関西地方

狭山藩(さやまはん)

後北条家

後北条家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
1万石 河内国
(大阪府)
狭山陣屋 後北条家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 後北条家

北条氏盛
北条氏信
北条氏宗
北条氏治
北条氏朝
北条氏貞
北条氏彦
北条氏昉
北条氏喬
北条氏久
北条氏燕
北条氏恭

1万石 外様

元関東の雄・後北条家。たび重なる歴史的事件で財政破綻状態に

元関東の雄・後北条家。たび重なる歴史的事件で財政破綻状態に

最終的な石高が1万石という、この小さな「狭山藩」(さやまはん:現在の大阪府)は、12代にわたる関東の雄、「後北条家」が領有した藩です。

後北条家の祖である「北条早雲」(ほうじょうそううん)は、関東管領である「山内上杉氏」、「扇谷上杉氏」を駆逐し、小田原城を奪取。関東にいち早く覇権を築いた戦国武将として有名です。

一介の浪人から身を立てた「下克上」(げこくじょう)を代表する武将と言われてきましたが、現在では、室町幕府の政所執事を務めた「伊勢氏」の出自だと言うことが定説となっています。また、早雲自身は伊勢氏を名乗り、「北条」を姓として名乗ったのは、嫡男である「氏綱」(うじつな)からです。

この北条早雲からはじまる、後北条氏は、3代目「氏康」(うじやす)の時代には、「武田信玄」や「今川義元」などと「甲相駿三国同盟」を結び、「上杉謙信」とも関東の覇権を争った戦国最強大名の一角でもあったのです。

1590年(天正18年)、豊臣秀吉による「小田原征伐」の際、伊豆韮山城を守備し、4ヵ月にわたり抗戦。高野山に蟄居(ちっきょ:謹慎刑)を命じられた氏康の4男「北条氏規」(ほうじょううじのり)は、のちに罪を許され、氏規本人に河内狭山6,900石、嫡男「氏盛」(うじもり)に下野4,000石が与えられました。1600年(慶長5年)に、氏規が没したことにより所領を合わせ1万1,000石となり、これが狭山藩のはじまりとなっているのです。

狭山の地に、陣屋を設け政務を執ることとなったのは、1616年(元和2年)、2代藩主「氏信」(うじのぶ)のころ。3代藩主「氏宗」(うじむね)の代となると、氏宗は無類の酒好きだったらしく、江戸城への登城すらままならない状態が続き、藩主の座を退き、存続の危機にまで至りました。

しかし、北条一門の働きにより名門譜代で前の老中であった「酒井忠清」(さかいただきよ)のとりなしを得て、なんとか4代藩主「氏治」(うじはる)が新たに藩を立てる名目で、存続が可能になったのです。

7代藩主「氏彦」(うじよし)の代には、下級藩士による藩政改革要求である「狭山騒動」が勃発しますが、改革は依然として進むことはありませんでした。厳しい藩財政が続いていましたが、11代藩主「氏燕」(うじよし)は、文武を奨励し、藩校「簡修館」(かんしゅうかん)を再興。また特産品である「高野豆腐」を専売として、藩財政の立て直しにも尽力しました。

しかし、財政悪化の上に、1837年(天保8年)「大塩平八郎の乱」、1849年(嘉永2年)「プチャーチン大坂湾侵入」、1863年(文久3年)「天誅組の変」への出兵などで軍費がかさみ、幕末にはすでに破綻状態となっていました。

12代藩主「氏恭」(うじゆき)は、1869年(明治2年)に他藩に先駆け、「版籍奉還」を行ないましたが、1871年(明治4年)には、「廃藩置県」を待たずに崩壊。なお、藩主である後北条家は、のちに子爵位を受け、「華族」に列せられています。

芝村藩(しばむらはん)

織田家

織田家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
1万石 大和国
(奈良県)
芝村陣屋 織田家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 織田家

織田長政
織田長定
織田長明
織田長清
織田長弘
織田長亮
織田輔宜
織田長教
織田長宇
織田長恭
織田長易

1万石 外様

織田家の歴史を紡ぐ有楽斎から続く外様小藩

織田家の歴史を紡ぐ有楽斎から続く外様小藩

「芝村藩」の藩祖とも言える「織田有楽斎[長益]」(おだうらくさい[ながます])は、「織田信長」の実の兄弟です。「織田信秀」(おだのぶひで)の11男であり、兄・信長とは13歳離れていたと言われています。

「利休十哲」(りきゅうじってつ)のひとりにも数えられ、自らも茶道「有楽流」(うらくりゅう)を創始した文化人でもありました。

武将としても、織田軍として武田攻めに参加し、「深志城」(ふかしじょう:現在の長野県松本市松本城[まつもとじょう]の前身)の受け取り役も務め、「関ヶ原の戦い」では、総勢450名の兵を率いて徳川家康側にて参戦。「石田三成」(いしだみつなり)軍の「蒲生頼郷」(がもうよりさと)を自身で討ち取る武功も挙げた、文武に秀でた武将だったのです。

1614年(慶長19年)、1615年(慶長20年)の「大坂冬の陣・夏の陣」のあと、間諜(かんちょう:密かに敵側の情報を探り、味方に知らせる者)として(諸説あり)、大坂城方に与していた織田有楽斎(長益)は、徳川方への釈明の意志を表明する意味合いで隠居。

そして、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)に領していた3万石の所領を、4男・長政(ながまさ)、5男・尚長(なおなが)にそれぞれ1万石ずつ与え、長政が大和国戒重村(かいじゅうむら)の地に拠点を定めて立藩となり、当初は、「戒重藩」と呼ばれていました。また、尚長は、同じく大和に「柳本藩」(やなぎもとはん)を立藩しています。

1683年(天和3年)、家督を相続した戒重藩4代藩主・長清(ながきよ/ながずみ)もまた、優れた文化人として有名です。藩士に文武を奨励し、京都より儒者「北村可昌」(きたむらよしまさ)を招聘し、藩校「遷喬館」(せんきょうかん)を設立。同時に長清は織田信長の一代記でもある「織田真記」15巻を編纂しています。

この時代はまだ、芝村の土地に拠点を移してはいません。幕府から、大和国岩田村(いわたむら:のちに「芝村」と改称)への移転許可を得てはいましたが、藩財政の悪化が表出し、移転することはできなかったのです。ただし、長清の時代が、戒重から芝村へと続く藩史の中で、最も栄えた時代ではありました。
 
当初の「戒重藩」より芝村藩になったのは、7代藩主・輔宜(すけよし)が、1745年(延享2年)に、藩政の利便性を考慮して芝村に拠点を移したことによります。 

芝村藩としての財政は、必ずしも余裕があった訳ではありませんでしたが、天領の預かり地の統治を担当し、続く8代藩主・長教(ながのり)の代には、預かり地の統治で10万石を超えていました。

しかし、1753年(宝暦3年)に、預かり地への増税により一揆が多発し、「芝村騒動」が発生。一時は幕府により鎮圧されるが、そのあとに不正が発覚し、長教以下処罰のあと、預かり地を召し上げられてしまい、財政窮乏は深刻化。1859年(安政6年)の時点では、借財が、銀2,693貫にまで達したと伝わっています。

幕末になると、最後の藩主である11代藩主・長易(ながやす)は、「天誅組」(てんちゅうぐみ)追捕などで功績を挙げました。しかし、「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)のときには新政府側に与し、終戦後は、「高取藩」(たかとりはん:現在の奈良県高市郡高取町)と大和国内における御料(ごりょう:天皇や幕府の直轄地)の取締りを命じられたのです。1869年(明治2年)の版籍奉還で、長易は藩知事となっています。

ちなみに、織田家直系となる藩としては、「織田信雄」(おだのぶかつ)から派生する「天童藩」(てんどうはん:現在の山形県天童市)と「柏原藩」(かいばらはん:現在の兵庫県丹波市)があり、有楽斎の系統には芝村藩、「柳本藩」が明治維新期まで存続しました。

膳所藩(ぜぜはん)

本多家

本多家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
7万石 近江
(滋賀県)
膳所城 本多家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 戸田家

戸田一西
戸田氏鉄

3万石 譜代
2. 本多家

本多康俊
本多俊次

3万石 譜代
3. 菅沼家

菅沼定芳

3.1万石 譜代
4. 石川家

石川忠総
石川憲之

5.3万石 譜代
5. 本多家

本多俊次
本多康将
本多康慶
本多康命
本多康敏
本多康桓
本多康政
本多康伴
本多康匡
本多康完
本多康禎
本多康融
本多康穣

7万石 譜代

幕末期には窮乏のため売却に出された藩!?

幕末期には窮乏のため売却に出された藩!?

江戸城登城の控えの間は、「帝鑑の間」(ていかんのま)。1866年(慶応2年)に刊行された「武鑑」(ぶかん)によれば、家門と譜代の64家が「帝鑑間詰」として挙げられています。

膳所藩(ぜぜはん:現在の滋賀県)は、このうちの1藩。帝鑑の間とは、襖に中国・唐代の帝王が描かれているため、この名で呼ばれました。

1601年(慶長6年)、「徳川家康」により天下普請(てんかふしん:幕府が命令して行なわせた土木工事)として、膳所城が築かれ、譜代の「戸田一西」(とだかずあき)を入れたことで立藩します。

この一西は、「関ヶ原の戦い」の際に「徳川秀忠」(とくがわひでただ)に従い、「真田昌幸」(さなだまさゆき)が籠る「上田城攻め」に参加。真田攻めに固執する秀忠にただひとり反対したため、のちに家康より褒賞された武将でもありました。

財政能力も高く、膳所藩立藩後、藩財政安定化のため漁民を保護し、琵琶湖で獲れる「紅しじみ」漁を奨励。一西の名を取り「左門しじみ」と呼ばれ、第2次世界大戦前まで、京都に宿泊すると、朝食には必ず出されるほどの名物となったのです。

しかし、一西は1604年(慶長9年)に、落馬にて死去。戸田家転封後は、本多家、菅沼家、石川家が代わり、のちに譜代である本多家が再封され藩主となり、明治期まで存続します。

膳所城跡公園

膳所城跡公園

本多家3代藩主「康慶」(やすよし)の頃までには、瀬田川の治水や多くの財政改革が実行され藩財政も安定。

しかし、9代藩主「康匡」(やすただ)の時代に、藩政改革に失敗します。財政は窮乏の一途を辿り、10代藩主「康完」(やすさだ)の時代には、「本多内匠」、「鈴木時敬」と言う2人の奸臣(かんしん:邪悪な心を持った家臣)による「御為筋一件」が発生します。

これは、「百姓一揆」や「打ちこわし」が発生する中、9代目藩主の康匡が早逝し、若くして座を継いだ康完をないがしろにした事件。その専横ぶりは幕府の耳にも届き、幕府側により、2人と対立する「本多修理」(ほんだしゅり)を家老にするよう命じられ、奸臣一派を一掃したのです。

また、本多修理により、藩校「遵義堂」(じゅんぎどう)が、1808年(文化5年)に創設。ここは、日本で初めて「ロビンソン漂流記」を訳した蘭学者「黒田麴盧」(くろだきくろ)が教鞭を執っていた藩校です。

戊辰戦争」(ぼしんせんそう)のときには、佐幕派と尊皇派(討幕派)の意見が対立し、主導権をかけて争うことに。最終的には尊皇派(討幕派)が勝利し、新政府軍のもとで「桑名藩攻め」に参加しています。

膳所藩には、面白い逸話が残っており、1865年(元治2年/慶応元年)、全国に先駆けて「廃城願い」を出し、天守から石垣までを1,200両の値を付け、売り出しました。

なお、現代でも受け継がれる「初実剣理方一流」(しょじつけんりかたいちりゅう)が、居合剣術「今枝流」(いまえだりゅう)を伝えた、元宮津藩士「今枝良重」(いまえだよししげ)、「良正」父子によって創設。初実剣理方一流は、膳所藩によって召し抱えられ、多くの支流を持って、現代にまで伝えられています。

高取藩(たかとりはん)

植村家

植村家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
2.5万石 大和国
(奈良県)
高取城 植村家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 本多家

本多俊政
本多政武

3万石 外様
2. 幕府領 該当なし - -
3. 植村家

植村家政
植村家貞
植村家言
植村家敬
植村家包
植村家久
植村家利
植村家長
植村家教
植村家貴
植村家興
植村家保
植村家壺

2.5万石 譜代

家康から「家」の字を拝しながら戊辰戦争では官軍に走った譜代藩

家康から「家」の字を拝しながら戊辰戦争では官軍に走った譜代藩

江戸城登城の際の伺候席(しこうせき)は、「帝鑑の間」であり、そこに座る大名の格としては「城主」でした。

元々、大和国一帯は、「筒井順慶」(つついじゅんけい)の支配下にありました。筒井家は代々、「興福寺」の衆徒であり、室町時代に筆頭格までのぼり、順慶の代には大和国を治める戦国大名にまで成長。「松永久秀」(まつながひさひで)と大和の覇権を争っていたのです。筒井順慶には、『享保名物帳』にも紹介される「順慶左文字」(じゅんけいさもんじ)と呼ばれる名刀があり、「徳川家康」に渡ったあとに、蜂須賀家の所有となり、「重要美術品」にも指定されています。

順慶の死後、豊臣政権下では、秀吉が弟である「羽柴秀長」に大和国を与え、秀長が家臣「本多俊久」に高取1万5,000石を与えました。俊久の死後、嫡男・俊政が家督を継ぎましたが、「関ヶ原の戦い」で東軍に味方したことで、その功績にて加増され、高取藩立藩となったのです。

居城の「高取城」は、近世では珍しい山城でした。当時としても日本最大級の山城であり、現在でも岡山県の「備中松山城」、岐阜県の「岩村城」と並び、日本三大山城のひとつとして数えられ、国の史跡にも認定されています。

本多家藩主時代での逸話としては、2代高取藩主となる「本多政武」(ほんだまさたけ)は、囲碁の名人として高名であり、1610年(慶長15年)に、囲碁本因坊戦に勝利して名を馳せたのです。ただし、政武は40歳で死去し、跡継ぎがいなかったため、以降、無嗣改易(むしかいえき:跡継ぎがない武士の家禄・屋敷を没収すること)に。その後、天領(てんりょう:江戸幕府の直轄地)となり、大和新庄藩の「桑山一玄」(くわやまかずはる)や丹波園部藩の「小出吉親」(こいでよしちか)による城代時代が続きました。

高取城(天守台・石垣)

高取城(天守台・石垣)

天領期を経て、1640年(寛永17年)に、大身旗本「植村家政」(うえむらいえまさ)が2万5,000石に加増され、再立藩となり、以降、幕末明治維新期まで植村藩主時代が続くこととなったのです。

植村家は、徳川家康に九歳の頃より仕え、「酒井家」、「大久保家」、「本多家」、「阿部家」、「石川家」、「青山家」と並ぶ徳川家臣団の中でも最古参の家格であり、家康自身より「家」の字を付けることを許された名門譜代でした。

1779年(永安8年)年に、家督を継いだ8代藩主・家利が遊女と入水自殺し、江戸留守居役が事件の露見前に、病死と届け出て、兄の家長を養子として迎えることで事件を隠したとの話も残っています。この時代は、江戸でも心中が流行したとされ、幕府は厳しい罰則を科していた時代であり、露見すれば、お家断絶にもなりかねないスキャンダルでした。

その後、10代藩主・家教が儒学者「谷三山」(たにさんざん)を招聘(しょうへい:丁重な態度で招くこと)し、尊皇思想に傾倒したことにより、幕末まで高取藩の思想を決定付けることとなりました。こうした背景もあり、名門譜代でありながら、「戊辰戦争」時には官軍に与し、京都御所の警護にあたって、旧幕府領の取り締まりを行なっていたのです。

