中国・四国地方

今治藩(いまばりはん)

松平[久松]家

松平[久松]家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
3.5万石 伊予国
(愛媛県)
今治城 松平[久松]家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 藤堂家

藤堂高虎

20万石 外様
2. 松平[久松]家

松平定房
松平定時
松平定陳
松平定基
松平定郷
松平定休
松平定剛
松平定芝
松平勝道
久松定法

3.5万石 譜代

脈々と受け継がれる木綿織の技術

脈々と受け継がれる木綿織の技術

1600年(慶長5年)、豊臣時代に伊予国板島(現在の愛媛県宇和島市)で7万石を領した戦国武将「藤堂高虎」(とうどうたかとら)は、「関ヶ原の戦い」での活躍により、20万石を加増。今治市内にあった国分山城に移り、初代「今治藩」(いまばりはん:現在の愛媛県)の藩主となりました。

ところが国分山城は、中世の山城で、城下町の造営が不便。そのため2年後今治浦にて、近世城郭と城下町の建設に着手し、1604年(慶長9年)、今治城の普請(土木工事)が完成。これが、現在の今治市街地となる城と城下町の礎となるのです。

1608年(慶長13年)、高虎は「伊勢国」(いせのくに:現在の三重県大半)、「伊賀国」(いがのくに:現在の三重県北西部)にて22万石を加増されて領地替えとなり、「津藩」(つはん:現在の三重県)へ転出となりました。

今治城

今治城

越智郡2万石が残されていたため、養子の「高吉」(たかよし)が城主となり、この地に残りましたが、1635年(寛永12年)、伊賀国名張に高吉が領地替えとなり、藤堂家の統治が終わります。同年、「伊勢桑名藩」(いせくわなはん:現在の三重県桑名市の一部)より、「松平定行」(まつだいらさだゆき)が「伊予松山藩」(いよまつやまはん:現在の愛媛県松山市)15万石に転封となり、同時にその弟「定房」(さだふさ)が、伊勢長島7,000石より3万石に加増され、今治に入ります。定房は、1665年(寛文5年)に、「江戸城大御留守居役」に任ぜられたことにより、役料として「武蔵国」、「下総国」、「常陸国」から合わせて1万石を加増され、4万石となったのです。

2代藩主「定時」(さだとき)は遺言として、嗣子「定陳」(さだのぶ)に定陳の弟「定直」(さだなお)に対して関東領地のうち5,000石を分知するよう残したことにより、石高は3万5,000石となりました。1698年(元禄11年)には、関東領地5,000石が収公となり、伊予国内の宇摩郡5,000石を代替として与えられています。

そのあと、久松松平家が維新まで統治。「塩」と「白木綿」が名産で、藩の財政を支えた産業として挙げられます。塩田開発を積極的に行ない、白木綿の生産を奨励したのです。なお、木綿織の技術は、現在でも評判の「今治タオル」に受け継がれています。

7代藩主「定剛」(さだよし)は、農業生産の安定化や地域格差の是正に尽力し、1805年(文化2年)、藩校の前身となる講書場を構えました。1807年(文化4年)には、講書場を拡充し藩校「克明館」(こくめいかん)としたのです。

徳川家茂

徳川家茂

江戸前期には安定した藩政でしたが、後期は大規模な災害が重なって、次第に窮乏。そのような中で、最後の藩主10代「定法」(さだのり)は、西洋式の法制を整備。軍備を洋式に改革し沿岸に砲台を建造するなど開明的な人物で、時勢を見極めようと京に駐在し、幕府・勤王派の間の仲介などを行ないました。1865年(慶応元年)の「第二次長州征伐」では、幕府軍敗退を契機に、将軍「徳川家茂」(とくがわいえもち)に中止を進言しながら、情勢を見極めた上で、朝廷側に付くことになるのです。

