四万十川の戦い
四万十川の戦い
「四万十川の戦い」(しまんとがわのたたかい)は、別名を「渡川の戦い」(わたりがわのたたかい)とも言い、1575年(天正3年)に四万十川流域で勃発した、土佐国(現在の高知県)の戦国大名・長宗我部氏と、土佐一条氏の戦いのことを言います。この合戦により、「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)による土佐国の統一支配が決定的なものとなりました。かつて四万十川の戦いが繰り広げられた高知県四万十市の古戦場渡川古戦場をご紹介します。
文字サイズ

四万十川の戦いの概要

合戦に至るまでの背景

戦国時代、土佐国西部にある幡多地方(はたちほう:現在の高知県四万十市)に、五摂家(ごせっけ:藤原氏嫡流で、公家の家格の頂点に立った5家)の流れを汲む一条氏が、国司(こくし:中央から派遣され、諸国の政務をつかさどった地方官)として下向。一条氏は周囲の豪族を束ねることにより、その一帯で隆盛しました。

長宗我部元親

長宗我部元親

しかし、「一条兼定」(いちじょうかねさだ)の代になると、「河野通直」(こうのみちなお)や、「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)が台頭してきます。

一条氏の領地は次第に侵攻され、1574年(天正2年)、長宗我部元親は一条兼定を追放。土佐国を制圧し、平定させるに至ったのです。

一方、一条兼定は、妻が九州の戦国大名「大友宗麟」(おおともそうりん)の娘である縁を頼り、大友氏の本拠地である豊後国(現在の大分県の大部分)へと逃れました。

「元親記」(もとちかき)などの文献によると、一条兼定が追放されたのは、一条兼定の素行について度々諌言をした、老臣の「土居宗珊」(どいそうざん)を手討ちにしたことが原因とされています。この処分に対して一条家の家臣らが合議をした結果、一条兼定を隠居させて追放し、息子の「一条内政」(いちじょうただまさ)を擁立。そのうえで、当時土佐国で力を誇っていた武将である、長宗我部元親に後見を依頼したのです。

追放された翌年の1575年(天正3年)7月下旬、一条兼定は大友氏を後ろ盾として、旧領回復を図ります。九州から四国へ渡り、伊予国(現在の愛媛県)へ入ると、南伊予にあった「御荘越前守」(みしょうえちぜんのかみ)などの勢力や、一条兼定の旧家臣らを味方に付け、進軍を開始しました。

四万十川の戦い

四万十川

四万十川

一条兼定が本拠地としていた土佐国幡多郡の「中村城」(現在の高知県四万十市)は、すでに長宗我部元親の弟「吉良親貞」(きらちかさだ)が守っていたため、8月末に中村城の周辺で吉良軍と一条軍が衝突。

9月中旬には、一条軍は四万十川の西にあった「栗本城」(現在の高知県四万十市)を拠点とし、川の様々な場所に杭を打つなど、着々と戦の準備を進めていきました。

一方、長宗我部元親らも四万十川の東に陣を構え、最初に長宗我部軍側が挑発したことで四万十川の戦いが開戦します。このとき、一条軍の兵力は約3,500でしたが、対する長宗我部元親は「一領具足」(いちりょうぐそく)によって、3日間で7,000を超える兵士を集めていました。

長宗我部元親は、第1陣に正面から川を渡らせ、本隊を四万十川の浅瀬付近に配置。兵力で劣る一条軍は後退し、長宗我部軍が川を渡り終えたところで弓矢鉄砲で攻撃しました。

ここで、長宗我部軍の第2陣に控えていた騎馬隊が、川の上流に向かって一気に駆け出すと、回り込まれたことに焦った一条軍は部隊を分散させ、上流に向かった長宗我部軍を追撃。この間に長宗我部元親は残った全軍に対し、一斉に川を渡るように命じます。

長宗我部軍に比べて兵力が少なかった一条軍は、それをさらに分散させてしまったため、正面突破でやってきた長宗我部軍を迎え撃つことができず、一条軍はそのまま栗本城へ敗走し、籠城。対して百戦錬磨の兵士が集っていた長宗我部軍は、栗本城を追撃し、敢え無く陥落させました。

土佐国の支配権を巡った、土佐一条氏と長宗我部氏による四万十川の戦いは、こうして短期間のうちに終結。長宗我部軍は大勝し、被害もほとんどありませんでした。

長宗我部元親はそののち、幡多郡の要所に一門衆や譜代家臣を置き、土佐国の支配を確実なものとしていきます。1585年(天正13年)頃になると、四国のほぼ全域に勢力を拡大しましたが、「豊臣秀吉」の「四国征伐」により、土佐一国の大名として、豊臣家に従属することとなりました。

一方、一条兼定は合戦後に伊予国の戸島へ逃れると、旧領復帰の願いを抱えたまま、1585年(天正13年)に戸島で没したと言われています。

長宗我部軍の「一領具足」とは

四万十川の戦いの際に、長宗我部元親は3日で約7,000の兵を集めましたが、この兵のほとんどは農民によって構成された軍でした。

通常、農民が合戦に参加するとなると、農作業をいったん止めて戦の準備をしなければならないため、すぐに兵として集めることはできません。しかし、それをたった3日で集めることができたのは、長宗我部元親の父「長宗我部国親」(ちょうそかべくにちか)が編成した組織である一領具足が功を奏したためです。

一領具足とは、日頃は農民として活動するものの、領主の招集があれば、農作業の最中でも一揃いの具足(武器と甲冑)を持って参陣する半農半兵の組織のこと。この一領具足について、のちに編纂された「土佐物語」では、「死生知らずの野武士なり」と表現されました。

四万十川の戦いの古戦場

四万十川の戦いの古戦場は、「渡川古戦場跡」(わたりがわこせんじょうあと)として、「赤鉄橋」とも呼ばれる四万十川橋の西詰の、具同公園内にあります。この赤鉄橋は、1926年(大正15年)に完成しました。完成当時は、四国一大きな鉄橋だったため、人口10,000人であった中村地区に、約100,000人の見物客が来たと言います。

1967年(昭和42年)からは歩道の架橋工事がはじまり、1977年(昭和52年)からは、軽量化などの補修工事が行なわれ、その周囲には都市開発によって多くの住宅が建てられました。具同公園内には、渡川古戦場跡に関する石碑と説明板が設置されています。

渡川古戦場跡から四万十川をはさんで向こう側の為松公園内には、土佐一条氏の居城だった中村城が存在。長宗我部元親が土佐を統一したあとは、家臣の「谷忠澄」(たにただずみ)が城代となりました。

現在、古戦場跡には当時の状況を表す物はほとんど残っておらず、二の丸跡に模擬天守を有した「四万十市立郷土博物館」が建てられています。

渡川古戦場跡のアクセスは、電車であれば「土佐くろしお鉄道」の宿毛線具同駅(すくもせんぐどうえき)から徒歩約20分。車であれば、中村宿毛道路の四万十ICから、約10分の場所にあります。

「渡川古戦場」施設情報

「渡川古戦場」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒787-0050
高知県四万十市渡川1丁目1
交通アクセス 土佐くろしお鉄道 宿毛線「具同駅」下車 徒歩17分

交通アクセス情報を見る

公式サイト -

渡川古戦場のアクセス

渡川古戦場
渡川古戦場
渡川古戦場
loading...

「渡川古戦場」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、渡川古戦場の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

高知県の刀剣施設情報

高知県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 高知市
  • 室戸市
  • 安芸市
  • 南国市
  • 土佐市
  • 須崎市
  • 宿毛市
  • 土佐清水市
  • 四万十市
  • 香南市
  • 香美市
  • 安芸郡東洋町
  • 安芸郡奈半利町
  • 安芸郡田野町
  • 安芸郡安田町
  • 安芸郡北川村
  • 安芸郡馬路村
  • 安芸郡芸西村
  • 長岡郡本山町
  • 長岡郡大豊町
  • 土佐郡土佐町
  • 土佐郡大川村
  • 吾川郡いの町
  • 吾川郡仁淀川町
  • 高岡郡中土佐町
  • 高岡郡佐川町
  • 高岡郡越知町
  • 高岡郡檮原町
  • 高岡郡日高村
  • 高岡郡津野町
  • 高岡郡四万十町
  • 幡多郡大月町
  • 幡多郡三原村
  • 幡多郡黒潮町
すべてを見る

四万十川の戦い/観光・案内サイトのご紹介

渡川古戦場の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

渡川(四万十川)古戦場の周辺案内看板です。
渡川(四万十川)古戦場の周辺案内看板で…
四万十川の戦いの古戦場碑が建てられています。
四万十川の戦いの古戦場碑が建てられてい…
四万十川橋落成記念の石碑が隣に建っています。
四万十川橋落成記念の石碑が隣に建ってい…
渡川(四万十川)の戦いの説明を読むことができます。
渡川(四万十川)の戦いの説明を読むこと…
四万十川古戦場に掛かる赤鉄橋です。
四万十川古戦場に掛かる赤鉄橋です。
四万十川を隔て、両軍が対峙しました。
四万十川を隔て、両軍が対峙しました。
河川敷はきれいに整備され、キャンプなどを楽しむことができます。
河川敷はきれいに整備され、キャンプなど…
中村城跡には四万十市立郷土博物館が建てられています。
中村城跡には四万十市立郷土博物館が建て…
注目ワード
注目ワード