関西地方

明石藩(あかしはん)

松平[越前]家

松平[越前]家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
8万石 播磨國
(兵庫県)
明石城 松平[越前]家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 小笠原家

小笠原忠真

10万石 譜代
2. 松平[戸田]家

松平庸直
松平光重

7万石 譜代
3. 大久保家

大久保忠職

7万石 譜代
4. 松平[藤井]家

松平忠国
松平信之

6.5万石 譜代
5. 本多家

本多政利

6万石 譜代
6. 松平[越前]家

松平直明
松平直常
松平直純
松平直泰
松平直之
松平直周
松平斉韶
松平斉宣
松平慶憲
松平直致

8万石 親藩

御家門大名(ごかもんだいみょう)、譜代が歴任した西国の雄

御家門大名(ごかもんだいみょう)、譜代が歴任した西国の雄

江戸城」に登城した際、「明石藩」(あかしはん:現在の兵庫県)が控えた「伺候席」(しこうせき)は、御三家が控える「大廊下」の次席である「大広間」であり、大名家が持つ格としても、国主・准国主・城主・城主格・陣屋のうち、「城主」であることからも、明石藩の徳川幕府における重要性が分かります。

幕藩体制に移行する「関ヶ原の戦い」直後、江戸時代初期には、「徳川家康」の愛娘「督姫」(とくひめ)を妻に迎えた「池田輝政」(いけだてるまさ)に与えられた「播磨国」(はりまのくに:現在の兵庫県)1国52万石の中にあり、池田家が治める「姫路藩」(ひめじはん:現在の兵庫県)の領地でした。

池田家をたどると「織田信長」亡きあと「清洲会議」に出席した4人の織田家重臣のひとり「池田恒興」(いけだつねおき)にさかのぼります。恒興には数多の逸話も残され、なかでも家臣の持ち物でありながら、その切れ味に惚れ込み、召し上げたとされる名刀「篠ノ雪」(ささのゆき)の逸話も有名です。あまりに良く切れるため、その鋒/切先に触れるとまるで篠の上の雪が切れるように切れたことからその名が付けられたと言います。長らく恒興は愛用しましたが、「小牧・長久手の戦い」において「永井直勝」(ながいなおかつ)に討ちとられ奪われてしまいました。以降は、永井家の所蔵となります。

明石藩は1617年(元和3年)、藩主「池田利隆」(いけだとしたか)が没すると、嫡男「光政」(みつまさ)が幼少であり藩政を任せられないと言う理由から、転封されたのち細分化されました。この光政にも逸話が多く、家康から脇差を与えられたおり、するりと脇差を抜き放ち、「これは本物じゃ」と言ったとのこと。家康は脇差を鞘に収め、下賜したのち側近には、光政の持つ眼光を、ただ者ではないと評したと言う逸話が残される名将でありました。

明石城の櫓

明石城の櫓

そののち、信濃「松本藩」(まつもとはん:現在の長野県)より「小笠原忠真」(おがさわらただざね)が10万石で明石藩に入封され立藩したことに始まります。

居城である「明石城」は、忠真自身がこれまでの地方の拠点であった「船上城」(ふなげじょう)を廃し、海上交通の監視、西国大名に睨みをきかせるために明石城を建設。明石城の城下町の町割りに関しては、忠真の客分として在藩していた「宮本武蔵」(みやもとむさし)が指導したと史書にも残されています。

1632年(寛永9年)、忠真が豊前国「小倉藩」(こくらはん:現在の福岡県)に転封となり、そののち、戸田松平家、「大久保忠隣」(おおくぼただちか)を祖とする大久保家、藤井松平家、「本多忠勝」(ほんだただかつ)を祖とする本多家と言う、譜代や御家門大名家が藩主の座を務め、越前松平家が藩主の頃に明治維新を迎えることとなりました。

幕末・維新期には、藩主「松平忠致」(まつだいらただむね)が自宅を開放する形で、藩校「敬義館」(けいぎかん)を創立。そこでは儒学者「橋本海関」(はしもとかいかん)が1872年(明治5年)に、国語教師に就任した記録が残っています。

維新のあと越前松平家は華族令により、子爵(ししゃく)に任じられました。 

赤穂藩(あこうはん)

森家

森家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
2万石 播磨国
(兵庫県)
赤穂城 森家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 池田家