鳥羽・伏見の戦い」では、新政府軍として参戦。いち早く京に兵を進め、御所の警護を行ない、そのまま藩兵の一部は官軍として甲府、江戸、奥州へと転戦しました。これは今治藩の宗家であり隣藩でもある伊予松山藩が、将軍家の親族であるがために、佐幕を通したのとは相反する行動でした。

1868年(明治元年)、大政官布告により松平氏を返上し、久松姓に復姓。1871年(明治4年)には、廃藩置県により今治県となり、松山県、石鉄県を経て愛媛県に編入されます。1884年(明治17年)、子爵として久松家は華族に列したのです。

伊予松山藩(いよまつやまはん)

松平[久松]家

松平[久松]家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
15万石 伊予国
(愛媛県)
松山城 松平[久松]家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 加藤家

加藤嘉明

20万石 外様
2. 蒲生家

蒲生忠知

4万石 外様
3. 松平[久松]家

松平定行
松平定頼
松平定長
松平定直
松平定英
松平定喬
松平定功
松平定静
松平定国
松平定則
松平定通
松平勝善
松平勝成
松平定昭
松平勝成
久松定昭

15万石 親藩・御家門

享保の大飢饉で3,500人の餓死者を出す

享保の大飢饉で3,500人の餓死者を出す

伊予国(現在の愛媛県)の大半を所領にした親藩。藩庁は松山城に置かれました。1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いで東軍・徳川氏に与した「加藤嘉明」(かとうよしあき)が20万石で立藩。

1627年(寛永4年)、陸奥国会津藩42万石に加転封され、同年、加藤に代わって出羽国上山藩より「蒲生忠知」(がもうただとも)が24万石で入封しましたが、跡継ぎが無く死去したため、蒲生氏は断絶。1635年(寛永12年)、伊勢国桑名藩より松平定行が15万石で入封し、久松松平氏による藩が維新まで続きました。

伊予松山藩の江戸藩邸は、幕府から預かりを命じられていた赤穂浪士10名が1703年(元禄16年)2月に切腹した地でもあります。

気候は温暖、地味(ちみ:土壌)も肥え、海産物にも恵まれ、松平定行が広島から牡蠣を移植したり、製塩業を起こしたりと殖産に力を入れました。しかし、干ばつや洪水に見舞われることが多く、財政を豊かにするまでには至らず、特に5代藩主・定英の1732年(享保17年)に起きた「享保の大飢饉」では、領民の餓死者は3,500人に達したのです。甚大な被害を受けたものの、この餓死者の中に藩士がひとりもいなかったため、定英は領民を蔑ろにしたとして、幕府より「裁許不行届」と咎められ、謹慎処分が下されたのです。

江戸後期になると、繊維製品や瓦生産などがようやく利益を出すようになり、財政は持ち直したかに見えましたが、12代藩主・勝善が1784年(天明4年)に落雷で焼失した松山城天守を1854年(安政元年)に再建するなど、財政難を脱出することはできなかったと言われています。

伊予松山城

伊予松山城

4代藩主・定直は俳句好きで、それが藩士達にも広まり領内での俳諧が盛んになりました。この文化的土壌が、明治になって「正岡子規」(まさおかしき)や「高浜虚子」(たかはまきょし)を輩出する要因になったと言えます。

幕末は、親藩のため幕府方に付き「長州征伐」では先鋒を任されましたが、その出兵により藩の財政はさらに悪化。「第二次長州征伐」では、防備の薄い周防大島を攻撃して住民への略奪・暴行・虐殺をしたため、萩藩の恨みをかい高杉晋作に反撃をされています。

そのあと、鳥羽・伏見の戦いでは14代藩主・定昭が幕府方として大坂を警備していたところ、「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)が江戸に引き上げたと知り、定昭達も帰国。この戦いにより朝敵として追討されることとなりました。

