砥石城の戦い
砥石城の戦い
「砥石城の戦い」(といしじょうのたたかい:砥石崩れ)は、1550年(天文19年)、現在の長野県上田市にある「砥石城」をめぐり、「武田信玄」と「村上義清」(むらかみよしきよ)との間で起こった攻防戦です。群雄割拠の戦国時代にあって、「甲斐の虎」の異名で恐れられた武田信玄が大敗を喫した戦でした。砥石城の戦いは、武田信玄にとって生涯を通じて最大の負け戦だったと言われています。かつて砥石城の戦いが繰り広げられた長野県上田市の古戦場砥石城跡をご紹介します。
文字サイズ

砥石城の戦いの概要

武田信玄を苦しめた村上義清

武田信玄

武田信玄

1550年(天文19年)、甲斐国(現在の山梨県)の戦国武将武田信玄が、信濃への侵攻に力を入れ始めます。

それまで、父「武田信虎」(たけだのぶとら)が結んでいた武田・諏訪・村上の同盟を武田信玄は破棄。1542年(天文11年)には「諏訪頼重」(すわよりしげ)を滅ぼして信濃諏訪郡を手中に収めます。

その後も連勝を続けながら、信濃侵攻を推し進めますが、1548年(天文17年)に村上義清との間で起こった「上田原の戦い」によって、武田信玄は初めて敗北を喫します。

現在の長野県上田市周辺で行なわれたこの上田原の戦いの結果、武田軍は「板垣信方」(いたがきのぶかた)や「甘利虎泰」(あまりとらやす)といった重臣を失うなど、多くの犠牲者を出しました。

武田信玄は、敗北を喫した上田原の戦いの雪辱を果たしたいという思いと、信濃北部・東部の侵攻に向けて、村上義清の出城である「砥石城」をどうしても攻略する必要がありました。武田信玄は、ついに砥石城の攻略に向けて、大軍を送り込みます。これが砥石城の戦いです。

武田信玄による「砥石城攻め」

村上義清が守る砥石城は、武田信玄にとって、最も重要な拠点でした。この城を落とすことができれば、村上氏の本拠地である信濃国埴科郡(現在の長野県埴科郡坂城町)にあった「葛尾城」の背後に回り込むことができるうえ、北信濃攻略への足がかりにもなります。

砥石城は規模こそは大きくありませんが、東西が崖に囲まれた非常に堅固な砦となっていました。攻め入るためには南西の、文字通り「砥石」のような山肌を攻略しなければなりません。何としても勝利したい武田信玄は7,000の兵力を揃えます。対する村上軍の砥石城の守りは、わずかに500ほどでした。

1550年(天文19年)9月9日、武田軍は総攻撃を開始します。武田の足軽部隊が砥石の崖を登りますが、村上軍は石や熱湯を上から落とし、これを撃退。20日間に渡って攻め続けますが、砥石城は陥落しません。9月23日、攻めあぐねている武田信玄のもとに、村上義清が敵対関係にあった「高梨政頼」(たかなしまさより)と和睦を結び、武田方の「寺尾城」を攻めているという報がもたらされます。

武田軍の退却

武田軍は、すぐさま援軍を送る一方で、撤退についての合議を開きました。武田信玄が何よりも恐れたのは、村上軍の救援隊の到着です。城攻めは膠着状態にあり成果が出ていないうえ、新たな援軍が現われれば挟み撃ちとなるのは必然。何としてもそれだけは避けなければなりません。10月1日に武田軍は退却を開始します。しかし、全軍がまとまって逃走するというのは、非常に難しい技です。

しんがりを務める御跡衆はどのような犠牲があろうとも、主力の部隊を逃がすことを使命とします。記録によると御跡衆は終日戦い、その甲斐あって主力部隊はようやく望月(現在の長野県佐久市旧望月町)まで逃げ切ることができたと言います。自ら2,000の軍を率いて追撃に出た村上義清は、逃げる武田軍を執拗に追い詰め、武田軍は多大な犠牲者を出しました。

武田信玄は諏訪に逃れましたが、約1,000人もの武将を失う大敗でした。一方の村上軍の死者は193名。このことからも武田信玄の完敗であったことは、間違いありません。

砥石城の戦いでの武田信玄の敗因は、攻略が難しい砥石城の造りもありましたが、何より城内に立て籠っていた村上軍の士気の高さだと言われています。村上軍はわずか500人という少数でしたが、その大半は1547年(天文16年)に武田信玄が滅亡させた笠原氏の残党でした。武田軍への激しい憎悪が、村上軍の戦う気力を高めていたのです。

さらに、村上義清の英断と機動力が加わり、最後は武田信玄が影武者を身代わりに逃れるほどの危機をもたらす結果となりました。

砥石城の陥落

砥石城は、翌年1551年(天文20年)5月、武田方の真田幸隆(幸綱)によって陥落します。村上方の清野氏と寺尾氏への調略と、足軽大将として村上方に務めていた「矢沢頼綱」(やざわよりつな/真田幸隆の弟)の内通があったためと言われています。

武田信玄の読み通り、砥石城の陥落後、村上義清は劣勢に立たされ、ついには信濃国から逃走するに至ります。頼った先は越後国の「長尾景虎」(のちの上杉謙信)。ここから、世に有名な武田信玄対上杉謙信の「川中島の戦い」へと繋がっていくのです。

砥石城の戦いの古戦場

砥石城跡(戸石城跡)

砥石城跡

砥石城跡

戦いの舞台となった「砥石城跡」は、全部で4つの城(本城、砥石城、桝形城[ますがたじょう]、米山城)からなっており、長野県の史跡に指定されています。砥石城は、「戸石城」と表記されることもあります。

アクセス方法は、北陸新幹線「上田駅」で下車したのち、バスまたはタクシーで20分。最寄りのバス停は、「上田バス」の菅平線、真田線、及び傍陽線の「伊勢山」となります。

バス停から砥石城跡の入口までは、徒歩で約450m。入口に着いたら、城跡の概要が説明されている看板がありますので、散策する前に立ち寄って確認しておきましょう。

砥石城跡は、上田盆地の北東側にある「東太郎山」の尾根を利用して築かれており、城跡の東側は「神川」(かんがわ)沿いに切り立つ崖がある一方、西側は急坂が続く斜面で、まさに天然の要塞となっています。

砥石城跡の見どころ

砥石城跡の本城へは、伊勢山にある「陽泰寺」(ようたいじ)前から「内小屋・水の手」を経由し、坂道を登ると到着します。本城までの道には、「本郭」や「二の郭」、「三の郭」などの遺構が留められているので、ひとつひとつ確認しながら進んでいきましょう。

桝形城

桝形城

さらに、本城の東南には小さな谷間があり、その両側には「小段郭」が麓まで幾重にも続いています。ここが「登城口」(大手)になります。本城より約120m北側に進むと、桝形城にたどり着きます。

天候が許せば、標高800mからの眺めを楽しみましょう。眼下に広がる上田市真田町方面の景色は、圧巻の美しさです。

また、本城から約140m南側へ進むと砥石城跡に到着します。北側には幅が約9mにおよぶ深い「堀切」(ほりきり:外敵の侵入を防ぐために掘られた空堀)があり、見どころのひとつとなっています。

米山城跡

砥石城跡より南西方向に続く急坂を下ると、「白米城伝説」で知られる「米山城跡」があります。白米城伝説とは、敵からの水止めで水不足に苦しんでいた際、城の中には多くの水があると誤解させるために馬の背中を白米で洗い、敵を諦めさせたという伝説です。

米山城跡へ行く途中には、国土交通省の指定を受けた「関東の富士見100景」があります。美しい富士山の眺望が楽しめる点も魅力です。

「砥石城跡」施設情報

「砥石城跡」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒386-0003
長野県上田市上野
電話番号 0268-23-6361
交通アクセス 「伊勢山」バス停下車 徒歩約450m

交通アクセス情報を見る

駐車場 有り
入場料 無料
公式サイト -

砥石城跡のアクセス

砥石城跡
砥石城跡
砥石城跡
loading...

「砥石城跡」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの刀剣ワールド 城では、砥石城跡の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

長野県の刀剣施設情報

長野県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 長野市
  • 松本市
  • 上田市
  • 岡谷市
  • 飯田市
  • 諏訪市
  • 須坂市
  • 小諸市
  • 伊那市
  • 駒ヶ根市
  • 中野市
  • 大町市
  • 飯山市
  • 茅野市
  • 塩尻市
  • 佐久市
  • 千曲市
  • 東御市
  • 安曇野市
  • 南佐久郡小海町
  • 南佐久郡川上村
  • 南佐久郡南牧村
  • 南佐久郡南相木村
  • 南佐久郡北相木村
  • 南佐久郡佐久穂町
  • 北佐久郡軽井沢町
  • 北佐久郡御代田町
  • 北佐久郡立科町
  • 小県郡青木村
  • 小県郡長和町
  • 諏訪郡下諏訪町
  • 諏訪郡富士見町
  • 諏訪郡原村
  • 上伊那郡辰野町
  • 上伊那郡箕輪町
  • 上伊那郡飯島町
  • 上伊那郡南箕輪村
  • 上伊那郡中川村
  • 上伊那郡宮田村
  • 下伊那郡松川町
  • 下伊那郡高森町
  • 下伊那郡阿南町
  • 下伊那郡阿智村
  • 下伊那郡平谷村
  • 下伊那郡根羽村
  • 下伊那郡下條村
  • 下伊那郡売木村
  • 下伊那郡天龍村
  • 下伊那郡泰阜村
  • 下伊那郡喬木村
  • 下伊那郡豊丘村
  • 下伊那郡大鹿村
  • 木曽郡上松町
  • 木曽郡南木曽町
  • 木曽郡木祖村
  • 木曽郡王滝村
  • 木曽郡大桑村
  • 木曽郡木曽町
  • 東筑摩郡麻績村
  • 東筑摩郡生坂村
  • 東筑摩郡山形村
  • 東筑摩郡朝日村
  • 東筑摩郡筑北村
  • 北安曇郡池田町
  • 北安曇郡松川村
  • 北安曇郡白馬村
  • 北安曇郡小谷村
  • 埴科郡坂城町
  • 上高井郡小布施町
  • 上高井郡高山村
  • 下高井郡山ノ内町
  • 下高井郡木島平村
  • 下高井郡野沢温泉村
  • 上水内郡信濃町
  • 上水内郡小川村
  • 上水内郡飯綱町
  • 下水内郡栄村
すべてを見る

砥石城跡の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

砥石城跡です。
砥石城跡です。
米山城への途中にある関東の富士見100景です。
米山城への途中にある関東の富士見100…
砥石城跡景観図です。
砥石城跡景観図です。
米山城跡です。
米山城跡です。
砥石城跡の様子です。
砥石城跡の様子です。
砥石城跡探索マップがあります。
砥石城跡探索マップがあります。
砥石城跡櫓門口登山道への看板です。
砥石城跡櫓門口登山道への看板です。
砥石城跡へは東太郎山を登ります。
砥石城跡へは東太郎山を登ります。
注目ワード
注目ワード