平安時代

きくかわ たかこ 菊川 貴子 TAKAKO KIKUKAWA

菊川 貴子
平安時代

きくかわ たかこ 菊川 貴子 TAKAKO KIKUKAWA

菊川 貴子

ボタンで左のイラストが切り替わります。

刀剣キャラクター紹介

出身国 備前国
身長 160cm
体重 52kg
年齢 25歳
性格

平安の遣使(けんし)の中では一番の古株。姉御気質で落ち着きがあり、聡明で和歌などの情緒あふれる表現を得意とし、和歌の添削などを行なう。また、笛の演奏が上手く、聞き惚れる者も多い腕前。


ボタンで下のイラストが切り替わります。

エピソード

8歳のとき備前から「遣使」(けんし)の役目を果たすべく京に来た。寺院に通い、読み書きや教養を身に付けていったが、もともと庶民の出という育ちのコンプレックスをばねに奮起し、読み書きや教養だけではなく、和歌や骨董における芸術的な才能も備えた万能な女性。幼いころから美術品に触れていたため観察眼に長け、良い物かどうか判断してほしいという依頼がよく来る。髪を伸ばすことこそが美しいとされている風潮の中で、手入れが楽という理由で短くしており、「葛城 若葉」に「きれいな黒髪なのにもったいない」といつも羨ましがられている。

平安時代
刀剣キャラクター相関図

WEB歴史小説

注目ワード

ページトップへ戻る