一時期は籠城して抗う姿勢を見せており、城内では先代・勝成の「恭順論」と藩主・定昭の「抗戦論」が対立。様々な思惑が交差するなか藩論を統一すると、萩藩の攻撃を受ける前に城を明け渡し、最後は高知藩に占領されました。このため新政府に対しては15万両を捻出して献上、藩主・定昭は蟄居して先代藩主・勝成を再勤させ、重臣達の蟄居・更迭などを条件にようやく赦され、松山城は返還されたのです。

そのあと、明治政府の命により「松平」の姓から旧姓である「久松」に復しました。なお、17代藩主・定武は銀行勤務などを経て、1951年(昭和26年)に愛媛県知事に就任。

江戸にあった伊予松山藩邸は、1924年(大正13年)まで「松方正義」(まつかたまさよし)公爵が住居として使っていましたが、1932年(昭和7年)より駐日イタリア大使館の敷地となっています。

伊予吉田藩(いよよしだはん)

伊達家

伊達家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
3万石 伊予国
(愛媛県)
吉田陣屋 伊達家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 伊達家

伊達宗純
伊達宗保
伊達村豊
伊達村信
伊達村賢
伊達村芳
伊達宗翰
伊達宗孝
伊達宗敬

3万石 外様

長らく宇和島伊達家と反目しあった藩

長らく宇和島伊達家と反目しあった藩

「伊予吉田藩」(いよよしだはん)は、伊予国宇和郡(いよのくにうわぐん:現在の愛媛県宇和島市吉田周辺)を領した「宇和島藩」(うわじまはん)の支藩です。

宇和島藩の初代藩主「伊達秀宗」(だてひでむね)の死後、1657年(明暦3年)に5男・宗純(むねずみ)が3万石を分知されて立藩。三河国の「吉田藩」(よしだはん:現在の愛知県)と区別するため、伊予吉田藩と呼ばれました。3万石分知の経緯については諸説ありますが、秀宗は宗純を寵愛しており、父・政宗が没するまで支出していた隠居料3万石を、宗純のために分知したと一般的には知られています。

しかし、一方では2人の兄が早逝し、突然世継ぎとなった兄・宗利(むねとし:秀宗の3男)を妬んだ宗純が、陸奥「仙台藩」(せんだいはん:現在の宮城県)分家の「伊達宗勝」(だてむねかつ:政宗の10男で秀宗の異母弟)と共謀し、秀宗の遺書を偽造した説もあるのです。

当時の秀宗の病状は非常に重く、筆を執ることもままならない状態であったとして、宗利は仙台藩2代藩主「伊達忠宗」(だてただむね)に、疑念を呈する書簡を送っており、ついには彦根藩主「井伊直孝」(いいなおたか)の仲裁が入り、3万石の分知はなんとか果たされましたが、以後、吉田伊達家と宇和島宗家は領地の帰属を巡って、激しく対立することとなります。両藩の確執は、ある騒動を機に、仙台伊達家の指示で宇和島藩が介入するまで続きました。

騒動とは、宗純が病に倒れた際、たまたま領内に「土佐藩」(とさはん:現在の高知県)の浪人「山田仲左衛門」が医者として滞在していたため、陣屋に呼び、宗純の診察をさせたところ、たちまち病が全快したことに起因します。このできごとにより、文武にも通ずる仲左衛門を高く評価した宗純は、100石を知行、さらに200石を加増し重用。そののち、仲左衛門は宗純を説き、財政改革と称して高禄の譜代重臣達の改易を繰り返させるなどしたため、仲左衛門と譜代勢力が反目し、家中は混乱を極めました。

そして騒動は、仲左衛門の暗殺未遂から本家筋の仙台藩への直訴へと発展していくことになり、最後は仲左衛門が仙台藩へお預けとなったことで、ようやく事態は収拾したのです。これを「山田騒動」と呼びます。

事件の処理に宇和島藩が深く関与することで、伊予吉田藩と宇和島藩は和解。宇和島藩はこのことをきっかけに、さらに一歩踏み込んで、伊予吉田藩への干渉を強めたとも言われています。事実、7代藩主・宗翰(むねもと)は宇和島藩主・村寿(むらなが)の子であり、また、8代藩主・宗孝(むねたか)も宇和島藩主・宗城(むねなり)の実弟で、いずれも養子として藩主を継いでおり、名実ともに支藩となったと考えられる節があるのです。

