関東・甲信越地方

古河藩(こがはん)

土井家

土井家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
8万石 下総
(茨城県)
古河城 土井家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 小笠原家

小笠原秀政

3万石 譜代
2. 松平[戸田]家

松平康長

2万石 譜代
3. 小笠原家

小笠原信之
小笠原政信

2万石 譜代
4. 奥平家

奥平忠昌

11万石 譜代
5. 永井家

永井直勝
永井尚政

7.2万石 譜代
6. 土井家

土井利勝
土井利隆
土井利重
土井利久
土井利益

7万石 譜代
7. 堀田家

堀田正俊
堀田正仲

13万石 譜代
8. 松平[藤井]家

松平信之
松平忠之

9万石 譜代
9. 松平[大河内]家

松平信輝
松平信祝

7万石 譜代
10. 本多家

本多忠良
本多忠敝

5万石 譜代
11. 松平[松井]家

松平康福

5万石 譜代
12. 土井家

土井利里
土井利見
土井利厚
土井利位
土井利亨
土井利則
土井利与

8万石 譜代

万葉の時代から栄えた日光街道の主要藩

万葉の時代から栄えた日光街道の主要藩

古河藩(こがはん:現在の茨城県)が最も領地を広げたのは、17世紀中ごろの「土井利勝」(どいとしかつ)が藩主の時代で16万石。

下総国(しもうさのくに:現在の茨城県古河市)に藩庁を置き、下野国(しもつけのくに:現在の栃木県)や武蔵国(むさしのくに:現在の埼玉県)の一部、さらには神戸、大阪、岡山の飛び地までが、その施政範囲とされました。

古くは「許我」(こが)と表記され、奈良時代にはすでに、渡良瀬川の渡し場として栄えていたようで、「万葉集」にも当時の情景が二首詠まれています。

古河城本丸跡

古河城本丸跡

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけては、「源頼朝」の近臣である「下河辺行平」(しもこうべゆきひら)により、「古河城」が築城されました。室町時代の中期には、幕府に反旗を翻した関東足利氏がこれを居城として「古河公方」(こがくぼう)とも称されることになったのです。

古河公方は関東を二分して室町幕府との戦を繰り広げ、幕府による一元的な支配体制を崩す端緒となりました。そのため、これが関東における戦国時代の幕開けであったとも言われているのです。

古河の地が関東支配の拠点とされたのは、まず関東平野の中心部に在したこと、さらには渡良瀬・利根川水系を臨む水上交通の基幹であったこと。この2つの地の利によるところが大きいとされています。

足利衰退のあとには、「後北条氏」が領有していましたが、「豊臣秀吉」の「小田原征伐」でこれが滅びると、関東に国替えとなった「徳川家康」は、前述の地の利から古河を重要視して、嫡男「松平信康」の娘婿にあたる「小笠原秀政」(おがさわらひでまさ)をこの領主としました。秀政は、長きにわたる戦乱によって荒廃していた古河城を修復・拡張。江戸時代に入ってからは、日光街道の主要な宿場町として、繁栄することになります。

家康が神として祀られる「日光東照宮」まで歴代将軍が参詣する際の通り道となったこともあり、幕府からは最重要の藩のひとつと目されて、小笠原氏以降の歴代藩主にも幕府の功労者や縁戚があてられることになったのです。

先述の6代藩主「土井利勝」(どいとしかつ)は、家康の落胤(らくいん:身分の低い女性に産ませた子)との噂もあった人物で、古河城に天守閣を増築したことなどから「小家康」とも呼ばれていました。

当時は「天守=将軍を指す」言葉であったため、あくまでも天守閣ではなく「櫓」(やぐら)と言ってはいましたが、江戸城の天守閣が、1657年(明暦3年)の「明暦の大火」に焼失して以降再建されず、また城の増改築には極めて厳しい目が向けられていた中で、これを築いた土井氏がどれほどの権勢を誇っていたかが窺えます。

土井家4代目の早世により、本来ならば世継ぎ不在でお家断絶となるところでしたが、利家の功績を理由に、分家の「土井利益」(とします)を養子縁組することで、お家存続を許されました。もっともその利益は、家臣の大量解雇などの「悪政」の懲罰として、伊勢鳥羽へと転封されることになるのですが……。

土井家が古河に復帰するのは、それから80年余りあとの江戸中期のことで、以後7代にわたり、幕末まで藩主として定着しました。

明治時代に入ると、古河城は廃城令によりまず建物が壊されます。さらに渡良瀬川の治水事業が行なわれるにあたっては、この一帯が開発対象とされ、石垣からお堀の跡まで徹底的に取り潰されてしまうのです。

