佐和山城の戦い
佐和山城の戦い
「佐和山城の戦い」は、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」後、「徳川家康」が「小早川秀秋」(こばやかわひであき)らに命じ、「石田三成」の居城「佐和山城」(現在の滋賀県)を攻撃した戦いです。これによって、石田三成の父「石田正継」(いしだまさつぐ)や兄「石田正澄」(いしだまさずみ)ら、石田一族のほとんどは戦死、または自害することとなりました。かつて佐和山城の戦いが繰り広げられた滋賀県彦根市の古戦場佐和山城跡をご紹介します。
文字サイズ

佐和山城の戦いの概要

佐和山城の戦い

石田三成

石田三成

1600年(慶長5年)9月15日、関ヶ原の戦いで、東軍・徳川家康が、西軍・石田三成を破ります。石田三成は、再び挙兵の準備を整えるため、伊吹山方面に逃れ、居城のある佐和山へ向かっていました。

逃亡した石田三成を追撃するため、徳川家康は佐和山城へと進軍させます。

関ヶ原の戦いの際、西軍から東軍に寝返った小早川秀秋は、この佐和山城攻めの先鋒を願い出ると、「田中吉政」や「福島正則」、「藤堂高虎」、「池田輝政」、「脇坂安治」、「小川祐忠」、「朽木元網」らも同調。

いずれも西軍から東軍に寝返っているので、佐和山城を攻めることで、徳川家康に忠誠心を見せようとしたのです。徳川家康はこれを認め、寝返った大名達を佐和山城攻めの一番隊としました。

小早川秀秋

小早川秀秋

その翌日には、二番隊、三番隊、四番隊が出陣。徳川家康は近くの平田山に本陣を置いて軍を指揮し、小早川秀秋が率いる15,000の軍が佐和山城を完全包囲したのです。

一方、石田家の主力部隊は関ヶ原の戦いに出払っており、佐和山城に残されていたのは、石田三成の父・石田正継と兄・石田正澄、息子「石田重家」などの石田一族と、守備兵を合わせて2,800人ほどで、その多くは老兵か若兵でした。

この頃、石田三成は、まだ近江伊香郡の山中におり、帰城していなかったことから、石田正継は抗戦の腹を決め、石田三成の兄である石田正澄を主将として、小早川軍に猛烈な射撃を浴びせます。しかし、共に籠城していた石田三成の近臣「長谷川守知」(はせがわもりとも)が手引きし、城内へ小早川軍を引き入れたのです。一説では、もともと東軍側から送り込まれた間者であったとも言われています。

小早川軍15,000という圧倒的な兵力の差に加え、長谷川守知の裏切りにより、佐和山城は本丸を残してすべて陥落し、落城は時間の問題となりました。

徳川家康

徳川家康

ここで徳川家康は、関ヶ原の戦いで捕らえていた石田家の者を城内に送り、石田三成軍はすでに壊滅していることを知らせ、降伏を勧告します。石田正継もこれを了承し、石田一族の自害と引き換えに、城兵や女、子供の命は助けることを条件として開城を決意。徳川家康もこれを認めます。

しかし、翌日、事情を知らされていない田中吉政が、突如として水之手口から城内に乱入。これによって、和睦交渉は水の泡となり、石田正継らは「謀られた」として自害。石田三成の妻と妻の父「宇多頼忠」もここで果て、石田一族のほとんどが亡くなりました。

さらに、城内に残っていた女性達は、敵に辱められるのを恐れ、本丸横にある谷へ次々と身を投げたと言われており、その谷は「女郎堕ち」(女郎ヶ谷)と呼ばれました。

一方、石田三成は、美濃の山中をさまよっていましたが捕らえられ、徳川家康の命により、六条河原で処刑となりました。また、この戦いにより、徳川家康の機嫌を取れたかと思われた小早川秀秋は、関ヶ原の戦いから2年後、21歳の若さで急死。石田三成や「大谷吉継」の呪いであるとの逸話も残っています。

佐和山城は、五奉行筆頭・石田三成の城だったことから、金銀、財宝も豊富にあるだろうと東軍の兵は予想していましたが、兵士達の期待に反し、城内は極めて質素で、蓄財らしき物もほとんどなかったと伝えられています。真面目で義理堅く、自分のことには無欲な石田三成の人となりを窺わせます。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

佐和山城の歴史

佐和山城のはじまりは、鎌倉時代にまで遡ります。近江守護職であった「佐々木定綱」(ささきさだつな)の六男「佐保時綱」(さほときつな)によって築かれた砦でした。

その後、「応仁の乱」後に六角氏の支配下となり、戦国時代後半には、浅井氏の居城「小谷城」(おだにじょう)の支城となりました。

1571年(元亀2年)2月以降になると、「織田信長」の家臣「丹羽長秀」(にわながひで)が入城。「本能寺の変」で織田信長が討たれると、「明智光秀」の討伐に功があった「堀秀政」(ほりひでまさ)が城主に。その後、1591年(天正19年)に石田三成の居城となりました。

石田三成は、荒廃していた佐和山城の大改修を敢行し、5層もの天守がそびえたつ、近世城郭を築いたとされています。しかし、壁はあら壁、居間は板張りであるなど、かなり質素だったと言われています。

彦根城

彦根城

その後、佐和山城の戦いで石田一族が滅亡すると、徳川四天王の1人「井伊直政」が佐和山城に入城します。しかし、そのまま佐和山城を残すと、領民の石田一族への思慕が残ってしまうとして、新たに「彦根城」の築城を計画。

その後、井伊直政が関ヶ原の戦いで受けた鉄砲傷を悪化させてこの世を去ってしまいます。このため、嫡子の「井伊直継」が築城計画を引き継ぎ、徳川家康の許可を得て、彦根城の築城を開始しました。1606年(慶長11年)、井伊直継が彦根城へ移ると共に、佐和山城は廃城となりました。

現在の「佐和山城跡」には石垣の遺構がほとんど残っていないことから、井伊家による徹底的な破城を受けたからという説と、城の材木や石垣の石などは彦根城築城の際に利用されたという説があります。

日本の城 彦根城 YouTube動画

「彦根城」国宝5城・現存12天守

佐和山城の戦いの古戦場

佐和山城跡

佐和山城跡

佐和山城跡

佐和山城跡は、「龍潭寺」(りょうたんじ)と「清凉寺」(せいりょうじ)が所有しています。

佐和山城跡への交通アクセスは、JR「彦根駅」から徒歩約20分で行くことができます。なお、少し距離があるため、彦根駅前にレンタル自転車「めぐりんこ」を借りて行くのもオススメです。

現在、龍潭寺から佐和山城跡、「大洞弁財天 長寿院」の間はハイキングコースとして登山道が整備されており、佐和山城跡へ到着すると、彦根城や琵琶湖等が一望できます。

また、佐和山城跡の入口にある龍潭寺は、井伊家の菩提寺ですが、石田三成も弔っていることから、石田三成の石像や石田三成ゆかりの品も見学できるようになっています。また、佐和山城の城門を活用した茶室「飄々庵」(ひょうひょうあん)や美しい庭園も見どころです。

「佐和山城跡」施設情報

「佐和山城跡」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒522-0006
滋賀県彦根市佐和山町
電話番号 0749-22-1411
交通アクセス 「彦根駅」下車 徒歩12分

交通アクセス情報を見る

駐車場 有り
入場料 無料
公式サイト -

佐和山城跡のアクセス

佐和山城跡
佐和山城跡
佐和山城跡
loading...

「佐和山城跡」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、佐和山城跡の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

滋賀県の刀剣施設情報

滋賀県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 大津市
  • 彦根市
  • 長浜市
  • 近江八幡市
  • 草津市
  • 守山市
  • 栗東市
  • 甲賀市
  • 野洲市
  • 湖南市
  • 高島市
  • 東近江市
  • 米原市
  • 蒲生郡日野町
  • 蒲生郡竜王町
  • 愛知郡愛荘町
  • 犬上郡豊郷町
  • 犬上郡甲良町
  • 犬上郡多賀町
すべてを見る

佐和山城跡の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

佐和山城跡にある石標柱です。
佐和山城跡にある石標柱です。
案内板です。
案内板です。
地図部分のアップです。
地図部分のアップです。
佐和山城の模型です。
佐和山城の模型です。
石田三成の像です。
石田三成の像です。
彦根八景に選ばれています。
彦根八景に選ばれています。
周辺の様子です。
周辺の様子です。
佐和山城跡は観光ルートになっています。
佐和山城跡は観光ルートになっています。
注目ワード
注目ワード