茎(なかご)

鍵穴形目釘穴かぎあながためくぎあな

茎「鍵穴形目釘穴」

「鍵穴形目釘穴」(かぎあながためくぎあな)とは、鍵穴の形をした目釘穴(めくぎあな)のことを指します。

単純な目釘穴では、目釘が固定できず脱落することがあったため、「鍵穴形」は脱落防止対策として誕生した。

「鍵穴形目釘穴」の詳しい解説

「鍵穴形目釘穴」(かぎあながためくぎあな)とは、目釘穴が、鍵穴のような形態となっている様を表現する言葉。

普通、目釘穴は丸く開けられるが、(こしらえ)の形状や抜け難さの追求からか、四角い穴を穿つこともある。磨上げを重ねたり、多くの拵に合わせる中でに複数の目釘穴が開けられ、それがつながった結果、あたかも鍵穴のように観える形態となることがある物。

また、新刀期・新々刀期の作には、奇をてらってか、あえて、初めから異形の目釘穴を開けてある物もある。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣難解辞典」の「鍵穴形目釘穴」のページです。
現代でもよく使われる刀剣の難解用語のひとつ「鍵穴形目釘穴」についてご紹介。「刀剣難解辞典」を活用し、茎や「鍵穴形目釘穴」の関連用語について詳しくなりましょう。刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード