江戸時代

とつか こはるこ 戸塚 小春子 KOHARUKO TOTSUKA

戸塚 小春子
江戸時代

とつか こはるこ 戸塚 小春子 KOHARUKO TOTSUKA

戸塚 小春子

ボタンで左のイラストが切り替わります。

刀剣キャラクター紹介

出身国 武蔵国
身長 148cm
体重 40kg
年齢 24歳
性格

気品と知性に溢れており、とても聡明。
お嬢様として育てられたため、何事もおっとりしていて、
ちゃきちゃきした「伊東 加代」の話についていけなかったりする。


ボタンで下のイラストが切り替わります。

エピソード

良家の姫。幼い頃習っていた華道で、同席した名前も知らない男の子(幼少期の鐘ヶ江 吉成)が気になりずっと忘れられなかった。「遣使」(けんし)になる際、「歴史の神」から同じ遣使たちの情報を聞き、その忘れられなかった男の子が鐘ヶ江だったことに気付く。自分の周りの男性には鐘ヶ江のような明るく豪快な人物はあまりいないため、すこし惹かれている。

江戸時代
刀剣キャラクター相関図

WEB歴史小説

注目ワード

ページトップへ戻る