北海道・東北地方

山形藩(やまがたはん)

水野家

水野家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
5万石 出羽国
(山形県)
山形城 水野家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 最上家

最上義光
最上家親
最上義俊

57万石 外様
2. 鳥居家

鳥居忠政
鳥居忠恒

24万石 譜代
3. 保科家

保科正之

20万石 親藩
4. 松平[越前]家

松平直基

15万石 親藩
5. 松平[奥平]家

松平忠弘

15万石 親藩
6. 奥平家

奥平昌能
奥平昌章

9万石 譜代
7. 堀田家

堀田正仲

10万石 譜代
8. 松平[越前]家

松平直矩

9万石 親藩
9. 松平[奥平]家

松平忠弘
松平忠雅

10万石 親藩
10. 堀田家

堀田正虎
堀田正春
堀田正亮

10万石 譜代
11. 松平[大給]家

松平乗佑

6万石 譜代
12. 公儀御料 該当なし - -
13. 秋元家

秋元涼朝
秋元永朝
秋元久朝
秋元志朝

6万石 譜代
14. 水野家

水野忠精
水野忠弘

5万石 譜代
15. 天領 該当なし - -

めまぐるしく領主が代わったが、東北地方でも最も栄えた藩のひとつ

めまぐるしく領主が代わったが、東北地方でも最も栄えた藩のひとつ

伊達政宗」と奥州を舞台に覇を競った「最上義光」(もがみよしあき)を藩祖とする山形藩は、外様大名ではありましたが、最上義光が早くから「徳川家康」に通じ、「関ヶ原の戦い」においても東軍に属していたため、57万石の石高を誇る、東北を代表する雄藩(ゆうはん:勢力のある藩)でした。

藩祖の最上義光は、1546年(天文15年)生まれ。義光が生まれた当時の最上氏は、米沢を居城としていた伊達氏から独立を果たしたばかりで、弱小勢力に過ぎませんでした。義光は1560年(永禄3年)に元服しますが、伊達氏はたびたび最上領内に侵攻。その窮地を持ち前の智略で跳ね返し、地盤を固めていったのです。

義光は、現在の山形県の一部を支配下に置いているにすぎませんでしたが、ひとつの転機となったのは、中央の「織田信長」に接近したこと。これにより得た、「出羽守」(でわのかみ)のお墨付きは、箔づけとなり、村山地方を勢力下に納めることに成功しました。

山形城

山形城

信長亡きあとは、豊臣秀吉や家康に接近。特に家康と義光は性格的にウマが合ったばかりでなく、家康からしてみれば、伊達政宗に目を光らせる意味でも、義光は存在価値がありました。

家康と結びついた義光は、関ヶ原の戦いと同時期に起きた上杉との戦いで、大いに善戦。24万石の加増を得ることに成功し、山形藩の礎を築いたのです。

山形の弱小勢力から、外様の雄藩となった山形藩でしたが、お家騒動によって最上氏が改易となってしまいます。それ以降は、山形藩の藩主はめまぐるしく変わるようになり、石高もそのたびに削減。幕末の頃は、最上氏の面影は見事に消え失せていました。

最上氏に代わって治めた鳥居氏、その次の保科氏までは辛うじて20万石を保っていましたが、それ以降は、徐々に削られていき、最後の藩主・水野氏の時代には5万石に。外様だった初代の最上氏以降は、譜代藩、親藩となりますが、あまりに大名の入れ替わりが激しく、十二家が入れ替わって治めたため譜代大名の左遷の地と言われるようになりました。

山形藩の石高が削られていくと、最上氏時代に築かれ東北最大とも言われた平城の「山形城」の維持も難しくなっていきました。山形城は、現在の「JR山形駅」までもすっぽりと三の丸の中に入り、「大坂城」や「江戸城」などと同じく、町を囲む形の総構えの見事な城でしたが、巨大な城は分不相応な物に。

しかも山形藩の領地が1764年(明和元年)から3年ほど天領となった時代には、二の丸、三の丸内の家臣屋敷、武器や食糧など貯蔵していた蔵なども取り壊され畑地となり、壊された武家屋敷から出た木材は、薪として売り払われたのです。

最上氏が築いた名城は荒れ果て、天領時代のあと、山形を治めることになった元老中の「秋元凉朝」(あきもとすけとも)は、左遷人事への抗議と荒廃した山形に入ることを嫌がり、江戸で暮らし続けました。

目まぐるしく、藩主が代わった山形藩でしたが、藩という意識が薄かった分、最上川の水運を利用した商業地として栄え、「山形市史」には酒田、山形は表で仙台が裏側だと記されているほどの土地でした。

