帽子(ぼうし)

小鋒/小切先詰まるこきっさきつまる

帽子「小鋒/小切先詰まる」

「小鋒/小切先詰まる」(こきっさきつまる)の「小鋒/小切先」とは、平安時代後期から鎌倉時代初期に見られる鋒/切先(きっさき:刀身[とうしん]の最先端)が小さい物のことを指し、「詰まる」とは、短いという意味。備前物に多い。

「小鋒/小切先詰まる」の詳しい解説

「小鋒/小切先詰まる」(こきっさきつまる)とは、日本刀の姿の一表現。

刀身全体を鑑賞して、刃渡り長や身幅(みはば)とのバランスから観て鋒/切先が小さく、側から伸びやかに繋がってきた刀身が鋒/切先部分に来て、あたかも伸びを中断し詰まったように観える様。

主に、平安時代末期から鎌倉時代初期、古刀としても古い時代の太刀に見られる姿の特徴として説明に用いられる。

なお、制作時からの姿ではなく、後天的に鋒/切先の欠損を補修した結果などから生じる鋒/切先の変形を「詰まる」と表現することもあり、区別が必要である。

「帽子」の
関連用語

先伏さりごころに、小鋒に結ぶ(さきふさりごころに、こきっさきむすぶ)

先伏さりごころに、小鋒に結ぶ(さきふさりごころに、こきっさきむすぶ)

「先伏さりごころに、小鋒に結ぶ」(さきふさりごころに、こきっさきむすぶ)とは、太刀反りが深いため、先に向かってうつむいているように見え、その姿に合わせたような小鋒/小切先になっている刀剣のこと。
平安時代後期から鎌倉時代初期の太刀に多く見られる。

フクラ枯れ(ふくらかれ)

フクラ枯れ(ふくらかれ)

「フクラ枯れ」(ふくらかれ)とは、鋒/切先(きっさき)の刃部分の丸み(カーブ)が、少なく鋭利であること。「かます鋒/切先」とも言う。

村正」の特徴のひとつとして、フクラ枯れたものが多い。

フクラつく(ふくらつく)

フクラつく(ふくらつく)

フクラとは、鋒/切先(きっさき)の刃部分、丸みのある(カーブ)のこと。

「フクラつく」とは、このカーブが大きく幅があること。

(帽子が)直ぐに丸く返る(すぐにまるくかえる)

(帽子が)直ぐに丸く返る(すぐにまるくかえる)

「(帽子が)直ぐに丸く返る」(すぐにまるくかえる)とは、帽子が刃に沿って真っ直ぐに進み、内側に丸く返ること。

帽子や返りの出来によって刀工の技量が分かると言われている。

(帽子が)品よく小丸に返り((ぼうしが)ひんよくこまるにかえり)

(帽子が)品よく小丸に返り((ぼうしが)ひんよくこまるにかえり)

「[帽子が]品よく小丸に返り」([ぼうしが]ひんよくこまるにかえり)とは、鋒/切先(きっさき)の刃文(はもん)が品よく、浅く曲がって、腰側に返っていること。
古刀にもあるが、新刀にも多い。

帽子が伏している(ぼうしがふしている)

帽子が伏している(ぼうしがふしている)

「帽子が伏している」(ぼうしがふしている)とは、帽子(ぼうし:切先部分に表れている刃文[はもん])の側が内にっているように観えること。

平安時代末期から鎌倉時代初期の、古色の強いに観られる。

(帽子の)返りを長く焼き下げ((ぼうしの)かえりをながくやきさげ)

(帽子の)返りを長く焼き下げ((ぼうしの)かえりをながくやきさげ)

「[帽子の]返りを長く焼き下げ」([ぼうしの]かえりをながくやきさげ)とは、帽子焼きが、てっぺん部分から側に、長く焼きが入っていること。
相州伝の刀工や、「堀川国広」に多いとされる。

(帽子)突き上げて先の尖った(つきあげてさきのとがった)

(帽子)突き上げて先の尖った(つきあげてさきのとがった)

「[帽子]突き上げて先の尖った」(つきあげてさきのとがった)とは、突き上がって観える帽子のこと。
左文字派や長船兼光などに多い。

(帽子が)焼深く一枚風になり、さかんに掃きかける((ぼうしが)やきふかくいちまいふうになり、さかんにはきかける)

(帽子が)焼深く一枚風になり、さかんに掃きかける((ぼうしが)やきふかくいちまいふうになり、さかんにはきかける)

「[帽子が]焼深く一枚風になり、さかんに掃きかける」([ぼうしが]やきふかくいちまいふうになり、さかんにはきかける)とは、帽子の焼幅が広く、鋒/切先(きっさき)全体が焼刃になっている一枚帽子風で、勢いが良く掃きかけていること。

(帽子が)焼き深めにして、突き上げ、先を尖らせて長く返り掃きかける((ぼうしが)やきふかめにして、つきあげ、さきをとがらせてながくかえりはきかける)

(帽子が)焼き深めにして、突き上げ、先を尖らせて長く返り掃きかける((ぼうしが)やきふかめにして、つきあげ、さきをとがらせてながくかえりはきかける)

「①[帽子が]焼き深めにして、②突き上げ、③先を尖らせて長く返り④掃きかける」([ぼうしが]やきふかめにして、つきあげ、さきをとがらせてながくかえりはきかける)とは、鋒/切先(きっさき)の刃文(はもん)の焼きが長く、突き上がって、先が尖り、ほうきで掃いたように何重線にもなっていること。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣難解辞典」の「小鋒/小切先詰まる」のページです。
現代でもよく使われる刀剣の難解用語のひとつ「小鋒/小切先詰まる」についてご紹介。「刀剣難解辞典」を活用し、帽子や「小鋒/小切先詰まる」の関連用語について詳しくなりましょう。刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード