中国・四国地方

広島藩(ひろしまはん)

浅野家

浅野家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
42.6万石 安芸国・備後国
(広島県)
広島城 浅野家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 福島家

福島正則

49.8万石 外様
2. 浅野家

浅野長晟
浅野綱晟
浅野綱長
浅野宗恒
浅野重晟
浅野斉賢
浅野斉粛
浅野慶熾
浅野茂長
浅野長勲

42.6万石 外様

赤穂浪士事件まで宣伝に利用する腹黒さ

赤穂浪士事件まで宣伝に利用する腹黒さ

江戸時代、安芸国(あきのくに)の広島地方を領有した、広島藩(ひろしまはん:現在の広島県)。

関ヶ原の戦い」のあと、120万5,000石の「毛利輝元」(もうりてるもと)が長門・萩へ移封され、代って「福島正則」(ふくしままさのり)が、尾張・清洲から49万8,000石で入封して立藩し、「芸州藩」(げいしゅうはん)とも呼ばれました。

正則は、洪水で崩壊した広島城の石垣を無断改修したとの理由で、1619年(元和5年)に、信濃国の川中島藩(かわなかじまはん:現在の長野県)に転封。代わって「浅野長晟」(あさのながあきら)が紀伊藩(きいはん:現在の和歌山県)から入封しました。

浅野氏の祖は、「豊臣五奉行」の一人、「浅野長政」(あさのながまさ)。浅野氏は、瀬戸内海航路の要衝として、木材・鉄・紙などの専売を敷くなど、藩財政の強化と財政の立て直しを図りました。瀬戸内海に面した沿海部では、塩、木綿、畳表、牡蠣(かき)、海苔(のり)を生産。これらは、現在でも有名な特産物として受け継がれています。

「吉良刃傷事件」で大事件を引き起こした、赤穂藩主「浅野内匠頭」(あさのたくみのかみ)と呼ばれる「浅野長矩」(あさのながのり)は、広島藩主「浅野綱長」(あさのつななが)の一族。綱長はこの事件を知るや、連座(れんざ:連帯責任で処罰されること)を恐れ、赤穂浅野家の家老「大石内蔵助」(おおいしくらのすけ)に穏便に済ませるよう説得するものの、「赤穂浪士事件」が勃発してしまいます。

しかし、これが世間で英雄視されると、すぐにこれを宣伝に利用するという老獪(ろうかい)な側面を見せました。

広島城天守閣

広島城天守閣

江戸時代中期になると、財政は悪化に転じ、第5代藩主「吉長」(よしなが)は、家老から実権を奪還。親政を試みたものの、有能な人材登用や郡制改革である「郡方新格」による藩政改革は反発を招き、1717年(享保2年)3月に大規模な一揆に遭い、失敗します。

しかし、第11代藩主「長訓」(ながみち)は、先代からの藩政改革を受け継ぎ、1862年(文久2年)、「辻将曹」(つじしょうそう)を家老に抜擢して、「文久の改革」を行ないました。

藩政機構・支配体系の中央集権化を図り、財政を強化。軍備を近代化し、成功します。2度の「長州征伐」には、広島が征長軍の基地となり混乱しましたが、このとき、長訓は和平に向けて、長幕間の周旋に努めたとされているのです。

1867(慶応3年)には、「土佐藩」(とさはん:現在の高知県)と共に、幕府に「大政奉還」を働きかけ実現しますが、一方で、「薩長倒幕派」とも盟約を結ぶという複雑な動きをみせました。そういった日和見的な立場が、藩としての不信を招き、維新の主流から排除されることになったのです。

ほぼ藩として存在していた間、効果的な藩政改革を行なうことができず、「農民一揆」の対応など、後手後手に回った消極策ばかり。藩の財政は窮乏を極め続け、「廃藩置県」を迎えることとなりました。

広瀬藩(ひろせはん)