米沢藩(よねざわはん)

上杉家

上杉家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
14.7万石 出羽国
(山形県)
米沢城 上杉家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 上杉家

上杉景勝
上杉定勝
上杉綱勝
上杉綱憲
上杉吉憲
上杉宗憲
上杉宗房
上杉重定
上杉治憲
上杉治広
上杉斉定
上杉斉憲
上杉茂憲

14.7万石 外様

名君・上杉鷹山を輩出する奥羽越列藩同盟の盟主藩

名君・上杉鷹山を輩出する奥羽越列藩同盟の盟主藩

上杉謙信」を養父に持つ「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)が、「関ヶ原の戦い」において西軍に味方したことから、それまでの会津(あいづ:現在の福島県)120万石から30万石に削られ入封したことが、「米沢藩」(よねざわはん:現在の山形県)のはじまりです。

米沢藩としては、景勝が初代藩主ですが、上杉家においては、戦国時代を代表する武将である謙信を藩祖としています。

謙信は、一時傾いていた家勢を盛り返し、関東管領に就任。越後だけでなく、関東、越中、信濃、加賀、能登の一部なども影響下に置くなど、米沢藩が江戸時代を通じて存続する礎を築いたのでした。

上杉家にとって、その存在は単なる藩祖ではなく、家を守る神と言っても良いでしょう。それは、その埋葬ぶりからも伺えます。謙信の死後、その遺骸は甲冑(鎧兜)を纏わせたうえで漆(うるし)を流し込み固めた甕(かめ)に納められました。死後も甲冑(鎧兜)を着ていることからも、生前の武勇で家を守って欲しいと言う願いが込められているかのようです。

さらに、景勝の領地が越後から会津、さらには米沢と移る際にも、一緒に運ばれ、「米沢城」では本丸に安置されていました。謙信は、「毘沙門天」(びしゃもんてん)の旗を掲げて戦場を縦横無尽に駆け巡り、「織田信長」をも恐れさせましたが、まさにその存在は米沢藩にとって武神である毘沙門天その物であったのです。

米沢城址

米沢城址

米沢藩は、会津から転封となった際、8割近くの減封となっているのですが、旧来の家臣5,000人をそのまま召しかかえ続けたと言います。

そのため、知行地(ちぎょうち)を与えるにも事欠きました。城下町も手狭であったことから、下級の士には城下ではなく、近郊の農村に半農半士の屯田兵(とんでんへい)として住まわせたとのこと。のちに半農半士の下級武士は「原片の糞掴み」と軽蔑され、城下の武士は「城下のお粥腹」と呼ばれ、お互いに罵りあったと言うことです。

13代にわたって米沢藩は明治時代まで続きましたが、最初の危機は3代「綱勝」(つなかつ)が急死したときでした。会津藩主「保科正之」(ほしなまさゆき)の取りなしで、「忠臣蔵」で知られる「吉良義央」(きらよしひさ)の長子「綱憲」(つなのり)が跡を継ぎ断絶は免れます。

ところが、15万石の減封となり、さらに財政は厳しくなりました。しかも綱憲は、実家である吉良家に惜しみなく援助をし、能を好むなど生活も派手であったことから、吉良義央が「赤穂浪士」に討たれた際には、同情する者はほとんどいなかったと言います。藩財政は加速度的に傾き、8代藩主「重定」(しげさだ)は、万策尽きて領地の返納を幕府に申し出ようとしたほどでした。

危機的状況の中、登場したのが9代・上杉鷹山(うえすぎようざん)です。鷹山が「白子神社」に奉納した現存する誓文によれば、君臣心力尽くるまで倹約以外にないと記し、平時は一汁一菜、贈答の禁止、藩主の許嫁(いいなずけ)であっても普段は綿を着ることなど、藩主自ら身を律し、改革に挑みました。さらに荒廃した農村の整備にも着手し、開墾の奨励、間引きの禁止なども行なっています。

鷹山の改革により藩の状況は危険水域を脱しましたが、13代「茂憲」(もちのり)のときに「戊辰戦争」が起こり、「奥羽越列藩同盟」(おううえつれっぱんどうめい)の盟主として参戦しますが、1868年(慶応4年)8月に降伏し、明治の廃藩置県を迎えました。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらは「主な江戸100藩」内、「北海道・東北地方」の3ページ目です。
50音順に「北海道・東北地方」の主要な藩を掲載。藩主の家紋や、歴代藩主を知ることができるだけでなく、石高や、藩の歴史・逸話を見ることもできます。なかでも藩のエピソードは読み応え十分!写真や画像と合わせて解説しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る