賤ヶ岳の戦い
賤ヶ岳の戦い
「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)は、1583年(天正11年)4月、近江国の賤ヶ岳周辺(現在の滋賀県長浜市)で、柴田勝家と羽柴秀吉が、織田信長の跡目をめぐって起こった権力争いです。 この戦いの結果、羽柴秀吉が勝利し、敗走した柴田勝家は自害。戦いに勝った羽柴秀吉は、織田信長の権力・体制を継承することとなり、天下人へ向けて大きく前進していきました。かつて賤ヶ岳の戦いが繰り広げられた滋賀県長浜市の古戦場賤ヶ岳古戦場をご紹介します。
文字サイズ

賤ヶ岳の戦いの概要

戦いの背景

賤ヶ岳の戦い」の始まりは、明智光秀の謀反によって織田信長が討たれた「本能寺の変」にあります。その後、「山崎の戦い」で明智光秀を討ち取り、主君の仇を取った羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)は、織田家の筆頭家老だった柴田勝家より権力を持つこととなりました。

山崎の戦いから2週間後の1582年(天正10年)6月27日、織田家の後継者を決める「清洲会議」が開かれます。

柴田勝家は、織田信長の三男「織田信孝」を推薦しますが、羽柴秀吉は、織田信長の孫にあたる織田信忠の子「三法師」(さんほうし/のちの織田秀信)を推薦。ここで、柴田勝家と羽柴秀吉の間に激しい論争が勃発します。

  • 柴田勝家

    柴田勝家

  • 羽柴秀吉

    羽柴秀吉(豊臣秀吉)

会議の結果、主君の敵討ちを果たした羽柴秀吉の意見に、丹羽長秀や池田恒興らが賛成したことから、三法師が擁立されます。しかし、この会議によって、織田家内部は二分され、羽柴秀吉に従う者と柴田勝家とともに羽柴秀吉に反発する者に分かれたのです。

お市の方

お市の方

その後、羽柴秀吉と柴田勝家の両者は、自らの協力者を増やそうと動き始めます。ここで利があったのは、新たに筆頭家老となった羽柴秀吉です。上杉景勝や稲葉一鉄など、周辺の大名や織田家家臣の支持を取り込み、形勢は有利に傾いていきます。柴田勝家も、織田信長の妹「お市の方」と婚儀を結んだり、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)や紀伊の雑賀衆(さいかしゅう/軍事力を持った傭兵集団)などと手を組んだりするなどして、協力者を増やしていきました。

羽柴秀吉は、柴田勝家との戦いを見据え、織田家家臣と私的に同盟を結んだ他、清洲会議の取り決め(新たな城を築かない)に反し、軍事・経済・交通の要所だった天王山に「山崎城」を築城します。これに対し柴田勝家が抗議し、一時は和睦したものの、両者の溝が埋まることはありませんでした。

柴田勝家は、加賀藩の「前田利家」(まえだとしいえ)、飛騨高山の「金森長近」(かなもりながちか)、織田信長の家臣「不破勝光」(ふわかつみつ)らを使者とし、羽柴秀吉へ和睦交渉の書状を送ります。しかし、これは見せかけにすぎず、挙兵するための時間稼ぎでした。柴田勝家の居城は、越前国の「北ノ庄城」(現在の福井県福井市)にあり、冬は雪深く、分が悪かったのです。一方、これを見抜いていた羽柴秀吉は、この機会に乗じて使者として訪れた3人の武将を調略し、策を講じます。

岐阜城

岐阜城

清州会議からおよそ半年後の1582年(天正10年)12月2日(12月26日)、雪に挙兵を阻まれる柴田勝家をあざ笑うかのように、羽柴軍は大軍を率いて出陣。清洲会議で柴田勝家が支配権を獲得した「長浜城」(現在の滋賀県長浜市)と「岐阜城」(現在の岐阜県岐阜市)を攻撃し、これに勝利します。

1583年(天正11年)1月、柴田方だった伊勢の「滝川一益」(たきがわいちます)が挙兵し、北伊勢にあった羽柴軍の諸城を攻略しますが、羽柴軍の大軍の前に苦戦を余儀なくされます。この状況に、柴田勝家も挙兵を決断。近江に向けて出陣し、賤ヶ岳の戦いが勃発することになります。

賤ヶ岳の戦い

1583年(天正11年)3月12日、柴田軍は、甥の佐久間盛政や前田利家らからなる総勢30,000の軍勢で、北近江に布陣。一方の羽柴軍は、羽柴秀長や丹羽長秀、織田信雄、黒田孝高(黒田官兵衛)、加藤清正など、錚々たる武将を集め、総勢50,000の大軍で近江の木ノ本に布陣しました。

大垣城 

大垣城

両者はしばらくの間にらみ合いを続けますが、一旦は降伏したはずの岐阜城主の織田信孝が挙兵したことによって、戦況が動きます。前方には柴田勝家、後方に織田信孝が来た場合、挟み撃ちとなると判断した羽柴秀吉は、賤ヶ岳の戦場から離れ、「大垣城」へ入ります。

柴田勝家は、この好機を逃すまいと佐久間盛政に出陣を指示。羽柴軍との最前線にあたる「大岩山砦」を陥落させるのに成功します。この勢いのまま、佐久間盛政は黒田孝高を攻撃しましたが、陥落させることができなかったため、岩崎山の「高山右近」(たかやまうこん)を攻撃。この勢いに押され、「賤ヶ岳砦」で守備を固めていた羽柴軍の「桑山重晴」(くわやましげはる)が撤退します。柴田勝家は佐久間盛政に対して撤退を指示しますが、勢い付いていた佐久間盛政はこれを無視。これが、のちのち勝敗を決定付けることとなります。

琵琶湖を渡っていた羽柴軍の丹羽長秀は、羽柴秀吉の前線が崩されたことを知り、部下の反対にあうも上陸を敢行します。そこで、撤退を始めた桑山重晴に出くわし合流。これにより、賤ヶ岳周辺にいた佐久間盛政の軍勢を打ち破り、賤ヶ岳砦の奪還に成功します。

一方、大垣城にとどまっていた羽柴秀吉は、各所の砦陥落の報を受け、大垣城を出て賤ヶ岳を目指します。大垣から賤ヶ岳まで約52㎞の道のりを、わずか5時間で走破し、賤ヶ岳付近に到着。これが驚異的な速さだったことから、「美濃大返し」(みのおおがえし)と呼ばれています。

賤ヶ岳砦を奪われ、すぐに羽柴軍が来ると思っていなかった佐久間盛政は、為す術もなく羽柴軍に包囲され、撤退を余儀なくされます。羽柴軍は逃げる佐久間軍を追撃しますが、早期に決着を付けるべく、羽柴秀吉は柴田勝政への攻撃に転じました。

前田利家

前田利家

佐久間盛政の背後に陣取っていた加賀藩の前田利家は、突然、戦線を離脱。これに合わせ、金森長近と不破勝光の軍も撤退し、柴田軍は徐々に崩壊し始めます。そこに、羽柴軍の「木下一元」(きのしたかずもと)と「木村隼人正」(きむらはやとのしょう)らが攻撃を加えたことから、柴田軍は総崩れとなりました。

羽柴軍は、佐久間盛政の軍を撃破し、柴田勝家率いる本隊に総攻撃を仕掛けます。この段階で、柴田軍の本隊はわずか3,000ほどとなっており、柴田勝家は本拠地である越前の北ノ庄城に敗走。

突如戦線を離脱した前田利家、金森長近、不破勝光らは、かつて柴田勝家からの和睦の使者として羽柴秀吉のもとに送り込まれた際、羽柴秀吉に調略されたことから、離脱したのです。

羽柴秀吉は、前田利家を先鋒に命じ、柴田勝家が立て籠る「北ノ庄城」を包囲。逃れられないと悟った柴田勝家は、天守に火をかけ、お市の方とともに自害。羽柴秀吉と柴田勝家の覇権争いは、わずか2日で終止符が打たれました。

賤ヶ岳の戦いの古戦場

賤ヶ岳古戦場

賤ヶ岳の山頂にある賤ヶ岳古戦場には、戦跡碑や戦没者の碑が建てられ、両軍の戦死者の墓や遺跡が点在しています。

山頂までは、約30~40分でハイキングすることができますが、体力に自信がない場合は「賤ヶ岳リフト」を利用すれば約6分で到着します。なお、賤ヶ岳リフトの営業期間は、4月上旬~12月上旬となっています。

合戦・古戦場「賤ヶ岳の戦い」YouTube動画

合戦・古戦場「賤ヶ岳の戦い」

賤ヶ岳の戦い
武将イラスト・合戦イラスト集武将イラスト・合戦イラスト集
武将イラスト・合戦イラスト集では、戦国時代に活躍した武将達を中心に、今にも動き出しそうなリアルタッチで描いたイラストを掲載しています。

「賤ヶ岳古戦場」施設情報

「賤ヶ岳古戦場」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒529-0431
滋賀県長浜市木之本町大音/木之本町飯浦
電話番号 0749-65-6521(長浜観光協会)
交通アクセス 「木之本IC」から 2.3km

交通アクセス情報を見る

駐車場 有り
公式サイト https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/3804

賤ヶ岳古戦場のアクセス

賤ヶ岳古戦場
賤ヶ岳古戦場
賤ヶ岳古戦場
loading...

「賤ヶ岳古戦場」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、賤ヶ岳古戦場の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

賤ヶ岳の戦い/観光・案内サイトのご紹介

賤ヶ岳古戦場の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

山頂の展望エリアへは、リフトに乗って行くことができます。
山頂の展望エリアへは、リフトに乗って行…
賤ヶ岳頂上の景色です。
賤ヶ岳頂上の景色です。
「史跡賤ヶ獄」の碑があります。
「史跡賤ヶ獄」の碑があります。
賤ヶ岳の戦いについて知ることができます。
賤ヶ岳の戦いについて知ることができます…
「賤ヶ獄」名称の起源についての記載があります。
「賤ヶ獄」名称の起源についての記載があ…
合戦400年を記念した「武者の像」です。
合戦400年を記念した「武者の像」です…
展望台の北側には余呉湖を一望できます。
展望台の北側には余呉湖を一望できます。
南側には奥琵琶湖を望み、絶景を楽しむことができます。
南側には奥琵琶湖を望み、絶景を楽しむこ…
注目ワード
注目ワード