱

3万石 親藩
4. 朝倉家

朝倉宣正

2.6万石 譜代
5. 青山家

青山幸成

3.3万石 譜代
6. 松平[桜井]家

松平忠重
松平忠倶

4万石 譜代
7. 本多家

本多忠義

7万石 譜代
8. 松平[藤井]家

松平忠晴

2.5万石 譜代
9. 北条家

北条氏重

3万石 外様
10. 井伊家

井伊直好
井伊直武
井伊直朝
井伊直矩

3.5万石 譜代
11. 松平[桜井]家

松平忠喬

4万石 譜代
12. 小笠原家

小笠原長煕
小笠原長庸
小笠原長恭

6万石 譜代
13. 太田家

太田資俊
太田資愛
太田資順
太田資言
太田資始
太田資功
太田資美

5万石 譜代

藩主家が多数入れ替わる徳川家のお膝元

藩主家が多数入れ替わる徳川家のお膝元

戦国時代には、今川氏(いまがわうじ)の支配下にあった遠江国掛川(とおとうみのくに・かけがわ:現在の静岡県掛川市)。

今川氏の衰退後は、「徳川家康」が譜代の「石川家成」(いしかわいえなり)と康通(やすみち)の父子に守らせていました。

しかし、小田原征伐(おだわらせいばつ)あとに、家康が関東に移ると豊臣家の家臣で「内助の功」(ないじょのこう)の逸話でも知られる、「山内一豊」(やまうちかつとよ/かずとよ)が同地に入っています。

豊臣秀吉の死後に家康への接近を図った一豊は、「関ヶ原の戦い」において、自らが居城としていた「掛川城」(かけがわじょう)を、家康に提供することをいち早く表明。その功績により、土佐国(とさくのくに:現在の高知県)へ加増移封されたのです。

「掛川藩」が正式に藩として成立したのは、1601年(慶長6年)、家康の異父弟「松平定勝」(まつだいらさだかつ)が掛川城を与えられて、3万石を領有してからのこと。

しかしそのあと、藩主家は激しく入れ替わり(再登板も含めれば13回)、ようやく落ち着いたのは1746年(延享3年)、「館林藩」(たてばやしはん:現在の群馬県館林市)より「太田資俊」(おおたすけとし:江戸城を造った太田道灌[おおたどうかん]の直系)が入封してからのことでした。短いスパンで藩主が入れ替わった理由は様々で、跡継ぎがおらず改易(かいえき:武士の身分を奪い、その領地や居城などを没収する刑罰)になったケースもあれば、加増移封となったケースもあるのです。

掛川城 天守

掛川城 天守

掛川藩初代藩主の松平定勝の長男・定吉(さだよし)は弓術に長け、温厚な性格もあって家臣団からの信頼も厚かったと伝わっています。

そんな定吉が19歳のとき、徳川家康が定勝の屋敷を訪問すると、定吉はその弓術の腕前を見てもらおうと、空に飛翔していた1羽の鷲を射落としました。

しかし、周囲がひとしきり感心する中で、家康の口からは思いがけない言葉が飛び出します。曰く「無駄な殺生だ」、「多くの人がいる前でかような軽率なことをするとは何ごとか。失敗すれば物笑いの種になるではないか!」と。

そんな家康の叱責にショックを受けた定吉は、ときを待たずに自害してしまったのです。それは、「このまま父の跡を継いでも、将軍から嫌われてしまった自分では先行きがない」と考えてのことでした。このとき、定吉のあとを追って多くの家臣も殉死したと言います。

太田家が入る直前の藩主「小笠原長恭」(おがさわらながゆき)は、藩内を横行する盗賊(日本左衛門[にっぽんざえもん:本名は濱島庄兵衛[はまじましょうべえ]と言い、歌舞伎の白波五人男[しらなみごにんおとこ]の日本駄右衛門[にっぽんだえもん]のモデルとなった)を取り締まることなく放置したとして、幕府より懲罰的転封を命じられました。

だからと言って、幕末まで続いた太田家が善政を敷いたかと言うとそうでもなく、5代藩主・資始(すけもと)は、干ばつによる飢饉に備えて「松の木の皮を食用にする」ための「松皮製造法」を制定し、領民からはそっぽを向かれたりもしています。

これに対して6代藩主の資功(すけかず)は、「二宮尊徳」(にのみやたかのり/そんとく)の弟子に当たる「安居院庄七」(あごいんしょうしち)を登用すると、村興しを進めるための「報徳社」(ほうとくしゃ)と言う会社を設立。

これは農村を活性化するための知識を教える専門学校のような物で、こちらは大いに成功し、掛川藩の農業を発展させることとなりました。

刈谷藩(かりやはん)

土井家

土井家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
2.3万石 三河国
(愛知県)
刈谷城 土井家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 水野家

水野勝成
水野忠清

2万石 譜代
2. 松平[深溝]家

松平忠房

3万石 譜代
3. 松平[久松]家

松平定政

2万石 譜代
4. 天領 該当なし - -
5. 稲垣家

稲垣重綱
稲垣重昭
稲垣重富

2万石 譜代
6. 阿部家

阿部正春
阿部正鎮

1.6万石 譜代
7. 本多家

本多忠良

5万石 譜代
8. 三浦家

三浦明敬
三浦明喬
三浦義理

2.3万石 譜代
9. 土井家

土井利信
土井利徳
土井利制
土井利謙
土井利以
土井利行
土井利祐
土井利善
土井利教

2.3万石 譜代

「由井正雪の乱」を予見した藩主も存在

「由井正雪の乱」を予見した藩主も存在

「刈谷藩」(かりやはん)は、江戸時代、三河国碧海郡刈谷(現在の愛知県刈谷市)を領有した藩です。

戦国時代に刈谷の地を支配していたのは「水野家」で、「徳川家康」の生母「於大の方」(おだいのかた)の兄にあたる「水野信元」(みずののぶもと)が家督を継ぐと、それまでの「今川家」との関係から離れて、織田氏と同盟を結びました。

しかし信元は、「武田勝頼」(たけだかつより)との内通を疑われ、「織田信長」の命を受けた家康の手で殺害され、一族は離散。一時的に水野家は滅亡します。

しかしそののち、名誉回復となり、信元の弟「忠重」(ただしげ)が信長より再び刈谷の地を与えられ、忠重の子「勝成」(かつなり)が同地に3万石を有したことで刈谷藩が成立するのです。

ところが、そのあとは非常に激しく、藩主家の交代が繰り返されます。水野家以降は→「松平[深溝]家」→「松平[久松]家」→天領(てんりょう:幕府の直轄地)→「稲垣家」→「阿部家」→「本多家」→「三浦家」と移り代わり、1719年(享保4年)に「土井家」が入って以降、ようやく藩主家が定着するのです。

刈谷城跡

刈谷城跡

松平(久松)家、「定勝」(さだかつ)の4男「定政」(さだまさ)が、1649年(慶安2年)に2万石で入ったときに事件が勃発します。

定政は、「関ヶ原の戦い」や「大坂冬の陣・夏の陣」以降、多数の大名が減封・改易されたことによって、浪人の数が激増している状況を危惧。

旗本御家人の窮乏を憂える「上申書」を幕府に提出。「刈谷藩は2万石の小藩だが、これを返上して窮乏する旗本御家人に分け与えて欲しい」と願い出て、頭を剃り「能登入道不伯」と号し、息子の「定知」(さだとも)と共に、江戸市内を托鉢して回るようになったのです。

これに対して、時の将軍「徳川家綱」(とくがわいえつな)はまだ数え年で10歳と若く、初めて幼君を将軍に戴いた幕府としては、政情不安を招きかねない大名や旗本の異端な言動には過敏になっていました。

ましてや定政は、家康の異父弟にあたる人物。幕閣としては、これを放置する訳にはいかないと、定政の行動を「狂気の沙汰」と断じて、その所領を没収。刈谷の地は「天領」とされて、定政は宗家の「伊予松山藩」(いよまつやまはん:現在の愛媛県)藩主「松平定行」(まつだいらさだゆき)のもとで、永蟄居となったのです。

しかし、1651年(慶安4年)に定政の懸念が実際のものとなります。不満を溜めた浪人達が江戸幕府を転覆しようとした陰謀事件、「慶安の変」(由井正雪の乱)が発生。皮肉にも、定政の予見の正しさが証明される形となりました。

一方、幕末まで9代にわたって統治した土井家も、その藩政の実情を見ると決して安定していた訳ではありません。歴代藩主においては実子に恵まれないケースが多く、養子を迎えることで、なんとか家系を存続させてきたような状態。

1790年(寛政2年)には、領地の42村で一揆が発生。幕府からの処罰として、半分強の領地を、陸奥「福島藩」(ふくしまはん:現在の福島県)と「村替」(むらがえ)させられたのです。

桑名藩(くわなはん)

松平[久松]家

松平[久松]家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
6万石 伊勢国
(三重県)
桑名城 松平[久松]家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 本多家

