戊辰戦争(会津戦争)
戊辰戦争(会津戦争)
「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)とは、1868年(慶応4年/明治元年)1月、「鳥羽・伏見の戦い」を皮切りに、15代将軍「徳川慶喜」を擁する「旧幕府軍」と、薩摩藩・長州藩を中心とする「新政府軍」で争われた一連の戦争のことです。戊辰戦争は、鳥羽・伏見の戦いから始まり、「江戸城無血開城」、「上野戦争」、「長岡城の戦い」、「会津戦争」と1年以上続き、1869年(明治2年)の「箱館戦争」(五稜郭の戦い)にて終結しました。この終結により、国内は新政府によって統一され、新しい時代が始まることになるのです。なお、戊辰戦争という名称は、鳥羽・伏見の戦いが起こった年の干支が「戊辰」の年だったことに由来しています。かつて戊辰戦争(会津戦争)が繰り広げられた福島県福島市の古戦場会津若松城[鶴ヶ城]をご紹介します。
文字サイズ

戊辰戦争(会津戦争)の概要

戊辰戦争の背景

徳川慶喜

徳川慶喜

1867年(慶応3年)11月、「大政奉還」が行なわれ、江戸幕府15代将軍・徳川慶喜(とくがわよしのぶ)が朝廷に政権を返上しましたが、依然として幕府が強大な権力を持っていました。

これに対し、倒幕派だった薩摩藩長州藩と「岩倉具視」(いわくらともみ)らは、徳川慶喜を政権から排除し、天皇を中心とする新政府を樹立しようと朝廷を動かします。

そして同年12月、「王政復古の大号令」の発令により、徳川家が担っていた政権は天皇に返上し、200年以上続いた徳川幕府はその幕を下ろすことになりました。

この大号令に伴い、徳川慶喜に対して「辞官納地」(役職を返上し、領地を差し出すこと)を要求しますが、この倒幕派の強引なやり方に対し、徳川慶喜は拒否。また、旧幕府の怒りや諸藩の同情を買い、次第に王政復古の大号令に対して撤回を求める動きが見え始めます。

このため、薩摩浪士達らは、わざと旧幕府の怒りを買うために、各地で騒乱を画策。その挑発に乗った旧幕府は、薩摩藩邸を襲撃し、完全に対立状態となります。

その後、徳川慶喜は、15,000人もの旧幕府軍を結成し、1868年(慶応4年)1月、鳥羽・伏見の戦いによって、戊辰戦争の幕が切って落とされたのです。

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 徳川慶喜を含む、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

鳥羽・伏見の戦いが開戦

1868年(慶応4年/明治元年)、戊辰戦争の初戦となる鳥羽・伏見の戦いが起こります。

旧幕府軍の兵力が約15,000人だったのに対し、薩摩藩を中心とする新政府軍の兵力は約4,000~5,000人と、兵力では圧倒的に旧幕府軍が有利だったにもかかわらず、「薩英戦争」(薩摩藩とイギリスの戦い)や、「下関戦争」(長州藩とアメリカ・イギリス・フランス・オランダの戦い)を経て、外国の技術や武器を積極的に取り入れていた薩摩藩の軍事力は、旧幕府軍の想像を遥かに超えており、薩摩軍の新兵器を前に為す術もなく、旧幕府軍は惨敗。

徳川慶喜は江戸に逃れることとなりました。

歴史上の人物が活躍した鳥羽・伏見の戦いをご紹介!

勝海舟と西郷隆盛による江戸城無血開城

勝海舟・西郷隆盛

勝海舟・西郷隆盛

鳥羽・伏見の戦いで敗れた徳川慶喜は、江戸に戻って上野の寛永寺で謹慎し、新政府に対して恭順の意を示すものの、新政府方では徳川慶喜の責任を問う声や、旧幕府方では徹底抗戦を唱える者も見られました。

しかし、このまま江戸を戦場にすれば多くの犠牲が出ることは必至でした。

そこで、「勝海舟」と「西郷隆盛」は、旧幕府方と薩摩藩という両極の立場でしたが、戦いを避けたいという思いは同じだったことから、江戸城総攻撃の前日の会談で、「江戸城を明け渡すことで攻撃をしない」という条件に双方同意し、新政府軍は江戸城無血開城を果たしたのです。

  • 勝海舟のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 西郷隆盛のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

会津戦争の勃発

京都守護職など旧幕府の要的存在として活躍していた会津藩主「松平容保」(まつだいらかたもり)は、鳥羽・伏見の戦いのあと、徳川慶喜にならって新政府へ恭順の意を示していました。

しかし、新政府は、旧幕府軍の「ナンバー2」と言われた松平容保を討つため、1868年(慶応4年/明治元年)、陸奥国(現在の福島県)を舞台に会津戦争が起こります。

新政府軍と会津藩との戦闘は、1868年(慶応4年)の白河小峰城攻防戦で端を開きます。戦いは激戦となり、「土方歳三」(ひじかたとしぞう)率いる新選組が奮闘したものの、新式の小銃や大砲を装備した新政府軍に対して会津藩は次第に劣勢となり、戦火は会津藩の本拠地である「会津若松城」(鶴ヶ城)に迫ります。

会津藩は、会津若松城に籠城した一方、新政府軍が会津若松城を包囲し、城内に50発の砲弾を打ち込むという激しい戦いでした。

これに対抗するため、婦女子や少年兵も戦闘に参加し、少年であった「白虎隊」(びゃっこたい:16~17歳の武家男子だけで構成された部隊)が応戦しましたが、1ヵ月に及ぶ籠城戦の末、会津藩の戦力は消耗し、白虎隊の少年兵は次々に自害へと追い込まれ、ついに松平容保も降伏。松平容保の代わりに「家老」(かろう:家臣の長)が切腹することで、戦いは終わりました。

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 刀剣や甲冑を観ることができる城郭を地域別に検索できます。

  • 城をめぐる戦いの変遷についてご紹介!

箱館戦争と戊辰戦争の終結

新政府軍と旧幕府軍との最後の戦いとなったのが、1869年(明治2年)5月の箱館戦争です(江戸時代まで「函館」は「箱館」と表記されていた)。舞台は「五稜郭」(ごりょうかく:現在の北海道函館市)だったことから、「五稜郭の戦い」とも呼ばれています。

土方歳三

土方歳三

新政府は旧幕府に対し、駿河、遠江70万石へ減封することを決定します。これによって、約8万人の幕臣を養うことが困難となったことから、旧幕臣で海軍副総裁であった「榎本武揚」(えのもとたけあき)は、東北に旧幕臣を移住させ、北方の防備と開拓にあたらせようと画策します。

しかし、これは表向きの話で、実際は新選組の土方歳三や「奥羽越列藩同盟」の中で旧幕府と戦う者を引き連れて、東北で軍備を整えるためでした。

その後、1869年(明治2年)、新政府軍と旧幕府軍の最後の戦い箱館戦争が始まり、海戦と陸戦で、一進一退の攻防が続きます。

土方歳三が率いる旧幕府軍は五稜郭に立て籠もりますが、新政府軍の箱館総攻撃を受け、旧幕府軍はついに陥落。旧幕府軍の最大の砦であった弁天台場が壊滅状態となり、その救援に向かった土方歳三は、「一本木関門」付近で銃に撃たれ、35歳(数え年)の若さでこの世を去りました。

土方歳三が戦死したあと、榎本武揚が降伏。この箱館戦争の終結と同時に、旧幕府軍と新政府軍との長い戦い戊辰戦争は終結することとなりました。

土方歳三のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

戊辰戦争(会津戦争)の古戦場

鳥羽離宮跡公園

日本の体制が大きく変わる節目となった戊辰戦争。その初戦、鳥羽・伏見の戦いが開戦した地でもある京都の「鳥羽離宮跡公園」には、「鳥羽・伏見の戦い(戊辰戦争)勃発の地 小枝橋」の碑と「鳥羽・伏見方面戦闘図」が設置されています。「鳥羽離宮」は、平安後期に白河上皇が建造した政治の中心地で、鎌倉幕府によって院政が終焉を迎えたのちに荒廃。鳥羽・伏見の戦いでは、跡地一帯が戦場となりました。

飯盛山・白虎隊十九士の墓

飯盛山・白虎隊十九士の墓

飯盛山・白虎隊十九士の墓

戊辰戦争の中でも、城下を巻き込み、特に悲惨な戦いだったのは会津戦争です。

この会津戦争では、白虎隊40名のうち20名が戦死、残りの20名は、会津城下町が火に包まれている姿を城が陥落したと誤解し、飯森山で自害。

この飯森山には「飯盛山・白虎隊十九士の墓」が残されており、白虎隊を偲び、お参りすることができます。

会津若松城

会津若松城(鶴ヶ城)

会津若松城(鶴ヶ城)

この会津戦争の舞台となった会津若松城は、1874年(明治7年)に廃城しましたが、1965年(昭和40年)に博物館として再建。

2011年(平成23年)には、幕末当時と同様、日本で唯一の「赤瓦」をまとった美しい天守閣にリニューアルされました。

五稜郭・五稜郭公園

五稜郭

五稜郭

戊辰戦争の最後の舞台となったのが、函館にある五稜郭。ヨーロッパで発達した「城郭都市」をモデルとした星形の城が特徴的で、現在は国の特別史跡「五稜郭公園」になっています。

中央にそびえていたのが「箱館奉行所」。厳しい気象環境や防衛上の問題などから、四方に土塁を巡らした中に役所を内包する案が採択されました。

旧幕府軍の拠点として終戦後に取り壊されましたが、現在は復元され人気の観光地となっています。

2006年(平成18年)に高さ107mのタワーがオープンし、星型の五稜郭や函館山、津軽海峡の美しい風景を展望することができます。

「戊辰戦争・西南戦争」の浮世絵動画を観る

武者絵(合戦浮世絵)~戊辰戦争・西南戦争~

武者絵(合戦浮世絵)~戊辰戦争・西南戦争~

会津若松城[鶴ヶ城]の写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 会津若松城の天守閣です。
    会津若松城の天守閣です。
  • 会津若松城の外観です。
    会津若松城の外観です。
  • 会津若松城の入口です。
    会津若松城の入口です。
  • 天守閣からの眺めです。
    天守閣からの眺めです。
  • 表門(鉄門)です。
    表門(鉄門)です。
  • 「武者走り」と呼ばれる石垣です。
    「武者走り」と呼ばれる石垣です。
  • 会津若松城の案内図です。
    会津若松城の案内図です。
  • 会津若松城の石標です。
    会津若松城の石標です。

「会津若松城[鶴ヶ城]」施設情報

「会津若松城[鶴ヶ城]」の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒965-0873
福島県会津若松市追手町1-1
電話番号 0242-27-4005
交通アクセス まちなか周遊バス「鶴ヶ城入口」下車徒歩5分

交通アクセス情報を見る

営業時間 8時30分~17時(入城締め切り16時30分)
休館日 無休
駐車場 有り
入場料 【天守閣】
大人 410円(360円/320円)
小人 150円(135円/120円)
【茶室麟閣共通券】
大人 520円(460円/410円)
※()内は30名以上99名以下/100名以上の団体料金です。
公式サイト http://www.tsurugajo.com/index.html

会津若松城[鶴ヶ城]のアクセス

会津若松城[鶴ヶ城]
会津若松城[鶴ヶ城]
会津若松城[鶴ヶ城]
会津若松城[鶴ヶ城]
「戊辰戦争(会津戦争)古戦場」への交通アクセス

全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。
「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

交通アクセス情報を見る 交通アクセス情報を見る

「戊辰戦争(会津戦争)古戦場」近くの生活施設を探す

「戊辰戦争(会津戦争)古戦場」周辺(半径1km以内)の生活施設を一覧でご覧頂けます。

施設周辺の生活施設を見る 施設周辺の生活施設を見る

「戊辰戦争(会津戦争)古戦場」近くの施設情報

「戊辰戦争(会津戦争)古戦場」近くの観光名所

「戊辰戦争(会津戦争)古戦場」近くの飲食店

「戊辰戦争(会津戦争)古戦場」近くのショッピング施設

「戊辰戦争(会津戦争)古戦場」近くの宿泊施設

「会津若松城[鶴ヶ城]」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの刀剣ワールド 城では、会津若松城[鶴ヶ城]の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

福島県の刀剣施設情報

福島県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 福島市
  • 会津若松市
  • 郡山市
  • いわき市
  • 白河市
  • 須賀川市
  • 喜多方市
  • 相馬市
  • 二本松市
  • 田村市
  • 南相馬市
  • 伊達市
  • 本宮市
  • 伊達郡桑折町
  • 伊達郡国見町
  • 伊達郡川俣町
  • 安達郡大玉村
  • 岩瀬郡鏡石町
  • 岩瀬郡天栄村
  • 南会津郡下郷町
  • 南会津郡檜枝岐村
  • 南会津郡只見町
  • 南会津郡南会津町
  • 耶麻郡北塩原村
  • 耶麻郡西会津町
  • 耶麻郡磐梯町
  • 耶麻郡猪苗代町
  • 河沼郡会津坂下町
  • 河沼郡湯川村
  • 河沼郡柳津町
  • 大沼郡三島町
  • 大沼郡金山町
  • 大沼郡昭和村
  • 大沼郡会津美里町
  • 西白河郡西郷村
  • 西白河郡泉崎村
  • 西白河郡中島村
  • 西白河郡矢吹町
  • 東白川郡棚倉町
  • 東白川郡矢祭町
  • 東白川郡塙町
  • 東白川郡鮫川村
  • 石川郡石川町
  • 石川郡玉川村
  • 石川郡平田村
  • 石川郡浅川町
  • 石川郡古殿町
  • 田村郡三春町
  • 田村郡小野町
  • 双葉郡広野町
  • 双葉郡楢葉町
  • 双葉郡富岡町
  • 双葉郡川内村
  • 双葉郡大熊町
  • 双葉郡双葉町
  • 双葉郡浪江町
  • 双葉郡葛尾村
  • 相馬郡新地町
  • 相馬郡飯舘村
すべてを見る
注目ワード
注目ワード