桶狭間の戦い
桶狭間の戦い
「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)は、1560年(永禄3年)に尾張国(現在の愛知県)桶狭間で、尾張国主「織田信長」と駿河・遠江・三河を領国する「今川義元」との間で起こった合戦です。圧倒的な劣勢の中、織田信長が勝利。「甲相駿三国同盟」の一角だった今川義元が討死したことで、戦国大名のパワーバランスが大変化。まさに織田信長が躍進するきっかけとなるのです。かつて桶狭間の戦いが繰り広げられた愛知県名古屋市の古戦場桶狭間古戦場公園をご紹介します。
文字サイズ

桶狭間の戦いの概要

今川義元

今川義元

「今川義元」は、今川家11代当主。駿府国(現在の静岡県)を本拠とし、駿河・遠江・三河を領国。「海道の弓取り=東海道一の武将」と呼ばれ、今川家最盛期を築いた戦国大名です。

また、甲斐国(現在の山梨県)「武田氏」、相模国(現在の神奈川県)「後北条氏」と「甲相駿三国同盟」を結び、一大勢力となっていました。

そんな中、敵対していた「織田信長」の父・信秀が、1551年(天文20年)に病没。おまけに長男・信長と弟・信勝の間で内紛が勃発していることを知ると、今川義元は尾張国を手に入れるチャンスだと攻勢します。

その結果、「鳴海城」(現在の名古屋市緑区)、「笠寺城=戸部城」(現在の名古屋市南区)、「大高城」(現在の名古屋市緑区)、「沓掛城」(豊明市)、「蟹江城」(現在の愛知県海部郡)が今川方に投降。今川義元はここぞとばかりに、1560年(永禄3年)5月12日、駿河・遠江・三河の合計2~4万と言われる大軍を率いて駿府(現在の静岡県)を出発、尾張国への侵攻を開始するのです。

これに対抗したのが、27歳の若き織田信長。信長は、5月19日の早朝3時、今川軍の「松平元康」(のちの徳川家康)と「朝比奈康朝」が、丸根砦、鷲津砦へと攻撃を開始したことを聞いて飛び起きます。優雅に「敦盛」(幸若舞)を舞ったあと、4時に「清洲城」を出発。8時に「熱田神宮」に戦勝祈願を行ない、10時までに3,000の兵を整えたと言われます。

そして13時頃、視界を遮るほどの豪雨が降る中、織田軍は沓掛城から進んで大高城へと通じる、三面起伏の迫る「桶狭間」で休憩していた今川軍の本陣を奇襲。大将・今川義元が「毛利良勝」(もうりよしかつ)によって討ち取られたことで総崩れし、織田軍が勝利。

今川の大軍に、たった3,000の兵の織田軍が勝ったのです。これによって、信長は「東海道一の武将」というタイトルと、義元愛刀の「左文字」を入手。信長の勢力は急速に増大します。

桶狭間の戦いの古戦場

桶狭間古戦場伝説地・七石表

桶狭間古戦場伝説地・七石表

「信長公記」によると、「桶狭間の戦い」が行なわれたのは、「おけはざまやま」。休憩していた今川軍を、織田軍が奇襲したと書かれています。しかし実は、信長が桶狭間を戦いの場所に選び、今川軍を誘き寄せたとも言われているのです。

なぜなら信長は、中国の兵法「呉子」(ごし)を熟知。「千の力で万の敵を討つ最善の策は、狭い谷間で戦うこと」という戦法を知っていました。信長は、地元の地形を知り尽くし、桶狭間こそがまさに狭い谷間だと分かっていたのです。

そんな桶狭間の戦いの戦場跡については、現在2ヵ所で意見が分かれています。ひとつは、名古屋市緑区にある「桶狭間古戦場公園」。もうひとつは、豊明市にある「桶狭間古戦場伝説地」。

桶狭間古戦場公園は、合戦から450年後の2010年(平成22年)に整備。「織田信長、今川義元の銅像」や「今川義元の墓碑」があります。

一方、桶狭間古戦場伝説地は、国指定史跡。敷地内には、今川義元はじめ7人の戦死場所を示す「七石表」があり、「今川義元の墓」や桶狭間の戦いにまつわるたくさんの石碑が見られます。

「戦闘が繰り広げられた場所」と「討ち取られた場所」と、いう意味合いの違いでしょうが、2者は徒歩で16~17分の近い場所。興味のある方は、どちらも行ってみると良いでしょう。

桶狭間古戦場公園の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 桶狭間古戦場公園の石標です。
    桶狭間古戦場公園の石標です。
  • 織田信長像と今川義元像です。
    織田信長像と今川義元像です。
  • 公園内の様子です。
    公園内の様子です。
  • 公園内の様子です。
    公園内の様子です。
  • 公園内の様子です。
    公園内の様子です。
  • 今川義元戦死之地があります。
    今川義元戦死之地があります。
  • 桶狭間古戦場公園についての看板です。
    桶狭間古戦場公園についての看板です。
  • 桶狭間の戦いについての看板があります。
    桶狭間の戦いについての看板があります。

「桶狭間古戦場公園」施設情報

「桶狭間古戦場公園」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒458-0913
愛知県名古屋市緑区桶狭間北3丁目
電話番号 052-622-6906(ガイド申し込み)
交通アクセス 「有松駅」下車 徒歩20分

交通アクセス情報を見る

駐車場 無し
入場料 無料
公式サイト -

桶狭間古戦場公園のアクセス

桶狭間古戦場公園
桶狭間古戦場公園
桶狭間古戦場公園
桶狭間古戦場公園
「桶狭間の戦い古戦場」への交通アクセス

全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。
「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

交通アクセス情報を見る 交通アクセス情報を見る

「桶狭間の戦い古戦場」近くの生活施設を探す

「桶狭間の戦い古戦場」周辺(半径1km以内)の生活施設を一覧でご覧頂けます。

施設周辺の生活施設を見る 施設周辺の生活施設を見る

「桶狭間の戦い古戦場」近くの施設情報

「桶狭間の戦い古戦場」近くの観光名所

「桶狭間の戦い古戦場」近くの飲食店

「桶狭間の戦い古戦場」近くのショッピング施設

「桶狭間の戦い古戦場」近くの宿泊施設

「桶狭間古戦場公園」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、桶狭間古戦場公園の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

愛知県の刀剣施設情報

愛知県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 名古屋市千種区
  • 名古屋市東区
  • 名古屋市北区
  • 名古屋市西区
  • 名古屋市中村区
  • 名古屋市中区
  • 名古屋市昭和区
  • 名古屋市瑞穂区
  • 名古屋市熱田区
  • 名古屋市中川区
  • 名古屋市港区
  • 名古屋市南区
  • 名古屋市守山区
  • 名古屋市緑区
  • 名古屋市名東区
  • 名古屋市天白区
  • 豊橋市
  • 岡崎市
  • 一宮市
  • 瀬戸市
  • 半田市
  • 春日井市
  • 豊川市
  • 津島市
  • 碧南市
  • 刈谷市
  • 豊田市
  • 安城市
  • 西尾市
  • 蒲郡市
  • 犬山市
  • 常滑市
  • 江南市
  • 小牧市
  • 稲沢市
  • 新城市
  • 東海市
  • 大府市
  • 知多市
  • 知立市
  • 尾張旭市
  • 高浜市
  • 岩倉市
  • 豊明市
  • 日進市
  • 田原市
  • 愛西市
  • 清須市
  • 北名古屋市
  • 弥富市
  • みよし市
  • あま市
  • 長久手市
  • 愛知郡東郷町
  • 西春日井郡豊山町
  • 丹羽郡大口町
  • 丹羽郡扶桑町
  • 海部郡大治町
  • 海部郡蟹江町
  • 海部郡飛島村
  • 知多郡阿久比町
  • 知多郡東浦町
  • 知多郡南知多町
  • 知多郡美浜町
  • 知多郡武豊町
  • 額田郡幸田町
  • 北設楽郡設楽町
  • 北設楽郡東栄町
  • 北設楽郡豊根村
すべてを見る
注目ワード
注目ワード