長篠の戦い
長篠の戦い
「長篠の戦い」は、1575年(天正3年)に起こった「織田信長・徳川家康連合軍」と、「武田勝頼」(たけだかつより)率いる武田軍との間で起こった合戦です。この合戦で勝利を収めた織田信長の勢いは、これ以降さらに増すこととなりました。強大な騎馬隊を有する武田軍を、「馬防柵」と「鉄砲隊」で撃破した長篠の戦いは、これ以後の日本の兵法に大きな影響を与えました。かつて長篠の戦いが繰り広げられた愛知県新城市の古戦場長篠城址史跡保存館をご紹介します。
文字サイズ

長篠の戦いの概要

長篠の戦い開戦の経緯

武田勝頼

武田勝頼

戦国時代において、「武田信玄」の率いる武田騎馬隊は大きな軍事力を持っており、着々と領土を拡大していました。

ところが1573年(元亀4年)、西上作戦により三河への侵攻を進めていた武田信玄が病で急死。武田軍は一時退散し、武田信玄の跡を継いだ4男・武田勝頼が、父の遺志を継ぎ、改めて三河への侵攻を開始したのです。

武田勝頼は、瞬く間に「明知城」、「高天神城」(たかてんじんじょう)、「足助城」(あすけじょう)などを攻め、「織田信長」や「徳川家康」の領地を落城させていきます。

そして、次に狙いを定めたのが、徳川家康の領地であり、三河北部における最重要拠点でもあった「長篠城」でした。武田勝頼は、この城を手に入れることができれば、三河をより容易に支配でき、さらに遠江なども視野に入ってくると考えたのです。

武田軍は、15,000人もの兵を率いて長篠城を包囲。しかし、徳川家康も黙っているわけにはいきません。長篠城は、武田軍の拠点である信州の玄関口にあたる部分です。ここが落とされてしまうと、一気に敵に押し込まれてしまう恐れがあります。武田勝頼と徳川家康は、長篠城をめぐって戦いに臨むこととなります。

決死の援軍要請

武田軍はおよそ15,000人もの大軍で長篠城に攻め込みます。一方、長篠城を守る織田・徳川連合軍は500人程度。当時の長篠城は、備蓄が豊富で鉄砲などの武器も十分な蓄えがあり、加えて立地の堅固さによって持ちこたえていました。しかし、次第に兵も疲弊し、援軍がなければ陥落も時間の問題となりました。

徳川家康

徳川家康

そんな中、長篠城内にいた「鳥居強右衛門」(とりいすねえもん)が、城を抜け出し、徳川家康のいる岡崎城へ援軍要請に行くことを志願します。鳥居強右衛門は、城の下水口から脱出し、川を潜ることで武田軍の包囲網を突破。岡崎城にたどり着くと、援軍の派遣を要請しました。

一方の徳川家康も同じ頃、援軍を送る算段をしていました。徳川軍の兵力だけでは数の差で押し切られると判断し、当時同盟を結んでいた織田信長に対して、すでに援軍の要請を出していたのです。

鳥居強右衛門が岡崎城で援軍を要請したときには、すでに織田信長の軍勢がそろっており、出陣の準備ができていました。鳥居強右衛門は喜んで長篠城へと戻ります。その道中に、狼煙(のろし)で援軍が来ることを伝えるも、長篠城に入城しようとする際に鳥居強右衛門は武田軍に発見され、捕らえられてしまいます。

武田軍は、鳥居強右衛門に「援軍は来ないから城を明け渡すべき」と虚偽の情報を伝えるよう命令しますが、鳥居強右衛門はこの命令に背き、あと2、3日で援軍が来るから持ちこたえよと、命がけで叫びます。

30,000人強を引き連れた織田・徳川の援軍がまもなく到着することを知った長篠城の武士達の士気は一気に高まり、援軍が到着するまで城を守り通しました。このエピソードから鳥居強右衛門は英雄として名が残りました。

馬防柵と鉄砲隊

織田・徳川軍と武田軍

織田・徳川軍と武田軍

織田・徳川連合軍は戦地に到着後、野戦築城を行なうため、設楽原(したらがはら:現在の愛知県新城市)に馬防柵を構築。武田軍の騎馬隊を柵でしのぎつつ、鉄砲による攻撃を行なうという、相手からの攻撃を待つ織田信長の作戦です。

