中国・四国地方

徳島藩(とくしまはん)

蜂須賀家

蜂須賀家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
25.7万石 阿波国・淡路国
(徳島県)
徳島城 蜂須賀家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 蜂須賀家

蜂須賀至鎮
蜂須賀忠英
蜂須賀光隆
蜂須賀網通
蜂須賀綱矩
蜂須賀宗員
蜂須賀宗英
蜂須賀宗鎮
蜂須賀至央
蜂須賀重喜
蜂須賀治昭
蜂須賀斉昌
蜂須賀斉裕
蜂須賀茂韶

25.7万石 外様

重農政策にて改革するも、貨幣経済にて財政難になった藩

重農政策にて改革するも、貨幣経済にて財政難になった藩

「徳島藩」(とくしまはん:現在の徳島県)は、阿波と淡路両国を領した大藩で、「蜂須賀家政」(はちすかいえまさ)が1585年(天正13年)に「豊臣秀吉」によって、阿波に封ぜられたことにより始まります。

蜂須賀氏の祖は、「織田信長」に仕えて秀吉の与力となった「蜂須賀小六」(はちすかころく)です。

大坂夏の陣」に参陣した「蜂須賀至鎮」(はちすかよししげ)の戦功により、淡路国7万石を加増され、これにより阿波・淡路2国25万石の徳島藩が成立しました。

吉野川流域に産する阿波藍は、藩最大の国産品で全国に市場をもち、1804年(文化元年)のピーク時には27万6,000俵を産出。藩経済を大きく支えていましたが、実際には阿波商人が藍、たばこ、塩などで得た利益を合算すると40数万石になるとも言われています。阿波の特産である藍作が最盛期を迎えるのは、五代藩主「綱矩」(つなのり)の時代、1688年(元禄元年)以降です。

藩の政策として、「蜂須賀家政」(はちすかいえまさ)の時代より重農主義を採り、特に藍作地域に対しての勧農政策を実施していました。1625年(寛永2年)に、藍方役所を設置。藍玉は阿波の特産品となり、元禄期以降は江戸にも及ぶ規模の特産品となっていきます。

徳島城 鷲の門

徳島城 鷲の門

ここに目を付けた十代藩主「重喜」(しげよし)は、徳島の阿波商人から、1766年(明和3年)に藍玉の他国への販売を藩の専売制とし、藍玉の相場を握ることに成功。それまで権利を握っていた大阪の問屋たちは幕府に訴え出ますが、ここでも徳島藩が勝つことになります。ただし、重農主義を採ってきたそれまでの藩政策は、商業主義の発展、貨幣の普及に伴い、財政の悪化につながっていくこととなりました。

藩財政を好転させるため、特産の藍を専売制にし、税増収を図っていましたが、これは、小規模小作人を切り捨ているという政策となり、これに藍作人たちが反対。1756年(宝暦6年)、蜂起(ほうき:大勢の者が一斉に行動を起こすこと)に及ぶこととなり「藍騒動」という事態に発展し、改革が頓挫していきます。

また、重喜は、財政改革にとどまらず、藩内における人事改革にも着手。それまで門閥により、高禄者だけが高位に上ることとなり、藩政の沈滞を起こしていたのですが、身分の低い低禄者も高位に就けるように改革を断行します。しかし、この改革も家老「山田織部真恒」(やまだおりべさねつね)などの旧来の高位者たちの猛烈な反対により頓挫してしまいました。

その後も重喜は改革に着手しましたが、この前後の阿波は水害や日照りなど天災が続き、士民の不平不満は高まり、その怒りの矛先が重喜の改革に向かってしまいます。重喜の改革は、決して無謀なものではなかったのですが、どうにも人望に問題がありました。現在で言うパワハラ系上司のようで、説得するより強行するというタイプだったのです。

1871年(明治4年)、廃藩置県により、徳島藩は徳島県なります。その後には、名東県(阿波国・讃岐国・淡路国)を経て、一旦は高知県に編入されるものの淡路島は兵庫県に編入。そして、1880年(明治13年)に、徳島県として再び分離されました。

土佐藩(とさはん)

山内家

山内家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
20.26万石 土佐国
(高知県)
高知城 山内家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 山内家

山内一豊
山内忠義
山内忠豊
山内豊昌
山内豊房
山内豊隆
山内豊常
山内豊敷
山内豊雍
山内豊策
山内豊興
山内豊資
山内豊熈
山内豊惇
山内豊信
山内豊範

20.26万石 外様

土佐侍の意地を見せつけた、堺事件顛末記

土佐侍の意地を見せつけた、堺事件顛末記

土佐藩は、戦国時代末期には長宗我部氏が統治していました。

「土佐の出来人」として名高い戦国大名「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)の代には、四国を統一する勢いも見せましたが、「豊臣秀吉」に敗れ、土佐一国の統治となります。

