状態(じょうたい)

平肉付くひらにくつく

状態「平肉付く」

「平肉付く」(ひらにくつく)とは、地鉄(じがね)にあたる鉄の部分が、たっぷりと肉厚に付いていること。

逆に、肉厚感がなく薄い物は、「平肉枯れる」と表現される。

「平肉付く」の詳しい解説

刀身を、(むね)と刃先をつなぐ線で切断した断面を想定すると、(しのぎ)から刃先にかけての厚みは、程度の差こそあれ、途中が少し膨らみ気味で、曲線的に薄くなっている。

この度合いを「肉置」(にくおき)と言い、膨らみ方が大きくコロンとして観える。言い換えれば、日本刀をぬぐう際に刀身がふっくらしているように感じられる場合を「平肉付く」(ひらにくつく)と表現する。

相当はっきりと平肉が付いている様が観て取れる場合、貝の殻の形状からの発想で、「蛤刃」(はまぐりば)と呼ぶことがある。

時代・作風によって、「ふっくら」と平肉が付いた形にするのが普通であったり、戦国時代の作刀のように平肉を落とし気味(すなわち、鋭く薄い)にした形にするのが普通であったりするなどの差があるため。

また、一概に言うことはできない部分もあるが、もともと平肉が付いて作られた刀であれば、研ぎ減っておらず、制作当初の各部分の肉置きを相当に維持していることの証となる。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣難解辞典」の「平肉付く」のページです。
現代でもよく使われる刀剣の難解用語のひとつ「平肉付く」についてご紹介。「刀剣難解辞典」を活用し、状態や「平肉付く」の関連用語について詳しくなりましょう。刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード