状態(じょうたい)

刃が硬いはがかたい

状態「刃が硬い」

「刃が硬い」(はがかたい)とは、刃文(はもん)にやわらかな味がなく、冷たい感じに観えること。新々刀現代刀に多い。

実際の硬度も硬いと言われる。

「刃が硬い」の詳しい解説

「刃が硬い」(はがかたい)とは、物理的・冶金学的には、刃先の硬度を他と比較した場合などに用いられる言葉にもなるであろうが、鑑賞上は、刃文の輪郭線となる匂口(においぐち:刃文の境界線)がクッキリ浮かび上がってギラつく感じになっている様を表現する言葉。

古く、研ぎを多く経てきた日本刀では、匂口がふんわりとやわらかく観えるようになることから、制作年代が若い刀であることを見極める要素とされる。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣難解辞典」の「刃が硬い」のページです。
現代でもよく使われる刀剣の難解用語のひとつ「刃が硬い」についてご紹介。「刀剣難解辞典」を活用し、状態や「刃が硬い」の関連用語について詳しくなりましょう。刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード