南北朝時代

あさづま ひでより 朝妻 秀頼 HIDEYORI ASAZUMA

朝妻 秀頼
南北朝時代

あさづま ひでより 朝妻 秀頼 HIDEYORI ASAZUMA

朝妻 秀頼


ボタンで左のイラストが切り替わります。

刀剣キャラクター紹介

出身国 筑前国
身長 186cm
体重 73kg
年齢 29歳
性格

無口な一匹狼タイプ。
「遣使」(けんし)の間柄でもあまり感情を表すこと無く過ごしている。
必要最低限の話しかせず、自身の生い立ちも明かさないため、
素性を知る者は少ない。
武芸に秀で、また、様々な戦を経験してきた猛者である。

太刀  銘  景依の動画

エピソード

幼い頃、自分がお使いに出ていた最中、「多々良浜の戦い」に家族が巻き込まれた逆境をバネにし、たくましく育った。なぜ家族が死ななければいけないのか、どんな最期だったのか、という真相を探るべく、武装して自ら様々な合戦に参加し、生き延び京までたどり着いた。「遣使」(けんし)の使命を受けたのも、争いを経験した時代の人間としての務めを全うしようと決めたことから。家族を亡くした戦いの事実を後世にきちんと伝え、争いをなくす未来につなげることが務めだと自負したからである。

南北朝時代
刀剣キャラクター相関図

WEB歴史小説

注目ワード

ページトップへ戻る