池田政綱
池田輝興

3.5万石 外様
2. 浅野家

浅野長直
浅野長友
浅野長矩

5.3万石 外様
3. 永井家

永井直敬

3.2万石 譜代
4. 森家

森長直
森長孝
森長生
森政房
森忠洪
森忠興
森忠賛
森忠哲
森忠敬
森忠貫
森忠徳
森忠典
森忠儀

2万石 外様

塩と美男の里 赤穂の鉄の契り

塩と美男の里 赤穂の鉄の契り

1615年(元和元年)、播磨一国の太守であった池田輝政の5男「政綱」(まさつな)が、赤穂郡周辺を与えられたことにより立藩。

「赤穂藩」(あこうはん:現在の兵庫県)と聞いてまず思い出すのは、「元禄赤穂事件」として名高い47士の討ち入り、そして名物の天塩です。

討ち入り騒動のそもそもの発端は、言うまでもなく「浅野内匠頭」(あさのたくみのかみ)の殿中刃傷沙汰にありますが、その原因となる「吉良上野介」(きらこうずけのすけ)の内匠頭いじめの理由については、赤穂の虎の子である塩の製法の伝授を吉良が求め、内匠頭がこれを拒んだための逆恨みと言う説が一部でまかり通っています。

しかし、もともと塩の製法は赤穂藩の秘伝であったわけではなく、この塩怨恨説はフィクションとみてほぼ差し支えありません。時代劇スペシャルなどでよく描かれる、上野介が暗に賄賂を要求し、内匠頭がそれに応じなかったのも根拠としては薄弱。他に諸説あるものの、真相は不明というのがどうやら正解のようです。

赤穂城・本丸表門

赤穂城・本丸表門

「忠臣蔵」の底本となっているのが、人形浄瑠璃「仮名手本忠臣蔵」(1748年[寛延元年]初演)ですが、実はそれより古い1711年(宝永8年)に刊行された浮世草子「忠義武道播磨石」では、上野介が内匠頭の美貌の小姓に恋慕しての恋の鞘当て(恋敵同士の争い)が、いじめの原因であるとしています。上野介がその小姓を所望したのを、内匠頭が断ったことを根に持ってと言うことらしいです。

この6年後の1717年(享保2年)に書かれた「忠義太平記大全」も同様の小姓横恋慕説に立っていました。小姓横恋慕が、内匠頭いじめの真相かどうかは別として、赤穂藩が「薩摩藩」(さつまはん:現在の鹿児島県)と並ぶ美童の産地であったのは事実のようです。

まず、当の内匠頭自身、色白の美青年だったと言われ、芝居や映画の世界でも、ときの美男俳優が、彼を演じるのが倣いになっています。

もちろん、47士にもいずれ劣らぬ美童がちらほら。ぱっと思いつくのは、「愛宕山教学院」(あたごやまきょうがくいん)の稚児から浅野家小姓に召されることになった「磯貝十郎左衛門」(いそがいじゅうろうざえもん)でしょう。

切腹後の内匠頭の遺体をまっ先に引き取り「泉岳寺」に葬ったのが、この十郎左衛門です。十郎左衛門は、その美貌を利用して吉良家の女中や、出入り大工の娘をたらし込んでの情報収集の役割を担っていました。ただ、この女子たらし込みの諜報活動は、やはり美男の誉高い「岡野金右衛門」(おかのきんえもん)のエピソードとして紹介されることも多く、現在ではこちらの方が定着しています。十郎左衛門と親友でもあった小姓頭の「片岡源五右門」(かたおかげんごえもん)とは共に内匠頭の寵を争った仲でした。

また、「忠臣蔵外伝」のひとつに「中山(堀部)安兵衛」(なかやま[ほりべ]やすべえ)の高田馬場の決闘話がありますが、安兵衛と、彼が助太刀した「菅野六郎左衛門」(すがのろくろうざえもん)の義理の叔父・甥の関係も男同士の契りを意味するのだと言うことです。

幕末、森家統治の1857年(安政4年)、藩政改革をめぐり藩内に対立が起こり、革新を目指した一部は脱藩し「長州藩」(ちょうしゅうはん:現在の山口県)へ。1862年(文久2年)には、攘夷派が家老を暗殺する事件が起こり、藩論を統一できないまま明治維新を迎えることとなります。

維新後、森家は1884年(明治17年)に、子爵となりました。

紀州藩(きしゅうはん)

徳川家<br>[紀州徳川家]

徳川家
[紀州徳川家]の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
55.5万石 紀伊国
(和歌山県)
和歌山城 徳川家
[紀州徳川家]
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 浅野家

浅野幸長
浅野長晟

37.6万石 外様
2. 徳川家
[紀州徳川家]

