金ヶ崎の戦い
金ヶ崎の戦い
「金ヶ崎の戦い」(かねがさきのたたかい)は、1570年(元亀元年)に越前国敦賀郡金ヶ崎(現在の福井県敦賀市金ヶ崎町)で、「織田信長」と「朝倉義景」の間に起こった合戦であり、信長が窮地に陥った戦です。また、戦国史上有名な信長が危機的状況下で行なった撤退戦でもあることから、「金ヶ崎の退き口」、及び「金ヶ崎崩れ」とも呼ばれています。
文字サイズ

金ヶ崎の戦いの概要

織田信長

織田信長

織田信長」は、尾張国(現在の愛知県尾張地方)を平定し、三河国(現在の愛知県三河地方)の「徳川家康」や、近江国北部(現在の滋賀県)を支配する義弟「浅井長政」と同盟を組んでいました。

1568年(永禄11年)、信長は「足利義昭」を擁して上洛。信長は足利義昭の名目で各地の大名に上洛を促しましたが、越前国の「朝倉義景」は再三これを無視します。

これに対し、信長は叛意ありとし、織田・徳川連合軍は越後国へ出陣。敦賀方面に侵攻し、手筒山城を皮切りに金ヶ崎城の「朝倉景恒」(朝倉義景の家臣)を降伏させます。

信長側が優勢に合戦を進めていましたが、古くより朝倉氏と同盟関係にあった浅井長政が突如反旗を翻したという情報が入ったのです。当初、信長は「虚説たるべき」と述べましたが、次々入る知らせに事実と認めざるを得なくなり、撤退を決意します。

「朝倉記」では、近江・若狭方面の外交、及び謀報を担当していた「松永久秀」が浅井方の不審な動きを通報したと記されていますが、実際には不明です。

浅井長政

浅井長政

また、浅井長政と結婚した信長の妹「お市」が小豆袋を信長に送り、裏切りを知らせたという逸話もあります。小豆袋の両端を紐で結ぶことで、「袋の鼠である」ことを表現したとされていますが、俗説であるというのが有力です。

信長は、北を朝倉義景、南を浅井長政に板ばさみされた状態でしたが、近江豪族の「朽木元綱」(くつきもとつな)の協力を得て、かろうじて京に逃げ延びました。

信長が無事に生き延びたのは、「池田勝正」や「明智光秀」、及び殿軍を務めた「木下秀吉」(のちの[豊臣秀吉])らの活躍に加え、朝倉軍の追撃が鈍かったことも要因になったと言われています。

金ヶ崎の戦いの戦場跡

史跡金ヶ崎城跡

史跡金ヶ崎城跡

福井県敦賀市北東部の小高い山にあるのが「史跡金ヶ崎城跡」です。

1934年(昭和9年)に、国の史跡に指定されました。金ヶ崎は、織田信長、徳川家康、及び豊臣秀吉らにとって、「天下取り」の転換点となった地でもあります。

最高地点は「月見崎」と言い、通称は「月見御殿」。月見御殿からは敦賀湾が一望できる他、隣接する「金ヶ崎宮」は、桜の名所です。

また、縁結び・恋愛成就・難関突破のパワースポットとしても知られています。

金ヶ崎から手筒山までのハイキングコースがありますので、当時の様子を思案しながら、散策してみてはいかがでしょうか。

歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

「史跡金ヶ崎城跡」 観光・案内サイトのご紹介

史跡金ヶ崎城跡写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 史跡金ヶ崎城跡の石碑です。
    史跡金ヶ崎城跡の石碑です。
  • 史跡金ヶ崎城跡に隣接する金崎宮です。
    史跡金ヶ崎城跡に隣接する金崎宮です。
  • 金崎宮の御本殿です。
    金崎宮の御本殿です。
  • 史跡金ヶ崎城跡の案内図です。
    史跡金ヶ崎城跡の案内図です。
  • 月見御殿の説明板です。
    月見御殿の説明板です。
  • 敦賀湾が一望できます。
    敦賀湾が一望できます。
  • 史跡金ヶ崎城跡の石標です。
    史跡金ヶ崎城跡の石標です。
  • 史跡金ヶ崎城跡の説明看板です。
    史跡金ヶ崎城跡の説明看板です。
もっと見る
閉じる

「史跡金ヶ崎城跡」施設情報

「史跡金ヶ崎城跡」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒914-0072
福井県敦賀市金ケ崎町
電話番号 0770-22-0938
交通アクセス JR敦賀駅よりぐるっと敦賀周遊バス停 「金崎宮口」下車 徒歩10分

交通アクセス情報を見る

営業時間 終日
休館日 無し
駐車場 有り
入場料 無料
公式サイト -

「史跡金ヶ崎城跡」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、史跡金ヶ崎城跡の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

史跡金ヶ崎城跡のアクセス

史跡金ヶ崎城跡
史跡金ヶ崎城跡
史跡金ヶ崎城跡
史跡金ヶ崎城跡

注目ワード

ページトップへ戻る