その後、元親の四男、長宗我部氏22代当主「長宗我部盛親」(もりちか)は、1600年(慶長5年)、「関ヶ原の戦い」において西軍に味方し改易に。この合戦において、徳川氏に味方した遠江掛川城主「山内一豊」(やまのうちかずとよ)が、土佐国20万2,600石を与えられ、以降、明治時代まで山内氏が治めることとなったのです。

土佐には、面白い逸話が残っており、ここでご紹介します。

サムライのハラキリを最初に見た外国人は、フランス人だと言われています。1868年(慶応4年)正月、泉州堺の街は、「鳥羽・伏見の戦い」における幕府軍の敗走で、大混乱に陥っていました。

無政府状態と化した堺の鎮撫の命(暴動などを鎮めて民衆を安心させよという命令)を受けたのが、土佐藩六番隊隊長「箕浦猪之吉」(みのうらいのきち)でした。これに八番隊隊長「西村佐平治」が合流。箕浦、西村両隊の活躍で、堺の街もようやく秩序を取り戻しつつありましたが、そこへもってきて、また難問がふりかかってきたのです。

フランス兵の一部が大坂に上陸し、酒にまかせて婦女をからかうなどの狼藉の限りを尽くし始めたのでした。

高知城天守

高知城天守

箕浦、西村による再三の退却要請にもかかわらず、フランス兵の傍若無人ぶりは収まる様子もありません。あろうことか、隙を見て道に立ててあった土佐藩の軍旗を面白半分に奪い取り、港の方へ逃げて行ったのです。これに激高した土佐藩士は、ついに抜刀、フランス兵も拳銃で応戦しましたが、結果的にフランス側に11名の死者を出してしまいました。

当然ながら、これは外交問題に発展し、フランス側は抜刀した者全員の処罰を要求。開国間もない日本、しかも「戊辰戦争」の最中で、明治政府の主力の兵は関東に集中しており、とてもフランスと一戦を交える状況にはありません。これに対し、土佐藩は事件に関与した隊士22名の処断を受諾、その代わり、フランス側の立ち会いのもと、古式に則った切腹で行なうことを伝達したのです。

切腹の場は、堺妙国寺と決まりました。トップバッターは箕浦隊長。もろ肌を脱ぎ短刀一閃、フランス兵をにらみつけ「わが切腹を見よ」と叫ぶなり、みごと腹十文字に掻っ捌き果てたと言われています。このとき、箕浦は自分の腹に手を突っ込み、はらわたを掴んでフランス使臣たちの足元に投げつけたとも。さらに隊士の自刃は続きました。時は粉雪散る二月。血だまりにぬめるはらわたからは、湯気が舞い上がったのです。

壮絶なハラキリの図と、隊士の気迫に恐れをなしたフランス使臣はみな蒼白となり、気分が悪くなる者が続出しましたが、席を立つことは許されません。軍艦長「アベル・デュプティ・トゥアール」から切腹中止の声が上がったのは12人目の「橋詰愛平」(はしづめあいへい)がまさに切っ先を腹に立てようとしたところ。結果として自刃は11人で終わりました。くしくもフランス側の死亡者と同数だったのでした。

山内氏は、1884年(明治17年)、華族令により、侯爵に叙任されました。

鳥取藩(とっとりはん)

池田家

池田家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
32.5万石 因幡国・伯耆国
(鳥取県)
鳥取城 池田家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 池田家

池田長吉
池田長幸

6万石 外様
2. 池田[宗家]家

池田光政

32万石 外様
3. 池田家

池田光仲
池田綱清
池田吉泰
池田宗泰
池田重寛
池田治道
池田斉邦
池田斉稷
池田斉訓
池田慶行
池田慶栄
池田慶徳

32.5万石 外様(准家門)

新政府軍側に立ち、命拾いした鳥取藩

新政府軍側に立ち、命拾いした鳥取藩

関ヶ原の戦い」後、池田氏によって「鳥取藩」(とっとりはん:現在の鳥取県)として立藩。

藩庁は因幡(いなば)の「鳥取城」に置き、「久松山城」(きゅうしょうざんじょう)とも呼ばれています。

池田輝政」(いけだてるまさ)と「徳川家康」の二女「督姫」(とくひめ)の間に生まれた「忠雄」(ただかつ)の家系であることから国持大名とされ、外様大名でありながら松平姓と葵紋が下賜され、親藩に準ずる家格を与えられることとなりました。

因幡・伯耆国(ほうきのくに)の2国を領し、因幡国内に藩庁が置かれ、伯耆国内では米子に城が置かれ、城代家老として荒尾氏が委任統治。また、因幡国内には「鹿奴藩」(しかのはん)と「若桜藩」(わかさはん)の支藩を置きました。

鳥取藩としての藩政改革は、請免制(うけめんせい:その年の豊凶に関係なく、年々定まった免で年貢を課す制度)の立て直し、藩校「尚徳館」(しょうとくかん)の創設、殖産商工政策などの3本柱です。中でも殖産政策は、鉄、綿、木綿などが代表的と言えます。

先頃、鳥取藩家臣「城戸左久馬」(きどさくま)の手紙が発見され、当時の様子が詳細に分かるようになりました。1817年(文化14年)、徳川家との関係は11代将軍「家斉」(いえなり)の子「乙五郎」(おとごろう)を迎えることによってさらに深くなる一方、池田家の血筋にこだわる武士たちからは、乙五郎が跡継ぎとなることへの反発も強かったと言い、城戸の手紙は当時の藩邸の様子を「屋敷が殺気立っていた」と表現しています。

鳥取城

鳥取城

12代藩主「池田慶徳」(いけだよしのり)は15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)の兄で、尊王という微妙な立場を取ることになりました。

慶喜追討令が出ると慶徳は、待罪書(まちざいしょ)を提出し隠退を申し出ますが、山陰道鎮撫使(さんいんどうちんぶし)「西園寺公望」(さいおんじきんもち)の仲介もあって復職再勤が許されます。

一時は「薩長土肥因」(さっちょうどひいん)と称されるほど雄藩として注目を集めましたが、藩内では常に尊攘派(そんじょうは)の改革一派と、佐幕派(さばくは)の守旧一派の二極が存在し、藩の実権をめぐって抗争を成していました。

1863年(文久3年)には、京都「本圀寺」(ほんごくじ)で尊王派藩士によって親幕派重臣の暗殺事件が発生。翌年の「禁門の変」(きんもんのへん)で親しい関係にあった「長州藩」(ちょうしゅうはん:現在の山口県)が敗戦し朝敵となると、これと距離を置くようになりましたが、1868年(明治元年)の「鳥羽・伏見の戦い」、「戊辰戦争」では官軍方につき、志願農兵隊山国隊などを率いて転戦しました。

明治初年には、新田開発により内高(実際の石高)は41万7,000石に達します。1871年(明治4年)の廃藩置県で鳥取県となり、1876年(明治9年)島根県に一時合併されましたが、1881年(明治14年)に鳥取県として再置されました。

また、「近松門左衛門」(ちかまつもんざえもん)の人形浄瑠璃「堀川波鼓」(ほりかわなみのつづみ)は、鳥取藩で現実に起こった事件である、鳥取藩台所役人「大蔵彦八郎」の妻・たねと、京の鼓打「宮井伝右衛門」の密通を主題にしています。

浜田藩(はまだはん)

松平[越智]家

松平[越智]家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
6.1万石 石見国
(島根県)
浜田城 松平[越智]家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 古田家

古田重治
古田重恒

5.4万石 外様
2. 松平[松井]家

松平康映
松平康宦
松平康員
松平康豊
松平康福

5万石 譜代
3. 本多家

本多忠敬
本多忠盈
本多忠粛

5万石 譜代
4. 松平[松井]家

松平康福
松平康定
松平康任
松平康爵

6.5万石 譜代
5. 松平[越智]家

松平斉厚
松平武揚
松平武成
松平武聡

6.1万石 親藩

浜田の街と城を「長州軍」に焼き払われる

浜田の街と城を「長州軍」に焼き払われる

石見国(いわみのくに:現在の島根県西部)は、毛利家の領地でしたが、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」に敗れ、周防国(すおうのくに:現在の山口県東南部)と長門国(ながとのくに:現在の山口県西部)の二国へ減封となったために、石見は徳川の直轄領となります。

その後、「津和野藩」(つわのはん:現在の島根県)に「坂崎直盛」(さかざきなおもり)が入ると、坂崎家の管理下に移りました。

1619年(元和5年)、伊勢「松坂藩」(まつざかはん:現在の三重県)より、「古田重治」が石見国の一部、5万4,000石を与えられて入封したことで、「浜田藩」(はまだはん:現在の島根県)が成立します。藩庁が置かれた「浜田城」は、以前は吉川家(きっかわけ)なども陣屋を置いたとされる鴨山(かもやま)に古田氏が築城しました。しかし、築城に際して、鴨という名は城地にふさわしくないという理由で、地名は鴨山から亀山に改められたのです。これにより、城の別称は「亀山城」とも言います。

しかし、2代藩主「古田重垣」(ふるたしげつね)が、1648年(慶安元年)に重臣を斬殺する「古田騒動」を起こし、嗣子(しし:跡継ぎ)もいなかったため、改易されました。

浜田城跡

浜田城跡

その後、「浅野長治」と「亀井茲政」(かめいこれまさ)が浜田藩を管理しましたが、譜代藩として、1649年(慶安2年)に播磨「山崎藩」(やまさきはん:現在の兵庫県)より、松平[松井]家の「松平康映」(まつだいらやすてる)が5万石で入封。

1759年(宝暦9年)の5代藩主「松平康福」(まつだいらやすよし)のとき、下総「古河藩」(こがはん:現在の茨城県)に転封。

代わって、同地の「本多忠勝」の嫡流である「本多忠敞」(ほんだただひさ)が5万石で入封されますが、これは一族の「本多忠央」(ほんだただなか)が、前年に「郡上騒動」による連座で改易されており、本家もそれに付随して左遷された結果です。1769年(明和6年)、3代藩主「本多忠粛」(ほんだただとし)のとき、三河「岡崎藩」(おかざきはん:現在の愛知県)へ移封されました。

これにより、古河藩から岡崎藩に転封されていた康福が、再度、5万5,400石で再封することとなります。なお、康福は老中としての精勤を賞され、1万石の加増を受けました。

再封後の3代藩主「松平康任」(まつだいらやすとう)の代に、城下の御用商人が朝鮮の鬱陵島(うるるんとう)を拠点として、李氏朝鮮や清、東南アジアとの密貿易を行なっていましたが、藩主がそれを黙認していたことを「間宮林蔵」が告発。康任は老中を罷免され、蟄居(ちっきょ)となります。これは、「竹島事件」と呼ばれ、このため康任は強制隠居となり、4代藩主・康爵(やすたか)は、1836年(天保7年)に陸奥「棚倉藩」(たなぐらはん:現在の福島県)へ懲罰的な転封となったのです。

同年、上野「館林藩」(たてばやしはん:現在の群馬県)より、6代将軍「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)の弟・清武を祖とする松平[越智]家の「松平斉厚」(まつだいらなりあつ)が6万1,000石で入封。石州和紙などの特産品はありましたが、藩財政は苦しく、度重なる改革を断行したにもかかわらず、最後まで藩財政を立て直すことはできませんでした。

水戸徳川家から、養子に入った4代藩主「松平武聰」(まつだいらたけあきら)は、1866年(慶応2年)の「第二次長州征伐」のとき、浜田口を担当しましたが、武聰は病いに臥しており、指揮を取ることができず、「大村益次郎」が率いる長州軍にことごとく撃破されます。

浜田の街に長州軍が入ると、武聰は戦わずして「松江城」(まつえじょう:現在の島根県)へ逃げました。その際、浜田の城下街は焼き払われ、浜田城も灰燼(かいじん)に帰します。武聰は、その後、美作国(みまさかのくに)の飛び地(鶴田領)へ逃れ、この地で「鶴田藩」(たづたはん:現在の岡山県)を興し、「明治維新」を迎えました。

浜田は、「長州藩」(ちょうしゅうはん:現在の山口県)が占領し続け、1869年(明治2年)の「版籍奉還」により、同じく長州藩の占領下にあった隣接する旧幕府の石見銀山領と共に「大森県」となります。1871年(明治4年)には、県庁が浜田へ移転され、「浜田県」となり、最終的には島根県に編入されました。

備中松山藩(びっちゅうまつやまはん)

板倉家

板倉家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
2万石 備中国
(岡山県)
松山城 板倉家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 小堀家 該当なし 1.45万石 備中代官
2. 池田家

池田長幸
池田長常

6.5万石 外様
3. 水谷家

水谷勝隆
水谷勝宗
水谷勝美

5万石 外様
4. 安藤家

安藤重博
安藤信友

6.5万石 譜代
5. 石川家

石川総慶

6万石 譜代
6. 板倉家

板倉勝澄
板倉勝武
板倉勝従
板倉勝政
板倉勝晙
板倉勝職
板倉勝静
板倉勝弼

2万石 譜代

「大石内蔵助」が一時、管理した藩

「大石内蔵助」が一時、管理した藩

備中国上房郡、現在の岡山県高梁市周辺を領していた譜代藩「備中松山藩」(びっちゅうまつやまはん)。

1617年(元和3年)、因幡国「鳥取藩」(とっとりはん:現在の鳥取県)6万石より「池田長幸」(いけだながよし)が、6万5,000石で入封し立藩しました。ところが、1641年(寛永18年)、2代藩主「長常」(ながつね)が無嗣子で死去したため、廃絶してしまうのです。