徳川頼宣
徳川光貞
徳川綱教
徳川頼職
徳川吉宗
徳川宗直
徳川宗将
徳川重倫
徳川治貞
徳川治宝
徳川斉順
徳川斉彊
徳川慶福
徳川茂承

55.5万石 親藩

3人(傍流も合わせれば5人)もの将軍を輩出した名門藩

3人(傍流も合わせれば5人)もの将軍を輩出した名門藩

「紀州藩」(きしゅうはん:現在の和歌山県和歌山市。正式名称は[和歌山藩]で[紀伊藩]とも呼ばれる)の江戸時代初期までの藩主は浅野家。「豊臣秀吉」一門衆として名高い五奉行筆頭「浅野長政」(あさのながまさ)の長男「幸長」(よしなが)に、1600年(慶長5年)、「紀伊国」(きいのくに:現在の和歌山県全域、及び三重県の一部)37万6,000石が与えられ、紀州藩が立藩となります。

幸長は、秀吉の数々の戦で武功を表し、「天下一」と称されるほどの鉄砲の名手でした。1619年(元和5年)、「福島正則」(ふくしままさのり)の改易に伴う「広島藩」(現在の広島県広島市)への移封まで、浅野家による統治が続いています。

浅野家の移封に伴い、徳川家康の10男「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)が「駿府藩」(すんぷはん:現在の静岡県静岡市)より、紀州に南伊勢を加えた55万5,000石で転封してきたことで、「紀州徳川家」の紀州藩が成立。

そして、この紀州徳川家から、歴史上のみならず、現代の時代劇などの創作物において主役級の将軍が登場することとなったのです。

娯楽時代劇の主人公と言うと、そのほとんどは素浪人や渡世人、つまり、反体制的な英雄のこと。その中にあって、数少ない体制側の英雄としては、「水戸黄門」こと「水戸光圀」(みとみつくに)や、「暴れん坊将軍」の「徳川吉宗」(とくがわよしむね)が思い浮かびます。ともに実在の人物で、水戸光圀は、御三家の「水戸徳川家」の2代当主。「天下の副将軍」(てんかのふくしょうぐん)と呼ばれ、江戸幕府の将軍も一目置く実力者です。

吉宗もやはり御三家のひとつ紀州徳川家の5代当主で、のちの江戸幕府8代将軍。どちらも甲乙付けがたい個性の持ち主です。

和歌山城天守閣

和歌山城天守閣

「徳川御三家」と言っても、格の上では62万石の尾張(おわり:現在の愛知県西半部)が筆頭で、56万石の紀州がこれに続きます。勤皇派(きんのうは:天皇に尽くし、江戸幕府を倒そうとした一派)の水戸は、反主流派の印象が強いですが、石高も35万石と他の2家より一段低いのです。

そもそも御三家を置く本来の意義は、江戸宗家に世継ぎがなかった場合の備えで、その際には、尾張か紀州から後継を出す決まりになっていました。紀州からは8代将軍・吉宗を最初に、9代将軍で吉宗の嫡男である「家重」(いえしげ)、14代将軍「家茂」(いえもち)の3人の将軍を出しているのに対し、尾張徳川からは、ひとりの将軍も出していません。これには理由があります。

吉宗が暴れん坊将軍のような活躍をした訳ではありませんが、自ら陣頭指揮を執って「享保の改革」(きょうほうのかいかく)と呼ばれる数々の行政改革を実施。その質実剛健を地でいく人柄もあいまって、名君として伝わっているのは言うまでもありません。

その名君である父の血筋を末代に繋げようと、長男・家重は、紀州徳川家の中に御三家と同じ考え方で、「御三卿」(ごさんきょう)制度を設けてしまいました。これは、吉宗の直系が途絶えたとき、吉宗の次男、4男、家重の次男を創始とする御三卿が、紀州徳川家を継ぐというシステム。そのため尾張徳川家は、紀州徳川と御三卿すべての血筋が絶えなければ、将軍職が巡ってこないということになってしまったのです。

なお、11代将軍「家斉」(いえなり)、15代将軍「慶喜」(よしのぶ)は、共に御三卿のひとつ「一橋徳川家」(ひとつばしとくがわけ)の出身。つまり紀州系ということになります。

現代の目から見て吉宗が名君であったかは、多少疑問が残るもの。享保の改革にしても、基本的には「贅沢は敵」の緊縮財政であり、不景気時にこれをやると、さらに消費は落ち込むのです。また、年貢米の定免制は結果的には大増税であり、一時的に幕府の収入は増えましたが、それも「享保の大飢饉」(きょうほうのだいききん)で露と消え、農民を圧迫しただけに終わったと伝えられています。

