本能寺の変
本能寺の変
「本能寺の変」は、1582年(天正10年)6月2日、京都の「本能寺」に宿泊していた「織田信長」を、家臣であった「明智光秀」が謀反を起こし、襲撃した事件です。明智光秀が率いる13,000の軍勢に寺を包囲された織田信長は、自ら寺に火を放ち自害。天下統一を目前に控えていた織田信長の死によって、歴史が大きく変わることとなりました。かつて本能寺の変が繰り広げられた京都府京都市の古戦場本能寺をご紹介します。
文字サイズ

本能寺の変の概要

戦いの背景

織田信長

織田信長

1582年(天正10年)、織田信長は、「武田信玄」の家督を継いだ「武田勝頼」を自害させ、長年の宿敵だった武田家が滅亡します。残すは中国地方の「毛利家」、越後の「上杉家」、そして関東地方の「後北条家」を攻略するのみとなり、織田信長はまさに天下統一を目前にしていました。

織田信長は、毛利家討伐に「羽柴秀吉」(のちの豊臣秀吉)、上杉家討伐に「柴田勝家」、後北条家討伐に「滝川一益」(たきがわかずます)をそれぞれ向かわせます。

その後、「備中高松城」を水攻めで攻略していた羽柴秀吉軍でしたが、毛利軍50,000の軍勢が備中高松城まで進軍していると報告を受け、織田信長へ援軍要請をします。織田信長はこの要請を受け、明智光秀に援軍へと向かうよう命じ、明智光秀はその先陣を務めることになりました。

本能寺の変が起こる前日の同年6月1日、織田信長は「安土城」から小姓衆を連れて本能寺に入り、博多の豪商「島井宗室」(しまいそうしつ)を正客に、40名の公卿や僧侶を招いて茶会を開いていました。このとき、織田家の重臣は、西国、北陸、関東などに出払っていたため、織田信長の家臣はわずかな手勢しか連れていませんでした。

明智光秀

明智光秀

一方、明智光秀は、6月1日に、羽柴秀吉軍の援軍に行くと見せかけ、13,000人の軍勢を率いて、居城「亀山城」(現在の京都府亀岡市)から出陣。このときに開かれた軍議で、初めて重臣らに謀反のことを告げたと言われています。

ただし、明智光秀が謀反を起こした動機が分かる決定的な史料がないことから、現在も様々な説があります。明智光秀が本能寺の変の際に発したとされる「敵は本能寺にあり」という宣言は、「明智軍記」(明智光秀を主人公とする軍記物)による俗説と考えられています。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 日本刀が奉納・展示されている神社・仏閣や宝物館をご紹介!

本能寺の変

本能寺の変

本能寺の変

1582年(天正10年)、6月2日の午前4時頃、13,000の明智軍が本能寺を包囲します。明智光秀は本能寺に鉄砲を撃つよう声を上げ、本能寺の変が開始。

騒動に気づいた織田信長が、近習(きんじゅ:主君の近くに仕える者)であった「森蘭丸」に様子を見に行かせると、明智光秀の謀反との報告を受けます。織田信長は、即座に女房衆に逃げるよう指示したのち、小姓衆とともに応戦。

しかし、脱出は不可能であると悟った織田信長は、「是非に及ばず」と言い残し、自ら本能寺に火を放ち、自害したと伝えられています。

さらに、明智光秀は、織田信長襲撃と同時に、二条御所にいた織田信長の長男「織田信忠」も襲撃。明智軍はまだ完全に京都を包囲していなかったことから、織田信忠はまだ逃げられる可能性はありましたが、父である織田信長が自害したことを聞き、あとを追うように自身も自刃したと言われています。

本能寺の変に成功した明智光秀でしたが、織田信長や織田信忠の遺体(証拠)が見付からなかったことから、味方となる大名がおらず、京都の平定に手間取っていました。

一方、主君が討たれたことを知った羽柴秀吉が、驚愕の速さで京都へ向かっており、このあと、羽柴秀吉と「山崎の戦い」を迎えることになったのです。

  • 歴史上の人物が活躍した本能寺の変をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した山崎の戦いをご紹介!

  • 森蘭丸のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 武将達が戦った山崎の戦いの古戦場をご紹介!

本能寺の変の謎

織田信長の家臣になる前の明智光秀は、越前(現在の福井県)の「朝倉義景」(あさくらよしかげ)や「足利義昭」(あしかがよしあき)に仕えていました。そののち、織田信長が上洛したのをきっかけに、才能を見出されて京都奉行の要職に抜擢。明智光秀は軍事・行政・外交の手腕に長けており、さらには文化にも精通する人物で、織田信長が最も信頼を寄せる部下の1人でした。

このように非常に優秀な武将である一方、何かと織田信長から暴言や暴力を受けていたとも伝えられており、恨みを持って本能寺の変を起こしたのではないか?などと考察されています。

この他に、織田信長は、備中高松城に明智光秀を派遣する際に、国替え(今まで保有していた領地とは違う領地を治めさせること)を命じたことから、これが反旗を翻すきっかけとなったのではないかとの考察もあります。

このように、明智光秀がなぜ主君・織田信長を襲撃したのか、まだはっきりした動機は解明されてないのが現状です。

本能寺の変の古戦場

本能寺跡

本能寺跡石碑

本能寺跡石碑

本能寺の変の古戦場には、現在「本能寺跡」の石碑が建てられています。

1992年(平成4年)に廃校になった旧・京都市立本能小学校の発掘調査で、織田信長の定宿だった当時の遺構が発見され、この地に本能寺があったことが判明しました。

現在、旧・本能小学校の跡地にあるのは、「京都市立堀川高等学校」本能学舎と「京都市本能特別養護ルーム」です。焼失した本能寺は、本能寺の変後に豊臣秀吉が再建し、現在は京都府京都市中京区寺町御池に建立されています。

「本能寺の変」
関連YouTube動画

  • 武者絵(合戦浮世絵)~本能寺の変~
    武者絵(合戦浮世絵)~本能寺の変~
  • 「本能寺の変」合戦・古戦場 YouTube動画
    合戦・古戦場~本能寺の変~
川中島の戦い

本能寺の変 観光・案内サイトのご紹介

本能寺の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

本能寺の本堂です。
本能寺の本堂です。
本堂のアップです。日々多くの参拝客が訪れています。
本堂のアップです。日々多くの参拝客が訪…
本能寺の本堂外観です。
本能寺の本堂外観です。
信長公廟です。信長の三男信孝の命によって建てられました。
信長公廟です。信長の三男信孝の命によっ…
表門は寺内通に面しています。
表門は寺内通に面しています。
存在感のある石標です。
存在感のある石標です。
境内は広々としています。
境内は広々としています。
本能寺の寺務所です。
本能寺の寺務所です。

「本能寺」施設情報

「本能寺」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒604-8091
京都府京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522
電話番号 075-231-5335
交通アクセス 「京都市役所前駅」下車 徒歩1分

交通アクセス情報を見る

営業時間 [本能寺]
6~17時
[大寶殿宝物館]
9~17時(入館は16時30分まで)
駐車場 有り
入場料 [本能寺]
無料
[大寶殿宝物館]
一般 500円
中・高校生 300円
小学生 250円
修学旅行生 200円
身障者 200円
※大賓殿特別展開催期間中は料金が異なります。
公式サイト http://www.kyoto-honnouji.jp/index.html

本能寺のアクセス

本能寺
本能寺
本能寺
「本能寺の変古戦場」への交通アクセス

全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。
「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

交通アクセス情報を見る 交通アクセス情報を見る

「本能寺の変古戦場」近くの生活施設を探す

「本能寺の変古戦場」周辺(半径1km以内)の生活施設を一覧でご覧頂けます。

施設周辺の生活施設を見る 施設周辺の生活施設を見る

「本能寺の変古戦場」近くの施設情報

「本能寺の変古戦場」近くの観光名所

「本能寺の変古戦場」近くの飲食店

「本能寺の変古戦場」近くのショッピング施設

「本能寺の変古戦場」近くの宿泊施設

「本能寺」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、本能寺の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

京都府の刀剣施設情報

京都府にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 京都市北区
  • 京都市上京区
  • 京都市左京区
  • 京都市中京区
  • 京都市東山区
  • 京都市下京区
  • 京都市南区
  • 京都市右京区
  • 京都市伏見区
  • 京都市山科区
  • 京都市西京区
  • 福知山市
  • 舞鶴市
  • 綾部市
  • 宇治市
  • 宮津市
  • 亀岡市
  • 城陽市
  • 向日市
  • 長岡京市
  • 八幡市
  • 京田辺市
  • 京丹後市
  • 南丹市
  • 木津川市
  • 乙訓郡大山崎町
  • 久世郡久御山町
  • 綴喜郡井手町
  • 綴喜郡宇治田原町
  • 相楽郡笠置町
  • 相楽郡和束町
  • 相楽郡精華町
  • 相楽郡南山城村
  • 船井郡京丹波町
  • 与謝郡伊根町
  • 与謝郡与謝野町
すべてを見る
注目ワード
注目ワード