1642年(寛永19年)に、成羽藩(なりわはん:現在の岡山県)より「水谷勝隆」(みずのやかつたか)が5万石で入封。備中松山藩の政治・経済の基礎、及び松山城の城郭普請などは、この水谷家の時代にほぼ完成したと言っていいでしょう。3代目藩主「勝美」(かつよし)が無嗣子のため、末期養子として「勝晴」(かつはる)を迎えましたが、1693年(元禄6年)に遺領を継ぐ前に死去。勝美の弟「勝時」(かつとき)を立てましたが受け入れられず、3,000石の旗本に減封となったのです。

このとき、松山城の受け渡しには、『忠臣蔵』で有名な赤穂藩主「浅野長矩」(あさのながのり)が任ぜられ、長矩の名代として浅野家家老「大石良雄」(おおいしよしお:通称内蔵助[くらのすけ])が、次の藩主「安藤氏」が来るまでの1年半、備中松山城を管理しました。

なお、城の明け渡しにあたっては、大石は単身で松山城に入り、水谷家家老「鶴見内蔵助」(つるみくらのすけ)と対談に臨み、無血開城にこぎつけたのです。大石と鶴見の名が同じ「内蔵助」であったことから、「両内蔵助の対決」として評判になりました。

水谷氏除封後、1695年(元禄8年)に、上野国「高崎藩」(たかさきはん:現在の群馬県)より「安藤重博」(あんどうしげひろ)が6万5,000石で入封。しかし、その子「信友」(のぶとも)は寺社奉行に任ぜられ、1711年(正徳元年)、美濃国「加納藩」(かのうはん:現在の岐阜県)に転封となってしまいます。

代わりに、山城国「淀藩」(よどはん:現在の京都府)の「石川総慶」(いしかわふさよし)が6万石で入封しますが、1744年(延享元年)に、伊勢国「亀山藩」(かめやまはん:現在の三重県)に転封。入れ代わるように、その亀山藩から「板倉勝澄」(いたくらかつずみ)が5万石で入封し、以後維新まで「板倉家」の所領となったのです。

松山城 太鼓櫓 太鼓門

松山城 太鼓櫓 太鼓門

板倉家の前半期の治世は、高梁川の水運を軸とした製塩事業が盛んで、財政は比較的に安定していました。しかし、後半期、次第に悪化の一途をたどります。

1849年(嘉永2年)に家督を継いだ7代藩主「勝静」(かつきよ)は、農商出身の陽明学者「山田方谷」(やまだほうこく)を抜擢し、方谷の助言のもと財政緊縮、殖産興業に成功。軍制改革も推し進め、成果を得ます。

勝静は幕政も担っており、1862年(文久2年)には老中に昇格、「東禅寺事件」(とうぜんじじけん)に対処し、14代将軍「徳川家茂」(とくがわいえもち)の上洛にも随行しました。老中職を一時解かれましたが、1865年(慶応元年)に老中に再任。15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)からも厚い信任を受けました。

しかし、この立場が仇となり、「鳥羽・伏見の戦い」から1週間後には、「備中松山藩」追討令が朝廷から出されます。勝静の方も忠義により旧幕府軍に与し、以後の「戊辰戦争」では旧幕府方として「箱館」まで転戦しました。こうした勝静の行動が、新政府の態度をより硬化させたのです。

危機感を覚えた方谷らの説得を受けて、1869年(明治2年)に勝静は降伏。長男「勝全」(かつまた)と共に、上野国「安中藩」(あんなかはん:現在の群馬県)で禁錮刑に服します。さらに、備中松山藩も石高を2万石に減封。ただ、5代藩主「勝晙」(かつあき)の甥にあたる「勝弼」(かつすけ)の家督相続は認められました。

その後、藩名は「伊予松山藩」(いよまつやまはん:現在の愛媛県)との混同を避けるためとして、「高梁藩」(たかはしはん)と改称されることになります。そして、1871年(明治4年)の「廃藩置県」により高梁県となり、深津県、小田県を経て、「岡山県」に編入されたのです。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらは「主な江戸100藩」内、「中国・四国地方」の3ページ目です。
50音順に「中国・四国地方」の主要な藩を掲載。藩主の家紋や、歴代藩主を知ることができるだけでなく、石高や、藩の歴史・逸話を見ることもできます。なかでも藩のエピソードは読み応え十分!写真や画像と合わせて解説しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る