沸(にえ)

沸よくつくにえよくつく

沸「沸よくつく」

「沸よくつく」(にえよくつく)とは、(にえ)がたくさん付いていること。

相州伝に多く、上作ほど美しい沸がよく付いている。褒め言葉のひとつ。

「沸よくつく」の詳しい解説

「沸よくつく」(にえよくつく)とは、匂口(においぐち:刃文の境界線)や刃中の働きなどを鑑賞する場合、「沸」が目立って観える様。

「沸本位」とほぼ同義語。

1振のには、「沸」と「匂」(におい)が同居するものであって、どちらかしかないということはあり得ない。

特に「匂」が多くの部分を構成しているが、その中で刃文(はもん)を中心に相対的に「沸」が目立つことを、あくまで感覚的に表現する。

「沸」の
関連用語

輝く小沸つき(かがやくこにえつき)

輝く小沸つき(かがやくこにえつき)

「輝く小沸つき」(かがやくこにえつき)とは、きらめく星粒のような粒子が、美しく光輝くように主に刃文(はもん)に付く様。

なかでも粟田口物の刃中の小沸は、とても美しい。

荒沸交えて叢づく(あらにえまじえてむらづく)

荒沸交えて叢づく(あらにえまじえてむらづく)

「荒沸交えて叢づく」(あらにえまじえてむらづく)とは、大きい粒(にえつぶ)が不規則に集まっている状態のこと。

小沸が微塵に付き(こにえがみじんにつき)

小沸が微塵に付き(こにえがみじんにつき)

「小が微塵に付き」(こにえがみじんにつき)とは、沸(にえ)の中でも小粒のものが、ごく細かに付いていること。

上工の刀に対する表現として、使われることが多い。

小沸よく付き(こにえよくつき)

小沸よく付き(こにえよくつき)

「小沸よく付き」(こにえよくつき)とは、小粒の(にえ)が刃文(はもん)の中にまるほどたくさん付いていること。

新刀期以降の日本刀に多い。

沸が凝る(にえがこごる)

沸が凝る(にえがこごる)

が凝る」(にえがこごる)とは、沸(にえ:焼入れによって刃境[はざかい]や刃中[はちゅう]に生じた刃文[はもん]の構成要素)が、集中的に1ヵ所へ寄り集まっている状態のこと。

叢沸がつき(むらにえがつき)

叢沸がつき(むらにえがつき)

「叢沸がつき」(むらにえがつき)とは、焼き入れの失敗により、ポツポツとした粒子がむやみにでき、刃文(はもん)や刃縁(はぶち)に付く様。荒沸(あらにえ)出来の物によく現われる。

刃縁にムラに付くからムラと言う。

沸筋入る(にえすじはいる)

沸筋入る(にえすじはいる)

「沸筋入る」(にえすじはいる)とは、が筋状に連なっているもの。

さらに帽子に沸筋(にえすじ)が集まると、「掃き掛け」(はきがけ:箒で掃いたような模様)になる。

沸匂深く(にえにおいふかく)

沸匂深く(にえにおいふかく)

深く」(にえにおいふかく)とは、沸(にえ)、匂(におい)の双方が混在しつつも、厚くはっきり観えること。

名刀の働きを表す言葉のひとつ。

こういう日本刀に出会うのが、刀剣好きの目標のひとつとされる。

沸崩れる(にえくずれる)

沸崩れる(にえくずれる)

崩れる」(にえくずれる)とは、沸(にえ)が不規則に付き過ぎて、刃文(はもん)の形を崩してしまっていること。

字のごとく「崩れて」しまっているので、褒め言葉ではない。

乱れの谷に沸が凝る(みだれのたにににえがこごる)

乱れの谷に沸が凝る(みだれのたにににえがこごる)

「乱れの谷に沸が凝る」(みだれのたにににえがこごる)とは、刃文(はもん)・乱れ刃の合間に、(にえ)がバラバラのものが集まって固まること。肥前刀の特徴。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣難解辞典」の「沸よくつく」のページです。
現代でもよく使われる刀剣の難解用語のひとつ「沸よくつく」についてご紹介。「刀剣難解辞典」を活用し、沸や「沸よくつく」の関連用語について詳しくなりましょう。刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード