平安時代

くすのき たける 楠木 武 TAKERU KUSUNOKI

楠木 武
平安時代

くすのき たける 楠木 武 TAKERU KUSUNOKI

楠木 武


ボタンで左のイラストが切り替わります。

刀剣キャラクター紹介

出身国 山城国
身長 183cm
体重 64kg
年齢 27歳
性格

寡黙で淡々と確実に使命をこなしていく。ぼんやりしていることが多い。
自分の意見や個性をアピールすることが苦手なため、逆に独特の個性を放つ人物に強い憧れがある。
趣味は釣り。これは海や川を眺めるのが好きで、じっと待つことが得意なため。

エピソード

武士として、「大狩り」(自らが狩りで捕らえた獲物を神様に捧げて、感謝する公式の行事)で素晴らしい成果を挙げ、名を上げた。幼い頃から優秀な武士になるよう馬を与えられ、上流階級の武士に相応の教養と技術、礼儀作法を身に付けてきた。父のいいつけ通りに従うことを重んじていたため、自身の個性を出すことや意見を言うことに自信がなく、あまり親しい仲の者もいなかった。「遣使」(けんし)になってからは、仲間とのつながりを持つことができたが、自身を表現することが苦手なところは変わらず、口ごもったりする際は「白樺 春章」がフォローしている。

平安時代
刀剣キャラクター相関図

WEB歴史小説

注目ワード

ページトップへ戻る