匂(におい)

節ごころとなる小さな乱れふしごころとなるちいさなみだれ

匂「節ごころとなる小さな乱れ」

「節ごころとなる小さな乱れ」(ふしごころとなるちいさなみだれ)とは、小乱れの刃の匂口(においぐち:刃文の境界線)に小さい突起が見受けられ、それが木の節に見えるような箇所があること。

「節ごころとなる小さな乱れ」の詳しい解説

「節ごころとなる小さな乱れ」(ふしごころとなるちいさなみだれ)とは、直刃(すぐは)の作において、どこかに小さな乱れ刃(特に、尖り互の目[ぐのめ])が交じり、ほぼ直線状の匂口に、あたかも「節」ができているように見える様を表眼する言葉。
室町時代の刀工が、鎌倉時代の名工の直刃の作を写そうとして作刀する場合に、このような様相を呈することが多く、いかに全体はうまく写していても「所詮、格調が及ばない…」と評される要素となる。

「匂」の
関連用語

匂口明るい(においぐちあかるい)

匂口明るい(においぐちあかるい)

「匂口明るい」(においぐちあかるい)とは、刃文(はもん)と地鉄(じがね)の境目が際立って美しく観えること。

ここが明るく冴えていると、名刀である可能性が高い。

匂口が柔らかい(においぐちがやわらかい)

匂口が柔らかい(においぐちがやわらかい)

「匂口が柔らかい」(においぐちがやわらかい)とは、匂口(においぐち:刃文の境界線)が、違和感なく、優しくなじんで観えること。

古刀の柔軟さを指すことが多い。欠点に観える場合もあるので注意を要する。

匂口冴える(においぐちさえる)

匂口冴える(においぐちさえる)

「匂口冴える」(においぐちさえる)とは、匂口(刃文の境界線)が、はっきりと鮮明に観えること。

名刀に対する用語のひとつ。

匂口沈む(においぐちしずむ)

匂口沈む(においぐちしずむ)

「匂口沈む」(においぐちしずむ)とは、刃文(はもん)と地鉄(じがね)の境目がぼんやり暗くはっきりしないこと。

匂口(においぐち)が沈んでいると切れ味が良いと言われており、新刀の祖である堀川国広一門の特徴のひとつ。

匂口締る(においぐちしまる)

匂口締る(においぐちしまる)

「匂口締る」(においぐちしまる)とは、匂口(においぐち)がたるみなく、くっきり観えること。

研ぎ減りが少ない場合に見受けられる。

名工・長船長光の特徴のひとつでもある。

匂口深い(においぐちふかい)

匂口深い(においぐちふかい)

「匂口深い」(においぐちふかい)とは、匂口(においぐち)が、色濃くはっきり広く観えること。

などをはじめとする相州伝上工の作に多く観られる。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣難解辞典」の「節ごころとなる小さな乱れ」のページです。
現代でもよく使われる刀剣の難解用語のひとつ「節ごころとなる小さな乱れ」についてご紹介。「刀剣難解辞典」を活用し、匂や「節ごころとなる小さな乱れ」の関連用語について詳しくなりましょう。刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード