衣川の戦い
衣川の戦い
「衣川の戦い」は、1189年(文治5年)、陸奥国(むつのくに)衣川館(ころもがわのたち:現在の岩手県西磐井郡平泉町)において、「藤原泰衡」(ふじわらのやすひら)が「源義経」(みなもとのよしつね)主従を自害にまで追い込んだ戦いです。なかでも、主君の義経を守ろうと、全身に矢を受けて立ったまま命を落とす「弁慶の立ち往生」が有名な逸話として語られています。
文字サイズ

衣川の戦いの概要

源頼朝・源義経

源頼朝・源義経

平安時代末期、平氏討伐において活躍した「源義経」は、兄の「源頼朝」(みなもとのよりとも)に「謀反の心あり」と誤解され追われてしまいます。

そこで義経は、かつて身を寄せたことのある奥州藤原氏第3代当主、陸奥守「藤原秀衡」(ふじわらのひでひら)の庇護(ひご:かばってもらう)を受けることとなり、高館(たかだち)に館を与えられました。これが衣川館です。

余談ですが、奥州への道程の途中、山伏に扮した義経主従一行が安宅の関(あたかのせき:石川県小松市にある関所)で役人に見咎められ、弁慶の機転で義経を打擲(ちょうちゃく:人をぶつ、殴る)して難を逃れる場面が、歌舞伎「勧進帳」(かんじんちょう)の演目になっています。

藤原秀衡は、関東以西を征服し勢力を増大させつつある源頼朝の勢力が奥州まで及ぶことを警戒し、義経を立てて頼朝の勢力に対抗しようとしますが、1187年(文治3年)10月、病に倒れてしまいます。死の間際、秀衡は泰衡に、義経の指図を仰ぎ、ともに頼朝を倒すよう言い遺しますが、泰衡は度重なる頼朝の圧力に屈し、ついに義経を裏切ってしまうのです。

1189年(文治5年)4月30日、義経は衣川館で泰衡の急襲にあいます。泰衡軍の500騎の兵に対して、義経主従は「武蔵坊弁慶」(むさしぼうべんけい)や「鈴木重家」(すずきしげいえ)ら10騎あまり。なす術なく命を落としてしまいました。義経は、まず妻子を殺害し、自身も自害して果てます。わずか31年の生涯でした。

この戦いの逸話として有名なのが「弁慶の立ち往生」です。矢を受けても立ったまま、義経が自刃できるよう守り、仁王立ちして絶命したと言われています。また、東北地方、特に岩手県には義経が生き延び北へ向かったとされる伝説が残る等、多くの逸話や伝説が残る戦いとなりました。

衣川の戦いの戦場跡

衣川館は「衣川の戦い」で源義経が最期を迎えた場所です。衣川館があった高館は、北上川に面した丘陵地。丘の上には高館義経堂(たかだちぎけいどう)が建てられています。

毛越寺

毛越寺

高館義経堂は、1683年(天和3年)、仙台藩主「伊達綱村」(だてつなむら)が義経を偲んで建てました。現在、義経堂を含む高館は、義経堂から車で5分ほどの「毛越寺」(もうつうじ)の飛び地境内となっています。毛越寺は、浄土世界を表した庭園で知られる、世界遺産に登録された寺院です。

丘陵地の高館からは、北上川の流れ、北上川に合流する衣川、その背景に広がる束稲山などの雄大な景色が一望でき、平泉随一の眺望と言われています。

義経堂に祀られているのは、本尊である源義経像です。義経堂創建時に制作された木像で、頭部と兜が別で作られ、鎧の上に衣を纏った姿等の点から、制作当時よりも古い時代の装束で作られた精巧な像であることが分かります。これらの特徴を理解して拝観すると、より源義経像の姿を凛々しく感じるでしょう。

高館義経堂へは、JR東北本線 平泉駅より徒歩約20分。車の場合は、東北自動車道 一関ICより国道4号線を北へ約15分、平泉・前沢ICより国道4号線を南へ約10分の位置にあります。駐車場は、約330台収容できる町営の毛越寺駐車場を利用すると良いでしょう。

高舘義経堂写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 高舘義経堂の中には、義経の像があります。
    高舘義経堂の中には、義経の像があります…
  • 扁額です。
    扁額です。
  • お堂は、石段の先にあります。
    お堂は、石段の先にあります。
  • 仁王像です。
    仁王像です。
  • 松尾芭蕉の句の石碑です。
    松尾芭蕉の句の石碑です。
  • 敷地の入口にある標柱です。
    敷地の入口にある標柱です。
  • お堂の周りの様子です。
    お堂の周りの様子です。
  • 高舘義経堂の入口です。
    高舘義経堂の入口です。
もっと見る
閉じる

「高舘義経堂」施設情報

「高舘義経堂」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒029-4102
岩手県西磐井郡平泉町平泉字柳御所14
電話番号 0191-46-3300
交通アクセス 東北本線「平泉駅」下車 徒歩20分

交通アクセス情報を見る

営業時間 8時30分~16時30分
※11月5日~3月4日は8時30分~16時
休館日 年中無休
駐車場 有り
入場料 大人 200円(180円/160円)
小・中学生 50円(45円/40円)
※()内は30名/100名以上の団体料金です。
公式サイト http://www.motsuji.or.jp/gikeido/index.html

「高舘義経堂」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、高舘義経堂の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

高舘義経堂のアクセス

高舘義経堂
高舘義経堂
高舘義経堂
高舘義経堂

注目ワード

ページトップへ戻る