丹波亀山藩(たんばかめやまはん)

松平[形原]家

松平[形原]家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
5万石 丹波国
(京都府)
丹波亀山城 松平[形原]家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 前田家

前田玄以

5万石 外様
2. 岡部家

岡部長盛

3.2万石 譜代
3. 松平[大給]家

松平成重
松平忠昭

2.2万石 譜代
4. 菅沼家

菅沼定芳
菅沼定昭

4.1万石 譜代
5. 松平[藤井]家

松平忠晴
松平忠昭
松平忠周

3.8万石 譜代
6. 久世家

久世重之

5万石 譜代
7. 井上家

井上正岑

4.7万石 譜代
8. 青山家

青山忠重
青山俊春
青山忠朝

5万石 譜代
9. 松平[形原]家

松平信岑
松平信直
松平信道
松平信彰
松平信志
松平信豪
松平信義
松平信正

5万石 譜代

「光秀」の怨霊か?面従腹背を繰り返す譜代藩

「光秀」の怨霊か?面従腹背を繰り返す譜代藩

江戸城」登城の控えの間は「帝鑑の間」(ていかんのま)。帝鑑の間は一般に、幕府成立以前からの譜代大名が詰める間とされていました。

「丹波亀山藩」(たんばかめやまはん:現在の京都府)は、譜代藩であり山陰道への出入り口として重要な役割を担っていましたが、明治維新期の「戊辰戦争」時には、新政府軍の「山陰鎮撫使」(さんいんちんぶし)にあっさりと降伏しています。

その原因となったのが、同藩の所領が丹波氷上郡(たんばひかみぐん)、船井郡(ふないぐん)、備中浅口郡(びっちゅうあさくちぐん)などと飛び地になっており、天保期では亀山藩領のみの石高は事実上、2万石を切っていたとも言われ、深刻な財政難に悩まされ続けていたためでした。

明智光秀

明智光秀

居城となった「亀山城」は、戦国期に地元豪族である波多野氏討伐のために「明智光秀」が入り、その礎を築き近世の発展を見ることとなります。この丹波攻略には、悲しい伝説も残されており、光秀は波多野家当主「波多野秀治」(はたのひではる)の開城、降伏条件を承諾し、「織田信長」に波多野家の助命嘆願をするため、その保証として実母を波多野氏に人質に差し出したとのこと。

しかし、信長は戦国期では珍しくもなかった波多野家の従属外交をよしとせず、波多野秀治と弟「秀尚」(ひでひさ)を安土の「慈恩寺」(じおんじ)にて磔(はりつけ)に処してしまい、その仕返しとして、光秀の実母も磔に処せられたという伝説も残っています。

本能寺の変」後は、「羽柴秀吉」の一門衆に与えられ、五奉行のひとりである「前田玄以」(まえだげんい)が入りました。なかでも、秀吉一門衆として、「関ヶ原の戦い」の裏切りで有名な「小早川秀秋」(こばやかわひであき)も一時所領しており、後世から見ても曰く付きであると感じられるでしょう。

また、この亀山城自体、放置され荒廃していた本城が、1919年(大正8年)に新宗教・大本教(おおもときょう)の指導者「出口王仁三郎」(でぐちおにさぶろう)により購入され、拠点のひとつとして整備されていましたが、第2次大戦中、大日本帝国政府の徹底した宗教弾圧により、亀岡町に破格の安値で売却させられ破却されています。

神殿は、現大手ゼネコンである「清水建設」の前身である「清水組」により、1936年(昭和11年)に1,500発ものダイナマイトで爆破されました。戦後は、大本教に再び所有権が戻り、現在も大本教の聖地のひとつとして存在しています。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらは「主な江戸100藩」内、「関西地方」の2ページ目です。
50音順に「関西地方」の主要な藩を掲載。藩主の家紋や、歴代藩主を知ることができるだけでなく、石高や、藩の歴史・逸話を見ることもできます。なかでも藩のエピソードは読み応え十分!写真や画像と合わせて解説しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る