関ケ原の戦い
関ケ原の戦い
「関ケ原の戦い」は、1600年(慶長5年)、美濃国不破郡関ケ原(現在の岐阜県不破郡関ケ原町)で、「徳川家康」率いる東軍と「毛利輝元」(もうりてるもと)・「石田三成」(いしだみつなり)率いる西軍が戦った合戦です。わずか6時間ほどで決着したと言われていますが、この合戦は「天下分け目の戦い」とも呼ばれており、見事勝利した徳川家康は、その後天下統一を果たしました。関ケ原の戦いは、長く続いた戦国時代に終止符を打った戦いなのです。かつて関ケ原の戦いが繰り広げられた岐阜県関ケ原町の古戦場関ケ原古戦場をご紹介します。
文字サイズ

関ケ原の戦いの概要

関ケ原の戦いが起こった原因

豊臣秀吉

豊臣秀吉

関ケ原の戦い」は、1598年(慶長3年)に、天下人であった「豊臣秀吉」が亡くなったことに端を発します。

豊臣秀吉は、天下を統一していたものの、朝鮮出兵など海外の戦争があったことで、まだ戦乱の世は続いていました。

朝鮮出兵の頃から、豊臣秀吉の家臣達の中でも「文治派」と「武断派」などで対立が浮き彫りになっていましたが、豊臣秀吉の威光によって、かろうじて均衡が保たれていたのです。

豊臣秀吉の死後、跡継ぎである「豊臣秀頼」(とよとみひでより)がまだ幼かったことから、実質的な統治を行なっていたのが有力大名でした。

具体的には、「豊臣五大老」の「徳川家康」、「前田利家」、「毛利輝元」、「宇喜多秀家」(うきたひでいえ)、「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)と、「豊臣五奉行」の「石田三成」、「増田長盛」(ましたながもり)、「浅野長政」(あさのながまさ)、「前田玄以」(まえだげんい)、「長束正家」(なつかまさいえ)です。

豊臣秀吉存命中は、政略結婚の斡旋(あっせん)や、領地の授与などを独断で行なうことが禁止されていました。

しかし、豊臣秀吉の死去以降、徳川家康が五奉行に打診せず政略結婚などを独自に行ないはじめたのです。そのような事態になると、五奉行も黙ってはいません。特に、筆頭である石田三成は、徳川家康に激怒します。

ただし、豊臣秀吉のお気に入りだった石田三成は、朝鮮出兵における文治派と武断派の対立も含め、多くの武将から煙たがられていたと言われ、「諸大名とのつながりを強めたい」、「多くの石高が欲しい」と考えていた大名達は、徳川家康の采配の方がありがたいと感じていました。

このことによって、さらに溝が深まり、関ケ原の戦いにつながったとされています。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

戦いを仕掛けたのは石田三成

石田三成

石田三成

関ケ原の戦いを最初に仕掛けたのは、表向きには石田三成です。

1599年(慶長4年)、武断派の武将達が石田三成の暗殺未遂を引き起こします。徳川家康の仲裁によって、事なきを得ましたが、これを理由に石田三成は謹慎を命じられました。

そして、この機会を逃さず、徳川家康は「大坂城」(現在の大阪城)に入り込み、政務を取り仕切るようになったのです。

その後、徳川家康暗殺の嫌疑をかけられ、五奉行であった浅野長政が失脚。また、前田家が徳川家康に服従したことなどにより、五奉行は弱体化の一途をたどります。このあたりから、多くの人々は「徳川家康が天下を握るのでは?」と噂するようになりました。実質的に豊臣家の中で徳川家康が最も力を持っていたため、そのような認識が広がってもおかしくありません。

そして、1600年(慶長5年)の正月、徳川家康は各大名に年賀のあいさつに来るように求めました。多くの大名はこれに従いましたが、上杉家だけがこれに従いません。不自然な軍備拡大も相まって、上杉家に謀反の疑いありと判断した徳川家康は、上杉家に対して謀反の疑いへの釈明を求める書状を出します。

しかし、上杉家重臣である「直江兼続」(なおえかねつぐ)は、徳川家康に対して挑発とも思える書状を返送しました。「直江状」と呼ばれる書状です。

この書状に激怒した徳川家康は、上杉家の謀反は確実として、大坂城から大軍を挙兵します。徳川派が大坂城を発ったことを契機に、石田三成は徳川家康打倒に向けての計画を練ることになりました。

そして、1600年(慶長5年)に徳川討伐の挙兵を行ないます。ただし、もともと多くの大名に嫌われていた石田三成は、自身の石高もそれほど高くないことから、毛利輝元を総大将に据えました。

それでも、指揮命令系統は石田三成が握っていたことから、実質的な総大将は石田三成であったと判断されることがほとんどです。このように、上杉家征伐に向けて東へ進軍している徳川家康に対して、石田三成の軍勢が背後から迫るという形となりました。

  • 石田三成のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 直江兼続のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

西軍有利にもかかわらずなぜ徳川家康は勝てたのか

徳川家康

徳川家康

各軍の兵数については諸説あるものの、多くの場合石田三成率いる西軍の兵数が東軍の兵数を上回っていたとされています。

西軍10万人超、東軍70,000人超という記録もあり、兵力差としては、西軍がかなり優位に立っていました。

また、背後から討ち取りに行く状況でもあり、石田三成としては勝てる戦だと判断していたと考えられます。しかし実際には、わずか6時間ほどで徳川家康が勝利することとなるのです。

これはやはり、石田三成に人徳がなかったことが原因と言えます。そして、最も大きな要因のひとつは、西軍であった「小早川秀秋」(こばやかわひであき)の謀反です。小早川秀秋が保有していた兵力に加えて、西軍4,000名の兵力すら共に寝返らせて、西軍の要であった「大谷吉継」(おおたによしつぐ)の部隊を壊滅させます。これによって、大きく開いていた西軍と東軍の兵力差が一気に縮まったのです。

さらに、23,800人という多くの兵力を抱えていた西軍の毛利家ですが、一族である「吉川広家」(きっかわひろいえ)が東軍側と内通していたことから、戦いに参加せずに待機しているだけの状態に。

そうして一気に兵力差は逆転し、石田三成率いる西軍は、成す術なく敗れてしまいました。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

  • 小早川秀秋のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!

関ケ原の戦いのその後

あっと言う間に勝敗を決した関ケ原の戦いですが、この戦いによって多くの大名達のその後が決定されました。総大将ではなかったものの、実質的に軍を指揮していた石田三成は、戦いの責任を取って処刑。

また、同様に西軍で最後まで戦っていた多くの大名達も処刑、討死したのです。なかには宇喜多秀家のように、処刑は免れたものの、領地をすべて没収されるなどの処分を受けた大名もいます。

関ケ原の戦いによって、徳川家康と対立する有力な大名が一掃されました。名実共に天下統一を果たした徳川家康は、その後、1603年(慶長8年)、江戸幕府を開きます。

江戸幕府成立後は、関ケ原で東軍に付き、大きな功績を挙げた武将達は、西軍から勝ち取った領地を分け与えられました。

関ケ原の戦い
武将イラスト集武将イラスト集
武将イラスト集では、戦国時代に活躍した武将達を中心に、今にも動き出しそうなリアルタッチで描いたイラストを掲載しています。

歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

関ケ原の戦いの戦場跡

関ケ原町歴史民俗資料館

関ケ原町歴史民俗資料館

関ケ原の戦いが行なわれたのは、現在の岐阜県不破郡関ケ原町です。非常に有名な合戦だからこそ、多くの場所が跡地として指定されています。

ただし、東軍と西軍あわせて18万人もの武士達が一堂に集結した場所。戦場跡とひと口に言っても、そのエリアは広大なため、最初に関ケ原町の役場近くにある「関ケ原町歴史民俗資料館」に足を運び、そこで戦場跡の地図を手に入れてから散策することをおすすめします。

また、資料館には、関ケ原の戦いに関する資料展示もあるので、事前に予習をすることも可能です。

関ケ原

関ケ原

戦場跡では、「関ケ原古戦場決戦地」、「徳川家康最後陣地」、「笹尾山石田三成本陣跡」、「松尾山小早川秀秋陣跡」を散策することができます。

関ケ原は、名前の通り平原です。現地を訪れてみると、石碑があるだけで特別観光施設があるという訳ではありません。

しかし、広大な平原を望んでみると、当時の戦がどれほど大きな規模の戦いだったのかを垣間見ることができます。

  • 合戦の街 関ケ原
    「関ケ原の戦い」の経緯や結末、関ケ原の現在についてご紹介します。
  • 岐阜関ケ原古戦場記念館
    関ヶ原古戦場の歴史を保存する「岐阜関ケ原古戦場記念館」の体験コーナーや展示内容など、施設の魅力をご紹介します。

関ケ原古戦場の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

岐阜県関ケ原市内に関ケ原古戦場決戦地があります。
岐阜県関ケ原市内に関ケ原古戦場決戦地が…
関ケ原の戦いの決戦地の石碑です。
関ケ原の戦いの決戦地の石碑です。
関ケ原古戦場では、再現された石田三成の陣地が観られます。
関ケ原古戦場では、再現された石田三成の…
桃配山への入口です。
桃配山への入口です。
再現された徳川家康初陣地もあります。
再現された徳川家康初陣地もあります。
徳川家康最後の陣跡と言われている場所です。
徳川家康最後の陣跡と言われている場所で…
敷地内には関ケ原の戦いについての説明看板があります。
敷地内には関ケ原の戦いについての説明看…
入口に関ケ原古戦場史跡案内看板があります。
入口に関ケ原古戦場史跡案内看板がありま…

「関ケ原古戦場」施設情報

「関ケ原古戦場」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒503-1500
岐阜県不破郡関ケ原町1139
交通アクセス 「関ケ原駅」下車 徒歩14分

交通アクセス情報を見る

駐車場 なし
入場料 無料
公式サイト -

関ケ原古戦場のアクセス

関ケ原古戦場
関ケ原古戦場
関ケ原古戦場
関ケ原古戦場
「関ケ原の戦い古戦場」への交通アクセス

全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。
「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

交通アクセス情報を見る 交通アクセス情報を見る

「関ケ原の戦い古戦場」近くの生活施設を探す

「関ケ原の戦い古戦場」周辺(半径1km以内)の生活施設を一覧でご覧頂けます。

施設周辺の生活施設を見る 施設周辺の生活施設を見る

「関ケ原の戦い古戦場」近くの施設情報

「関ケ原の戦い古戦場」近くの観光名所

「関ケ原の戦い古戦場」近くの飲食店

「関ケ原の戦い古戦場」近くのショッピング施設

「関ケ原の戦い古戦場」近くの宿泊施設

「関ケ原古戦場」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、関ケ原古戦場の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

岐阜県の刀剣施設情報

岐阜県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 岐阜市
  • 大垣市
  • 高山市
  • 多治見市
  • 関市
  • 中津川市
  • 美濃市
  • 瑞浪市
  • 羽島市
  • 恵那市
  • 美濃加茂市
  • 土岐市
  • 各務原市
  • 可児市
  • 山県市
  • 瑞穂市
  • 飛騨市
  • 本巣市
  • 郡上市
  • 下呂市
  • 海津市
  • 羽島郡岐南町
  • 羽島郡笠松町
  • 養老郡養老町
  • 不破郡垂井町
  • 不破郡関ケ原町
  • 安八郡神戸町
  • 安八郡輪之内町
  • 安八郡安八町
  • 揖斐郡揖斐川町
  • 揖斐郡大野町
  • 揖斐郡池田町
  • 本巣郡北方町
  • 加茂郡坂祝町
  • 加茂郡富加町
  • 加茂郡川辺町
  • 加茂郡七宗町
  • 加茂郡八百津町
  • 加茂郡白川町
  • 加茂郡東白川村
  • 可児郡御嵩町
  • 大野郡白川村
すべてを見る
注目ワード
注目ワード