上田合戦 古戦場
上田合戦 古戦場
「上田合戦」は、「真田昌幸」(さなだまさゆき)が築城した「上田城」で、真田家と徳川家の間で2度に亘って起きた戦の総称です。1度目の合戦(第1次上田合戦・または神川合戦)は、1585年(天正13年)、2度目の合戦(第2次上田合戦)は1600年(慶長5年)に起きました。2度目の第2次上田合戦は、「犬伏の別れ」(いぬぶしのわかれ)で敵対することになった真田昌幸らと、徳川に従った「真田信之」(さなだのぶゆき)の、真田同士がぶつかる構造でもあり、その後の「関ヶ原の戦い」にも影響を与えたと言われているのです。
文字サイズ

上田合戦の概要

徳川家康

徳川家康

第1次上田合戦が起きたのは、1585年(天正13年)。その背景には1582年(天正10年)の「本能寺の変」で、天下統一を目前にしていた「織田信長」が命を落としたあと、信濃(現在の長野県周辺)が徳川氏と小田原北条氏、上杉氏による争奪の場と化していたことがありました。当時「徳川家康」に仕えていた真田昌幸は、家康の援助により1583年(天正11年)より上田城の築城を開始します。

しかし、「豊臣秀吉」を恐れた家康は、敵対していた小田原の「北条氏直」(ほうじょううじなお)との和睦(わぼく:争いをやめる、和解する)を画策。和睦のために家康が氏直に差し出そうとしたのが、真田昌幸が治めていた上州沼田領でした。昌幸は、家康の命令に対し、自ら得た領地であることを理由に、氏直に上州沼田を差し出すことを断固拒否。

これにより、昌幸と家康は対立。1585年(天正13年)、7,000の兵を率いた徳川軍が、上田城を攻めにやってきました。もっとも、徳川が攻めてくることは計算済み。昌幸は、当時徳川家と対立していた上杉氏に助けを求め、次男の「真田信繁」(さなだのぶしげ=真田幸村)を人質に差し出すなど、準備を進めていたのです。

これにより、上田城の築城と援助において昌幸は「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)という大きな後ろ盾を得ます。第1次上田合戦では、上杉の後ろ盾と昌幸の知略によって、わずか2,000ほどの兵で徳川軍を追い返すことに成功しました。

上田城 東虎口櫓門

上田城 東虎口櫓門

第1次上田合戦ののち、豊臣秀吉が天下を統一したことによって、上田城には安息のときが訪れました。しかし、1600年(慶長5年)、再び上田城は窮地に立たされます。

秀吉が亡くなったことによって、徳川家康と「石田三成」(いしだみつなり)の間における対立が表面化。大きな合戦(関ヶ原の戦い)が起きようとしていたのです。

第1次上田合戦後、家康配下となっていた昌幸でしたが、石田三成からの家康弾劾の書状を受け取った下野国犬伏(現在の栃木県佐野市)で、長男・信之、次男・信繁と共に家族会議。

その結果、昌幸は信繁と共に家康から離反する決断を下しましたが、徳川四天王のひとり「本多忠勝」(ほんだただかつ)の娘で、家康の養女となった「小松姫」を正室としていた信之は家康に付くことを決断。これが有名な「犬伏の別れ」です。

この話し合いにおいて、親子兄弟が袂を分かつ決断をした背景には、来るべき戦でどのような結果が出ようとも、「真田家」を存続させる狙いがあったのではないかとも言われています。

関ヶ原の戦いの開戦直前。西軍に付いた真田昌幸に対して、上田城を明け渡すよう、信之の軍も含めた「徳川秀忠」(ひでただ:家康の子)率いる38,000の兵が攻めてきました。この秀忠軍に対し、昌幸側の兵はわずか2,500~3,000。昌幸は籠城戦を基本にしながら、ときに奇襲攻撃を仕掛けるなど、巧みな抵抗で秀忠軍を翻弄し、上田城の攻略を許さなかったと言われています。

その結果、7日間も昌幸に翻弄された秀忠は、関ヶ原の戦いに間に合わないという大失態をおかしてしまったのです。

上田合戦の古戦場

池波正太郎真田太平記館

池波正太郎真田太平記館

上田合戦の戦場となった「上田城跡」は、JR上田駅から徒歩12分ほどの場所にあります。

真田氏が築城した上田城は、関ヶ原の戦い以後、徳川氏によって廃城されたため当時の建物はありませんが、その後上田藩主となった千石氏、そして松平氏によって復興、修復が行なわれました。

現在、櫓門、真田石、尼ヶ淵といった史跡が残されており、長野を代表する歴史的観光スポットとして人気を集めています。

また、真田家と言えば、「池波正太郎」(いけなみしょうたろう)による史実と創作の歴史小説 「真田太平記」(さなだたいへいき)が有名です。小説からテレビドラマにもなった真田太平記を後世に残そうと、上田城跡近くに建設された「池波正太郎真田太平記館」は、上田城跡から徒歩約13分、JR上田駅より徒歩約10分の場所にあります。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!

  • 城をめぐる戦いの変遷についてご紹介!

上田城写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 上田城の東虎口櫓門です。
    上田城の東虎口櫓門です。
  • 上田城の西櫓です。
    上田城の西櫓です。
  • 上田城跡の園内です。
    上田城跡の園内です。
  • 敷地周辺から見た西櫓です。
    敷地周辺から見た西櫓です。
  • 上田城跡敷地内にある真田神社の鳥居です。
    上田城跡敷地内にある真田神社の鳥居です…
  • 真田神社の拝殿です。
    真田神社の拝殿です。
  • 真田井戸です。本丸唯一の井戸です。
    真田井戸です。本丸唯一の井戸です。
  • 上田城跡公園の案内図です。
    上田城跡公園の案内図です。
もっと見る
閉じる

「上田城」施設情報

「上田城」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒386-0024
長野県上田市二の丸6263番地イ
電話番号 0268-71-6074
交通アクセス 「上田駅」下車 徒歩13分

交通アクセス情報を見る

営業時間 【上田城南櫓・北櫓・櫓門】
8時30分~17時
(入館は16時30分まで)
休館日 【上田城南櫓・北櫓・櫓門】
水曜日、年末年始、祝祭日の翌日
駐車場 有り
入場料 【上田城南櫓・北櫓・櫓門】
一般 300円(250円)
高校生・大学生 200円(150円)
小学生・中学生 100円(50円)
※()内は20名以上の団体料金です。
公式サイト http://www.ueda-cb.gr.jp/uedajo/index.html

上田城のアクセス

上田城
上田城
上田城
上田城

「上田合戦 古戦場」近くの施設情報

「上田合戦 古戦場」近くの観光名所

「上田合戦 古戦場」近くの飲食店

「上田合戦 古戦場」近くのショッピング施設

「上田合戦 古戦場」近くの宿泊施設

「上田城」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、上田城の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

注目ワード

ページトップへ戻る