本能寺の変
本能寺の変
「本能寺の変」は、1582年(天正10年)に京都にある本能寺で宿泊していた織田信長が、家臣の明智光秀によって襲撃された事件です。光秀が率いる13,000人の軍勢に寝込みを襲われ包囲された信長は、少数の手勢で防戦したが対抗できず、自ら寺に火を放ち自害。天下統一を目前に控えていた織田信長の死は、戦国の世の中を大きく変える出来事となりました。
文字サイズ

本能寺の変の概要

織田信長

織田信長

1582年(天正10年)6月2日、織田信長京都の本能寺に宿泊していました。信長は茶会を開催し、博多の豪商・島井宗室(しまいそうしつ)を正客に名物茶道具を披露。

このとき信長はわずかな手勢しか連れておらず、配下の諸将は皆各地で戦闘中。敵の攻撃に対抗できる戦力はありませんでした。

一方、明智光秀は羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の中国攻めを援護するために中国地方へ行軍中だったのですが、突如「敵は本能寺にあり!」という号令をかけ、軍勢を反転し京都へ向かい始めます。

本能寺の変

本能寺の変

そして、早朝に京都に到着すると密かに本能寺を包囲し、本能寺を襲撃。これが、戦国の世の中を震撼させた「本能寺の変」です。

信長の家臣になる前の明智光秀は、越前(現在の福井県)の朝倉義景(よしかげ)や足利義昭(よしあき)に仕えていました。その後、信長が上洛したのをきっかけに、才能を見出されて京都奉行の要職に抜擢。

光秀は軍事・行政・外交の手腕に長けており、さらには文化にも精通する人物で、信長が最も信頼を寄せる部下だったのです。信長は、本能寺で光秀の謀反だと知ったとき「是非に及ばず」と言い残し、自ら火を放ち自害。なぜ明智光秀が本能寺を襲撃したのか、正しい動機は解明されていません。本能寺の変は、誰もが知る歴史的大事件でありながら、真相は今も謎に包まれています。

信頼している部下からの裏切りで、天下統一を目前に49年の生涯を終えた信長の遺体は発見されておらず、謎が多く残る事件となりました。

本能寺の変の戦場跡

本能寺跡石碑

本能寺跡石碑

本能寺の変の古戦場には、現在、旧本能寺跡の石碑が建っています。

1992年(平成4年)に廃校になった旧本能小学校の発掘調査で、信長の定宿だった当時の遺構が発見され、この地に本能寺があったことが発覚。

現在、この旧本能小学校の跡地にあるのは、京都市立堀川高等学校本能学舎と京都市本能特別養護ルームの施設です。

焼失した本能寺は、本能寺の変のあと豊臣秀吉が再建し、現在は京都市中京区寺町御池に建立されています。旧本能寺跡は、本能寺から直線距離で約600mのところにあるので、現在と過去の比較を楽しむためにどちらも行ってみると良いでしょう。

    • 明智光秀
    • 戦国武将を主に、様々な珍説をまとめました。
    • 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!
    • 日本刀が奉納・展示されている神社・仏閣や宝物館をご紹介!

「本能寺」 観光・案内サイトのご紹介

本能寺写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 本能寺の本堂です。
    本能寺の本堂です。
  • 本堂のアップです。日々多くの参拝客が訪れています。
    本堂のアップです。日々多くの参拝客が訪…
  • 本能寺の本堂外観です。
    本能寺の本堂外観です。
  • 信長公廟です。信長の三男信孝の命によって建てられました。
    信長公廟です。信長の三男信孝の命によっ…
  • 表門は寺内通に面しています。
    表門は寺内通に面しています。
  • 存在感のある石標です。
    存在感のある石標です。
  • 境内は広々としています。
    境内は広々としています。
  • 本能寺の寺務所です。
    本能寺の寺務所です。
もっと見る
閉じる

「本能寺」施設情報

「本能寺」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒604-8091
京都府京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522
電話番号 075-231-5335
交通アクセス 「京都市役所前駅」下車 徒歩1分

交通アクセス情報を見る

営業時間 [本能寺]
6~17時
[大寶殿宝物館]
9~17時(入館は16時30分まで)
駐車場 有り
入場料 [本能寺]
無料
[大寶殿宝物館]
一般 500円
中・高校生 300円
小学生 250円
修学旅行生 200円
身障者 200円
※大賓殿特別展開催期間中は料金が異なります。
公式サイト http://www.kyoto-honnouji.jp/index.html

「本能寺」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、本能寺の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

本能寺のアクセス

本能寺
本能寺
本能寺
本能寺

注目ワード

ページトップへ戻る