なお、これら工事は、「足尾銅山鉱毒事件」における公害被害の拡大を防ぐために、行なわれたとも言われています。

佐倉藩(さくらはん)

堀田家

堀田家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
11万石 下総
(千葉県)
佐倉城 堀田家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 武田家

武田信吉

4万石 親藩
2. 松平[長沢]家

松平忠輝

5万石 親藩
3. 小笠原家

小笠原吉次

2.2万石 譜代
4. 土井家

土井利勝

14.2万石 譜代
5. 石川家

石川忠総

7万石 譜代
6. 松平[形原]家

松平家信
松平康信

4万石 譜代
7. 堀田家

堀田正盛
堀田正信

11万石 譜代
8. 松平[大給]家

松平乗久

6万石 譜代
9. 大久保家

大久保忠朝

9.3万石 譜代
10. 戸田家

戸田忠昌
戸田忠真

7.1万石 譜代
11. 稲葉家

稲葉正往
稲葉正知

10.2万石 譜代
12. 松平[大給]家

松平乗邑
松平乗佑

6万石 譜代
13. 堀田家

堀田正亮
堀田正順
堀田正時
堀田正愛
堀田正睦
堀田正倫

11万石 譜代

順天堂大学の原形をつくった藩主「堀田正睦」

順天堂大学の原形をつくった藩主「堀田正睦」

現代も千葉県佐倉市として、その名を残す「佐倉藩」(さくらはん)。現在の千葉県北部から茨城県西部の一帯にあたる同藩は、江戸の東側を守る要衝として徳川一族や譜代大名が代々治めてきました。世間では「老中の城」とも呼ばれ、城下も大いに栄えたと伝えられています。

ただし、いったん幕府内で失脚するとそのたびに佐倉藩主も入れ替わることになり、結果江戸時代のうちに12回ものお家代わりがありました。

室町時代後期に「古河公方」(こがくぼう)と組んだ「千葉輔胤」(ちばすけたね)がこの地を平定すると、以後9代にわたり「印旛浦」(いんばうら:現在の印旛沼)に面した「本佐倉城」(もとさくらじょう)を千葉氏宗家の本拠とします。

戦国時代の末期になると本佐倉城は、関東一帯に君臨した北条氏により相模国「小田原城」の支城とされ、武蔵国「江戸城」に隠居していた「北条氏政」(ほうじょううじまさ)がこれを支配しました。

佐倉城址公園

佐倉城址公園

徳川家康」が関東に入国すると本佐倉城は破却されましたが、土塁や空堀などは現在までほぼ完全な形で残っており、近年には千葉県の城郭で唯一「本佐倉城跡」として国の史跡に指定。

春には桜の名所として、またゴールデンウィークの前後には菖蒲まつりの舞台としても、多くの市民から親しまれています。

1593年(文禄2年)には、家康の5男にあたる「武田信吉」(たけだのぶよし)が4万石で入封し、これが佐倉藩の始まりとなりました。

1610年(慶長15年)には、老中の「土井利勝」(どいとしかつ)が3万2,000石で入りましたが、幕府での貢献から加増が重ねられ、最大時には14万2,000石にまで至ります。

藩主の入れ替わりこそは激しかったのですが、太平の世に東から江戸を攻めようと言う者もおらず、またいずれの領主も幕府の有力者ぞろいで俸禄に窮することもなかったため、藩政自体は順調そのものでした。

幕末に藩主を務めた「堀田正睦」(ほったまさよし)は蘭学を重んじ、「江戸薬研堀」(えどやげんぼり)で私塾を開いていた医師の「佐藤泰然」(さとうたいぜん)を招聘して佐倉城下に医学塾「順天堂」を開設。これが今も続く「順天堂大学」の始まりです。

ところが、黒船の来航によりそんな状況も一変します。外国事務取扱の老中となった正睦は「日米修好通商条約」締結に向けて奔走し、アメリカ総領事の「タウンゼント・ハリス」との直接交渉で、幕府主導による開国貿易の実施を画策。上洛して条約調印の勅許(ちょっきょ)を得ようとしましたが、攘夷(じょうい)論者だった「孝明天皇」(こうめいてんのう)はこれを却下してしまいました。

そうした動きが大老「井伊直弼」(いいなおすけ)の不興を買い、正睦は老中職から罷免され蟄居の処分を下されます。

正睦のあとを継いだ「堀田正倫」(ほったまさとも)も、「鳥羽・伏見の戦い」ののちに上洛して徳川宗家の存続と「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)の助命を嘆願しますが、新政府から拒絶されただけでなく京都に軟禁状態にされました。