伊予吉田藩は、享保の大飢饉によって大被害を受け、さらに幕府の公役負担などにより財政が著しく逼迫します。したがって、重税を強き、製紙の専売化などを行ないましたが、これに領民が反発。1793年(寛政5年)に「武左衛門一揆」が起こります。

これは、伊予吉田藩における最大の一揆でした。結果、伊予吉田藩は製紙の専売を取りやめることになり、1794年(寛政6年)には、藩校「時観堂」を創設し、「森退堂」を登用したのです。

幕末においては、8代藩主・宗孝が、実兄である宇和島藩8代藩主・宗城と不仲だったことから佐幕派として行動し、1868年(慶応4年)の「戊辰戦争」でも幕府方として行動したため、罪を問われかけます。しかし、兄の仲裁により、家督を甥で婿養子の宗敬(むねよし)に譲ることを条件に新政府より許されたのでした。

宇和島藩(うわじまはん)

伊達家

伊達家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
7万石 伊予国
(愛媛県)
宇和島城 伊達家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 富田家

富田信高

12万石 外様
2. 幕府領 該当なし - -
3. 伊達家

伊達秀宗
伊達宗利
伊達宗贇
伊達村年
伊達村侯
伊達村寿
伊達宗紀
伊達宗城
伊達宗徳

7万石 外様

幕末の四賢侯・伊達宗城を生んだ「西の伊達家」

幕末の四賢侯・伊達宗城を生んだ「西の伊達家」

1608年(慶長13年)、伊勢津藩5万石の藩主「富田信高」(とみたのぶたか)が、「徳川秀忠」から宇和郡10万1,900石を与えられて宇和島藩が立藩。

ところが、1613年(慶長18年)、信高の正室の兄弟である「坂崎直盛」(さかざきなおもり)が甥の「宇喜多左門」(うきたさもん)と対立。寵愛していた美童をめぐる争いであり、直盛が家臣に命じて美童を斬り捨てる事件が起き、その直盛の家臣を左門が斬って逐電(ちくでん:逃げて行方をくらますこと)し、叔母にあたる信高の正室を頼って信高に庇護されます。直盛は左門の引渡しを求め、大御所・徳川家康と将軍・秀忠に訴え、家康・秀忠同席の前で直盛が勝訴した結果、信高は改易(かいえき:武士の身分を剥奪して屋敷・所領などを没収すること)となりました。

1614年(慶長19年)、伊達秀宗が徳川秀忠より伊予宇和島10万石を与えられ、1615年(慶長20年)、「宇和島城」に入城し伊達家が統治を開始。こちらをもって、藩の始まりとする説もあります。

秀宗は、「独眼竜」と称された仙台藩主「伊達政宗」の庶長子(しょちょうし:側室等の正室でない女性から生まれた長男)であり、当初は政宗の世子(せいし:跡継ぎの子)でした。しかし、政宗と正室「愛姫」との間に「忠宗」(ただむね)が生まれたことで立場が微妙に。そこで政宗は、秀宗の身が成り立つよう徳川家に嘆願したところ、幕府は「大坂冬の陣」での政宗の戦功と秀宗の忠義を大いに評価し、宇和島藩を与えたのです。

こうして宇和島藩伊達家は、仙台藩の支藩ではなく、新規に国主格大名として取り立てられました。2代将軍・秀忠は、「西国の伊達、東国の伊達と相並ぶ」ようにと下知(げじ:上から下へ指図をすること)したと言われていますが、外様勢力の中でも大国であった伊達家を東西で分断する意図は明白だったと言えます。

宇和島藩は、秀宗が入封するまで短期間に領主、藩主がめまぐるしく代わっていたため、藩は疲弊し、入封当初の藩政は前途多難で財政も行き詰まっていました。秀宗は宇和島入封にあたり、政宗から創業資金を黄金3万両(6万両説あり)借用していましたが、1617年(元和3年)頃には返済について藩論が紛糾。

かつて政宗に仕え、政宗より秀宗への目付を任され、さらには徳川家との調整役も兼任していた藩惣奉行「山家公頼」(やんべきんより)は、「政宗隠居料」の名目で、毎年3万石を仙台伊達藩に返済することとし、1618年(元和4年)には宇和島城下の北口に仙台藩の役所を置いたのです。そのあと18年間、1635年(寛永12年)まで創業資金の返済にあたりました。

ただし、政宗は1636年(寛永13年)に死去するまで隠居しておらず、この措置は事実上、宇和島藩領を仙台藩に分知したようなもので、これにより、宇和島藩士の多くが減俸を余儀なくされたのです。

宇和島城天守閣

宇和島城天守閣

さらに秀宗は浪費癖もあったようで、山家公頼は一向に改まらない秀宗の浪費を宗家の政宗に報告し、政宗より諫状(かんじょう:過ちを改めるよう申し付ける書状)を出させています。

のちにこういった遺恨が、藩を揺るがす事件へと発展していくこととなったのです。

1620年(元和6年)、宇和島藩は、幕命により「大坂城」の石垣工事を担当することに。山家公頼と同じく、伊達政宗より命を受け秀宗に付けられていた侍大将の「桜田元親」(さくらだもとちか)は、山家と共に普請奉行として大坂に赴きました。

その際、工事の進捗報告について齟齬(そご:食い違い)が生じ、山家の施策であった政宗隠居料により、減俸を余儀なくされた反山家派の中心人物・桜田の讒言(さんげん:事実を曲げ、人を貶めるために悪口を言うこと)で、山家は弁明のため宇和島に帰国して謹慎。

すると、秀宗の命令を受けた桜田一派により山家とその息子ら一族は殺害されたのです。事件を知った政宗は激怒して秀宗を勘当。これがのちに「和霊騒動」(われいそうどう)と呼ばれた事件。そのあと、桜田元親も変死、宇和島を大地震や飢饉が襲い、秀宗の嫡子も相次いで早世するなど、山家公頼の祟りと恐れられます。1653年(承応2年)には、山家公頼の祟りを抑えるため「和霊神社」(われいじんじゃ)が建立されました。

幕末期の8代藩主「伊達宗城」(だてむねなり)は、前藩主からの殖産興業を引き継ぎ、さらに西欧化を推し進めて富国強兵政策を実行。「戊辰戦争」では新政府軍参謀兼務に任命されましたが、徳川慶喜が朝敵になると薩長の陰謀であるとして「山内容堂」(やまのうちようどう)と共に、議定(ぎじょう:明治時代初期における政府の官職)を辞任したのち、非戦中立の立場を採りました。

この伊達宗城こそ、のちに「幕末の四賢侯」として名を轟かせた名君のひとりでした。

大洲藩(おおずはん)

加藤家

加藤家の
家紋
石 高 旧 国 居 城 藩 主
6万石 伊予国
(愛媛県)
大洲城 加藤家
藩の歴史
歴代藩主 歴代当主名 石 高 大名の分類
1. 脇坂家

脇坂安治
脇坂安元

5.3万石 外様
2. 加藤家

加藤貞泰
加藤泰興
加藤泰統
加藤泰温
加藤泰衑
加藤泰武
加藤泰行
加藤泰侯
加藤泰済
加藤泰幹
加藤泰祉
加藤貞秋

6万石 外様

どこよりも早く西洋兵制を採用した藩

どこよりも早く西洋兵制を採用した藩

「大洲藩」(おおすはん)は現在の愛媛県大洲市伊予市近辺を領した外様藩。

関ヶ原の戦い」後も「藤堂高虎」の領地で、1608年(慶長13年)に、高虎は伊勢国津藩に転封となりましたが、大洲は高虎預かりの地のままでした。同年9月になって、淡路国「洲本藩」(すもとはん:現在の兵庫県)より「賎ヶ岳七本槍」のひとり、「脇坂安治」(わきざかやすはる)が5万3,000石で入封し、立藩するに至ります。