松平[越前]家

松平[越前]家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
3万石 出雲国
(島根県)
広瀬陣屋 松平[越前]家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 松平[越前]家

松平近栄
松平近時
松平近朝
松平近明
松平近輝
松平近貞
松平直義
松平直寛
松平直諒
松平直巳

3万石 親藩

名城月山富田城下に松平氏が立藩

名城月山富田城下に松平氏が立藩

現在の島根県安来市広瀬町周辺を領有した「松江藩支藩」(まつえはんしはん)。

この地域は、平安時代末期から鎌倉時代初期に、武将「佐々木義清」(ささきよしきよ)が、「月山富田城」に入城してから、山陰地方の政治・経済の中心地になっていました。

戦国時代は、山陰地方の覇者「尼子氏」(あまごし)が本拠を構え、170年にも及ぶ尼子氏6代の盛衰の舞台となった場所。尼子氏は中国地方の覇権をめぐって周辺諸国と争い、「尼子経久」(あまごつねひさ)の時代に出雲の基盤を作り上げたのです。

尼子氏の居城・月山富田城は天然の地形を利用した、当時最も難攻不落と呼ばれた要塞城。その後、この城をめぐって数々の攻防戦が行なわれ、最終的には尼子氏は「毛利氏」に滅ぼされ、月山富田城は毛利氏の所有となりました。

その後、1600年(慶長5年)以降、毛利氏は周防・長門の2国に減封となり、「堀尾氏」が城主に。しかし、「堀尾忠晴」(ほりおただはる)が松江城に移ったことで、廃城となったのです。

のちにこの地を治める「松平近栄」(まつだいらちかよし)は、松江藩の初代藩主「松平直政」(まつだいらなおまさ)の次男。そもそも近栄は、叔父「直良」(なおよし)の娘婿となり、その相続者になると目されていました。しかし、直良に実子の「直明」(なおあきら)が誕生。これにより、1666年(寛文6年)に、松江藩2代藩主の兄「綱隆」(つなたか)から新田3万石を分与されて、「広瀬藩」(ひろせはん:現在の島根県)を立藩したのです。

当初、松江藩から蔵米が支給。藩政については、文武両道の名君と評され、領民のことをよく考えた善政であったと言われています。

徳川綱吉

徳川綱吉

ところが、1682年(天和2年)に近栄は、親族の「高田藩」(たかだはん:現在の大分県)の家中で「越後騒動」が起こると、「姫路藩」(ひめじはん:現在の兵庫県)藩主の「松平直矩」(まつだいらなおのり)と共に、調停役に奔走。しかし、これが将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)の勘気に触れることとなり、閉門(へいもん:逼塞よりも重く、蟄居よりも軽い罰)という処分が下ります。さらに知行を半減され、1万5,000石となってしまったのです。

その後、1684年(貞享元年)に、能義郡のうち32村、飯石郡の24村の封地が与えられ、1686年(貞享3年)に5,000石、1694年(元禄7年)に1万石を加増されて、もとの3万石に復活。以後10代、205年間在封しました。

居城は、陣屋(じんや:徳川幕府直轄の建物)でしたが、1850年(嘉永3年)、8代藩主「直寛」(なおひろ)は、1841年(天保12年)に譜代衆取締役となり、功績を立てたことで城主格となったのです。藩政は、おおむね宗藩(そうはん)である松江藩に準じていました。

9代藩主「直諒」(なおよし)は、俳諧、絵画、書道を嗜むなど、多趣味で政治・経済的にも有能な人物。製糸業や製油業、和紙、鋳物、陶器、織物(広瀬絣)などを奨励するなど、善政をしいた名君でした。

10代藩主「直巳」(なおおき)は、1861年(文久元年)、兄「直諒」の死去に伴い、その養子として家督を継ぎます。しかし、兄のような才能には恵まれず、幕末期の政局に耐えられるような人物ではなかったため、藩政は混乱。けれども、家老「岩崎広勤」の手腕により、「医学所」や「洋学所」を設置するなど、人材育成に励みました。

直巳は、1869年(明治2年)の「版籍奉還」で広瀬藩知事となりましたが、1871年(明治4年)の「廃藩置県」で東京に移住。1876年(明治9年)、養子の「直平」(なおひら:松江藩主松平定安の四男)に家督を譲りました。

福山藩(ふくやまはん)

阿部家

阿部家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
10万石 備後国
(広島県)
福山城 阿部家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 水野家

水野勝成
水野勝俊
水野勝貞
水野勝種
水野勝岑

10.1万石 譜代
2. 天領 該当なし - -
3. 松平[奥平]家

松平忠雅

10万石 譜代
4. 阿部家

阿部正邦
阿部正福
阿部正右
阿部正倫
阿部正精
阿部正寧
阿部正弘
阿部正教
阿部正方
阿部正桓

10万石 譜代

西国外様大名の重要な抑えを担った藩

西国外様大名の重要な抑えを担った藩

「福山藩」は、現在の広島県福山市周辺を領した譜代藩です。

毛利氏などの有力外様大名に対する「西国の鎮衛」としての役割を幕府によって与えられ、明治維新まで大きな影響力を持つ譜代大名が、歴代配置されています。

江戸時代初期には「福島正則」(ふくしままさのり)によって、安芸国(あきのくに:現在の広島県西半部)と共に49万8,000石で領有されていました。

しかし正則が、「広島城無断修築」の咎により、1619年(元和5年)に改易されると、領地は分割され、安芸、及び備後(びんご:現在の広島県東部)北部・西部は42万石で「浅野長晟」(あさのながあきら)が、備後南部には「徳川家康」の従兄弟で「大坂の陣」で武勲を立てた「水野勝成」(みずのかつなり)が、大和国「郡山藩」(やまとのくに・こおりやまはん:現在の奈良県大和郡山市)6万石から4万石の加増を受けて、10万石で入封することになったのです。

勝成は、すぐに「福山城」と城下町の建設に着手し、福山城は1622年(元和8年)に完成。さらに新田開発や灌漑事業、産業育成を行なうなど藩政の基礎を築き、1626年(寛永3年)、勝成は「従四位下」(じゅしいげ)に昇進。これにより藩領は、相模国愛甲郡厚木村(さがみのくにあいこうぐんあつぎむら:現在の神奈川県厚木市)に飛び地1,000石の加増を受け、計10万1,000石となりました。

1697年(元禄10年)、4代藩主・勝種(かつたね)の急死により、5代藩主・勝岑(かつみね)がわずか2歳で跡を継ぎます。しかし、1698年(元禄11年)に勝岑も死去すると、水野家は改易となってしまったのです。

福山城

福山城

水野家の断絶により、福山藩の藩領は天領となりました。なお、勝成の曾孫「水野勝長」(みずのかつなが)が能登国「西谷藩」(のとのくに・にしやちはん:現在の石川県七尾市)に1万石で取り立てられ、家名は存続しています。

1700年(元禄13年)、出羽国「山形藩」(でわのくに・やまがたはん:現在の山形県山形市)の「松平忠雅」(まつだいらただまさ)が福山藩に10万石で入封することが決定。受領から9年後の1709年(宝永6年)に、忠雅が福山に入るも、その1年後の1710年(宝永7年)に、伊勢国「桑名藩」(いせのくに・くわなはん:現在の三重県桑名市)に転封となってしまいました。

その後、「阿部正邦」(あべまさくに)が、下野国「宇都宮藩」(しもつけのくに・うつのみやはん:現在の栃木県宇都宮市)から10万石で入封。それから廃藩置県までの161年間、阿部氏が在封したのです。

阿部氏は、代々幕閣(ばっかく:大老や老中など、江戸幕府の最高首脳部)の中枢を目指し、老中を4人、大坂城代を一人輩出しています。そのため、阿部氏歴代藩主は領内に在住することは稀で、他の大名より多くの経費を必要とし、財政は次第に悪化することとなり、領民による一揆を度々招きました。

阿部氏は教育には熱心で、1786年(天明6年)、4代藩主・正倫(まさとも)が藩校「弘道館」(こうどうかん)を開いています。そして、7代藩主・正弘(まさひろ)は1853年(嘉永6年)に、福山と江戸に新たに藩校「誠之館」(せいしかん)を開き、幕末までに「菅茶山」(かんちゃざん/さざん)や「頼山陽」(らいさんよう)をはじめとする、多くの人物が輩出したのです。

また正弘は、25歳で老中首座に就任しており、ペリー来航からの「日米和親条約」の締結など、一連の流れにかかわっています。

1864年(元治元年)、長州征伐に向けて9代藩主・正方(まさかた)が広島に進軍するも、幕府と長州軍の和睦が成立したために引き返したのです。

その後、1866年(慶応2年)には第2次長州征伐に参加。石見国益田(いわみのくに・ますだ:現在の島根県益田市)において、「大村益次郎」(おおむらますじろう)率いる長州軍と戦い敗走。福山藩にとっては、「島原の乱」以来、実に230年ぶりの戦いでありました。しかし、この出兵が財政を直撃し、福山藩は破綻状態に陥ったのです。

大政奉還(たいせいほうかん)のあと、長州軍が福山城に迫ってきました。藩主・正方が、その直前に病死しており、藩の首脳であった儒学者の「関藤藤陰」(せきとうとういん)や、家老「三浦義建」(みうらよしたつ)の奔走で、なんとか長州軍が福山藩の恭順(きょうじゅん:命令に対して、かしこまって従う態度を取ること)を認め、撤兵しています。

西国外様大名の抑えを担った福山藩でしたが、このあとは新政府軍の尖兵(せんぺい:前身部隊の前方や、退却部隊の最後尾など敵軍に近いところで偵察や警戒にあたる小部隊)として、「榎本武揚」(えのもとたけあき)率いる旧幕府軍と戦うという皮肉な結果となったのです。

松江藩(まつえはん)

松平[越前]家

松平[越前]家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
18.6万石 出雲国
(島根県)
松江城 松平[越前]家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 堀尾家

堀尾忠氏
堀尾忠晴

24万石 外様
2. 京極家

京極忠高

24万石 外様
3. 松平[越前]家

松平直政
松平綱隆
松平綱近
松平吉透
松平宣維
松平宗衍
松平治郷
松平斉恒
松平斉貴
松平定安

18.6万石 親藩

財政再建で藩政を改革し、茶人になった殿様

財政再建で藩政を改革し、茶人になった殿様

「松江藩」(まつえはん:現在の島根県松江市)は、出雲国(いずものくに:現在の島根県東部)を領した親藩。

松江藩が成立する以前は毛利氏の領地で、一族の吉川家(きっかわけ)が、尼子氏(あまごし)の居城としていた「月山富田城」(がっさんとんだじょう)を政庁として、出雲と壱岐(いき:現在の長崎県壱岐市)の2ヵ国を統治していました。

中国地方8ヵ国を有していた毛利氏でしたが、「関ヶ原の戦い」以後、周防(すおう:現在の山口県東南半分)・長門(ながと:山口県西半分)2ヵ国に減封。

それに伴い、吉川家も岩国(現在の山口県岩国市)に移ったため、遠江国浜松(とおとうみのくに・はままつ:現在の静岡県浜松市)で12万石の大名だった「堀尾忠氏」(ほりおただうじ)が、1599年(慶長4年)に隠居して、越前国府中(えちぜんのくにふちゅう:現在の福井県越前市)に5万石の隠居料を得ていた父「堀尾吉晴」(ほりおよしほる)と共に、出雲・壱岐2ヵ国24万石で入封することに。そして、出雲「富田藩」(いづもとだはん:現在の島根県松江市殿町)を立藩しました。

