金ヶ崎の戦い
金ヶ崎の戦い
「金ヶ崎の戦い」(かねがさきのたたかい)は、1570年(元亀元年)に越前国敦賀郡金ヶ崎(現在の福井県敦賀市金ヶ崎町)で、「織田信長」と「徳川家康」率いる織田・徳川連合軍と「朝倉義景」(あさくらよしかげ)の間に起こった合戦であり、織田・徳川連合軍が窮地に陥った戦です。この戦いに向けて約3万の軍勢を集め、約4,500の朝倉軍と相対していた織田・徳川連合軍にとっては、まさに青天の霹靂。また、織田信長が危機的状況下で行なった撤退戦でもあることから、「金ヶ崎の退き口」、及び「金ヶ崎崩れ」とも呼ばれている戦です。かつて金ヶ崎の戦いが繰り広げられた福井県敦賀市の古戦場史跡金ヶ崎城跡をご紹介します。
文字サイズ

金ヶ崎の戦いの概要

織田信長が、尾張国(現在の愛知県尾張地方)を平定した頃、織田信長は美濃国(現在の岐阜県)にもその勢力を伸ばさんと画策している途中でした。

織田信長は、同時期に美濃国の「斎藤龍興」(さいとうよしたつ)との膠着状態を打破するために近江国(現在の滋賀県浅井家の当主「浅井長政」(あざいながまさ)に同盟を申し出ます。

  • 織田信長

    織田信長

  • 浅井長政

    浅井長政

斎藤龍興の治める美濃国の西側に位置するのが近江国であり、織田信長は、斎藤龍興を攻めている途中に、浅井家に敵側に回らせないようにとの考えがありました。

このような懸念もあり、浅井長政との同盟の盟約には、浅井氏に有利な条件を提示しましたが、浅井長政はなかなか同盟を結ぼうとはしません。

それは、浅井長政の父「浅井久政」(あざいひさまさ)の盟友・朝倉義景と織田信長の関係が悪かったからです。浅井久政は、朝倉義景との恩義を重要視していたために、同盟話は当初あまり進みませんでした。

お市の方

お市の方

しかし浅井長政は、家中での反対意見が出るなか、織田信長との同盟締結を決意。

これによって行なわれたのが、浅井長政と織田信長の妹「お市の方」との政略結婚でした。この結婚に際して、織田信長は、本来なら浅井氏が払うべき結婚資金をすべて出したうえに、「朝倉氏への不戦の誓い」を立てたのです。

こののち、織田信長は、三河国(現在の愛知県東部)の徳川家康とも同盟を組み、目論み通り斎藤家を滅亡させます。これが、1567年(永禄10年) のことでした。

足利義昭

足利義昭

一方では、1565年(永禄8年)に室町幕府13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)が、「三好三人衆」(みよしさんにんしゅう)と「松永久通」(まつながひさみち:「松永久秀」[まつながひさひで]の嫡男)らによって暗殺される事件「永禄の変」が勃発。

これにより足利義輝の弟「足利義昭」(あしかがよしあき)は、京都から逃げ延びます。そして将軍家とゆかりのある朝倉義景に匿われながら、将軍として再び上洛することを計画していました。

しかし、足利義昭は1568年(永禄11年)に、朝倉家ではなく織田信長に助力され上洛を成功させます。

このとき、織田信長は足利義昭の名目で各地の大名にも上洛を促しましたが、朝倉義景は自領を留守にすることが不安であったことと、織田信長を嫌っていたために、再三の呼びかけを無視しました。

これに対し、朝倉義景は織田信長に叛意ありとして、織田・徳川連合軍は、朝倉義景の領地、越前国へ出陣。織田信長は、京都から越前国敦賀に侵攻し、1570年(永禄13年)の「手筒山城」(現在の福井県敦賀市)での激戦を皮切りに「金ヶ崎城」(現在の福井県敦賀市)の「朝倉景恒」(あさくらかげつね:朝倉義景の家臣)を降伏させます。

朝倉軍は、一旦、木の芽峠(現在の福井県嶺北と嶺南を隔てる峠)にまで後退し、防衛線を強化。これに対して、織田・徳川連合軍は、木の芽峠を攻撃し、一乗谷(朝倉義景の本拠地)まで進撃する手はずを整えていました。しかし、ここで状況が一転します。

織田・徳川連合軍が優勢に合戦を進めていましたが、古くより朝倉家と同盟関係にあった浅井長政が突如反旗を翻したという情報が入ったのです。これは、織田信長が「朝倉への不戦の誓い」を断りなしに破ったことが理由でした。織田信長の義弟となり同盟関係を結んだものの、長年の同盟関係にある朝倉家との関係性もあり、板挟みになった浅井長政の苦渋の決断でした。

この情報が入ったとき、織田信長は「虚説たるべき」と述べましたが、次々入る知らせに事実と認めざるを得なくなり、撤退を決意します。軍の南北を敵に囲まれるという危機に直面することになりました。

松永久秀

松永久秀

朝倉家の軍記物語「朝倉記」では、近江国・若狭国(現在の福井県南部)方面の外交、及び謀報を担当していた松永久秀が浅井方の不審な動きを通報したと記されていますが、実際には不明です。

松永久秀は、近江・若狭方面の外交と謀報を担当しており、浅井長政側の不審な動きにも即座に反応したのだという説があります。

また、浅井長政と結婚した織田信長の妹・お市の方が小豆袋を織田信長に送り、裏切りを知らせたという逸話も有名。小豆袋の両端を紐で結ぶことで、「袋の鼠である」ことを表現したとされていますが、俗説であるというのが有力です。

織田信長は、北を朝倉義景、南を浅井長政からの挟み撃ちに遭い、絶体絶命の状態でした。

豊臣秀吉と明智光秀

豊臣秀吉と明智光秀

必死の撤退をする間、織田軍本隊を守る殿(しんがり:部隊の最後尾)の役目を担ったのが「木下藤吉郎」(のちの「豊臣秀吉」)と「明智光秀」、そして「池田勝正」(いけだかつまさ)です。この3人が敵をくいとめる間、わずかな兵とともに織田信長は丹後街道を南下。朽木街道まで逃げたところで、近江国の豪族「朽木元綱」(くつきもとつな)の協力を得て、かろうじて京都まで戻ることができました。

織田信長が無事に帰還できたのは、明智光秀や池田勝正、及び殿を務めた木下藤吉郎らの活躍に加え、朝倉軍の追撃が鈍かったことも要因になったと言われています。

また、朽木元綱は、浅井家ともつながりを持っていました。そのため、本来は織田信長に敵対する可能性があったとしてもおかしくない人物。

このとき、織田信長の殺害に傾いていた朽木元綱を説得したのが、15代将軍・足利義昭が上洛する際にも手を貸してくれた松永久秀であったと「朝倉記」は伝えています。

この戦いののち、織田信長は、木下藤吉郎の貢献を称えて黄金数十枚を与えたとされており、他の武将の恩賞については伝わっていませんが、この戦いで木下藤吉郎がその存在感を増したのは間違いありません。

また、「戦闘以外の局面でも織田軍が総力を結集した」という意味で、非常に重要な戦いと言えます。

金ヶ崎の戦いの古戦場

史跡金ヶ崎城跡

史跡金ヶ崎城跡

福井県敦賀市北東部の小高い山にあるのが「史跡金ヶ崎城跡」です。1934年(昭和9年)に、国の史跡に指定されました。

金ヶ崎は、織田信長、徳川家康、及び豊臣秀吉らにとって、「天下取り」の転換点となった地でもあります。

最高地点は「月見崎」と言い、通称は「月見御殿」。月見御殿からは敦賀湾が一望できる他、隣接する「金ヶ崎宮」は、桜の名所です。

また、縁結び・恋愛成就・難関突破のパワースポットとしても知られています。金ヶ崎から手筒山までのハイキングコースがありますので、当時の様子を思案しながら、散策してみてはいかがでしょうか。

金ヶ崎の戦い YouTube動画

金ヶ崎の戦い

「史跡金ヶ崎城跡」施設情報

「史跡金ヶ崎城跡」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒914-0072
福井県敦賀市金ケ崎町
電話番号 0770-22-0938
交通アクセス JR敦賀駅よりぐるっと敦賀周遊バス停 「金崎宮口」下車 徒歩10分

交通アクセス情報を見る

営業時間 終日
休館日 無し
駐車場 有り
入場料 無料
公式サイト -

史跡金ヶ崎城跡のアクセス

史跡金ヶ崎城跡
史跡金ヶ崎城跡
史跡金ヶ崎城跡
loading...

「史跡金ヶ崎城跡」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、史跡金ヶ崎城跡の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

福井県の刀剣施設情報

福井県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 福井市
  • 敦賀市
  • 小浜市
  • 大野市
  • 勝山市
  • 鯖江市
  • あわら市
  • 越前市
  • 坂井市
  • 吉田郡永平寺町
  • 今立郡池田町
  • 南条郡南越前町
  • 丹生郡越前町
  • 三方郡美浜町
  • 大飯郡高浜町
  • 大飯郡おおい町
  • 三方上中郡若狭町
すべてを見る

金ヶ崎の戦い/観光・案内サイトのご紹介

史跡金ヶ崎城跡の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

史跡金ヶ崎城跡の石碑です。
史跡金ヶ崎城跡の石碑です。
史跡金ヶ崎城跡に隣接する金崎宮です。
史跡金ヶ崎城跡に隣接する金崎宮です。
金崎宮の御本殿です。
金崎宮の御本殿です。
史跡金ヶ崎城跡の案内図です。
史跡金ヶ崎城跡の案内図です。
月見御殿の説明板です。
月見御殿の説明板です。
敦賀湾が一望できます。
敦賀湾が一望できます。
史跡金ヶ崎城跡の石標です。
史跡金ヶ崎城跡の石標です。
史跡金ヶ崎城跡の説明看板です。
史跡金ヶ崎城跡の説明看板です。
注目ワード
注目ワード