藩主不在となった佐倉藩は幕府側の立場にあったため、薩長新政府によりお家断絶の沙汰が下される可能性もあったのですが、家老の「平野縫殿」(ひらのぬい)が新政府軍の要請に従い、鳥羽・伏見の戦いの戦犯とされた幕府方の「大多喜藩」(おおたきはん:現在の千葉県夷隅郡大多喜町)征伐に出兵したことで、最悪の事態は免れることとなります。

1871年(明治4年)の「廃藩置県」で佐倉県とされ、そののちに印旛県を経て千葉県に編入。また、明治初期には旧佐倉城内に「陸軍歩兵連隊」が設置され、軍都として栄えた時期もありました。

椎谷藩(しいやはん)

堀家

堀家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
1万石 越後
(新潟県)
椎谷陣屋 堀家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 堀家

堀直宥
堀直央
堀直恒
堀直旧
堀直喜
堀直著
堀直宣
堀著朝
堀直起
堀直温
堀直哉
堀之敏
堀之美

1万石 譜代

「米百俵」の逸話に及ばず、幕末維新で辛酸を舐める

「米百俵」の逸話に及ばず、幕末維新で辛酸を舐める

「大坂の役」において「堀直之」(ほりなおゆき)は、兄「直寄」(なおより)の先鋒を務めると、「道明寺の戦い」では敵方の「薄田兼相」(すすきだかねすけ:住吉神社に伝わる[ヒヒ退治]で有名な岩見重太郎[いわみじゅうたろう]と同一人物とされる猛将)を見事討ち取ってみせます(薄田を討った人物については[伊達政宗]配下の[片倉小十郎]などの異説も)。

続く「天王寺の戦い」では、いったん徳川方が敗勢となったものの、この殿(しんがり)を務めた直之の奮闘により盛り返し、徳川軍に勝利をもたらすことにもなりました。

これら数々の働きが認められ1616年(元和2年)、直之は「越後国沼垂郡」(えちごのくにぬたりのこおり:現在の新潟県)に5,500石を与えられます。直之の跡を継いだ「直景」(なおかげ)の代には、関東で1万石を与えられて大名家に。

そうして1698年(元禄11年)、直之から数えて4代目となる「堀直宥」(ほりなおさだ)が関東と越後の領地をまとめる形で越後の沼垂・三島・蒲原(かんばら)三郡内にかけて1万石を与えられ、椎谷(しいや)の地に陣屋を置いて居住して初代藩主となったのが「椎谷藩」(しいやはん:現在の新潟県)の始まりです。

1715年(正徳5年)に、この跡を継いで2代藩主となった「直央」(なおひで/なおひさ)は、城下町を整備するなど藩政の基礎を固め、椎谷城下は北陸街道の宿場町として栄えることになります。

しかし、8代藩主「堀著朝」(ほりあきとも)の頃になると財政が逼迫。このため領民に厳しい御用金や米の納付などを命じました。著朝は病弱であったために実際の政務は分家の「堀直基」(ほりなおもと)が代行していたのですが、その直基は「天明の大飢饉」が起こった際に、それに伴う米価の高騰を当て込んで蔵米を競争入札にかけてしまいます。

今の感覚からすると、窮乏する藩の財政状況を考えればまったく正しい経済活動と言えますが、これに領民達が激怒。「皆が食うや食わずで我慢しているにもかかわらず、藩主の名を借りて大事な貯蔵米を売り飛ばすとは何事だ」と言う訳です。

やったことは「長岡藩」(ながおかはん:現在の新潟県)が後進の教育のために義捐米(ぎえんまい)を売り飛ばした「米百俵」のエピソードと大差ありませんが、長岡藩のそれが美談として後世にまで伝わったのとは裏腹に、椎谷藩ではこれをきっかけに農民達が騒動を起こし、以後数年にわたって農民の直訴と藩の弾圧が繰り返される「天明義民事件」にまで発展します。

結局この騒動に収まりがつかなくなると幕府の裁定を仰ぐにことになり、幕府は5回に及ぶ評定の結果、1792年(寛政4年)に、藩主・著朝の隠居を命じ、後継には著朝の養子に入る形で「三河西尾藩」(みかわにしおはん:現在の愛知県)藩主「松平乗祐」(まつだいらのりすけ)の7男「堀直起」(ほりなおのり)が擁立されました。

しかし、そのあとも1851年(嘉永4年)に、12代藩主「堀之敏」(ほりゆきとし)の暗殺未遂事件が起きるなど藩政は不安定な状態が続き、13代藩主「堀之美」(ほりゆきよし)のときには新政府軍に恭順の意を示して米と金を供出しながらも、渡した先が管轄外であったとして二重取りされると言う一種の詐欺まがいにも遇っています。

さらに「戊辰戦争」から派生した「北越戦争」においては、両軍の交わるまさに戦地とされて、その領地は甚大な被害を受けることとなりました。戦火により荒れ果てた領地の復興資金として明治新政府に2万両の借金を申込んだものの、これも断られたと言いますから、椎谷藩にとっては実に散々な幕末維新であった訳です。

宍戸藩(ししどはん)

松平[水戸]家

松平[水戸]家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
1万石 常陸
(茨城県)
宍戸陣屋 松平[水戸]家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 秋田家

秋田実季
秋田俊季

5万石 外様
2. 松平[水戸]家

松平頼雄
松平頼道
松平頼慶
松平頼多
松平頼救
松平頼敬
松平頼筠
松平頼位
松平頼徳
松平頼位

1万石 親藩

「天狗党の乱」により藩主が切腹

「天狗党の乱」により藩主が切腹

宍戸藩が領地としていたのは、現在の茨城県笠間市平町のあたり。以前は西茨城郡宍戸町と言う町名があり、宍戸藩の領地でしたが、吸収合併により笠間市に併合。

江戸時代には笠間と宍戸は別の藩であったことから、今も一部住民には「笠間と宍戸は別」との意識があると言われています。

鎌倉時代、「源頼朝」の命により常陸国の守護職を務めた「八田知家」(はったともいえ)。その4男の家政が宍戸姓を名乗り、「宍戸城」を築いたのが始まりで、そののち、この辺りの一大勢力だった佐竹氏の傘下となりましたが、宍戸の名前だけは残されました。

その佐竹氏は、「関ヶ原の戦い」に参戦せず中立の立場を取ると、もとより「徳川家康」との折り合いが悪かったこともあって、1602年(慶長7年)に出羽秋田へ移封。これに代わって、「出羽国」の「秋田実季」(あきたさねすえ)が宍戸5万石を与えられたことで、宍戸藩は誕生しました。

もっとも、この実季も、関ヶ原の戦いの際には、徳川家についたと見せかけながら、実は裏で上杉家と通じていたと言われ、そのため宍戸に「飛ばされた」とする説もあります。事実、1630年(寛永7年)には、内政失敗を理由に、実季は幕府から強制的に藩主の座から下されています。

それでも、そのあとを継いだ嫡子の「秋田俊季」(あきたとしすえ)は、幕府に忠誠を尽くし、1645年(正保2年)には、陸奥国三春藩へ宍戸と同じ5万石で移封。それまでの三春藩は3万石で、そこから加増されたところを見ると、いわゆる「栄転」であったと言われています。これに伴い宍戸藩は廃藩となり、以後40年近くの間は幕府と水戸藩の領地とされていました。

1682年(天和2年)になると、水戸徳川家初代「徳川頼房」(とくがわよりふさ)の7男にあたる「松平頼雄」(まつだいらよりかつ)が、兄の「徳川光圀」(とくがわみつくに)から1万石を与えられる形で宍戸に陣屋を構え、宍戸藩は復活します。つまりは水戸の分家における新屋のようなもので、「水戸組傘下の宍戸組」といった形でした。

この時期同様に、徳川頼房の子ども達が送り込まれた藩としては、長男頼重の「讃岐高松」、4男頼元の「陸奥守山」、5男頼隆の「常陸府中」がありました(宗家の水戸藩は3男の光圀が相続しています)。

なお、宍戸藩においては、陣屋こそ宍戸に構えられていましたが、藩主は江戸に居続けの定府(参勤交代を行なわず、江戸に定住する将軍や藩主、及びそれに仕える者のこと)であり、家臣も水戸藩からの出向で、国元の家臣も、水戸城外に役所を構えて執務していたと言うことから、水戸藩が看板を替えただけの子会社のようなものでした。

それが証拠に、8代藩主となった頼位は、水戸藩主「徳川斉昭」(とくがわなりあき)の指導の下に軍事改革など藩政改革を行なっているのです。

1864年(元治元年)に「筑波山」で、水戸藩士が中心となって挙兵した「天狗党の乱」(てんぐとうのらん)においては、9代藩主の頼徳が幕命により、鎮圧に当たりましたが失敗に終わります。

最大時には1,500人近くもの大集団となっていた「天狗党」に対し、水戸傀儡(みとかいらい:水戸藩の手先となって操られていること)の小藩が敵う訳がなく、そもそも敵も味方もその多くが身内同然の水戸藩の人間なのですから、いくら幕府に言われたところで、本気の戦ができる訳はなかったのです。

結局、天狗党の乱は、「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)率いる幕府軍が制圧することになりましたが、宍戸藩の天狗党に対する同情的な在り方は、幕府からの追及を受けることになり、頼徳は切腹を命じられ、宍戸藩も改易されてしまいました。

志筑藩(しづくはん)

本堂家

本堂家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
1万石 常陸
(茨城県)
志筑陣屋 本堂家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 本堂家

本堂茂親
本堂栄親
本堂玄親
本堂伊親
本堂苗親
本堂豊親
本堂親房
本堂親庸
本堂親道
本堂親久

1万石 譜代

大名格の待遇を受けていた小藩

大名格の待遇を受けていた小藩

現在の茨城県かすみがうら市周辺に存在した小藩で、代々の藩主を務めた本堂家は「源頼朝」の落胤(らくいん:身分・地位のある男性が正妻でない女性に密かに産ませた子ども)を称していました。

もともとこのあたりを治めていた常陸国主の佐竹氏が、1602年(慶長7年)に減転封されたのと入れ替わって、秋田県南部を本拠としていた「本堂茂親」(ほんどうしげちか)が、小田原城攻めでの軍功により志筑8,500石を与えられたのが始まりです。

石高1万に満たないため、正式には大名ではなく、旗本の身分でしたが、幕府からは大名と同列に参勤交代などが義務付けられていました。そのため、財政は厳しく1773年(安永2年)には百姓一揆が起きたりもしましたが、トータルでみれば、善政が敷かれていたと言われています。

江戸時代を通してひとつの家系の支配が続いた数少ない地域でもあり、今でも「志筑小学校」の校章には本堂家の家紋が使用され、また「志筑八幡神社」にも、本堂氏が戦場で使用した采配が奉納されるなど、当家が広く民衆から慕われていた名残が散見されます。

戊辰戦争」においては、この周辺の諸藩が傍観を決め込んだり、会津と組んで反新政府の姿勢を見せたりする中にあって、志筑藩はいち早く新政府軍に協力しています。その功績が認められ、明治維新になると1万110石にまで加増され、ようやく本堂家は大名に昇格することとなりました。

つまり、厳密な意味で志筑が藩として成立したのは、維新後から廃藩置県で「志筑県」とされるまでのわずかな期間だけであったとも言えるのです。そののち、志筑県は周辺諸県と合併して茨城県に。

志筑藩の出身者としては、幕末に新選組隊士として活躍した「伊東甲子太郎」(いとうかしたろう)と「鈴木三樹三郎」(すずきみきさぶろう:三木三郎とも)の兄弟が知られています。苗字が違うのは、甲子太郎が「北辰一刀流」(ほくしんいっとうりゅう)の師匠である「伊東精一」の遺志に従い、その娘を妻にして伊東家を継いだため。

その知見の広さや弁舌の巧みさから、「新選組」では参謀まで任じられた伊東ですが、攘夷佐幕派の新選組にあって、攘夷と言う点では一致しながらも、徐々に勤王討幕思想へとシフト。そのため伊東は1867年(慶応3年)に、弟・三樹三郎ら14人を率いて新選組を離脱。表立っての理由は「孝明天皇の御陵守護の任を得たため、これを拠点に薩長の動向を探る」というものでした。

この時期に伊東は、朝廷に宛てて4通の建白書を提出。その内容は公家を中心にした挙国一致の新政府を提案する「坂本龍馬」とも近い考えのものであり、日本を鎖国から開放することにも、基本賛成の立場であったと言われています。

そうした伊東の行動を裏切りと断じた新選組隊長の「近藤勇」は、己の妾宅に伊東を呼び出し、酔わせた上で新選組の隊員数名によって暗殺させました。兄の死を知った三樹三郎が同志らと共に遺体収容に向かうと、これを阻止する新選組との乱闘が勃発。この窮地を「薩摩藩」に救われ保護されています。

これ以降の三樹三郎は、薩摩藩の下に付き、東征軍の先鋒として新選組を始めとする幕府軍を相手に数々の戦功を収めました。明治以降は、主に警察関係の仕事に従事すると、退官後は故郷の志筑にほど近い茨城県石岡町(現在の石岡市)にて余生を送ったと言われています。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらは「主な江戸100藩」内、「関東・甲信越地方」の2ページ目です。
50音順に「関東・甲信越地方」の主要な藩を掲載。藩主の家紋や、歴代藩主を知ることができるだけでなく、石高や、藩の歴史・逸話を見ることもできます。なかでも藩のエピソードは読み応え十分!写真や画像と合わせて解説しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る