しかし、1604年(慶長9年)、27歳で忠氏が早世。あとを継ぐ忠晴がまだ5歳であったため、忠晴の祖父・吉晴がその後見として藩主に返り咲きます。吉晴は、「松江城」を築城して城下町の建設を行ない、1611年(慶長16年)、月山富田城から松江城に居城を移し、松江藩が成立したのです。

その後は京極氏を経て、1638年(寛永15年)、「結城秀康」(ゆうきひでやす)の3男「松平直政」(まつだいらなおまさ)が18万6,000石で信濃「松本藩」(しなの・まつもとはん:現在の長野県松本市)より転封。以後出雲一国は、松平(越前)家が領するようになり、同時に「公儀御料」(こうぎごりょう:江戸幕府の直轄地)となった隠岐(おき:現在の島根県隠岐郡)1万4,000石も預かることになったのです。

松江城

松江城

藩の財政は、年貢米だけでは立ち行かず、早くから専売制を敷き、木綿や朝鮮人参、古代から続いてきた製鉄、馬などを統制。

しかし、それでも洪水や蝗害(こうがい:トノサマバッタやイナゴなどが大量発生することにより起こる災害)などが頻発し、楽な藩財政ではありませんでした。

「不昧」(ふまい:道理に詳しく聡明であり、利欲などに心がくらまされないこと)と号した7代藩主「松平治郷」(まつだいらはるさと)は特に有名な藩主で、先代・宗衍(むねのぶ)の代より藩政改革を行なっていた家老「朝日丹波」(あさひたんば)を引き続き起用。出費を抑えつつ農業政策や治水工事を行ない、特産品を多く栽培することで借金を返し、8万両の蓄財ができるまでになったのです。

すると治郷は、かねての趣味であった茶道に傾倒し「不昧流」を創設。高価な茶道具を買い漁りました。治郷が茶道名器の蒐集(しゅうしゅう)で作り上げた目録である「雲州蔵帳」(うんしゅうくらちょう)や著書「古今名物類聚」(ここんめいぶつるいじゅう)、そして「瀬戸陶器濫觴」(せととうきらんしょう)上中下巻は、現在でも茶道研究の貴重な資料です。

この茶道文化の発展により松江の街は京都、奈良、金沢と並び称される和菓子の名所であり、出雲地方では茶や和菓子に留まらず、治郷が好んだ庭園や工芸品などを、今もなお「不昧公好み」と呼んでいます。

最後の藩主となった10代「松平定安」(まつだいらさだやす)は、先代藩主の「松平斉貴」(まつだいらなりたけ:隠居後、斉斎[なりとき]に改名)が暗愚であったために強制隠居させられ、そのあとを受けて、婿養子として家督を継いだ人物。文武を奨励し西洋学校の創設、フランス人を招いて砲術や西洋医術の導入など、先見の明のある藩主でした。

そして定安は、1866年(慶応2年)、第二次長州征伐で「長州藩」(ちょうしゅうはん:現在の山口県)に敗れた石見「浜田藩」(いわみ・はまだはん:現在の島根県浜田市)藩主「松平武聰」(まつだいらたけあきら)を保護しています。しかし、このことにより長州藩が迫ってくると、1867年(慶応3年)、定安は幕府に無断で、長州藩と単独講和を結ばざるを得なくなってしまったのです。

また、1868年(慶応4年)の「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)では、新政府軍に与しています。

なお、預かり地となっていた隠岐では、江戸時代の中期から食糧難が常態化。無為無策であった松江藩に対する不信感が高まったことが、1868年(慶応4年)に起こる「隠岐騒動」へつながったのです。その結果、隠岐では自治政府が発足しましたが、1868年(明治元年)、「鳥取藩」(とっとりはん:現在の鳥取県)の管理下に置かれました。

丸亀藩(まるがめはん)