絵に描いたような英雄は、やはりテレビの時代劇にしか存在しないのかもしれません。

岸和田藩(きしわだはん)

岡部家

岡部家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
5.3万石 和泉国
(大阪府)
岸和田城 岡部家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 小出家

小出秀政
小出吉政
小出吉英

5万石 外様
2. 松平[松井]家

松平康重
松平康映

5万石 譜代
3. 岡部家

岡部宣勝
岡部行隆
岡部長泰
岡部長敬
岡部長著
岡部長住
岡部長修
岡部長備
岡部長慎
岡部長和
岡部長発
岡部長寛
岡部長職

5.3万石 譜代

紀州藩監視の役割を担った?重要譜代藩

紀州藩監視の役割を担った?重要譜代藩

岸和田藩主が江戸城登城に際した控えの間は、3万石以上15万石未満の譜代大名が詰めると言われた「雁の間」(かりのま)でした。

そして藩主の居城である「岸和田城」は、「和歌山城」と「大坂城」の中間地点にあり、御三家でもある紀州藩の監視役として存在していたとも言われています。

その理由のひとつとして、初代の藩主であった小出家に次ぎ、松平(松井)家が入封したあとに、幕末明治期まで藩主を務めた、岡部家における初代岸和田藩主「岡部宣勝」(おかべのぶかつ)に対する徳川3代将軍・家光からの寵愛が厚かったことが挙げられます。徳川幕府としては、紀州徳川家の初代藩主・徳川頼宣を恐れていたとされ、そのため、監視の密命を帯びていたとの伝説が残っているのです。

岸和田城

岸和田城

しかし、これについては、岸和田城の縄張りが大坂方面に厚い防御線を設けていることなどから、城の構造上、大坂城警護の役割が強いとされており、晩年の徳川家康に寵愛された紀州徳川初代藩主・徳川頼宣への世間の評価が誇張された物だと考えられます。実際、1837年(天保8年)の「大塩平八郎の乱」の際、「岸和田藩」は大坂城警護の任に当たりました。

また、幕府が紀州藩を恐れていたという噂のもととなるような事件として、1651年(慶安4年)の、「由井正雪」(ゆいしょうせつ)による「慶安の変」の際、正雪が頼宣の印章文書を偽造していたことも、紀州藩監視陰謀論と言う尾ひれがつく原因となっているようです。

そののち、ロシアの「プチャーチン」の軍艦「ディアナ号」の来航の際にも活躍した11代藩主・長発(ながゆき)は、1852年(嘉永5年)に、藩校「講習館」を開きましたが、22歳の若さで早世。継いだ12代藩主・長寛(ながひろ)は、1866年(慶応2年)に講習館を増築して「修武館」と改称し、藩内の教育を奨励し、財政改革にも努めましたが、藩財政の窮乏から脱却することはできず、「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)を迎えることになったのです。

戊辰戦争のときには、藩内の意見が佐幕派(さばくは)と勤皇派(きんのうは:倒幕派)に別れ、当初は佐幕派として動いていましたが、のちに新政府軍側に付くことになりました。

現在でも、岡部家伝来とされる「牡丹獅子容彫金目貫」(ぼたんししかたちぼりきんめぬき)の目貫で有名な「短刀 附 銀沃懸地合口拵[銘 来国俊]」(たんとう つけたり ぎんいかけじあいくちこしらえ[めい らいくにとし])などを岸和田城で観ることができます。

また「岸和田」と言えば、全国的に知られている「だんじり祭り」で有名ですが、この「岸和田のだんじり祭り」は、岸和田藩3代藩主「岡部長泰」(おかべながやす)が1703年(元禄16年)に、京都の「伏見稲荷」を城内三の丸に勧請(かんじょう:神仏の分霊を他の場所に移して祀ること)し、五穀豊穣を祈願して行なった稲荷祭がもとになっていると言われています。

ただし当時の祭りは、現在のようなだんじりは存在せず、寄席のもとともなった「俄狂言」(にわかきょうげん)などが演じられ、そのあと、三の丸神社岸城神社(きしきじんじゃ)に参拝すると言う物でした。

ちなみに、岸和田藩の名前の由来となったのは、建武の新政(1333年~)の頃、和泉国守護であった「楠木正成」(くすのきまさしげ)が一族の「和田高家」(にぎたたかいえ)を当時「岸」と呼ばれていた岸和田に派遣し、城を築いたこと。これにより、「岸」の「和田氏」が治める土地と言うことで、岸和田の名前になった伝説が存在しています。

