後三年の役
後三年の役
「後三年の役」(ごさんねんのえき)は、陸奥・出羽を舞台に、平安末期の1083年(永保3年)~1087年(寛治元年)に起こった戦役です。「前九年の役」で源氏軍に援軍した出羽国(現在の山形県)の豪族・清原一族の内紛に、「源義家」が参戦した戦いで、この後三年の役によって奥羽地方を支配していた清原氏は消滅し、奥州藤原氏が誕生することとなりました。かつて後三年の役が繰り広げられた秋田県横手市の古戦場金沢公園をご紹介します。
文字サイズ

後三年の役の概要

後三年の役が起こった背景

11世紀当時の東北情勢

11世紀当時の東北情勢

11世紀の東北地方は、清原氏と安倍氏の二大勢力が治めていました。

しかし、1062年(康平5年)、前九年の役により安倍氏が滅亡したことにより、清原氏が「奥羽地方」(おううちほう:出羽国と陸奥国を合わせた地方の呼び名)を支配します。

清原氏の当主は、「清原武貞」(きよはらのたけさだ)となり、嫡子「清原真衡」(きよはらのさねひら)が生まれます。

その後、清原武貞は、前九年の役で獲得した奥六郡における安定統治のため、敵方だった安倍頼時の娘である藤原経清の妻を自らの妻とし、その連れ子「清原清衡」(きよはらきよひら:藤原経清の息子)を養子にしました。さらにその後、清原武貞と藤原経清の妻との間に、「清原家衡」(きよはらいえひら)が生まれます。

つまり、清原氏の中に、清原氏の嫡子である「真衡」と、安倍氏の血を引く「清衡」、さらに清原真衡の異母弟となる「家衡」という複雑な兄弟関係が生まれ、この複雑な血縁関係が内紛を招き、後三年の役へと繋がっていくのです。

後三年の役の勃発と終わり

1083年(永保3年)、嫡流である清原真衡軍と、兄弟の叔父であり清原一族の長老・「吉彦秀武」率いる清原清衡と源義家の連合軍による後三年の役が勃発します。この戦いの途中、清原真衡が急死したことから、一旦後三年の役は収束することとなります。

その後、清原真衡の支配地だった奥六郡は、源義家が仲介役となり、清原清衡と清原家衡にそれぞれ3郡ずつ分配したものの、清原家衡がこの分配方法に不満を持ち、1086年(応徳3年)、後三年の役が再開することとなったのです。

清原家衡軍は、清原清衡の館を襲撃し、妻子を殺害。これに対し、清原清衡と源義家の連合軍は清原家衡に反撃します。しかし、清原家衡が難攻不落と言われる「金沢柵」(かねざわさく:現在の秋田県)に籠城したことから、清原清衡と源義家の連合軍は一旦撤退します。

この籠城戦に対し、吉彦秀武が「兵糧攻め」を発案。これによって兵糧が尽きた清原家衡軍は金沢柵に火を点けて敗走し、その後、清原家衡は討ち取られ、1087年(寛治元年)、後三年の役が終了したのです。

清原氏の消滅と「奥州藤原氏」の誕生

藤原清衡

藤原清衡

後三年の役によって、清原氏は歴史の舞台から消滅することになった一方、清原清衡は清原氏の最後の生き残りとして、すべての所領を相続し、実父の姓である藤原姓に戻し、「藤原清衡」となりました。

その後、源頼朝に滅ぼされる1189年(文治5年)までの約100年間、藤原氏が奥州を支配し、黄金の都市を築いていくこととなったのです。

後三年の役の古戦場

後三年の役の主な古戦場として知られるのは、岩手県横手市にある「沼柵跡」(ぬまのさくあと)と金沢柵です。双方ともに清原家衡が立てこもり、清原清衡と源義家の連合軍からの攻撃を受けたところです。

沼柵跡

沼柵跡は、後三年の役の跡地で、清原家衡が「沼柵」に立てこもり、清原清衡と源義家の連合軍を迎え撃ったとされています。四方を水で囲まれていることから「水城」とも呼ばれ、この沼柵によって、清原清衡と源義家の連合軍は寒さと飢えによって多くの兵を失い、陸奥へ撤退することとなりました。現在も一般公開されています。

金沢柵跡

金沢柵は、後三年の役で、清原家衡と叔父の「清原武衡」が沼柵から移って立てこもり、清原清衡と源義家の連合軍が兵糧攻めで陥落させたとされる場所です。当時の金沢柵は、四方が断崖絶壁の岩山で囲まれているうえに、数多くの穴を作ることで堅固に守られた柵であったと伝えられています。

金沢柵は、現在の「金沢公園」周辺のあたりに位置していたと言われていますが、正確な位置は分かっていません。

2010年(平成22年)の発掘調査によると、金沢公園の近くにある陣館遺跡から、後三年の役と同じ時代である11世紀の遺物が出土したことから、このあたりが金沢柵だったのではないかという見方もあります。

「金沢公園」施設情報

「金沢公園」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒013-0814
秋田県横手市金沢中野地内
電話番号 0182-37-2111
交通アクセス 「和合IC」から 9.5km

交通アクセス情報を見る

駐車場 無し
入場料 無料
公式サイト -

金沢公園のアクセス

金沢公園
金沢公園
金沢公園
loading...

「金沢公園」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、金沢公園の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

秋田県の刀剣施設情報

秋田県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 秋田市
  • 能代市
  • 横手市
  • 大館市
  • 男鹿市
  • 湯沢市
  • 鹿角市
  • 由利本荘市
  • 潟上市
  • 大仙市
  • 北秋田市
  • にかほ市
  • 仙北市
  • 鹿角郡小坂町
  • 北秋田郡上小阿仁村
  • 山本郡藤里町
  • 山本郡三種町
  • 山本郡八峰町
  • 南秋田郡五城目町
  • 南秋田郡八郎潟町
  • 南秋田郡井川町
  • 南秋田郡大潟村
  • 仙北郡美郷町
  • 雄勝郡羽後町
  • 雄勝郡東成瀬村
すべてを見る

後三年の役/観光・案内サイトのご紹介

金沢公園の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

金沢公園入り口です。
金沢公園入り口です。
後三年の役についての案内図があります。
後三年の役についての案内図があります。
後三年の役で、鎌倉権五郎景政が敵を埋葬したと伝わる塚です。
後三年の役で、鎌倉権五郎景政が敵を埋葬…
付近には後三年の役をテーマにした「平安の風わたる公園」があります。
付近には後三年の役をテーマにした「平安…
注目ワード
注目ワード