京極家

京極家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
5.1万石 讃岐国
(香川県)
丸亀城 京極家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 生駒家

生駒親正
生駒一正
生駒正俊
生駒高俊

17.3万石 外様
2. 山崎家

山崎家治
山崎俊家
山崎治頼

5万石 外様
3. 京極家

京極高知
京極高豊
京極高或
京極高矩
京極高中
京極高朗
京極朗徹

5.1万石 外様

水不足で溜池を築造、製塩奨励し財政を賄う

水不足で溜池を築造、製塩奨励し財政を賄う

丸亀藩は、讃岐国・丸亀に藩庁を置いた外様藩。高松藩主・生駒氏が、1640年(寛永17年)に改易となったあと、讃岐国西部を領す藩として立藩されました。

藩主は翌1641年(寛永18年)に、「山崎家治」が西讃岐に5万石余で入封しましたが、3代藩主・治頼が幼くして病没したため、代わって1658年(万治元年)に京極氏が入封し、播磨国と近江国の一部を加え6万1,000石余りを領したのです。

「京極高中」(きょうごくたかなか)は、1713年(正徳3年)、讃岐丸亀藩主・京極家5代目。1790年(寛政2年)、備荒貯蓄米の法を制定・実施し、1794年(寛政6年)には、藩校「正明館」の規模を拡張しました。1806年(文化3年)には、丸亀港に船泊所の福島湛甫を築くなどの功績があります。

天保年間には、港が整備され、「伊勢神宮」への「お陰参り」に次ぐ庶民の憧れだと言われた「金比羅参詣」などの拠点となり、繁栄。東国や大坂など畿内から、讃州金比羅船と染め出してある船に乗った参詣者は、3~5泊後に丸亀港に上陸し、丸亀街道を通って「金刀比羅宮」にお参りすることになるのです。

また、金比羅参りの土産として団扇が制作され、「伊予竹に土佐紙はりて阿波(あお)ぐれば讃岐団扇で四国(至極)涼し」と歌われたほどに丸亀の名産品となり、現在まで受け継がれています。

丸亀城

丸亀城

1866年(慶応2年)、芝居にもなった「大坂屋騒動」が勃発。この騒動では、藩御用商「大坂屋与吉郎」と、あこぎな商いを手がけた卯兵衛と弥兵衛の番頭に対し、下級藩士は快しとせず、覆面の士、数名が大坂屋を急襲放火、藩の金庫から略奪しました。

一味は遂に不明のまま、斬奸状(ざんかんじょう:悪者を斬り殺すにあたってその理由を記した文書)を執筆した医師「高橋春城」を投獄するにとどまり、幕末藩政の弱体化が窺える事態となったのです。

丸亀藩では、「田岡凌雲」(たおかりょううん)、「土肥大作」(どひだいさく)などの勤王の志士を輩出しており、その影響から藩論は次第に勤王論に傾倒していきました。

6代藩主「京極高朗」(きょうごくたかあきら)は、文学的才能にも秀でており、江戸藩邸内に藩校「集義館」を開校するなど、知識欲は旺盛でしたが、また一方、大の相撲好きでも知られ、大相撲方という役職までつくってしまうほど。江戸詰のある日、「回向院」(えこういん)での相撲観戦であまりの興奮熱狂ぶりに大名としてあるまじき行為と、幕府から相撲観戦を禁止されたというほどでした。

丸亀藩は、1871年(明治4年)の「廃藩置県」により、丸亀県を経て香川県に編入。また、支藩である多度津藩は、倉敷県、名東県を経て香川県に編入されました。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらは「主な江戸100藩」内、「中国・四国地方」の4ページ目です。
50音順に「中国・四国地方」の主要な藩を掲載。藩主の家紋や、歴代藩主を知ることができるだけでなく、石高や、藩の歴史・逸話を見ることもできます。なかでも藩のエピソードは読み応え十分!写真や画像と合わせて解説しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る