状態(じょうたい)

肉置の健全さにくおきのけんぜんさ

状態「肉置の健全さ」

「肉置の健全さ」(にくおきのけんぜんさ)肉置(にくおき)とは、刀身(とうしん)の鎬地(しのぎじ)以外のすべてにある曲面の厚みのことで、この肉置がしっかりと付いていること。

居合試し斬りなどは、使い易さや切れ味を出すため、意図的に肉置を薄くする場合もある。

「肉置の健全さ」の詳しい解説

「肉置の健全さ」(にくおきのけんぜんさ)とは、刀身を、(むね)と刃先をつなぐ線で切断した断面と想定すると、(しのぎ)から刃先にかけての厚みは、程度の差こそあれ途中が少し膨らみ気味、曲線的に薄くなっている。この度合いを「肉置」と表現する。

したがって、鑑賞対象となっているが研ぎ減っておらず、制作当初の各部分の肉置を相当に維持していれば「健全」と言われ、刀剣の評価として重要視される要素のひとつとして挙げられる。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣難解辞典」の「肉置の健全さ」のページです。
現代でもよく使われる刀剣の難解用語のひとつ「肉置の健全さ」についてご紹介。「刀剣難解辞典」を活用し、状態や「肉置の健全さ」の関連用語について詳しくなりましょう。刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード