姿(すがた)

腰反り高く踏ん張りつきこしぞりたかくふんばりつき

姿「腰反り高く踏ん張りつき」

腰反り高く踏ん張りつき」(こしぞりたかくふんばりつき)とは、刀剣の中心よりも手元に反りの中心があり、元幅(もとはば)と先幅(さきはば)に差がある刀身(とうしん)の姿のこと。

「腰反り高く踏ん張りつき」の詳しい解説

刀の反りの中心が、下部(側)に寄ってあり、鋒/切先(きっさき)近くでは反り具合が弱くなる姿を「腰反り」と言う。また、反りの程度が大きい物を、「高い」と表現することがある。

一方、1振の刀は誕生時、鋒/切先から茎に向かって徐々にその身幅(みはば)を増し、最後元(はばきもと)辺り強く広がって「」(まち)となるように形作られる。これがあたかも「踏ん張って」いるように観えることから、この姿形を「踏ん張り」と呼ぶ。

したがって、「腰反り高く踏ん張りつき」(こしぞりたかくふんばりつき)とは、「刀身の下の方に強い反りの中心があり、鋒/切先から茎に向かっての身幅の増加がはっきり観て取れる(ほどに、誕生当初の姿を保っている。)」様となる。

「姿」の
関連用語

大鋒に結んだ豪壮な体配(おおきっさきにむすんだごうそうなたいはい)

大鋒に結んだ豪壮な体配(おおきっさきにむすんだごうそうなたいはい)

「大鋒に結んだ豪壮な体配」(おおきっさきにむすんだごうそうなたいはい)とは、鋒/切先(きっさき)が大きく、同じように体配(たいはい)も広く、立派な姿のこと。

鎬地を削いで(しのぎじをそいで)

鎬地を削いで(しのぎじをそいで)

「鎬地を削いで」(しのぎじをそいで)とは、「鎬地」(しのぎじ)を削いだ刀剣造込み(つくりこみ)のこと。

鎬地を削ぐと、(しのぎ)が高くなって、強靭になり、切込みしやすくなると言われる。

鎬高い(しのぎたかい)

鎬高い(しのぎたかい)

「鎬高い」(しのぎたかい)とは、筋(しのぎすじ)が高く、断面がふっくらとしたダイヤ型に見える物。

大和国(やまとのくに:現在の奈良県)や、三原や二王など大和の寺院の荘園のあった土地の刀剣に見られる。

鎬幅広めで鎬高い(しのぎはばひろめでしのぎたかい)

鎬幅広めで鎬高い(しのぎはばひろめでしのぎたかい)

「鎬幅広めで鎬高い」(しのぎはばひろめでしのぎたかい)とは、「鎬地」(しのぎじ)と呼ばれる鎬(しのぎ)を挟んで側の部分が広く、鎬と呼ばれる刃と峰の間にある筋が山高くなっていることを指す。

鎬幅が広く鎬高いは、大和伝に多い。

定寸に磨上げられ(じょうすんにすりあげられ)

定寸に磨上げられ(じょうすんにすりあげられ)

「定寸に磨上げられ」(じょうすんにすりあげられ)とは、長いを定寸サイズに磨上げて短くすること。定寸は、2尺3寸5分(約70cm)。

大磨上・磨上問わず、このサイズの現存刀が多いのは、定寸とされていた影響である。

姿優しく(すがたやさしく)

姿優しく(すがたやさしく)

「姿優しく」(すがたやさしく)とは、小鋒/小切先(こきっさき)、長寸細身で反りがゆるやかな体配のこと。

平安時代太刀や、元禄年間(1688~1704年)に作られた元禄新刀を指す場合が多い。

寸がつまる(すんがつまる)

寸がつまる(すんがつまる)

「寸がつまる」(すんがつまる)とは、普通の刃長(はちょう)より短めなこと。

反りが浅い(そりがあさい)

反りが浅い(そりがあさい)

「反りが浅い」(そりがあさい)とは、刀身が弱く反っていること。明確な定義は存在しないが、一般に反りが0.9㎝以下であれば「反りが浅い」の他、「反りが弱い」、「反りが少ない」と表現される。

反りが深い(そりがふかい)

反りが深い(そりがふかい)

「反りが深い」(そりがふかい)とは、刀身が強く反っていること。明確な定義は存在しないが、一般に反りが2.1㎝以上であれば「反りが深い」の他、「反りが強い」、「反りが多い」と表現される。

すすどしい

すすどしい

「すすどしい」とは、鋭いこと。形容詞では「すすどい」、文語では「すすどしく」と表現される。

清麿などのでよく使われる表現。

南北朝体配(なんぼくちょうたいはい)

南北朝体配(なんぼくちょうたいはい)

「南北朝体配」(なんぼくちょうたいはい)とは、南北朝時代(1336~1392年)に流行した長大化した大きな太刀のこと。

薙ぎ払う仕様になっており、大きいので、背負ったり、肩に担いだり、従者に持ち運びさせた。

元先の幅差ややつき(もとさきのはばさややつき)

元先の幅差ややつき(もとさきのはばさややつき)

「元先の幅差ややつき」(もとさきのはばさややつき)とは、元幅・先幅の略。元幅に比べて先幅が狭くなると、踏張りがあると言われ、優美な姿と見なされる。

平安時代~鎌倉時代にかけての日本刀に多い。「開き少なく」(ひらきすくなく)のほぼ逆の意味。

身幅尋常(みはばじんじょう)

身幅尋常(みはばじんじょう)

身幅(みはば)とは、の横幅。尋常とは、ごく普通なこと。

したがって、「身幅尋常」(みはばじんじょう)とは、刀の横幅が普通であり、常識的な長さということ。

元幅と先幅の開き少なく(もとはばとさきはばのひらきすくなく)

元幅と先幅の開き少なく(もとはばとさきはばのひらきすくなく)

「元幅と先幅の開き少なく」(もとはばとさきはばのひらきすくなく)の元幅とは、(つか)に近い部分の刀身の太さのことで、先幅とは鋒/切先(きっさき)に近い部分の刀身の太さのこと。

元幅と先幅に開きがなければ、一般的には豪壮な刀を指すことが多い。

逆に鎌倉時代の太刀や、末備前の片手打ちなどは開きが大きい。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣難解辞典」の「腰反り高く踏ん張りつき」のページです。
現代でもよく使われる刀剣の難解用語のひとつ「腰反り高く踏ん張りつき」についてご紹介。「刀剣難解辞典」を活用し、姿や「腰反り高く踏ん張りつき」の関連用語について詳しくなりましょう。刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード