小牧・長久手の戦い
小牧・長久手の戦い
「小牧・長久手の戦い」は、1584年(天正12年)に「羽柴秀吉」(のちの豊臣秀吉)対「織田信雄・徳川家康連合軍」の間で行なわれた合戦です。小牧・長久手の戦いは、合戦自体は徳川家康が勝利を収めたものの、戦略的観点から見ると羽柴秀吉が勝利したという歴史上でも非常に珍しく、天下統一への足掛かりとなった戦略が見られる合戦。かつて小牧・長久手の戦いが繰り広げられた愛知県小牧市の古戦場小牧山城をご紹介します。
文字サイズ

小牧・長久手の戦いの概要

合戦への経緯

羽柴秀吉(豊臣秀吉)

羽柴秀吉(豊臣秀吉)

ことの発端は、「本能寺の変」によって「織田信長」が討たれたことからはじまります。天下統一を目前にしていた織田信長の突然の死後、後継者をめぐり壮絶な争いが起こりました。

羽柴秀吉は、織田信長の後継者選びを行なう「清須会議」において、本能寺の変で自刃した織田信忠(織田信長の長男)の嫡男「三法師」を選び、そこから台頭していきます。

この羽柴秀吉の案に反対していた柴田勝家は、織田信長の三男「織田信孝」(おだのぶたか)を擁立し、羽柴秀吉と対立。1583年(天正11年)、「賤ヶ岳の戦い」が勃発します。

羽柴秀吉はこの戦いに勝利したことで権力を掴み、織田信長の後継者の最有力候補にのし上がります。さらに、羽柴秀吉は「織田信雄」(織田信長の次男)を「安土城」(現在の滋賀県)から追放しました。

羽柴秀吉に対抗する力を持っていなかった織田信雄は、徳川家康と同盟を結びます。徳川家康は、「反羽柴秀吉派」を集め、羽柴秀吉包囲網を形成しました。

羽柴秀吉は、織田信雄を排除するために、織田信雄の三家老「津川義冬」、「岡田重孝」、「浅井長時」(田宮丸)を懐柔しますが、これを知った織田信雄は、「羽柴秀吉派」へと翻った三家老を処刑します。

怒った羽柴秀吉は、織田信雄に対し出兵を決断。小牧・長久手の戦いが起こるのです。

小牧・長久手の戦い開戦へ

まず羽柴秀吉軍は3月13日「大垣城」(現在の岐阜県大垣市)城主の「池田恒興」を味方に付け、「犬山城」(現在の愛知県犬山市)を占拠。

さらに「兼山城」(現在の岐阜県可児市)城主「森長可」(もりながよし)も味方に付けます。羽柴秀吉は、21日に大阪を出て27日に犬山城に到着。29日に「楽田城」(現在の愛知県犬山市)に入り本陣を置きました。

徳川家康

徳川家康

一方の織田信雄の軍勢は、3月13日、徳川家康が織田信雄の居城「清洲城」(現在の愛知県清須市)に到着。15日「小牧山城」(現在の愛知県小牧市)を占拠し、本陣を置きます。

その後、両者は睨み合い、膠着状態が続きます。このとき、羽柴秀吉軍は約10万人、対して織田・徳川連合軍は1万6,000~1万7,000人でした。

はじめに動いたのは羽柴秀吉軍でした。池田恒興と森長可が、徳川家康の領国「三河の空虚を襲って火を付ければ、徳川家康は小牧山城に留まってはいられない」との策を提案。

羽柴秀吉は、自身の甥にあたる「羽柴秀次」(のちの豊臣秀次)に手柄を立てさせたいという思惑もあり、これを許可。しかし、この作戦は徳川家康の知るところとなり失敗に終わります。

羽柴秀吉軍の池田恒興は、4月6日に「岩崎城」(現在の愛知県日進市)城主の「丹羽氏重」(当時16歳)を襲撃し、陥落。同時に「長久手城」(現在の愛知県長久手市)城主で丹羽氏重の義兄「加藤忠景」も討ち取ります。

一方、徳川家康軍は羽柴秀吉軍が動いたことを知ると、小牧山城を出て「小幡城」(現在の名古屋市守山区)に移動。長久手で休憩を取っていた羽柴秀次を攻撃します。

羽柴秀次は何とか逃げきったものの、「木下祐久」(きのしたすけひさ)など、多くの家臣を亡くしてしまいました。

決着付かず、終戦へ

池田恒興と森長可・徳川軍

池田恒興と森長可・徳川軍

池田恒興と森長可は、羽柴秀次の敗戦を知ると、長久手へ移動。羽柴秀吉軍と徳川家康軍は互角に戦っていましたが、森長可が「井伊直政隊」の銃弾を受け討死。

また、池田恒興の嫡男「池田元助」も討死するなど羽柴秀吉軍は重臣を失い、徳川家康軍が優勢となります。その後も、6月に「蟹江城合戦」、8月に「楽田城合戦」など小競り合いが続きますが、決着は付かずじまいでした。

