時代が進むにしたがって、人々の暮らし・文化は変化を遂げてきました。例えば平安時代では貴族中心の国風文化が花開いていましたが、鎌倉時代では武士の精神も反映された文化へと変化しています。また1日2食だった食事は、江戸時代から1日3食へと定着したのです。
「平安~江戸時代の暮らしや文化」では、平安時代から江戸時代にかけての文化や暮らしについてご紹介。食文化から文学や絵画、宗教、さらには服装や住宅(家)まで幅広く説明しているので、各時代ならではの暮らしぶりをありありと想像したり、現代の文化と比べたりすることができます。「昔の人の生活を掘り下げたい」、「教科書に載っていないような文化の特徴が知りたい」という方は、参考にして下さい。

平安時代

「桓武天皇」(かんむてんのう)が平安京に遷都してから鎌倉幕府誕生まで、およそ400年間続いた「平安時代」。権勢は「摂関政治」から「院政」、そして「武家政権」へと移行していく中で、平安時代の貴族や武士、庶民はどんな食生活を送っていたのでしょうか。 「平安時代の食文化とは」では、貴族や庶民の食文化についてご紹介します。
詳細情報を見る
平安時代は、約200年間続いた遣唐使が廃止され、唐文化と日本文化が融合し、日本独特の「国風文化(藤原文化)」が形成されていきました。特に文学での発展はめざましく、平安貴族を中心に「仮名文字」が使用されるようになり、女性作家が活躍した時代です。そんな平安時代の文化について、詳しく解説します。
詳細情報を見る
平安時代の服装とは

平安時代の服装とは

近日公開
奈良時代は、唐の文化や仏教の影響を受けた重厚な建物が多く建てられましたが、平安時代になると遣唐使が停止され、貴族を中心とした時代に変化したことから、見栄えを重視した建物が多く建てられました。そんな平安時代の住宅について、詳しく解説します。
詳細情報を見る

鎌倉時代

人間が生きるために必要な食であるお米が登場してから、格差社会は大きくなり、富める者と貧する者とに分かれてしまいました。 鎌倉時代は、権力の移行期であり、食の変換期でもあります。武士の台頭で肉食も解禁されましたが、農民は相変わらず苦しい生活でした。そんな鎌倉時代の食生活についてご紹介します。
詳細情報を見る
鎌倉時代の文化は、これまでの貴族中心の「国風文化」(藤原文化)に、武士の精神や中国文化(宋や元)が新しく加わった「質実剛健な文化」へと変化しました。彫刻や文学、絵画などが発展し、新しい文化が多く生み出された鎌倉時代の文化について、詳しくご紹介します。
詳細情報を見る
鎌倉時代の服装とは

鎌倉時代の服装とは

近日公開
奈良時代や平安時代は貴族文化が栄え、寝殿造など優美な建物が多く建てられましたが、鎌倉時代になると武士を中心とした社会へ変化し、中国(宋と元)の文化や技術が伝来したことから、多種多様な建築様式が生まれました。そんな鎌倉時代の住宅(家)について、詳しくご紹介します。
詳細情報を見る

室町時代

文化が発展して日本各地や海外との交流が広がっていくと「食」も変化を見せます。現代でもグローバル化に伴って、世界各国の料理が食べられるようになりました。 室町時代の多くは、戦乱の時期でしたが、食の文化が広がったときでもあります。中国以外の諸外国との交流も盛んになり、これまで日本になかった食べ物が入ってくるようになったのです。そんな室町時代の食文化について、ご紹介します。
詳細情報を見る
室町時代になると、これまでの鎌倉文化に庶民や禅宗の文化が融合し、室町時代独自の文化が形成されていきました。室町時代の文化は、足利義満の頃に開花した「北山文化」、足利義政の頃に栄えた「東山文化」、北山文化より以前の「南北朝文化」に分かれています。そして、新しく「茶の湯」や「生け花」、「能・狂言」といった、日本の伝統文化が誕生しました。 そんな室町時代の文化について、詳しくご紹介します。
詳細情報を見る
室町時代の服装とは