篠山藩(ささやまはん)

青山家

青山家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
6万石 丹波国
(兵庫県)
篠山城 青山家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 松平[松井]家

松平康重

5万石 譜代
2. 松平[藤井]家

松平信吉
松平忠国

5万石 譜代
3. 松平[形原]家

松平康信
松平典信
松平信利
松平信庸
松平信岑

5万石 譜代
4. 青山家

青山忠朝
青山忠高
青山忠講
青山忠裕
青山忠良
青山忠畝

6万石 譜代

西国諸大名から賦役あるも幕末には財政破綻状態

西国諸大名から賦役あるも幕末には財政破綻状態

「大坂の陣」以前の1609年(慶長14年)、徳川家康により、豊臣氏をはじめとする西国諸大名を抑えるため、15ヵ国20の大名の助役による「天下普請」(てんかぶしん:幕府が命令して行なわせた土木工事)のもと、篠山盆地に篠山城が築かれました。

松井松平家の「松平康重」(まつだいらやすしげ)が、丹波国(たんばのくに:現在の兵庫県篠山市)八上から、政庁を移したことにより「篠山藩」(ささやまはん:現在の兵庫県)を立藩したのです。

篠山城の縄張りは、宇和島城今治城二条城・津城・伊賀上野城・膳所城などを築城した、「黒田孝高[官兵衛]」(くろだよしたか[かんべえ])、「加藤清正」(かとうきよまさ)と共に、築城三名人として知られる「藤堂高虎」(とうどうたかとら)が行ないました。

また、普請総奉行には、池田恒興の次男である輝政が就任。代わって、藤井松平家が1619年(元和5年)に入封し、城下町の整備や検地、文化振興などに尽力し基礎を固めました。

1649年(慶安2年)には、形原松平家が入り、1677年(延宝5年)に家督を継いだ4代藩主「松平信庸」(まつだいらのぶつね)は、文化振興に意欲を見せ、篠山藩領内の古蹟や自社名産などを記した「篠山封彊志」を著した儒学者「松崎蘭谷」(まつざきらんこく)や、真鍮製の四方六面様分曲尺を考案し今までの測量法に水を利用して水平を確保し、縦横、高低、奥行きまで自由に測ることに成功させた算学者「万尾時春」(まおときはる)などを招聘。藩学の基礎を固め、京都所司代や老中も歴任し、歴代藩主の中でも名藩主と言われたのです。

篠山城 石垣

篠山城 石垣

しかし、信庸の跡を継いだ13代藩主「信岑」(のぶみね)は暗愚(あんぐ:愚か者)で、「享保の大飢饉」で苦しむ領民に重税を課し、農民から中傷されたことが発端となり、丹波亀山藩に移封させられることとなりました。

そこで、1748年(寛延元年)、「青山忠朝」(あおやまただとも)が入封。以降、幕末から明治維新期まで青山家が藩主を務めることになったのです。2代藩主「忠高」(ただたか)は、藩校「振徳堂」(しんとくどう)を開設。

他の藩校とは異なり、藩士の子弟のみではなく、庶民にも入学を許可しました。特に、「算学」を奨励し、篠山藩では当時でも高度な数学教育がされていたと言われています。

この「振徳堂」で使用されたとされる版木で作成された教科書などが、現在でも藩主青山家の別邸であった「桂園舎」(けいえんしゃ)と呼ばれた建物を利用して建てられた「青山歴史村」で見ることができるのです。

戊辰戦争では、藩主が幕僚でありながら、佐幕派と勤皇派により藩内が対立。しかし、「西園寺公望」(さいおんじきんもち)率いる新政府軍の侵攻を受け、新政府軍につくこととなりました。

青山家時代は、文化振興に力を入れる藩主が多く、領民を軽んじる傾向もあり、幕末までに「一揆」や「打ち壊し」が16件も多発したと記されています。そのため、1870年(明治3年)12月における藩の借財は、281,319両(現在の価値で約281億円)にまで膨らみました。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらは「主な江戸100藩」内、「関西地方」の1ページ目です。
50音順に「関西地方」の主要な藩を掲載。藩主の家紋や、歴代藩主を知ることができるだけでなく、石高や、藩の歴史・逸話を見ることもできます。なかでも藩のエピソードは読み応え十分!写真や画像と合わせて解説しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る