室町時代

たけなが せんいちろう 武永 千一郎 SENICHIRO TAKENAGA

武永 千一郎
室町時代

たけなが せんいちろう 武永 千一郎 SENICHIRO TAKENAGA

武永 千一郎


ボタンで左のイラストが切り替わります。

刀剣キャラクター紹介

出身国 紀伊国
身長 169cm
体重 59kg
年齢 19歳
性格

弟の「武永 百次郎」と共に武芸を磨く。
面倒見がよく、乱暴な言い方をすることもあるが相手のことを思っている。
家族や領民にいい暮らしをさせたいと考えている。弟の至らない点を注意するのが役目。

エピソード

弟同様、地頭の家柄。荘園を管理するため武士として、盗賊などにも対応できるよう武芸を磨いた。盗賊に作物を奪われた領民を救いたい、と思っていた折に、兄弟ともに「遣使」(けんし)の使命を受けた。百次郎と同様に「遣使」の仕事で得た俸禄によって、領民を救済している。遣使の任務をこなすと同時に、領民を救うための仕事を行なう。父の甲冑を大事に使っている。

室町時代
刀剣キャラクター相関図

WEB歴史小説

注目ワード

ページトップへ戻る