さらに、設楽原はその地形により、武田陣営を見通すことができない不利な場所でしたが、織田信長はこれを逆手に取り、自軍の布陣を分散させて敵からも見えにくいようにしました。

織田信長の援軍が到着したことを聞いた武田軍は、内部において意見が対立。武田信玄の時代から武田家を支えてきた重臣達は、織田信長の脅威から撤退を進言するものの、武田勝頼とその側近は戦うと反発。ここまでの快進撃、そして現状の長篠の戦いにおいて、優位な状況になっていることから、勝てると判断したのです。

織田信長

織田信長

織田信長の想定どおり、武田の騎馬隊は攻撃を開始。見通しの悪い場所に騎馬隊が突っ込んでいったところ、馬防柵によって、機動力が武器である騎馬隊の動きが止まります。この機を逃さず、配置されていた鉄砲隊が、騎馬隊に向けて一斉攻撃を開始。

この時代の鉄砲は、1発ごとに装填が必要となり、連続射撃ができないという欠点がありました。しかし、織田信長は、あらかじめ鉄砲隊を3列にして、1発撃つごとに列を並び替える三段撃ちにすることで、欠点を克服したのです。

絶え間ない鉄砲の嵐により、さすがの騎馬隊も成す術がありません。この戦法は、これまでの戦の常識を覆すものであり、その後の兵法に大きな影響を与えました。

織田信長・徳川家康連合軍の奇襲により、長篠城攻めにおける武田軍の拠点が陥落したという報告が武田勝頼に届きます。名将とも呼ばれていた多くの重臣達も、この戦いで命を落とし、分が悪くなった武田軍は、武田勝頼の進軍命令に反し、味方が勝手に撤退を始めるなど、足並みが揃わなくなり、惨敗を喫したのです。

この戦いで勢いに乗った織田信長は、「越前一向一揆」平定の実績も合わさって、「天下人」として台頭していくこととなります。

長篠の戦いの古戦場

長篠城址/長篠城址史跡保存館

設楽原決戦場 馬防柵

設楽原決戦場 馬防柵

「長篠城址」には、現在「設楽原決戦場碑」という石碑が建っています。

この古戦場では、毎年7月に長篠の戦いをモチーフとした「設楽原決戦場まつり」を開催。戦死者の供養や鉄砲隊の演武などが行なわれています。

また、織田信長が武田騎馬隊の攻撃を食い止めるために建てた馬防柵も再現。この馬防柵によって、連合軍は当時の最新技術である鉄砲を十二分に活かすことができ、勝利を収めました。

また、長篠城址内には、長篠の戦いの様子を伝える資料を取り揃えた「長篠城址史跡保存館」もあります。

合戦・古戦場~長篠の戦い~ YouTube動画

「長篠の戦い」合戦・古戦場|YouTube動画

長篠の戦い

「長篠城址史跡保存館」施設情報

「長篠城址史跡保存館」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒441-1634
愛知県新城市長篠字市場22-1
電話番号 0536-32-0162
交通アクセス 「長篠城駅」下車 徒歩7分

交通アクセス情報を見る

営業時間 9~17時(入館は16時30分まで)
休館日 火曜日(火曜日が休日の場合、次の平日)
年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場 有り
入場料 高校生以上 220円(170円)
小・中学生 100円(50円)
※()内は20名以上の団体料金です。
公式サイト -

長篠城址史跡保存館のアクセス

長篠城址史跡保存館
長篠城址史跡保存館
長篠城址史跡保存館
loading...

「長篠城址史跡保存館」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、長篠城址史跡保存館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

長篠城址史跡保存館の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

長篠城址史跡保存館の外観です。
長篠城址史跡保存館の外観です。
長篠城址史跡保存館の外観正面です。
長篠城址史跡保存館の外観正面です。
長篠城址史跡保存館の内観です。
長篠城址史跡保存館の内観です。
館内に展示されている火縄銃です。
館内に展示されている火縄銃です。
館内には甲冑(鎧兜)も展示されています。
館内には甲冑(鎧兜)も展示されています…
長篠城址史跡保存館の案内看板です。
長篠城址史跡保存館の案内看板です。
長篠城址の案内図です。
長篠城址の案内図です。
敷地内にある長篠城址の石標です。
敷地内にある長篠城址の石標です。
注目ワード
注目ワード