忍城の戦い
忍城の戦い
「忍城の戦い」(おしじょうのたたかい)は、1590年(天正18年)、「豊臣秀吉」が北条氏を討伐するため、豊臣秀吉の家臣であった「石田三成」らに命じ、北条氏の支城「忍城」を水攻めにした戦いです。石田三成を総大将とし、軍師「長束正家」、名将「大谷吉継」、「真田昌幸」、「直江兼続」など、錚々たる武将が名を連ね、総勢2~5万人の大軍勢で戦ったにもかかわらず、最後まで陥落させることができなかった城です。このことから、「難攻不落の城」とも言われています。かつて忍城の戦いが繰り広げられた埼玉県行田市の古戦場忍城址をご紹介します。
文字サイズ

忍城の戦いの概要

忍城の戦いの背景

豊臣秀吉

豊臣秀吉

1590年(天正18年)、豊臣秀吉は天下統一を果たすため、関東を統治していた北条氏の拠点・小田原へ出陣し、「小田原の役」が起こります。

豊臣軍は、山中城八王子城、津久井城など、北条氏配下にあった城を次々と攻略。このとき、忍城も北条氏の支城だったことから豊臣軍の標的となります。

豊臣秀吉は、この忍城攻略に、館林城を和議開城させた石田三成を向かわせます。石田三成が率いる軍は、軍師・長束正家や名将・大谷吉継らを含む、総勢2~5万人だったと言われています。

一方、忍城の城主だった「成田氏長」(なりたうじなが)は、北条氏から小田原城への援軍を向かわせるよう要請を受けたことから、主力部隊を引き連れて小田原へ向かいます。このため、城主が不在となった忍城では、「成田泰季」(なりたやすすえ)が城代となりました。

成田泰季は戦いに備え、ありったけの食糧を確保するとともに、城下に住む百姓や町民、神主まで、ありとあらゆる人々を城内に引き込み、残った兵300人と領民2,500人を城の要所に配置し、籠城戦に備えました。

忍城の立地

忍城は、1478年(文明10年)、武蔵国(現在の東京都埼玉県及び神奈川県北東部)の豪族・成田氏が、この地を支配していた忍一族を滅ぼし、築城されたと言われています。北は利根川、南は荒川に挟まれ、周辺は広大な湿地帯となっていたことから、自然の地形が要塞の役割を果たしていました。

また忍城の構造は、沼地に点在する独立した島を、曲輪(城の内外を土塁・堀などで区画した区域)として、橋を渡す形で城が築かれていたことからも、攻めにくい城だったと言えます。

忍城の戦い開戦

石田三成

石田三成

1590年(天正18年)6月、石田三成は、「丸墓山古墳」に本陣を置き、ついに攻撃を開始します。城代を務めていた成田泰季が開戦前に病死してしまったことから、代わりに息子の「成田長親」が総大将となり、対抗します。

石田三成は、人数でははるかに成田軍を上回っていたことから、正攻法で忍城を攻略しようとしますが、沼地に足を取られるなど、自然の要塞に阻まれ、なかなか陥落させることができませんでした。

これに対し、豊臣秀吉は、「利根川と荒川に囲まれた扇状地」という忍城の立地に注目し、かつて難攻不落の城「備中高松城」を攻略した奇策「水攻め」を思い付き、石田三成に対し、忍城の周囲に堤防を築き、その堤防内に川の水を引き入れて城を水没させるよう命じたのです。

忍城の水攻め

石田堤

石田堤

豊臣秀吉から水攻めの命を受けた石田三成は、約1週間という短期間で、「石田堤」とも呼ばれる総延長28kmにわたる大きな堤防を築き、利根川の水を引き入れます。

しかし、忍城は周りの土地に比べて標高が高かったため、利根川の水を引き入れるだけでは、水没させるまでには至りませんでした。

そこで、石田三成は、水量をさらに増やすため、荒川もせき止める措置を取ります。これによって、城が水に沈み始めたものの、肝心の本丸が沈まず、まるで城が水に浮いているように見えたことから「浮き城」とも呼ばれるようになりました。

このような中、1590年(天正18年)6月に大雨が降り、忍城は水没寸前まで追い込まれます。しかし、突貫工事のもろさか、忍城側の間者の工作によるものか、堤は大雨を受けて決壊。流れ出た濁流は城内ではなく、石田軍を飲み込み、約270人が亡くなったと伝えられています。

その後、水がはけた忍城周辺は泥沼化し、攻撃はさらに厳しい状況となり、この水攻めは失敗に終わりました。

忍城の開城

水攻めが失敗に終わり、開戦から1ヵ月を過ぎてもなかなか忍城を攻略できない石田三成に対し、1590年(天正18年)7月、豊臣秀吉は、「賤ヶ岳の戦い」で戦功を上げ、東日本の大名とも関係が深かった「浅野長政」(あさのながまさ)に石田軍の支援を命じます。

その後、「上杉景勝」と「前田利家」らが率いる部隊も援軍に加わり、総攻撃を仕掛けました。しかし、これらの有力武将をもってしても、忍城を落城させることはできませんでした。

一方、小田原城では北条氏が降伏し、開城したことから、忍城城主・成田氏長が、豊臣秀吉の要求に応じて、籠城していた成田長親らを説得し、1590年(天正18年)7月14日、ついに開城。忍城は最後まで陥落することなく終わりを迎えたのです。このことから、忍城は「城攻めの天才・豊臣秀吉も落とせなかった唯一の城」として、歴史に刻まれることとなりました。

忍城の戦いの古戦場

忍城址

忍城

忍城

忍城の戦いの舞台となった忍城は、1873年(明治6年)明治維新の際に廃城となり、取り壊されました。

その後、「忍城址」として再現・整備され、「関東七名城」のひとつとなっており、関東屈指の観光スポットとなっています。また、石田三成の「水攻め」から、別名「浮き城」や「亀城」と言われ、親しまれています。

また、館内では、再建された「忍城御三階櫓」(おしじょうごさんかいやぐら)の最上階で、埼玉県行田市内の美しい眺望を楽しむことができる他、古代から続く行田市の歴史や文化を学べるよう、実物を含む貴重な資料が数多く展示されており、企画展やテーマ展なども開催されています。

忍城址へのアクセスは、JR「吹上駅」から「あさひバス」に乗り、バス停「忍城」で下車すると便利です。JR「行田駅」から「市内循環バス(西循環コース右回り)」を利用する場合には、バス停「忍城址郷土博物館前」で降りると、すぐに到着します。

石田堤史跡公園

石田堤史跡公園

石田堤史跡公園

堤跡・史跡公園「石田堤史跡公園」(いしだづつみしせきこうえん)は、石田三成が忍城を水攻めした際に築いた堤(石田堤/総延長28km)跡を中心とした史跡公園です。

現存する堤の長さは約300mとなっており、高架下にあるシンボルモニュメントの中には、堤の構築の様子を音声で説明する仕掛けがあります。

また作家・和田竜の小説「のぼうの城」の舞台としても登場しました。

石田三成が築いた堤の一部は、行田市の「堤根地区」内に現存し、県指定記念物「石田堤」に指定されています。

電車の最寄り駅は、JR高崎線の吹上駅または「北鴻巣駅」で、いずれの駅からも約2.4kmのところにあります。

「忍城址」施設情報

「忍城址」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒361-0052
埼玉県行田市本丸17-23
電話番号 048-556-1111
交通アクセス 「行田市駅」下車 徒歩10分

交通アクセス情報を見る

営業時間 9~16時30分(入館は16時まで)
休館日 月曜日(祝日、休日は開館)
祝日の翌日(土・日は開館)
毎月第4金曜日(テーマ展・企画展開催中は開館)
年末年始
駐車場 有り
入場料 大人 200円
高大学生 100円
小中学生 50円
障害者手帳所持者、介護者は無料
公式サイト -

忍城址のアクセス

忍城址
忍城址
忍城址
loading...

「忍城址」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの刀剣ワールド 城では、忍城址の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

忍城址の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

忍城の外観です。
忍城の外観です。
忍城の模型です。
忍城の模型です。
忍城城門です。
忍城城門です。
敷地内にある鐘楼です。
敷地内にある鐘楼です。
趣のある門です。
趣のある門です。
園内の入口です。
園内の入口です。
忍城の由来が書かれた看板です。
忍城の由来が書かれた看板です。
忍城址の案内図です。
忍城址の案内図です。
注目ワード
注目ワード