室町時代

たけなが ももじろう 武永 百次郎 MOMOJIRO TAKENAGA

武永 百次郎
室町時代

たけなが ももじろう 武永 百次郎 MOMOJIRO TAKENAGA

武永 百次郎
武永 百次郎
武永 百次郎
武永 百次郎
武永 百次郎
武永 百次郎
武永 百次郎
武永 百次郎
武永 百次郎



現代衣装

ボタンで左のイラストが切り替わります。

ボタンで下のイラストが切り替わります。

武永 百次郎
/愛刀 紹介動画

武永 百次郎/愛刀 紹介動画

刀剣キャラクター紹介

出身国
紀伊国
年齢
16歳
身長
162cm
体重
55kg
性格

兄の「武永 千一郎」に張り合って武芸を磨く頑張り屋。
純粋でまっすぐ。頑張って仕事をして、家族にいい暮らしをさせたいと思っている。
純粋すぎて反感を買うこともあるが、本人はなぜ怒られているのか分からないことが多い。

武永 百次郎の愛刀

エピソード

地頭の家柄。荘園を管理するため武士として、盗賊などにも対応できるよう武芸を磨いた。領民から受け取る租税によって生計を立てていたが、他の地頭や荘園領主のような無理な取り立てはしようとせず、自身らも質素な生活を送っていた。しかし、盗賊に作物を奪われた領民から泣きつかれ、途方にくれていたところ、遣使(けんし)の命を受け兄弟ともに「遣使」となった。「遣使」の働きで得た俸禄により、領民を救済している。最近やっと自前の鎧を揃えることができ、派手でかっこいいところが強そうで気に入っている。

室町時代
刀剣キャラクター相関図

Web歴史小説 刀剣三十六遣使(室町時代)を読む

がんばれ百次郎 将軍・足利義政を守れ!
舞台は室町時代、「応仁の乱」が起こる直前の時期である1467年。応仁の乱の背景となった足利家、畠山家の跡継ぎ問題に揺れる京都で、主人公「武永百次郎」は「遣使」(けんし)として「闇の者」の暗躍を防ぎます。

注目ワード
注目ワード