室町時代の服装とは

近日公開
畳のある和室は、落ち着く空間です。畳や襖など、現在も使われている和室の原型は、この室町時代にできました。 「寝殿造」から「書院造」へ移り変わり、質実剛健な武士の家や、将軍の建てたきらびやかな「金閣寺」など、室町時代は現代にもつながる家の造りができ始めるのです。 そんな室町時代の武士の住まいや部屋の造り、代表的な建物について、ご紹介します。
詳細情報を見る

安土桃山時代

1573年(元亀4年/天正元年)、織田信長が十五代将軍「足利義昭」を京都から追放してから、徳川家康が江戸幕府を開く1603年(慶長8年)まで、わずか30年しかなかった「安土桃山時代」。 織田信長、豊臣秀吉などの強大な権力のもと、豪華絢爛な「桃山文化」が誕生。ポルトガル人やスペイン人などの渡来によって、新しい料理、お菓子などが多くもたらされた安土桃山時代の食文化について、ご紹介します。
詳細情報を見る
安土桃山時代になると、織田信長や豊臣秀吉の政策によって寺院勢力が抑えられ、ポルトガル人やスペイン人など南蛮人との貿易が盛んになったことにより「南蛮文化」が融合し、多彩な文化へと発展していきます。一方で、千利休によって「わび茶」が大成された他、「囲碁」や「浄瑠璃」などといった娯楽も発展し、新興大名や京都、大阪、堺、博多の豪商らが、文化の担い手となりました。 豊臣秀吉の居城であった伏見城が桃山にあったことから、「桃山文化」とも呼ばれる「安土桃山時代」の文化について、詳しくご紹介します。
詳細情報を見る
安土桃山時代の服装とは

安土桃山時代の服装とは

近日公開
安土桃山時代を象徴する建築と言えば、「城郭建築」が挙げられます。織田・豊臣政権により天下が統一されると、城は軍事拠点から「権力の象徴」としての意味を持つようになり、絢爛豪華な天守閣が造られるようになりました。代表的な城としては、織田信長の「安土城」や豊臣秀吉の「大阪城」などが挙げられます。 また、武士達の間では「茶の湯」が流行し、武将の個性を反映した様々な茶室が作られるなか、「数寄屋造」という新しい建築様式が誕生しました。そんな安土桃山時代の建物についてご紹介していきます。
詳細情報を見る

江戸時代

戦国時代が終わり、「太平の世」となった江戸時代は、商業が発展するとともに生活レベルも向上し、私達が毎日食べている日本食の原型が作られていきました。 特に、「醤油」や「みりん」といった日本独自の調味料が普及した他、そば、寿司、てんぷら、うなぎの蒲焼きなどといった外食できる屋台や店が増えたことにより、「外食文化」が定着します。そんな江戸時代の食文化について、詳しく説明します。
詳細情報を見る
江戸時代は、約260年にわたる天下泰平の世が続いたことを背景に、経済的余裕から、武士だけでなく町人も学問を学んでいます。また、歌舞伎や相撲といった娯楽も登場し、「町人文化」が発展していきました。そんな江戸時代の文化ついて、詳しくご紹介します。
詳細情報を見る
江戸時代の服装とは

江戸時代の服装とは

近日公開
徳川家康は江戸幕府を開くと、江戸を全国の政治、経済、文化の中心地にするため、「天下普請」と呼ばれる本格的な都市計画事業を開始します。また、身分制度を確立し、階級に応じて住む場所や住居の規模、形式まで細かく規定しました。そんな江戸時代における身分や建物について、詳しくご紹介します。
詳細情報を見る
歴史から見る借家経営 江戸時代の借家歴史から見る借家経営 江戸時代の借家
土地活用の東建コーポレーションにて掲載の「歴史から見る借家経営」から江戸時代の借家の歴史がご覧頂けます。
  • 刀剣にまつわる神事・文化・しきたり

    日本刀にまつわる神事・文化・しきたりなどをご紹介します。

  • 合戦・歴史年表

    歴史上の人物が活躍した合戦を、年表に沿ってご紹介します。

  • 平安時代~南北朝時代の日本刀に関する歴史をご紹介します。

  • 室町時代~安土桃山時代の日本刀に関する歴史をご紹介します。

  • 江戸時代~明治時代の日本刀に関する歴史をご紹介します。

  • 現代に残る武士の風習

    現代まで残ってきた、武士の風習をご紹介します。

注目ワード
注目ワード