阿津賀志山の戦い
阿津賀志山の戦い
「阿津賀志山の戦い」(あつかしやまのたたかい)は、1189年(文治5年)、阿津賀志山(現在の福島県伊達郡付近)で行なわれた、「源頼朝」(みなもとのよりとも)が率いる鎌倉軍と奥州藤原氏による戦いです。この戦いで、源頼朝率いる鎌倉軍が大勝し、平泉(現在の岩手県)で栄華を誇った奥州藤原氏は滅亡につながりました。かつて阿津賀志山の戦いが繰り広げられた福島県伊達郡国見町の古戦場阿津賀志山防塁をご紹介します。
文字サイズ

阿津賀志山の戦いの概要

源義経の逃亡

源義経

源義経

奥州藤原氏が鎌倉の源頼朝から攻め立てられるようになったきっかけは、「源義経」(みなもとのよしつね)の逃亡劇にありました。

源義経は、1185年(寿永4年/元暦2年)に関門海峡の壇ノ浦で行なわれた合戦において、平氏を追い詰め、最終的には平氏を滅亡に追いやりました。このとき、源義経はあくまで大将は兄・源頼朝だと捉え、一武将として先陣を切り戦いました。

「後白河法皇」は、壇ノ浦で源義経が活躍したとして、源頼朝に相談なく、「左衛門少尉」・「検非違使」の官職と位を源義経に与えました。

これに源頼朝は激怒。源頼朝からすれば、源義経は弟ではあるものの部下でもあります。部下に権力が付くということは、最終的に自分の立場が危うくなる可能性があったからです。

源義経は、兄の源頼朝が官位を受けた自分を断罪しようとしていることを知り、鎌倉に許しを請いに向かいますが、受け入れられません。仕方なく京都へ戻ったものの、今度は後白河法皇が源義経の追討命を下したため、行き場をなくします。

その後、全国に源義経捕縛の命令が下ると同時に、全国に関所が設けられ、追われる源義経は少年時代に過ごした奥州の平泉を頼り、奥州藤原氏の3代目当主「藤原秀衡」(ふじわらのひでひら)のもとへ身を寄せることとなりました。

源義経の死と奥州討伐

藤原秀衡

藤原秀衡

平和を祈り、源氏と平氏の争いでも中立を保っていた奥州藤原氏ですが、源義経を受け入れた時点で源頼朝から攻められる覚悟を決めたと言えます。

藤原秀衡は「情勢によっては源義経を大将として、源頼朝の攻撃に備えよ」と遺言を残し、1188年(文治4年)に亡くなります。

源義経が奥州の平泉に潜んでいると知った源頼朝は、奥州藤原氏に源義経の引渡しを要請しますが、奥州藤原氏はこれを拒否。

しかし、1189年(文治5年)4月、4代目の「藤原泰衡」(ふじわらのやすひら)は、ついに源頼朝の圧力に屈し、長くかくまっていた源義経を陸奥国衣川で自害させます。源義経の死により源頼朝の追撃が終わると思っていましたが、源頼朝は無断で弟である源義経の首を取ったとして、奥州を討つ新たな大義を得ました。

源頼朝は朝廷の命令がない状態で、1189年(文治5年)7月に奥州討伐を開始。奥州街道を北上する源頼朝率いる大手軍と、太平洋側の街道から行く軍、戦闘を避けながら北陸から日本海に沿って迂回して進む軍の3つの部隊に分かれて平泉を目指しました。

阿津賀志山の戦い

源頼朝

源頼朝

阿津賀志山は、源頼朝率いる大手軍と、太平洋側の街道から来た軍が合流し、はじめて奥州藤原氏と対峙することになった場所です。

阿津賀志山付近は交通の要衝であり、この部分で食い止められれば、源頼朝軍の進軍を阻む効果が期待できます。

そこで奥州藤原軍は、阿津賀志山から阿武隈川までの3.2kmにわたって、二重のと三重の土塁を築きました。外堀には、阿武隈川から水を引き水堀としました。

1189年(文治5年)8月8日早朝。源頼朝軍と奥州藤原軍が阿津賀志山で戦いをはじめる儀式である「矢合わせ」が行なわれ、阿津賀志山の戦いがはじまりました。8月10日の夜のうちに奥州藤原軍のうしろに回り込んでいた頼朝軍の部隊が攻撃し、奥州藤原軍をかく乱。これにより、3日間にわたる激戦が終結し、奥州藤原軍が大敗しました。

阿津賀志山の戦いで勝利した源頼朝はそのまま北上を続け、8月22日には平泉に入りました。9月には3つに分かれていた源頼朝軍全体が集結。その数は28万4,000人で、奥州藤原軍よりも圧倒的な人数差がありました。一方、阿津賀志山の戦いで負けた藤原泰衡は首を狙われると逃亡し続けていましたが、9月3日に逃亡していた秋田の比内郡で討ち取られ、奥州藤原氏は滅亡しました。

阿津賀志山の戦いの古戦場

厚樫山(阿津賀志山)

阿津賀志山は、今は「厚樫山」という表記に変わっています。厚樫山は標高289.4mの低山であり、山を越えた先は福島県宮城県の県境です。東北自動車道を北上していると、国見ICの直前にカーブのきつい上り坂があり、これが厚樫山を迂回したルート。東北自動車道や東北新幹線、旧奥州街道である国道4号線もほぼ同じルートをたどります。

厚樫山の頂上には展望台があり、国見町内や阿武隈川などが一望できます。道幅は狭いものの山頂付近には車で行くことができ、駐車場もあります。

阿津賀志山防塁

阿津賀志山防塁

阿津賀志山防塁

阿津賀志山の戦いで、阿津賀志山山頂から阿武隈川まで築かれた土塁の一部は、現在も確認できます。

「阿津賀志山防塁」として残っているのは、福島県伊達郡国見町大字石母田字国見山中地内の「国道4号北側地区」や国見町大字西大枝字原前地内の「下二重堀地区」などです。

堀が2つあることから、地域では「二重堀」(ふたえぼり)と呼ばれています。延べ25万人をかけて築かれた大規模な防御施設が、現在まで残っているのは非常に珍しく、日本の歴史を語るうえで極めて重要な遺跡のひとつとなっています。

「阿津賀志山防塁」施設情報

「阿津賀志山防塁」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒969-1713
福島県伊達郡国見町大木戸阿津加志山一
交通アクセス 「国見IC」から 3.2km

交通アクセス情報を見る

駐車場 なし
入場料 無料
公式サイト -

阿津賀志山防塁のアクセス

阿津賀志山防塁
阿津賀志山防塁
阿津賀志山防塁
loading...

「阿津賀志山防塁」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、阿津賀志山防塁の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

阿津賀志山防塁の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

案内板が設置されています。
案内板が設置されています。
阿津賀志山防塁の解説を見ることができます。
阿津賀志山防塁の解説を見ることができま…
国指定史跡、阿津賀志山防塁です。
国指定史跡、阿津賀志山防塁です。
堀跡がはっきり見てとれます。
堀跡がはっきり見てとれます。
かつての堀を想像することができます。
かつての堀を想像することができます。
阿津賀志山防塁の近くには「藤田城跡」があります。
阿津賀志山防塁の近くには「藤田城跡」が…
約4km続く防塁の終点とされる、阿武隈川です。
約4km続く防塁の終点とされる、阿武隈…
防塁がある伊達郡国見町の町並みです。
防塁がある伊達郡国見町の町並みです。
注目ワード
注目ワード