南北朝時代

うめはら よしの 梅原 芳乃 YOSHINO UMEHARA

梅原 芳乃
南北朝時代

うめはら よしの 梅原 芳乃 YOSHINO UMEHARA

梅原 芳乃

ボタンで左のイラストが切り替わります。

刀剣キャラクター紹介

出身国 伊勢国
身長 155cm
体重 42kg
年齢 18歳
性格

元気で明るく、おてんばな性格。流行に敏感で、田楽踊りを好んで見る。お気に入りの田楽踊りの演者には、どこへでも追っかけをするなど、ミーハーなところがある。また、物怖じせず、話好きのため、誰とでも気軽に趣味の話で打ち解けることができる。


ボタンで下のイラストが切り替わります。

エピソード

戦などが各地で相次ぐ最中、気晴らしとして叔父に連れられて見に行った田楽踊りに感動。これが田楽踊りを好きになったきっかけ。それ以降、もともとの明るい性格に加え、田楽という趣味を持ったため、お気に入りの演者の追っかけをしている。「歴史の神」も「遣使」(けんし)としての文化を受け継ぐ使命を彼女(梅原 芳乃)に伝えたところ、嬉々として話し込まれたことがあった。

南北朝時代
刀剣キャラクター相関図

WEB歴史小説

注目ワード

ページトップへ戻る