室町時代

さかい なつき 堺 夏樹 NATSUKI SAKAI

堺 夏樹
室町時代

さかい なつき 堺 夏樹 NATSUKI SAKAI

堺 夏樹

ボタンで左のイラストが切り替わります。

刀剣キャラクター紹介

出身国 大和国
身長 157cm
体重 42kg
年齢 22歳
性格

町人の娘。明るくハキハキしており、器量もよく人気者。
要領もよく、学問などは得意でないが生きていく上での頭の良さがある。
なんでもテキパキとこなし、手先が器用。「武永 百次郎」に慕われている。


ボタンで下のイラストが切り替わります。

エピソード

朝廷から官位を授かる家系の一人娘として育ったが、好奇心旺盛で何事も自分でやりたがる性分であるため、手先も器用になった。「遣使」(けんし)になったのは家の蔵を整理していた際に、反物の隙間から綺麗な鏡が出てきたことがきっかけ。鏡をのぞいた際に、「歴史の神」と出会い「遣使」の使命を受けることとなった。「桜庭 小雪」にやたらライバル視されているが、本人は気にしていない。

室町時代
刀剣キャラクター相関図

WEB歴史小説

注目ワード

ページトップへ戻る