上田合戦
上田合戦
「上田合戦」は、「真田昌幸」(さなだまさゆき)が築城した信濃国の「上田城」(現在の長野県上田市)周辺を舞台に、徳川氏、北条氏、真田氏の三家が旧武田領を巡って争った戦いです。1585年(天正13年)に「第一次上田合戦」(神川合戦)、1600年(慶長5年)に「第二次上田合戦」が起こり、真田家が徳川家の大軍を2度にわたって破った合戦として有名です。かつて上田合戦が繰り広げられた長野県上田市の古戦場上田城をご紹介します。
文字サイズ

上田合戦の概要

上田合戦の背景

真田昌幸

真田昌幸

「甲斐の虎」と呼ばれた戦国の巨人、「武田信玄」の亡きあと、1582年(天正10年)の「織田信長」との「天目山の戦い」(甲州征伐)により武田氏は滅亡します。

甲斐、信濃、駿河、上野に及ぶ広大な武田領は、織田氏の領地となりましたが、1582年(天正10年)の「本能寺の変」で、天下統一を目前に織田信長が命を落とすと、空白地帯となった武田領を巡って、東は「北条氏直」(ほうじょううじなお)、南は「徳川家康」、北からは「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)と、武田氏の家臣・真田昌幸をも巻き込みながら争奪合戦「天正壬午の乱」(てんしょうじんごのらん)が起こります。

徳川家北条家上杉家といった強大な勢力が旧武田領を侵攻する中、主家である武田家を失った真田昌幸は、家名存続のため、三家の情勢と急激な変化を読みながら、主君を上杉氏から北条氏、徳川氏へと鞍替えしながら生き延びます。さらに、徳川家康の支援を受けながら「上田城」も築城したのです。

徳川家康

徳川家康

その後、1584年(天正12年)、徳川家康は、織田家の後継者問題で「羽柴秀吉」(のちの豊臣秀吉)と対立し、「羽柴秀吉軍」対「織田信雄・徳川家康軍」が争った「小牧・長久手の戦い」が起こります。

結果的には和睦となりましたが、この戦いで羽柴秀吉を恐れた徳川家康は、敵対していた北条氏直との和睦を画策し、半年以上にわたる天正壬午の乱は終止符が打たれることとなりました。

しかし、この和睦のために、真田昌幸が治めていた「沼田領」を、北条氏直へ割譲するという約束をしたことにより、真田昌幸が激怒。これにより、1585年(天正13年)に第一次上田合戦が勃発したのです。

第一次上田合戦(神川合戦)の開戦

真田幸村

真田幸村

1585年(天正13年)、徳川家と真田家による第一次上田合戦(神川合戦)が開戦します。徳川軍7,000兵に対し、真田軍は2,000兵と、数では真田軍が圧倒的に不利な状況にありました。

このため、真田昌幸は、当時徳川家と対立していた上杉氏に助けを求め、「真田幸村(真田信繁)」(さなだゆきむら[さなだのぶしげ])を人質として差し出しことにより、上杉景勝という大きな後ろ盾を得ることに成功します。

徳川軍は、「鳥居元忠」を総大将として、約7,000の兵を率いて 北国街道から上田城へ進軍します。一方、真田軍は、「矢沢頼綱」を総大将として、上田城に籠城し、徳川軍を迎え撃ちました。

徳川軍が「神川」(かんがわ)に達したところ、真田軍が奇襲攻撃を開始。不意をつかれてパニックに陥った徳川軍を尻目に、真田軍は上田城へ向かいます。恐れをなして撤退したと勘違いをした徳川軍は、真田軍を追って、まんまと上田城下へ誘い込まれます。

徳川軍は一気に城を落とそうと城内になだれ込むと、城下に潜んでいた真田軍が、鉄砲でゲリラ攻撃を開始し、一斉射撃を加えます。この急襲にひるんだ隙に、砥石城に布陣していた真田昌幸の嫡男「真田信之」(さなだのぶゆき:同音で真田信幸)が背面から攻撃し、徳川軍をパニック状態に陥れたのです。

一旦、退こうとする徳川軍に対し、城下にあらかじめ仕掛けられた「千鳥掛け」の柵で行く手を塞いだ上に、城下を放火。これによって、徳川軍の指揮系統がさらに乱れ、大混乱に陥ります。火に逃げ惑いながらようやく神川まで脱出できた兵も、真田信之が神川の堰を決壊させたことにより、徳川軍の多くの兵は濁流に飲み込まれ溺死したのです。

第一次上田合戦は、真田軍の犠牲者はわずか40人だった一方、徳川軍は1,300人と、真田軍の圧倒的な勝利で終わりました。上杉家の後ろ盾と真田昌幸の知略によって、約2,000の真田軍が、約7,000の徳川軍に見事に勝利したのです。この勝利によって、その後、知将・真田昌幸として名声が世に知れ渡ることとなったのです。

戦国武将「真田幸村」 YouTube動画

戦国武将「真田幸村」

真田丸
武将イラスト・合戦イラスト集武将イラスト・合戦イラスト集
武将イラスト・合戦イラスト集では、戦国時代に活躍した武将達を中心に、今にも動き出しそうなリアルタッチで描いたイラストを掲載しています。

第二次上田合戦の開戦

石田三成

石田三成

第一次上田合戦が終わり、豊臣秀吉が天下統一を果たしたことによって、徳川家康は関東に移封。北条氏は「小田原の役」によって没落し、一旦安息のときが訪れます。

しかし、1598年(慶長3年)、豊臣秀吉が亡くなったことにより徳川家康と「石田三成」の対立が表面化。

1600年(慶長5年)、上杉景勝が謀反を企てているとして徳川家康の大軍が「会津征伐」へ向かいます。その頃、真田昌幸の親子は徳川家康の配下となっていたことから、この会津征伐に加わりました。

一方、徳川家康が会津征伐で大坂を離れると、五奉行の石田三成を中心に反徳川勢力が結集し、「毛利輝元」を総大将とした西軍が挙兵します。

その後、会津征伐に向かっていた真田氏のもとに、一通の密書が届きます。石田三成からの書状で、「豊臣家のために徳川家康を討つべく挙兵する」と言うものでした。真田親子(真田昌幸、真田信之、真田幸村[真田信繁])は、豊臣方に味方をするべきか、徳川方に味方をするべきか、「下野国犬伏」(現在の栃木県)で協議します。

悩みに悩んだ結果、父の真田昌幸と次男の真田幸村(真田信繁)は、徳川家康から離反する決断を下した一方、徳川四天王のひとり「本多忠勝」の娘で、徳川家康の養女「小松姫」を正室としていた長男の真田信之は、徳川家康に付くことを決断したのです。

これは、西軍、東軍どちらが勝っても真田家滅亡を防ぐ生き残りの選択であり、のちに「犬伏の別れ」と呼ばれました。その後、長男・真田信之はそのまま会津へ向かい、父・真田昌幸と次男・真田幸村(真田信繁)は、上田城に引き返したのです。

徳川秀忠

徳川秀忠

真田昌幸が西軍に付いたことを知った「徳川秀忠」は、真田昌幸と真田幸村(真田信繁)がいる上田城を攻め落としてから、「関ヶ原の戦い」へ合流する計画を立てます。徳川軍は38,000の軍勢で攻め入り、本多忠政らを使者に送って、上田城を明け渡すよう伝えます。

一方、真田昌幸の兵はわずか2,500~3,000と、圧倒的に不利でした。そこで、真田昌幸は、使者を「信濃国分寺」でもてなし、「家来を説得してから返事をしたい」として使者を返します。

しかし、これは返事を先延ばしにすることで時間稼ぎをし、上田城内の修繕など、戦いの準備を進めるためでした。その後、徳川秀忠の使者から返事の催促があり、石田三成に加勢することを告げたことから、第二次上田合戦が勃発したのです。

真田昌幸からの返事を聞いた徳川秀忠は激怒し、上田城へ総攻撃を開始。真田軍は、巧みな抵抗で徳川秀忠軍を翻弄し、上田城の攻略を許しませんでした。しばらく小競り合いが続いたものの、結局、徳川軍は上田城を攻略することができず、上田城の攻略を諦めて撤退し、徳川秀忠の軍勢は関ヶ原へ向け、中山道の木曽路へ移動していきました。これにより、真田昌幸は、徳川の大軍を2度も破ったのです。

その後、関ヶ原の戦いで石田三成の西軍が負けたとの知らせが届きますが、真田昌幸は降伏せずに上田城に籠もって徹底抗戦を主張。しかし、長男・真田信之らの説得により、ついに開城することとなったのです。

2度も徳川軍を撃破した真田昌幸でしたが、時の運命には負け、敗軍の将となってしまったことから、その後真田昌幸と真田幸村(真田信繁)は高野山に送られることとなります。しかし、東軍と西軍の両方に味方したことによって、長男・真田信之が上田城の城主となり、真田家としては存続。「真田家を残す」という点では、真田昌幸の計算通りとなったのです。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

上田合戦の古戦場

上田城跡

上田城 東虎口櫓門

上田城 東虎口櫓門

上田合戦の戦場となった「上田城跡」は、JR「上田駅」から徒歩13分ほどの場所にあります。

真田氏が築城した上田城は、関ヶ原の戦い以後、徳川氏によって廃城されたため、当時の建物はありません。その後、上田藩主となった千石氏、松平氏によって復興、修復が行なわれました。

現在、「櫓門」、「真田石」、「尼ヶ淵」といった史跡が残されており、長野を代表する歴史的観光スポットとして人気を集めています。

池波正太郎真田太平記館

池波正太郎真田太平記館

池波正太郎真田太平記館

真田家と言えば、「池波正太郎」(いけなみしょうたろう)による史実と創作の歴史小説 「真田太平記」(さなだたいへいき)が有名です。

真田太平記は、小説やテレビドラマにもなり、その歴史を後世に残そうと、上田城跡近くに「池波正太郎真田太平記館」が建設されました。

池波正太郎真田太平記館は、上田城跡から徒歩約13分、JR上田駅より徒歩約10分の場所にあります。

「上田城」施設情報

「上田城」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒386-0024
長野県上田市二の丸6263番地イ
電話番号 0268-71-6074
交通アクセス 「上田駅」下車 徒歩13分

交通アクセス情報を見る

営業時間 【上田城南櫓・北櫓・櫓門】
8時30分~17時
(入館は16時30分まで)
休館日 【上田城南櫓・北櫓・櫓門】
水曜日、年末年始、祝祭日の翌日
駐車場 有り
入場料 【上田城南櫓・北櫓・櫓門】
一般 300円(250円)
高校生・大学生 200円(150円)
小学生・中学生 100円(50円)
※()内は20名以上の団体料金です。
公式サイト http://www.ueda-cb.gr.jp/uedajo/index.html

上田城のアクセス

上田城
上田城
上田城
loading...

「上田城」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの刀剣ワールド 城では、上田城の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

長野県の刀剣施設情報

長野県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 長野市
  • 松本市
  • 上田市
  • 岡谷市
  • 飯田市
  • 諏訪市
  • 須坂市
  • 小諸市
  • 伊那市
  • 駒ヶ根市
  • 中野市
  • 大町市
  • 飯山市
  • 茅野市
  • 塩尻市
  • 佐久市
  • 千曲市
  • 東御市
  • 安曇野市
  • 南佐久郡小海町
  • 南佐久郡川上村
  • 南佐久郡南牧村
  • 南佐久郡南相木村
  • 南佐久郡北相木村
  • 南佐久郡佐久穂町
  • 北佐久郡軽井沢町
  • 北佐久郡御代田町
  • 北佐久郡立科町
  • 小県郡青木村
  • 小県郡長和町
  • 諏訪郡下諏訪町
  • 諏訪郡富士見町
  • 諏訪郡原村
  • 上伊那郡辰野町
  • 上伊那郡箕輪町
  • 上伊那郡飯島町
  • 上伊那郡南箕輪村
  • 上伊那郡中川村
  • 上伊那郡宮田村
  • 下伊那郡松川町
  • 下伊那郡高森町
  • 下伊那郡阿南町
  • 下伊那郡阿智村
  • 下伊那郡平谷村
  • 下伊那郡根羽村
  • 下伊那郡下條村
  • 下伊那郡売木村
  • 下伊那郡天龍村
  • 下伊那郡泰阜村
  • 下伊那郡喬木村
  • 下伊那郡豊丘村
  • 下伊那郡大鹿村
  • 木曽郡上松町
  • 木曽郡南木曽町
  • 木曽郡木祖村
  • 木曽郡王滝村
  • 木曽郡大桑村
  • 木曽郡木曽町
  • 東筑摩郡麻績村
  • 東筑摩郡生坂村
  • 東筑摩郡山形村
  • 東筑摩郡朝日村
  • 東筑摩郡筑北村
  • 北安曇郡池田町
  • 北安曇郡松川村
  • 北安曇郡白馬村
  • 北安曇郡小谷村
  • 埴科郡坂城町
  • 上高井郡小布施町
  • 上高井郡高山村
  • 下高井郡山ノ内町
  • 下高井郡木島平村
  • 下高井郡野沢温泉村
  • 上水内郡信濃町
  • 上水内郡小川村
  • 上水内郡飯綱町
  • 下水内郡栄村
すべてを見る

上田城の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

上田城の東虎口櫓門です。
上田城の東虎口櫓門です。
上田城の西櫓です。
上田城の西櫓です。
上田城跡の園内です。
上田城跡の園内です。
敷地周辺から見た西櫓です。
敷地周辺から見た西櫓です。
上田城跡敷地内にある真田神社の鳥居です。
上田城跡敷地内にある真田神社の鳥居です…
真田神社の拝殿です。
真田神社の拝殿です。
真田井戸です。本丸唯一の井戸です。
真田井戸です。本丸唯一の井戸です。
上田城跡公園の案内図です。
上田城跡公園の案内図です。
注目ワード
注目ワード