ところが、2代藩主「安元」が、1617年(元和3年)に信濃国「飯田藩」(いいだはん:現在の長野県)に転封となり、「加藤貞泰」(かとうさだやす)が同年、伯耆国「米子藩」(よなごはん:現在の鳥取県)より6万石で入封。

1623年(元和9年)、跡目の届け出をしないまま貞泰が急死したことにより、長男「泰興」(やすおき)が将軍・徳川秀忠に御目見し相続を許されます。その際、弟の「泰但」(やすただ:のちの直泰[なおひろ])は幕府より1万石分知の内諾を得て「新谷藩」(にいやはん:現在の愛媛県)を成立しましたが、泰興はこれを認めようとしなかったため、そのあとしばらく対立しました。結局、1639年(寛永16年)に、正式に藩内分知となることで決着します。

1642年(寛永19年)に陣屋が新谷に完成。藩内分知は本来、陪臣(ばいしん:家臣の家臣を指した呼称。また「家来」とも言う)の扱いですが、新谷藩だけは幕府より大名と認められた唯一の例でした。

大洲城

大洲城

加藤家には代々、好学の気風があり、藩もこれに倣い好学・自己錬成を藩風とします。

初期の大洲藩からは陽明学者「中江藤樹」(なかえとうじゅ)が、さらに江戸後期においては蘭医「シーボルト」に師事した医師「三瀬諸淵」(みせもろぶち)、国学者「矢野玄道」(やのはるみち)など、有名学者を数多く輩出しました。

大洲和紙、砥部焼(とべやき)、蝋が名産で、おだやかな気候、肱川(ひじかわ)の清流に恵まれ、地味ではありますが安定した藩政に終始します。

紙は古くから大洲の名産でしたが、「大洲和紙」と呼ばれる半紙は、1688~1704年(元禄年間)に「宗昌禅定門」(しゅうしょうぜんじょうもん)俗名:善之進(ぜんのしん)が越前奉書の技術を導入したことから確立され、そののちの藩の主要産業として財源の一翼を担いました。現在でも大洲和紙は、薄くて強く、漉きむらがないと評判で、書道用紙として書家から愛用されています。

坂本龍馬

坂本龍馬

幕末期になると、いち早く西洋兵制を取り入れ、他の藩よりも尊皇思想に傾倒し、藩論は早くから勤王で一致していました。「坂本龍馬」が運用し沈没衝突事件で有名になった「蒸気船いろは丸」を所有していたのはこの藩で、船舶は海援隊に貸し出されていた物です。

少数ではありましたが、勤王藩として1868年(慶応4年)の「鳥羽・伏見の戦い」では、警備する攝津西宮へ長州藩兵を隠密に上陸させ、戊辰戦争でも武成隊による甲府城警備や奥羽討伐など、少数ながらも新政府側に与し活躍。明治天皇の東京行幸(事実上の遷都)においては、行幸行列の前衛を務めています。

1871年(明治4年)、廃藩置県により旧大洲藩領を管下とする大洲県が設置され、加藤家は華族に列しました。同年11月の第1次府県統合で大洲県が廃止され、旧宇和島県、旧吉田県、旧新谷県と合併して宇和島県となります。そののち、神山県を経て愛媛県に編入されました。

1884年(明治17年)、華族令により、大洲加藤家は子爵を授爵されます。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。こちらは「主な江戸100藩」内、「中国・四国地方」の1ページ目です。
50音順に「中国・四国地方」の主要な藩を掲載。藩主の家紋や、歴代藩主を知ることができるだけでなく、石高や、藩の歴史・逸話を見ることもできます。なかでも藩のエピソードは読み応え十分!写真や画像と合わせて解説しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る