山崎の戦い
山崎の戦い
「山崎の戦い」は、1582年(天正10年)6月13日に摂津国(現在の大阪府三島郡島本町山崎)と山城国(現在の京都府乙訓郡大山崎町)の境に位置する山崎で起こった合戦です。「本能寺の変」のあと、備中高松城から引き返した「羽柴[豊臣]秀吉」と「明智光秀」が激突した戦いで、「天王山の戦い」とも呼ばれています。短期戦の末、羽柴秀吉軍が勝利。これにより「織田信長」の後継者となった羽柴秀吉は、天下統一へと乗り出すことになるのです。
文字サイズ

山崎の戦いの概要

本能寺の変

本能寺の変

1582年(天正10年)6月2日、京「本能寺」で「織田信長」は家臣である「明智光秀」の謀反により襲撃され自害しました。これが、かの有名な「本能寺の変」です。

本能寺の変を受けた「羽柴秀吉[豊臣秀吉]」軍は、備中高松城で応戦していた「毛利氏」と和睦し、急遽、山崎へと向かいます。山崎まで約200kmを羽柴秀吉軍は、約10日間で踏破して見せたのです。これはのちに「中国大返し」と呼ばれ、日本史上屈指の大強行軍として知られています。

両軍は12日から対峙。局所的な小競り合いを経て、13日の午後4時、雨が降りしきるなかで戦いは始まりました。天王寺の山裾を横切って「高山隊」(秀吉側)の横に陣取ろうとした「中川隊」(秀吉側)に「伊勢隊」(光秀側)が攻撃を仕掛けます。この勢いに乗って「斎藤隊」(光秀側)も高山隊に攻撃。これにより、秀吉側の両隊は窮地に陥りますが、増援を得て持ちこたえます。

豊臣秀吉

豊臣秀吉

戦局は「池田隊」(秀吉側)と「加藤隊」(秀吉側)が「津田隊」(光秀側)を奇襲したことで一変。津田隊は三方からの攻撃、及び雑兵の逃走で混乱します。苦戦していた秀吉側の中川隊、及び高山隊もこの一報を聞いて再起。

結果、明智光秀軍は総崩れとなったのです。明智光秀は、戦線後方の「勝竜寺城」(しょうりゅうじじょう)に退却。短時間の戦いにもよらず、死傷者が相次ぎました。士気の低下による脱兵も多かったため、1万6,000ほどいた明智軍は、700兵ほどになったと言います。ここで、勝竜寺城は規模が小さく、篭城できないと気付いた明智光秀は勝竜寺城を放棄。近江国滋賀郡坂本(現在の滋賀県大津市下阪本)にある本拠地「坂本城」への脱出を目指しました。

しかし、小栗栖の藪(現在の京都府伏見区)で士民の落ち武者狩りに竹槍で刺され、絶命したとされています。これにより、明智光秀の「12日間天下」はあっけなく幕を閉じたのです。

一方、「信長の弔い合戦」に勝利した羽柴秀吉は、清洲会議で織田信長の後継者としての地位を確立。天下人へ一歩前進したのです。

山崎の戦いの戦場跡

天王山からの山崎合戦地

天王山からの山崎合戦地

「山崎の戦い」は、天王山と淀川に挟まれた非常に狭い地域で行なわれました。天王山山中には、ハイキングコースに沿って「秀吉の道 陶板絵図」があります。山崎の戦いの様子を時系列に並べた物です。

また、「山崎合戦之地石碑」戦場を俯瞰できる展望台、及び羽柴秀吉軍が自軍の士気を高めるために旗印を掲げたとされる「旗立松」(現在の松の木は6代目)もあります。

天王山の麓には、羽柴秀吉が本陣とした「宝積寺」が現存。加えて、明智光秀が本陣とした「御坊塚」があった「京野古墳群」もあり、当時の雰囲気を味わうことができます。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!
  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

「宝積寺」 観光・案内サイトのご紹介

宝積寺写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 宝積寺の本堂です。
    宝積寺の本堂です。
  • 国指定重要文化財の三重塔です。
    国指定重要文化財の三重塔です。
  • 小槌宮です。
    小槌宮です。
  • 出世石です。
    出世石です。
  • 水掛不動です。
    水掛不動です。
  • 境内の様子です。
    境内の様子です。
  • 縁結びの桜があります。
    縁結びの桜があります。
  • 国指定重要文化財を多数観ることができます。
    国指定重要文化財を多数観ることができま…
もっと見る
閉じる

「宝積寺」施設情報

「宝積寺」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒618-0071
京都府乙訓郡大山崎町銭原1番地
電話番号 075-956-0047
交通アクセス 「山崎駅」下車 徒歩15分

交通アクセス情報を見る

営業時間 【境内】
終日
【本堂・閻魔堂】
9~16時
※法要があるときは、その時間拝観を中止する場合有り。
休館日 無し
駐車場 有り
入場料 【境内】
無料
【本堂・閻魔堂】
一般 400円
高校・大学生 300円
小・中学生 200円
※団体割引有り
公式サイト https://takaradera.net/index.html

「宝積寺」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、宝積寺の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

宝積寺のアクセス

宝積寺
宝積寺
宝積寺
宝積寺

注目ワード

ページトップへ戻る