本多忠勝
本多忠政

10万石 譜代
2. 松平[久松]家

松平定勝
松平定行
松平定綱
松平定良
松平定重

11.3万石 親藩
3. 松平[奥平]家

松平忠雅
松平忠刻
松平忠啓
松平忠功
松平忠和
松平忠翼
松平忠堯

10万石 親藩
4. 松平[久松]家

松平定永
松平定和
松平定猷
松平定敬
松平定教

6万石 親藩

クジで未来を決めた、幕末激動の藩

クジで未来を決めた、幕末激動の藩

中世の時代から「十楽の津」(じゅうらくのつ)と呼ばれるなど、交易の拠点の港町として発展してきた桑名(くわな:現在の三重県桑名市)。

織田・豊臣の時代には、「滝川一益」(たきがわかずます/いちます)や「氏家行広」(うじいえゆきひろ)などの有力武将が領知しましたが、「関ヶ原の戦い」での戦功により、徳川四天王のひとり「本多平八郎忠勝」(ほんだへいはちろうただかつ)が10万石を与えられ、上総国・大多喜藩(かずさのくに/かづさのくに・おおきたはん:現在の千葉県夷隅郡大多喜町)から入部したことで、「桑名藩」(くわなはん)が成立。

忠勝は、現在の三重県北勢部と愛知岐阜県境の一部を知行し、飛び地として越後国(えちごのくに:現在の佐渡市を除く新潟県全域)の一部も領有することになったのです。

忠勝は、桑名藩において「慶長の町割り」(けいちょうのまちわり)と呼ばれる大規模な区画整理を行ない、これが現在の桑名市街の基礎となっています。

本多忠勝

本多忠勝

また、東海道宿場としての整備も積極的に行なって、巷間伝わる「猛将」と言うだけではない、「名君」としても力量を発揮しました。

桑名藩は、幕末期においては新選組と縁深かった藩としても知られています。桑名藩主で京都所司代(きょうとしょしだい)を務めた「松平定敬」(まつだいらさだあき)は、新選組を監督した京都守護職「松平容保」(まつだいらかたもり)の実の弟です。

新選組が尊王派志士を襲撃した、1864年(元治元年)の「池田屋騒動」は、この兄弟のときに起きています。なお、この騒動の中では、長州藩士と戦った桑名藩士ひとりが亡くなりました。

土方歳三

土方歳三

また、「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)においても、新撰組副長から幕臣となっていた「土方歳三」(ひじかたとしぞう)の率いる軍勢に桑名藩士20人が加わって、「箱館戦争[別名:五稜郭の戦い]」(はこだてせんそう[ごりょうかくのたたかい])まで戦い抜いています。

戊辰戦争の開戦直後、藩内においては、「藩主の定敬が兄・容保と共に幕府を支え、現状も「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)にしたがい江戸で謹慎しているのだから、幕府軍として戦いを続けるのが当然」との意見があった一方で、「すでに形勢有利が明白となった新政府軍にしたがうべき」との声も強くありました。

この二分された意見は一向にまとまる様子がなく、そこで藩の帰趨(きすう:物事が最終的に行き着くところ)を神籤(みくじ)に託すこととなります。

用意された籤には、開城し幕府軍として戦う「開」と、新政府軍にしたがい城を守る「守」の2種類の文字がしたためられました。「鎮国守国神社」(ちんこくしゅこくじんじゃ)において、家老の「酒井孫八郎」(さかいまごはちろう)が斎戒沐浴(さいかいもくよく:神仏に祈るなどの際に、行動や飲食などを慎んで水を浴び、心身を清めること)を行なった上で籤を引くと、そこには開の文字が記されていたのです。

桑名城 蟠龍櫓

桑名城 蟠龍櫓

しかし、そのあとも意見の対立は続き、新政府恭順派の家老達は、藩主不在を理由として3代藩主・定猷(さだみち)の遺児である定教(さだのり)を4代藩主・定敬の後継に担ぎ上げます。これに伴って「桑名城」は、新政府軍に明け渡されることとなったのです。

このため国もとへ戻れなくなった定敬は、江戸からいったん桑名藩の領地がある越後の柏崎(かしわざき)に逃れたあとに、会津若松(あいづわかまつ:現在の福島県会津若松市)や箱館、果ては上海まで流浪の生活を送ることとなりました。

そして、路銀(ろぎん:旅に必要な費用)が尽きて横浜へ帰還したところで降伏の意を表すと、1872年(明治5年)に赦免を受けています。

そののち、政府に対して平民になることを願い出た定敬でしたが、これは認められず、1877年(明治10年)に起きた「西南戦争」(せいなんせんそう)では、旧桑名藩士を引き連れ、政府軍として遠征もしているのです。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらは「主な江戸100藩」内、「東海・北陸地方」の2ページ目です。
50音順に「東海・北陸地方」の主要な藩を掲載。藩主の家紋や、歴代藩主を知ることができるだけでなく、石高や、藩の歴史・逸話を見ることもできます。なかでも藩のエピソードは読み応え十分!写真や画像と合わせて解説しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る