そんな中、「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)が四国を統一します。羽柴秀吉はこれ以上、織田・徳川連合軍の相手をしている余裕がなくなり、ついに織田信雄に講和を申し入れます。合戦によって打撃を受けた羽柴秀吉軍でしたが、まだまだその勢力は強く、織田信雄はこれに恐怖を感じ、単独判断で講和を受諾。

和睦が成立してしまったことで、徳川家康は戦いを続ける大義名分がなくなり終戦となりました。このため、戦術では徳川家康の勝利、戦略では羽柴秀吉の勝利と言われています。

小牧・長久手の戦いの終戦により、羽柴秀吉と対立していた、長宗我部元親や「佐々成政」(さっさなりまさ)らは、孤立状態となり、羽柴秀吉に敗れ去ります。このあと、羽柴秀吉は関白の地位に就き、名を「豊臣秀吉」に改め、名実ともに天下を取ることとなりました。

小牧・長久手の戦いの古戦場

小牧山城

小牧山城

小牧山城

小牧山城は、1563年(永禄6年)織田信長によって築城され、織田信長が岐阜へと移動したあと、長らく廃城となっていましたが、小牧・長久手の戦いで、徳川家康が羽柴秀吉の進軍を止めるため、小牧山城に本陣を置いたことで有名です。

現在、山頂に見える建築物は、かつての小牧山城ではなく、1968年(昭和43年)に建設された「小牧市歴史館」です。故・平松茂氏が私財を投じて建て、小牧市に寄付しました。

館内には「小牧・長久手の戦いの合戦パネル」や、標高100mからの眺めが楽しめる「展望室」があります。

また、激戦が繰り広げられた長久手は、2005年(平成17年)に「リニモ」(リニアモーターカー)が開通。

長久手古戦場公園

長久手古戦場公園

長久手古戦場駅」から徒歩2分にある「長久手古戦場公園」には、入場無料の「長久手郷土資料室」があり、合戦のジオラマなどが展示されています。

長久手古戦場公園から徒歩5分の場所には、森長可の墓碑「武蔵塚」もあります。

この他にも、「色金山歴史公園」や、徳川家康が軍議を開いた際に腰を掛けたと言われる「床机石」(しょうぎいし)が残されています。園内には茶室もあり、お茶とお菓子を楽しみながら、小牧・長久手の戦いの戦場跡を振り返ってみてはいかがでしょうか。

小牧・長久手の戦い YouTube動画

小牧・長久手の戦い

小牧・長久手の戦い
武将イラスト・合戦イラスト集武将イラスト・合戦イラスト集
武将イラスト・合戦イラスト集では、戦国時代に活躍した武将達を中心に、今にも動き出しそうなリアルタッチで描いたイラストを掲載しています。
岡崎城へ行こう!徳川家康が生まれた城岡崎城へ行こう!徳川家康が生まれた城
徳川家康が生まれた岡崎城だけでなく、全国各地の徳川家康ゆかりの地も、あわせてご紹介します。

「小牧山城」施設情報

「小牧山城」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒485-0046
愛知県小牧市堀の内1丁目1
電話番号 0568-72-0712
交通アクセス 「小牧駅」下車 徒歩25分

交通アクセス情報を見る

営業時間 【小牧市歴史館】
9~16時30分(入館は16時15分まで)
休館日 【小牧市歴史館】
第3木曜日(祝祭日の場合は翌平日)
年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場 有り(最初の2時間無料、以降30分100円)
入場料 【小牧市歴史館】
大人 100円(60円)
小学生・中学生 30円 (20円)
※()内は30名以上の団体料金です。
※土・日・祝日は、小学生・中学生の入館無料
公式サイト http://komakiyama.com/rekishikan/

小牧山城のアクセス

小牧山城
小牧山城
小牧山城
loading...

「小牧山城」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの刀剣ワールド 城では、小牧山城の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

小牧・長久手の戦い/観光・案内サイトのご紹介

小牧山城の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

小牧山城の正面です。
小牧山城の正面です。
小牧山城の外観です。
小牧山城の外観です。
小牧山城の入口です。
小牧山城の入口です。
小牧山城にある徳川義親の銅像です。
小牧山城にある徳川義親の銅像です。
敷地内にある石碑です。
敷地内にある石碑です。
小牧山城からの眺望です。
小牧山城からの眺望です。
小牧山城内に展示されている模型です。
小牧山城内に展示されている模型です。
小牧山城の案内図です。
小牧山城の案内図です。
注目ワード
注目ワード